• 30 Nov
    • くまさんのびょうき

      森山京 作 Yokococo 絵 ポプラ社 こんこん、ごほんごほん! くまさんが風邪をひきました。 ひどい熱で体ががたがた震えます。 森のみんなが心配してかけつけてくれました。 水枕を運んだり、濡れタオルで頭を冷やしたり、 夜通し看病が続きます…。 そして、翌朝、すっかりよくなりましたよ。  朝から 懇談をして、  お咳のとまらないRちゃんとママのいる病院に  行きました。  お薬もらって はやく 元気になってね。    私も今週もハードな毎日で  ちょっと グロッキー状態でございます。  充電必要な様子です。       

      1
      テーマ:
  • 29 Nov
    • おむかえワニさん

      おむかえワニさん/文溪堂  陣崎 草子 作  文溪堂 ちよちゃんに、おばあちゃんから電話があり 一人でばあちゃんのうちに出かけることになります。 駅に着くと、ちよちゃんを待っていたのは、 なんとワニでした。 「ばあちゃんのおつかい」という手紙を持った ワニと一緒に、ばあちゃんの家へ向かいます。 道はどんどん恐ろしい雰囲気になっていき、 怖いものがたくさん現れます。 へびやおばけにどろぼう・・・。 だけど、大丈夫。大きな体に大きな大きな口。 ワニさんにはどんなものもかないません。 ワニさんは、ちっともしゃべりませんが、 ちよちゃんにはとても優しいのです。 ときおり目をギロッと動かすだけの 無口なワニさんと、一方的におしゃべりを続けるちよちゃん。 飴をぽいっとあげたり、おんぶしてもらったり、 かみ合わないようでしっかり通じ合っているのです。 物語の最後に、ちよちゃんのばあちゃんの部屋でも、 いろんなものに出会えます。 ワニさんの正体もわかりますよ。  どのページもびっしり かきこまれていて  見どころ、満載です。  不思議な世界観があります。  昨日 、朝から、当麻寺に参りました。  家から近いのだけど  久しぶりでした。    なんだか、時間を忘れて、シ――――ンとした  静寂の中、僧侶の読経に手を合わせました。  その後は、バタバタした日常にすぐ  戻っちゃいましたけどね。

      2
      テーマ:
  • 28 Nov
    • じゅっぴきでござる

        エクトル・シエラ 作    高畠 純 絵 「おはなしを きいてくださる?」 そう言ってこちらを振り向いて見ているのは、さるです。 さるが十匹、変な列をつくって遊んでいるのです。 「いっぴき ざるそばを たべすぎ、きゅうひきで ござる。」 「いっぴき バナナを あさる。はっぴきで ござる。」 だじゃれ? しかも、一匹ずつさるがいなくなります。 とげがささる、走りさる、バザールへ行く。 ページをめくる度に登場する、 その言葉遊びのような場面と さるの行動が奇想天外です。 どんどん いなくなります。 そしてとうとう!! あら、また 別の展開が・・・・・。 もっかい と 何回も読んでお願いされそうな絵本ですね。 頭を柔軟にするためにも 大人も読みたいですね。  昨夜も木枯らしがびゅうーーー  びゅうーーーでしたが、今朝も ぶるぶる寒いです。  寒さ対策して出かけましょうっと。   佼成出版社

      1
      1
      テーマ:
  • 27 Nov
    • なんでもいいからだっこして

         きただてつや    絵本館   だっこしてほしいのに 理由はありません。  大好きな人に ぎゅっとしてほしいんです。  そしたら、また、元気になれます。  がんばろうって 思えるんです。  それだけなんです。    以下は 作者のきたださんのメッセージです。 ☆:::::::::::::::::::::::::::☆ これは、現在の「なにかと」忙しいお母さん、 お父さんに向かっての、小さな子ども達の 「魂の叫び(笑)」の本であります。 もしくは、うまく告白できない女の子が、 相手にプレゼントすれば、 一気に解決できる「効く本」でもあります。 (忙しそうで強そうな「おじさん、おばさん」だって、 本当はこう思っているのかもしれません) ☆:::::::::::::::::::::::::::☆  きたださん、その通りです。  だから、全文 、英語訳もついているんでしょうか。  照れくさいけど、英語ならさらっといえるかも。 Please hold me. Please,please hold me. I don't care how, just hold me tight.   今月は地区会が二つ。   今日 二つ目のほうのでした。   そして、懇談会をもうすぐ始めます。   今週は、今日から 土曜日までです。      

