• 31 May
    • あさえとちいさいいもうと

         お母さんが、銀行へおでかけしました。    あさえちゃんがいもうとのあやちゃんと、    お留守番をすることのなりました。    お外で、あやちゃんのために    電車の線路を一生懸命かいていて、    顔をあげたら、あやちゃんが    いなくなってました・・・・・。    30年も前に、初版ですが、    今でも、子どもたちに人気があります。    昨日も、教室の集中学習の中で    読みましたが、みんな、真剣に    聞いてくれてました。    きっと、自分の経験に照らしあわせて    共感するところも多いのでしょね。    絵本の力、今日も感謝です。       

      テーマ:
  • 30 May
    • abさんご

       芥川賞を取った、70代遅まきの新人と言われる  黒田夏子さんのこの作品。  最初は横書きとひらがなの多さに  読みにくさがはんぱなくすごくて、挫折しかけました。  大好きな作家の宮本輝さんも入口で  苦しみ、難解で、3回ぐらい読んだと  いうぐらいですから、私も 3回、読みました。  傘や、蚊帳の事をそう 表現するんだと  感心したり、3回目には、内容もわかってきて  そうなんだと、やっと、読んだ気がしました。   時間のある時しか、読めないなとおもいつつ   他の作品もよみたいなと思ってます。    

      テーマ:
  • 29 May
    • おとん

       平田ご夫妻のコラボの素敵な絵本の数々に  いつも楽しませてもらってます。   おかんもいいけど、   影の薄いおとん(なんでかおかんにまける)   がいいですね。   サイン入りで届いたので、また   方々に持ち歩きます。 おとん こうやって 「 がっきゅうぶんこ」 って いうてみ   いいますがな。なんべんでも。        おとうさんは やさしくて     力持ちで 器がひろいんだよ。    「 おとん いつも ありがとう      だいすきやで。 」    

      1
      テーマ:
  • 28 May
    •  にすいです 冲方丁対談集

      冲方丁、初の対談集。 2005年から2012年までの各所での対談を 集めたもので、対談相手はいろんな分野の先鋒たち。 かわぐちかいじ、富野由悠季、井上雄彦、 養老孟司、夢枕漠、伊坂幸太郎、天野喜孝、 鈴木一義、中野美奈子、滝田洋二郎、山本淳子の11人。 漫画家、アニメーション映画監督、画家、 作家、文学者などなど。   「天地明察」を、読んでいて   作者である 冲方丁さんのイメージが   勝手にあったので、この対談集を読んで   こんな人なんだと再発見。   さんずいへんじゃないよ、にすいですよって   このペンネームもかわってるもんね。  「天地明察」も面白かったですが  こちらの対談集もさらっと、楽しめます。

      テーマ:
  • 27 May
    • イソップのはなし

      人気作家マクリントックが贈る、 楽しくゆかいなイソップ絵本。 「キツネとツル」「キツネとぶどう」 「町のネズミといなかのネズミ」など、 有名なお話を九つ収録。 クラシカルな衣装に身を包んだ動物たちが、 ときにユーモラスに、ときに表情たっぷりに、 寓話の魅力を味わわせてくれます。 動物たちを子どもたちが舞台で演じていたと いう設定が後でわかり、 おやっ、すごっと思わせてもらいます。  昨日、Rちゃんを預かっていたのは  いいんだけど、読み聞かせを彼女の  リクエストでよんでいると、  「おっぱいのひみつ」  「おかあさんは どこ」  「わたしのあかちゃん」(ベビークモンの絵本)   とうとう、「わたしのあかちゃん」の   あたりで、自分のママがいないことを痛感して   『ママ』『ママ』と号泣しました。   まあ、たいへん、涙、涙で嗚咽して「ママ」   の繰り返しです。   6月末には2歳になりますが   1歳児のママを想う気持ちの強さ。   もらい泣きしそうです。   でも、すごい読解力ではないでしょうか。   バーバ馬鹿ぶりですみません。      そのあと、お外に連れ出し、   近くの公園ですべりだいをしたり、   お散歩してると、ご近所の幼児さんたちが   遊んでくれました。   みんな自分のおもちゃを貸してくれたり   とても、よくしてくれて、ご機嫌もよく   なってきました。     でも、、ママが帰宅すると、     思いっきり甘えてましたね。     あたりまえですよね。                    

      テーマ:
  • 26 May
    • さがしてごらん

       ページの中にいっぱい書かれたぱんや  星や、車をさがします。  可愛い絵を一生懸命さがすのが  楽しいですね。   5月になり爽やかなお天気ですちょっぴり   暑くもなりました。     今日は Rちゃんを預かります。      いっぱい 本をよみます。   

      テーマ:
  • 25 May
    • カエルのおでかけ

       カエルちゃん 今日は 絶好のお出かけ日和と  喜んででかけますよ。  途中で パリパリさくさくのハンバーガーも  買ってね。  私達と違ってカエルさんのお出かけに  いいお天気とは 真反対です。   そうです。   カエルさんは、雨がふっているといのです。   高畠さんの新作です。   今日は 私にとって、お出かけ日和です。   でも、懇談を一日します。   来ていただく方にとっても   いい日ですね。    どうぞ、よろしくお願いいたします。  

