• 31 Dec
    • しろいうま

         僕の部屋にある白い馬の絵。 その絵の馬が、絵から飛び出します。 その足跡は、雪から羊となり、 白い馬が走った後は、草も木も緑色になり... 花からちょうへ、そして星へ。 きれいな軌跡をいだきながら、 最後に部屋にもどっていきます。 とてもメルヘンチックで、 やなせさんの詩を読むような、 美しいお話です。  やなせさんも寒いのは苦手だったそうです。  雪から春へと季節は移り変わっていきます。  36年前に初版です。  アンパンマン大好きなRちゃんが  もう少し大きくなると  この絵本をじっくり楽しめるように  なっていくのでしょうね。  いまは、すっかり、  あんぱんまんにはまっています。  そんなこんなで へびさんから  しっかと うまさんにタスキが渡りましたよ。  へびさん 今年一年 ありがとうございました。  うまさん 来年 どうぞ よろしくお願いいたします。    毎日更新だけが取り柄のこのブログに  今年もお越しいただいた皆様、  本当に ありがとうございました。  来年が 良い年になりますように。 なんやしらんけど みんな 走ってるし   とにかく ダッシュやわ。   来年は 忙しなるんやいうてはるで。   そうか、よっしゃ、まかしといて。      

      1
      テーマ:
  • 30 Dec
    • にょろへびやのへびんくん

      すとうあさえ さく にしむらあつこ 絵 岩崎書店 『にょろへびや』というのは 人間の世界でいう『なんでも屋』さんです。 運動会の綱引きの綱の代わりになったり、 ブランコになったり、どんな仕事もやってしまいます。 その、へびの『にょろへびや』の息子がへびんくん。 お父さんとお母さんの姿を見て、憧れて 自分もと頑張りますが、失敗に終わり・・・。 失敗するけれど、お父さんやお母さんに温かく見守られ、 自分にも出来ることを見つけていきます。 へびの特徴を利点にしての 『にょろへびや』さん いいですよね。 みんな、それぞれの良いところを 見つけ出し それを伸ばしていく。 まわりの大人たちの愛情、言葉がけ そして、信じて待つ事が大事なんですね。  今年も 絵本からたくさん学ばせて  いただきました。  そして、何より 楽しませていただきました。  いよいよ 押し迫ってきました。  まあ、いいかと開き直りつつ  バタバタ 帳尻を合わせております。

      テーマ:
  • 29 Dec
    • おもちのすきなへびのおふじ

       谷真介 作  赤坂三好 絵    佼成出版社 こどものいなかったおじいさんとおばあさんは ヘビの卵をひろい好きなおもちを食べさせて 大切にそだてます。 むらのこどもたちもおふじと仲良く遊んでいましたが 村人にはきらわれてしまいます。 大きなヘビのおふじを、おじいさんとおばあさんは、 なくなく山へすてました。 ある日、おふじは、いけにおちたしょうやの むすめをたすけます。 しょうやさんは大よろこびで、 おふじのすきなおもちを山へとどけました。    どちらかといえばというか 私も    ヘビは 苦手ですが このおふじは    けなげです。    おもちをたくさんお正月ももうすぐですね。    大掃除に迎春準備・・・・。    あぁ――――、気持ちだけは先行して    仕事が追いつかないぞ。    

      2
      テーマ:
  • 28 Dec
    • はらぺこへびくん

       みやにしたつや 作 ポプラ社  おなかのすいているへびくん  お散歩の途中で なんでも  飲み込んでいきます。  さいごには えーーーーっ  そんなものまでも。  そのたびに おなかが  おおきく ふくらみます。  今年もあと 残りわずかですね。  へびどしの今年、へびさん  たいへん お世話になりました。  さむいです。  雪がちらついてます。  いろんな用事を済ませないと思いますが  焦らず いきましょうかね。   

      1
      テーマ:
  • 27 Dec
    • 冬 ふゆ

      氷の国の深い谷でうまれた風が主人公です。 雪の原を吹き抜け、海を渡り、 山を越え、町まで吹いてきます。 どのページからも とても寒そうな感じがひしひしと伝わってきます。 1981年に出ていますが 五味さんの世界です。  さむっ。  お寒くなりましたね。  ぶるぶる、やっぱ さむいのは苦手ですわ。  年内最後の教室 がんばります。