      1
      テーマ:
  • 26 Nov
    • いくらなんでもいくらくん

       シゲタサヤカ 作  イースト・プレス社   一夜にしてできたお店には    いくらのお寿司が店主としていました。   なんでも、つくりだしてまうこのいくらくん。   お城の殿様が、ぶどうと言えば おいしいぶどうを   さくらと言えば 見事なさくらを   花火だって 、何だって 次から次にだします。   そのいくらくん 、夏の暑さにはよわく   お店にかえりたいと言い出します。   殿様は 困ります。   さて、どうなるのでしょうか?   いくらのおすし いいですね。   お寿司が 食べたくなってきますよ。   痩せたいくせに 食欲全開で   困ったものです。   運動しないとね。   ラジオ体操でもします。      

      1
      2
      テーマ:
  • 25 Nov
    • しずかに!ここはどうぶつのとしょかんです。

      しずかに!ここはどうぶつのとしょかんです/BL出版  ドン・フリーマン 作・絵  なかがわちひろ 訳  BL出版 図書館の好きな女の子カリーナは、毎週土曜日に 図書館に通います。 そして、図書館のイスに座りながら考えます。 私が図書館の人だったら、動物だけが図書館に 入れる特別な日をつくるのに・・・ すると、カナリア・ライオン・くま・ぞう・くじゃく等 次々とやってきて、やがて図書館は動物でいっぱいに・・・。 動物達に図書館で楽しく過ごして欲しいと、 司書として奮闘するカリーナ。 懸命にその動物たちに お世話する様子がとてもほほえましくて素敵です。 図書館好きな人、動物好きな人が楽しめる絵本です。 今日のお天気は、どんより曇ってます。 今にも雨が降り出しそうです。 さあ、今週もみなさまにとっても 良い日でありますように。

      1
      テーマ:
  • 24 Nov
    • みいちゃんの冬 

        雲母書房  みいちゃんが、冬を童謡をうたいながら  すごします。  大みそかやお正月、なんだか 忙しくなってきますが、  おとうさん、おかあさんと 楽しくにぎやかに  盛り上がっていきます。  昨日の老人ホームで、読ませていただきました。  紙芝居舞台と、拍子木をもって行きました。  紙芝居の舞台は、父にもらった古いものです。  でも、おおいに 役に立ってます。  そして、拍子木は、欲しかったんです。  いい音が出るのは 、ちと 高いんです。  奮発するかどうか迷いながら、  木でまに合わせを自作していたのでした。  それが、先日 拍子木なども扱ったり、本に関する  いろんな活動をなさっている方にお会いしました。  音がよくて、お安い。  まあ、なんて 素敵なの事でしょう。  購入を今まで 控えていただけに  大喜びでございます。  それで、今週は 子供達にも  老人ホームの皆様にも その音色を楽しんで  もらえて 大満足です。  待てば 海路の日和あり   

      1
      テーマ:
  • 23 Nov
    • おおきくなりたいちびくまくん

       ディビッド・ベッドフォード 文  ジェ―ン・チャップマン 絵  まつなみ ふみこ 訳  くもん出版   ぼく、はやく おおきくなりたいなと   とちびくまくん。   それをやさしくあたたかい愛でくるんであげるおかあさん。   おおきくなるって すてきなことよと   いろいろなことをせなかにのせて   体験させます。   「 ぼく、ほんとうに ママみたいにおおきくなれる?」   「 ええ、なれるわ。でも ゆっくり、おおきくなろうね。」   「 たくさん たべて いいぱい あそんで、    ママのだっこでぐっすりおやすみ。    そして、ゆっくりゆっくり おおきくななれ。」   早く 早く と 大きくなることばかりを願いがちな   おかあさんにぐっときます。   そうか、今、この時を 大事にしないといけなかったんだと。   もう、絵も、すごく いいです。   昨日、教室終わりから面談して   なんと 11時40分まで。   今週も よう 頑張りました。   さて、今日は 近くの老人ホームにお話会に   いかせてもらいます。   すごく いいおとのする拍子木が手に入ったので   張り切ってます。

      1
      テーマ:
  • 22 Nov
    • ハロー・ディア・エネミー!

         グ―ドルン・パウゼバンク 文    インゲ・シュタイネケ    桑田冨三子 訳    くもん出版  こんにちは、敵さん さよなら戦争 の副題がついてます。  赤い服を着た赤いしょうぐんと  青い服をきたあおいしょうぐんは へいたいたちを  ひきつれて 戦います。  へいたいたちは わけもわからずに 命令にしたがい  たいほうにたまをこめて ぶっとします。  すると、それぞれのしょうぐんが たまにあたり  落ちて行きました。  それからは、へいたいたちは  「ハロー・ディア・エネミー! こんにちは 敵さん!」  と、あいさつをかわすと 手に手をとっておどりだします。  それから、へいたいでなくなったみんなは  はたらきだします。  やがてみんなのとろこへ、はたらかせてほしいと  赤いしょうぐんも 青いしょうぐんもきます。  そんな 素敵なお話です。  そうなんですよね。  なんでいがみあうのか わけがわからなくなって  固定観念で物事を判断しがちです。  私も反省します。  いろんなものの見方をしていると  わかりあえるかもしれません。  「きらい」 と思っていた人や物が  好きに変わる事もおおいにありますよね。  今日も、なんか そんなことがおきるといいな。  

      1
      テーマ:
  • 21 Nov
    • わたしのおばあちゃん

       ヴェロニク・ヴァン・デン・アベール 文  クロード・K・デュポア 絵  野坂 悦子 訳  くもん出版 マリーは、おばあちゃんが大好きです。 かいものに行ったり、ケーキをつくったり、 いっしょにいろんなことができるからなんです。 でもこのごろ、おばあちゃんは なんだか変わってしまいました。 アルツハイマーという病気にかかったのです。 それでも、おばあちゃんと心を通じあわせるには、 どうしたらいいか、 マリーはちゃんと知っていました。 「 だけど、わかってもらえることが、ひとつ   ちゃんとあるの。・・・・・それはね、プチュッ。」  おばあちゃんのほおにキスをしたその瞬間に、  マリーの心とおばあちゃんの心はとけあい、  医学や薬ではとうていおよばない、  ふたりの幸せな空間がつくりだされます。   アルツハイマーって なあに?   家族を想うすべての人におくる絵本      そんな帯がついてます。   読むと、私も同じ病気だった母を想い   涙が出ます。   どんどん 壊れていく母を見るのは   つらく 悲しいことでした。   「 みよちゃん 」 って どこかの誰かの   名前で自分の娘を呼ぶ母に接すると   落胆しましたが、そのうちに   声も発しないようになりました。   でも、私をみると、なんだか   この人は 見覚えがあるなというような   表情を浮かべてくれました。   「 そうだよ、娘だよ。産んでくれてありがとう。」   と、手を握ると 暖かい手でした。       

      1
      テーマ:
  • 20 Nov
    • ボサいぬくんのかゆーいいちにち

          ディビッド・ベッドフォード 作     グウィネス・ウィリアムソン 絵    きむら ゆういち 訳    くもん出版   かゆい かゆい とにかくかゆい   あさ めざめると せなかが   かゆくてしかたない   からだをあらえばいいだろうって   じゅうだんじゃない それだけはごめんだ   せなかをかいてもらうために   いろんなひとに 交換条件で   お手伝いをさせられる   それで やっとのことで かいてもらうと   これがきもちいいんだな。   でも すぐに またかゆくなる。   とうとう シャンプーしてもらったら   かゆいのが おさまった・・・。   そしたら ミミちゃんが こんどは   かゆくなったよ。   かゆみの原因は じつは・・・・。   きむら ゆういちさんの訳がとっても   いいですね。   この作品が最初の翻訳だそうです。   読んでいると お風呂に入りたくなります。             

      1
      テーマ:
  • 19 Nov
    • おによりつよいおよめさん

        井上陽子作 吉田尚令 絵    岩崎書店  おにが、めしたきでもしてもらおうと  村にいって よめをよういしろといいます。  わたしが 嫁になると自ら志願した娘がいます。  ところが めしたきどころか 掃除洗濯  なにもしない嫁でした。  村にかえそうと二人で向かう途中の道で、  おそろしく大きなくまに出会いました。  案の定、おには 投げ飛ばされてしまいました。  それをみていたよめさん なにをするとばかり  くまを投げ飛ばしました。  それから、また 一緒に暮らすようになりました。  子供もたくさんできて、おには  家事全般はもちろん、こもりまでも引き受けて  毎日大忙し。  村に暴れまわりに行く暇すらないとぼやきながら  その顔はなぜか しあわせそうでした。   創作昔話らしいです。   こんな お話も大好きです。   おにの表情も とてもいいです。   寒くなりましたね。 ぶるぶる。   皆様、お風邪など ひかれませんように。       