      1
      2
      テーマ:
  • 26 Dec
    • こうくんととちいさなゆきだるま

        はせがわさとみ 作 ある朝起きると、窓の外は一面雪でまっしろでした。 昨日の夜、たくさん雪がふったのです。 こうくんは早速外に出て雪だるまをつくります。 「そんなにちびじゃ、すぐにとけてきえちゃうな」 おにいちゃんがいじわるを言うから、 こうくんは夜になっても心配で眠れません。 そうっと窓の外をのぞくと、あら、こうくんの作った 小さな雪だるまに手足がはえて、のんのんとことこ 歩いて行くのです。 おどろいて、ついて行ったこうくんの 目の前に止まったのは雪でできたバス。 「いっしょにいくかい?」 中には たくさんの雪だるまさんたち。 こうくんがバスにゆられて着いた先は 「ゆきまちいっちょうめ」。 そこは何もかもが冷たい雪で出来ているのです。 冷たいハンバーグに雪のプール、 雪のぼうしに冷えたマフラー。 読んでいるとこちらまで冷たくなってきそうです。 でも、夜の雪のまちは幻想的できれいで、 何より小さな雪だるまたちが 生き生きしていて嬉しくなります。 こうくんと小さな雪だるま。 ずっと一緒にいるわけにはいかなくて こうくんは お家にかえりますよ。  さてさて、昨日は半日 ショッピングモール  にいました。  ipadの不具合がありいろいろ相談してました。  それから、コンタクトをつくりにも行きました。  どちらもすごく、混んでいて、  待ちくたびれたのですが。  視力検査を今月 4回目ですがやりました。  先日の眼科でも、あいている方を  左でなく 「西」と言われる方と遭遇しております。  昨日のお隣のかたは   見えるところは 「上」「右」と 元気でしたが  見えなくなると 「○ まる 」 と小さな声で  言ってはります。何回もね。  私も 、もしかして ○もあるのかと  必死で見てしまいましたわ。 あはは。         小学館

      1
      テーマ:
  • 25 Dec
    • 100人のサンタクロース

      谷口智則 作 文溪堂 ここは100にんのサンタクロースがすむ街。 100にん色々なサンタクロースがいるのです。 たしざんサンタ、引き算サンタ、ソムリエサンタ もう、、みんな それぞれ役割があります。 サンタクロースたちは、1年間かけて 特別な日「クリスマス」にむけて準備しています。 プレゼントを配るおうちの地図をつくったり、 クリスマスツリーや野菜や果物を育てたり、 素敵な星空をつくる練習をしたり。 それはもう、100にんみんなが大忙しなのです。 なかでも1番大変なのは、プレゼントの準備! おもちゃを運んだり、包んでリボンをつけたり。 そして、とうとうクリスマスの日がやってきて・・・。 みんながとっても楽しみにしているクリスマス。 でも実は、こんなに大変な仕事が待っている サンタクロースたちにとっても同じなのです。 なぜかって? それはね。プレゼントを配り終わった後の、 サンタクロースたちだけの楽しみがあるからです! 盛大なパーティですよ。 あ、99人そろって あと 一人たりない。 やっぱり、お寝坊サンタさんでした。  昨日の教室 みんな 早く来てかえって行きましたよ。  ごちそうやケーキ プレゼントが楽しみで  頑張れたようですよ。  今日は、あったかいです。  造園の方が来てくれていて  お庭の散髪で、すっきりしていってます。

      1
      テーマ:
  • 24 Dec
    • クリスマスのよるに

       あべはじめ 作    BL出版 きょうはクリスマスイブ。 でも、お母さんは、まちのレストランではたらいて、 きょうは、おそくまでしごとです。 アパートのまどからは、みんなのたのしそうな ようすがみえます。 男の子は、お母さんがよういしてくれた 夕食をすませると、スノードームをのぞきこみました。 お母さんがずっとまえから大事にしているものです。 「お母さん」男の子がポツンとつぶやくと、 スノードームのなかのサンタクロースがそらに浮かびました……。 そして、パジャマのまま サンタさんとトナカイさんと 一緒に プレゼントを配りに出かけます。  素敵なお話です。  今日はイブですね。    

      1
      テーマ:
  • 23 Dec
    • クリスマスの足音

        青幻舎     クリスマスの足音 本当にきこえてきそうな     23日ですね。    パラパラ絵本の中でも秀逸ではないでしょうか。    手のひらサイズで パラパラして    その素敵な世界に浸ってみてください。    鈴がついていてラストで 実際に鳴ります。    クリスマスのプレゼントにも最適です。    絶対 喜ばれると思うのです。    パラパラ漫画と言えば    「あまちゃん」でも 鉄拳さんのが    よく出てきましたよね。    あれもよかったです。    あのあとネットでいろいろ検索してみましたが    感動ものでした。    たかがパラパラとはいえないです。       この作品もすごいですから、オススメです。    シャンシャンとクリスマス 近づいています。     皆様、メリー・クリスマス!!!!    