      1
      テーマ:
  • 18 Nov
    • すなばのスナドン

       宇治勲 作・絵   文溪堂  たっくんは、遠くから引っ越ししてきたばかりなので  まだ、おともだちがいません。  ひとりで、砂場で遊んでいると、  スナドンがあらわれて、一緒に遊んでくれました。  でも、やっぱり、お友達がほしいな。  ぼくをほって トンネルをつくってよとスナドン。  一生懸命 ほって開通したら  あら、向こうから手が伸びてきました。  けんじくんという男の子でしたよ。  スナドンのおかげで 二人は  友だちになれました。  ゆるキャラのようなスナドンですが  優しく、包容力があって、いい人(?)です。    スナドンと体型が似てきたので  困っています。  何を食べても 美味しいんです。  わーーーー、本気でダイエットせんと  いけません。  それと、運動ですよね。  はい、運動不足です。  バランスボールにのるのだけでは  たらないのですよね。         

      テーマ:
  • 17 Nov
    • わたしって、しあわせ

        ローセ・ラーゲルクランツ 作   エヴァ・エリクソン 絵   岩波書店 ドゥンネは今夜は羊の数を 数えてもとてもねむれません。 ドゥンネは羊の数を数えるかわりにしあわせ! と感じたときのことをひとつずつ思い出していました。 ドゥンネがしあわせと思った事はどんなことでしょうか。 ドゥンネは新1年生です。 パパとネコのカッテンと暮らしています。 ドゥンネにはママがいません。 病気で亡くなってしまったからです。 はじめ不安いっぱいで1年生になったドゥンネに 友だちができました。 その友だちエラ・フリーダとの毎日、 学校でのできごとがとても短いお話で続いていきます。 お休みがあったり、ちょっと悲しいこともありますが、 ドゥンネは学校が大好き、友だちと良く遊びます。 そのたびに<あたしって、しあわせ!>と思いますす。 ある日ドゥンネにとても悲しいことがおこります。 親友のエラ・フリーダが引っ越しをしてしまうのです。 母親の死、大好きな友だちとの別れ、 ドゥンネの悲しみが胸をうちます。 でも、前向きに幸せを呼ぶドゥンネです。 父親、学校の先生、おばあちゃんなどドゥンネの心に 寄り添うおとなが描かれています。 ひとつの章に絵がページいっぱいに描かれていて、 絵童話のような構成で、楽しめます。  読後は、わたしってしあわせを、共感できます。  ドゥンネみたいに しあわせ探しをしたくなります。  ちっちゃなことでも しあわせとおもえることって  なんて すてきなことでしょう。  ドゥンネをみならおうって思います。    

      テーマ:
  • 16 Nov
    • くまのがっこう

        あいはらゆき 作 あだちなみ 絵  ブロンズ新社 くまのがっこうのくまの子達は、全部で12ひき。 みんななかよく寄宿舎で暮らしています。 11番目までみんなおことのこで、 12番目のたったひとりの女の子がジャッキーです。 いちばんのおチビさんで、 いちばんのいたずらで、いちばんのきかんぼうだけど、 みんなのおかあさんがわりのつもりです。 そんな12ひきの、 くまのがっこうのいちにちがはじまります。   今から、書店のお話会に行くんだけど   今日は この本が指定されています。   もちろん、 他の本も紙芝居も読みますけれど。   ワクワク がんばってきます。

      テーマ:
  • 15 Nov
    • おはなしトンネル

      中野 真典 作  イースト・プレス 雨がしとしとふる日。 ガタン ゴトン ガタン、プヮー パー。 電車の通るトンネルの中で、 黄色いカッパの男の子。 じっと目をつぶった後、 そっと目をあけてみると、 電車の通り過ぎる音にまぎれて ラッパの音が聞こえてきた! あら、サーカスの始まりの合図です。 ピエロがラッパを吹き鳴らし、 踊り子たちがくるくるお皿をまわし。 いつの間にか、トンネルの向こう側は海。 大きな船まで見えてきたよ。 「おーい」 どこからかやってきたのは・・・? 雨の日のトンネルの中から繰り広げられる、 華やかで壮大な幻想的な世界。 そして、おむかえに来たのは 晴れわたった天気と、おかあさん。  今日みたいな 雨のふる日には  こんなファンタジーも いいですね。 雨がふるたびに 季節は  冬へと変わっていくようです。     寒いのは ちょっと 苦手。   さあ、今日も がんばりましょうか。   その前に 歯医者さんに   歯のクリーニングしてもらいに   行ってきます。  

      テーマ:
  • 14 Nov
    • つりばしゆらゆら

         もりやま みやこ 作    つちだよしはる 絵    あかね書房    谷川の上のつりばし。    くまのおとこのこもうさぎの女の子も    きつねのおとこの子も わたったことがありません。    むこうから やってきたいのししのおじさんに    いろいろ尋ねてみました。    向こうには きつねの女の子がいるらしいんです。    だったら、うさぎのおとこの子もくまの女の子も    いるかもしれないと、さんびきはおもいました。    その子にあいたいなときつねは思いました。    「もう、少し大きくなったらね」とくまのこは    いいました。    「そうね、もう少し大きくなれば    へいきでわたれるわねよ」 うさぎの子も    いいました。      「 ぼく、おおきくなったきつねのこより、      ちいさい きつねのことあそびたいな。      いまのぼくぐらいの・・・・。」    それから、きつねのこは、一人で    つりばしをわたる練習をはじめます。      毎日、天気をきにしながら    渡れる板を一枚づつ 更新していきます。    ここのつまで来た日に    また、いのししのおじさんに 会いました。    「きつねのおんなのこは どうしていますか?」    「ああ、げんきだよ。に、さんにちまえに    みかけたよ。」    「 げんきだって。」    「 ぼくも げんきだよ。」    つりばしのむこうにむかって にっこりしました。         さあ、このつづきは・・・・。          森山さんの「 きいろいばけつ」も      いいお話ですね。      私達の教材にも 教科書にも      でてきます。      大好きです。   

      テーマ:
  • 13 Nov
    • ゆっくりしいや

        大西良慶    PHP文庫 「人間とは弱いものよ」「愛情とは厳しきものよ」 「生とは欲望よ」――清水寺元貫主が語る、 真に価値ある人生を送るための指針の書です。  文庫本で手軽に持ち歩けるので  バイブル代わりに 何度も読み返してます。  百歳生きてこられた人のお言葉は  心にしみ入ります。    忙しいは 心を亡くすとかきますね。  確かに 耳が痛いです。  「ゆっくりしいや」  涙がでそうになります。  今日も 京都に行き、自主研して  そのまま 夜遅くまで 懇談です。  

      テーマ:
  • 12 Nov
    • うがいライオン

        ねじめ正一 作   長谷川義史 絵   すずき出版   ライオンが風邪をひいたんじゃありません。   百獣の王なんて言われているけど   たまには 見物のお客さんを笑わせようと   すってん ころりん わざと転んでみました。   そしたら、みんな げらげら大笑い。   それでは、威厳がなくなってしまうとばかり    がおーっ がおーっ がおーっ   何度も 吠えまくりました。   とうとう 喉が枯れるほどになり、   だれも お客さんのいなくなったのを   確かめてから、がらがら うがいをしました。   お話は 単純なのですが   ライオンの表情が さすが 長谷川さんですね。   いいんです。   ねじめさんの文が この愛すべきライオンを   うまく 表現されています。   やっぱ、絵本、最高。   うがいライオン読んだら   うがいをしたくなったんです。   風邪予防にもなるし いいんとちゃう。   そうそう、うちのホームドクターさん   風邪の最初は うがいで治せるし、   症状がひどくなっても 有効だと   いつも いわれてます。      おっと 地区会に出かけんと。      

      テーマ:
  • 11 Nov
    • 中田くん うちゅうまで行こ

       さえぐさひろこ 作 佐藤 繁 絵   童心社 いつも声が小さいといわれている高橋さんと、 ひょうきんものの中田くん。 高橋さんが初冬の公園でひろった手ぶくろは、 こんど中田くんのお母さんになる人が 編んでくれたものだった。 中田くんの心情を思う高橋さん。 高橋さんは中田くんといっしょにブランコに乗る。 中田くんの気持ちが少しでも晴れるように。 「 中田くん うちゅういまでいこ 」    さえぐささんは  小学生の微妙な心情をとてもうまくあらわせる  作家さんのお一人です。  私のお気に入り作家さんです。  同い年で、私の高校の友だちと  さえぐささんの友だちが友だちです。  だから、同い年で、私もさえぐささんの  ともだちということに  無理からしておきましょう。 (あはは)     だって、昨日の懇親会で  お隣の席だったので、いろいろお話できたんですもの。  昨日で、2回目でしたが、  お話のテーマは、どんな時に浮かぶのか  さえぐささんのお勧めはどれですかなどと  私の突っ込みにも、  全部答えてくれるお優しい方なのです。  ありがとうございました。    だれも、信じてくれないけど  私の小学校の1,2年のときは  声の小さい高橋さんみたいでした。  「もっと、大きな声をだしなさい」と言われ  続けてました。  高橋さんの気持ちも、中田くんの心情も  よくわかり、きゅんとなる素敵なお話です。    来月の例会でもお会いしましょうって  言ってくださいましたので、楽しみにしてます。      

      テーマ:

プロフィール

kumachan

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
いつでも 遊びに来てね。 一週間に十日来てね。

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
208956 位
総合月間
231720 位
日々のできごと
14596 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。