      2
      2
      テーマ:
  • 22 Dec
    • トリフのクリスマス

      アンナ・カリー 作 松波史子 訳 くもん出版 クリスマスを前に子ねずみ達はそれぞれ欲しい プレゼントをサンタさんへの手紙に書きます。 でもトリフは「フラフープ」かみんなで あたたかく寝れる「毛布」かを さんざん 悩みます。 結局決めたのは「フラフープ」でした。 その晩皆で寝ていると古い毛布は 小さくて皆が暖かく眠れません。 皆に毛布をかけてあげて眠れなくなった トリフはやっぱり毛布が必要だ思い サンタさんにお願いしに、1人できつねや ふくろうが狙っている雪の舞う寒い危ない 外に出てしまいます。 待ちくたびれて疲れ果てて眠ってしまい、 きつねたちに危うく食べられそうになって いたトリフを助けポケットに入れて お家まで送ったサンタさんが優しいトリフに プレゼントした素敵な贈り物とはなんだった のでしょうか・・・・。 サンタさんの穏やかな表情と 子ねずみたちが喜んだ様子が私達を 幸せな気持ちにしてくれる絵本です。  今年の大みそかに1歳のお誕生日を  迎えるというママとお話会を  楽しんでくれてました。  じっと お話を聞きいてくれるので  感心しました。  お若いママさん 偉いですね。  去年の大晦日から 元旦へと  あわただしいけれど  素敵な年越しだったのですね。

      3
      テーマ:
  • 21 Dec
    • 紙芝居サンタサンタサンタ

        つちだよしはる 作   童心社   トントントン カタカタカタ。   12月のサンタ村はとても賑やかです。   みんなでおもちゃに人形、おいしいおかし、   みんな 一生懸命 こどもたちへの   クリスマスプレゼントを作っているのです。   でも、グーグー寝ているくまさんがいます。   みんなが広場に集まると、やっと   くまさんがおきてきました。   トナカイたちが来て くまさんに赤い帽子   赤い洋服を着せて ズボンをはかせました。   「ありがとう」 くまサンタはむらのみんなが   準備したプレゼントをしろいふくろにいれて   そりにのせました。   「トナカイさん しゅぱーーっ。」   「みんな まっててね。    メリー・クリスマス 」     くまサンタは 大空を飛んでいきました。   今日はこの紙芝居と他の本も持って   書店のお話会に行ってきましたよ。   商店街の中の書店です。   書店の方の告知と呼びこみで   親子連れさんや   ジ―ジやバーバさんに抱っこされた   お子さんたちで大盛況でした。     私も用意していただいた赤いサンタさんの   帽子をかぶって   ねぼすけのくまサンタさんみたいでしたよ。   一期一会 いつも そう思って いろんなところで   やらせていただいてます。   ありがたいことです。

      1
      1
      テーマ:
  • 20 Dec
    • クリスマスにくつしたをさげるわけ

         間所ひさこ 作    ふりやかよこ 絵    教育画劇  優しくて心の広いニコラスさんの行いが サンタクロースの由来に なっていて どうして靴下をさげるのかも よくわかります。  クリスマスのよみきかせにぴったりです。  いまでこそ、クリスマスグッズは巷にあふれていますが  私の子供のころは ケーキとチキン(七面鳥ではなく)  ぐらいが 食卓に並んでましたね。  そして、定番の靴下みたいな ブーツの形をしたものに  お菓子が入っているものをもらいました。  この3点セットでしたね。  あとは、プレゼントはあって なぜか かるたが続いてました。  懐かしいですわ。  いま、2歳半のRちゃんは   サンタさんの来訪をおりこうさんにして待ってます。  11月末からです。  お気に入りのおもちゃがあって ト○ザ○スのチラシを  ゆびさしては これこれと私にも見せてくれます。  Rちゃんの家に来る郵便屋さん、宅配さんにもいちいち  サンタさんかもと凝視しています。  そのたびに「サンタさんかと思ったわ」といいます。  もうすぐ クリスマスの夜 もしくは 朝  「わーーーーい」と小躍りする姿が眼に浮かびます。  なぜ 自分の好きなものをサンタさんが知っているのか  そんなことなどどうでもいいですものね。  サンタさん お寒い中ですが  よろしくお願いいたします。            

      1
      テーマ:
  • 19 Dec
    • おばけのドレス

      はせがわさとみ 作 絵本塾出版 夜になっても、まだまだ眠たくないトンコちゃん。 おかあさんにお絵かきや歌をリクエストしても 明日ねって電気を消されてしまいました。 遊びたいトンコちゃんがベッドから抜け出した時、 ふわふわとあなのあいた布が窓の外から飛んできました。 その布にクレヨンでお絵かきして頭からかぶると、 トンコちゃんのからだが宙に浮いちゃったんです。 そのまま外に飛び出したトンコちゃんが たどり着いたのは、たくさんのおばけがいる雲の上。 そこでトンコちゃんはたくさんのおばけにも クレヨンで絵を描いてあげることにしました。 おばけたちみんな行列をなして大好評。 でも、トンコちゃん やっぱり おうちのあったかいお布団が恋しくなって・・・。  クレヨンで描いてもらったおばけたち  がいっぱいで 見とれます。   寒いですね。   朝 お布団から 出ずらいです。   気合いがいります。   さて、今日も がんばりましょうかね。  

      1
      テーマ:
  • 18 Dec
    • あしってえらい

       なかがわひろたか 作  大島妙子 絵  保育社   ぼくは 5歳。   この間 運動会で一番になった足。   そして、ぼくのうちに赤ちゃんが生まれたんだ。   赤ちゃんって すごいんだよ。   あっというまに はいはいもできるようになったよ。     すごいな。   あ、あしの裏の顔をした博士みたいな人が   二人 登場して 足の事 いろいろ 教えて   くれたよ。。   動物の足の事もよくわかるよ。   普段 何かとお世話になっている自分の   足の事 いたわってあげようと   思えますよ。   今日のお風呂では ねぎらいながら   マッサージでもしましょうかね。   なんだか 気ぜわしい年の瀬ですね。   でも、絵本で ほっこり Teatimeも していきましょうね。        

      2
      テーマ:
  • 17 Dec
    • おみまい,おことわり?

      ボニ―・ベッカー 作  ケイディ・マクドナルド・デントン 絵  横山和江 訳    岩崎書店 ある日、クマがかぜで寝込んでいると ネズミがお見舞いにやってきました。 クマを元気にしようと、ネズミは本を読んであげたり、 歌ったり、バンジョーをひいたり一生懸命。 にぎやかすぎて、もっと具合が悪くなったクマは、 とうとう遺言状を書くのですが…。 前作『おきゃく、おことわり?』『おとまり、おことわり?』 『おたんじょうび、おことわり?』につづき、 ぶきようなクマと、おちゃめなネズミが、 いろいろあっても、なかよしになるお話の第4弾です。 気の小さい大きなクマと、 気が大らかで小さなネズミの関係が、 見れば見るほど、読めば読むほど、楽しい絵本。 ときにその方向がずれて笑いを誘いながら、 クマとネズミが、お互いを思いやり、 本当の気持ちを確かめあう様子を ユーモアたっぷりに描いています。 すっかり 元気になったクマですが、次に ねずみが病気になり、クマはこんどはねずみに・・・・。  わたし、この「おことわりシリーズ」の  この4作目が一番好きです。  遺言状に どれをネズミにあげるとか  書きはじめる場面が特に好きです。  寒いけど、今朝 不用品をだしてきました。  いっぱいの不用品を断捨離しなくては。  私も遺言状をじっくり 用意する前に  それをしとなかないとね。  果てしない断捨離の道はまだまだ続くのです。  

      3
      テーマ:
  • 16 Dec
    • おきゃくおことわり

       ボニ―・ベッカー 作  ケイディ・マクドナルド・デントン 絵  横山和江 訳    岩崎書店  クマのいえをたずねるものは、だれもいません。  ながいあいだ おきゃくがこなかったので、  クマもおきゃくなんて  すきじゃないとおもいました。  それで、げんかんに  こんなはりがみをはりました。  おきゃく おことわり 誰からも振り返られることがことがないと、 自分の殻にこもってしまって意固地になって しまうことって、ありますよね... 特に今の世の中では... ネズミはクマにとっての救世主。 何度も何度も諦めずに、 関わりあってくれて本当によかったね、クマくん。 読者は ホッとして一緒に喜べます。 このクマとネズミの仁義なき戦い?が いつまで続くのだろうと、ページをめくるのにドキドキ する、そんな楽しさのある、楽しい物語です。  わたし、今 このくまさんの登場するおことわりシリーズに  はまっています。  明日も 続きます。  毎年 12月16日は 報恩講です。  お仏壇のお掃除して お赤飯やら赤い蝋燭  お供え物をして お寺さんにお参りしてもらいます。  で、昨夜 障子の張り替えをしてました。  この行事が終わると すがすがしさと同時に  一年をふりかえります。  今年も いろいろあったなあ、  一年 早かったなあと感慨深いです。

      2
      テーマ:
  • 15 Dec
    • もしも、ぼくがサンタクロースとともだちだったら

       富安陽子 作  YUJI 絵  くもん出版 もし、サンタクロースが友だちだったら、 何をしよう?サンタクロースの家に行って、 ソリすべり大会をして、 いっしょにトランプをして・・・ 「ぼく」の想像はどんどんふくらみます。 そして「ぼく」が最後に考えたのは、 大すきなサンタクロースの事をを思いやること。 あたたかな結末が豊かで優しいこころをプレゼントする、 クリスマス絵本です。  昨日の書店のお話会で  お仲間が読んでくださいました。  ここのお話会は ちっちゃい子はもちろんなのですが  小学生もたくさん来てくれて 盛り上げてくれます。  みんな素直なよい子ばかりで  読み手は助かります。    巷は どこもクリスマス色に染められております。  そんな中 走りぬけて  家路を急ぎました。  隣組の忘年会なのです。  一年に一度 寄ります。  今年は引っ越しして来られたお家もあり  また、しばらく 別なところに住んでいた  若夫婦さんがおばあさまの住んでおられる  家に帰ってこられたりして  にぎやかなことでした。  

      3
      テーマ:
  • 14 Dec
    • かんかんかん

      かん かん かん (0.1.2えほん)/福音館書店 のむらさやか 作 福音館書店 「かん、かん、かん」という音がする ページごとに来るのは 不思議な列車たち。 んまんま列車、ないないば列車、 ばいばい列車、、、 どれも身近にあるものを使って作られていて スプーンやフォークが土台の列車 鉛筆が土台の列車など。 本当によく できています。 電車好きな男のは大喜びです。 よみきかせにもぴったりですね。 今日も 約 1時間半かけて 書店の読み聞かせ会に行ってきます。 昨日から ぶるぶる 寒いです。 頑張ってきます。

      2
      テーマ:
  • 13 Dec
    • クレヨンどうぶつなぁーに?

       高氏雅昭 作  梧桐書院 まずはクレヨンを取り出して。 「あかとあお ならべてぬったら・・・」 ことりになっちゃった 「はいいろを おおきくぬって ももいろもぬったら・・・」 今度はぞうの親子。 ボールで楽しく遊んでいます。 じゃあ、今度は どんどん いろんな動物が次から次に登場いたします。 これぐらいなら 私にも描けるかもなん 思わせてくれます。 いやあ、そんな わかってますよ。 作家さんが一つの作品を世の中に 出すまでのご苦労。 でも、そんな風に思って ごそごそ クレヨンを探し出したら 一つはその絵本のもつテーマが 読者に伝わってることの表れかもなんて 思うわけですよ。

      1
      テーマ:
  • 12 Dec
    • バルバルさん

        乾栄里子 作   西村敏男 絵  福音館書店   まちはずれにある、青い屋根の小さなお店。 それが“バルバルさん”の床屋さんです。 ある朝、開店前にやって来たのは、 もじゃもじゃたてがみのライオンさん。 バルバルさんがたてがみをきれいに 整えてあげると、ライオンはとっても満足げ。 すると、次はワニがやって来ました。 バルバルさんは動揺をさとられないよう、 中へ招き入れました。 ワニは、自分には毛が無いけど 毛を生やしたい、と言いました。 バルバルさんは、あれこれ“かつら”を あてがって、ワニも気に入ったのが 見つかって、満足そうです。 こうやって、その日は1日中、 いろんな動物のお客さんが来て、 びっくりしたバルバルさんでしたが、 みんなに満足して帰って もらうことができました。 看板をしまおうと、店の外に出ると、 かんばんの「とこや バルバル」の 文字の上に「どうぶつの」と 落書きがしてありました。 いったんは消そうとしましたが、そのおかげで、 楽しい1日だったと、バルバルさんは そのままにすることにしました。 なので、それからバルバルさんのお店には、 “いろんな”お客さんで にぎわうようになりました。  私も昨日 床屋さん いえ  美容室に行ってきました。  忙しくて なかなか行けなかったのです。  朝の予約で午後に入れてもらいました。  最近の事を担当美容師さんと  おしゃべりしているとパーマをされて  くるくるをいっぱいつけて  ちょっと 居眠り(?)中の方が  起きてしまい とても笑っておらました。  おさがわせいたして 申し訳ありません。  そうそう、バルバルさんの絵本を  思い出したのは この美容室の名前が  『ZOO』 なんです。

      2
      テーマ:

プロフィール

kumachan

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
いつでも 遊びに来てね。 一週間に十日来てね。

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
208956 位
総合月間
231720 位
日々のできごと
14596 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。