      テーマ:
  • 24 May
    • あかちゃんもってる

      あかちゃんが、何かを持っています。 何を持っているのでしょうか? あかちゃんは、おもちゃを持っていました。 お母さんが、何かを持っています。 何を持っているのでしょうか? お母さんは、大根を持っていました。 かえるさんが、何かを持っています。 何を持っているのでしょうか?    なんとこの作品の作者は    「伝染るんです」の吉田戦車さんです。    わが娘に読み聞かせしているうちに    自分でも絵本をつくろうって・・・・・。    やるな、パパ。    その昔、娘に面白いからと    「 伝染るんです」を渡されて    よう わからんかったけど、こんな世界も    あるんかなという感じをうけたことがありました。    でも、この絵本でまた、見方がかわりました。    子育ての漫画もだしているとか。    そっちも、興味あります。    おにぎり文庫の炊き出し会。    アットホームな感じで、本のお話    いっぱい聞けて よかったです。     今日は、今から 地区会です。      

      テーマ:
  • 23 May
    • とまとさんにきをつけて

      主人公と読者が直接対話する ユニークな新スタイルの絵本。 小さな女の子に擬人化された トマトが読者を驚かせます。  かわいいといわないと ないちゃうそうです。 天真爛漫なとまとちゃん かわいいから許してあげる。 今日は おにぎり文庫のたき出し会に 行ってきます。 楽しい情報が聞けると嬉しいです。

      テーマ:
  • 22 May
    • いいないいなこのおうち

      一級建築士の免許をもつ異色の絵本作家という 作者の軽部氏。 家の被り物をして「かるべくん」は すごいうちを紹介してくれます。 カレーライスのおうちとロボットのおうち・・・。 まあ、本当に色んな発想のおうちを。 2つずつおかしな家を紹介しては、「どっちが」って 聞いてくれます。 紹介のあとの「ひみつ」の欄。 家の構造やらを見ていると、 ホントに出来るのかもって 思えるのが不思議です。 子どもたちの発想と大人の発想の違い でも、楽しめます。    

      テーマ:
  • 21 May
    • れんけつガッチャン

      コトン コトン おさるの電車が走っていくと 見えてきたのはダチョウの特急。 電車と特急が連結してガッチャン! 特急が電車を引っぱってビュンビュン走ります。 すると今度はチーターの新幹線とガッチャン! どんどん連結していって、どんどんスピードが 早くなっていくのかな、と思いきや。 今度連結するのは、地下の線路を もぐっていくあの列車!更にその次は・・?  電車好きな男の子ちゃん  連結がいいでしょ。  女の子でも、十分楽しめますよ。  童心にかえり、我々も  楽しんじゃいましょう。   朝とお昼の気温差がありますね。   今日も暑くなりそうですね。

      テーマ:
  • 20 May
    • え なんでまた?

       今 日本中の朝のお茶の間で楽しく見られている  「 あまちゃん 」 の宮藤官九郎さんのエッセイ集です。  「週刊文春」2010年9月9日号から   2012年11月29日号までの分を再編集、加筆されたものです。  さらっと、読めます。面白いです。  で、くどかんさんの才能たっぷりが再認識されます。    あの、中村勘三郎さんが、勘九郎さんから  勘三郎さんに襲名の際に、くどかんさんに  一緒に 勘三郎にならないかと誘われたなんて  お話 いいですね。  最初に彼を見たときより、いい顔になってはるし、  この人の作品は、要チェックです。    映画『中学生丸山』の宣伝のためか、今    よくテレビ出演してますけど、    見に行きたいなとも思ってます。  

      テーマ:
  • 19 May
    • 一週間遅れの母の日

      先週は、金曜の夜から、日曜の夜遅くまで、家にいなかったので、 今日、ケーキや、お花をもらいました。  おしいケーキをRちゃんと食べる至福の時間。  「 はい、どうぞ。」が  今、お気に入りの言葉で  その言葉で、何回も踊らせられました。  「上手」 「 アンコール」 「 拍手 」覚えた言葉を使って  ほめてくれたり、、ぱちぱちしてくれるので、  私は何回も、足をあげて くるくる  まわりました。  明日、筋肉痛になるのではと、今から心配です。  でも、楽しかったわ。      

      テーマ:
    • わごむはどのくらいのびるかしら?

      ある日、ぼうやは、わゴムがどのくらいのびるか、 ためしてみることにしました。 わゴムのはしを、ベッドの枠に引っ掛けて、 部屋の外に出ます。 自転車に乗って、 バスに乗って、 汽車に乗って・・・。 わゴムはどんどん、 どんどん伸びていきます。 飛行機に乗って、 船に乗って、 ラクダに乗って・・・。 ついにロケット発射場へ。 でも、最後にはね・・・。  昨日のK市のショッピングモールの  中の書店でのお話会で大型絵本で  読みました。  みんな、どんどん伸びるわごむに  くぎ付けでした。     読んでいてこちらもその反応に   びっくりでした。   さあ、今から、   市内一斉清掃に出かけてきます。

      テーマ:
  • 18 May
    • 糸子の体重計

      食べることが大好きな細川糸子、 クールビューティー・町田良子、 大柄な転校生・高峯理子、 町田良子にあこがれる坂巻まみ、 細川糸子とは給食の天敵・滝島径介…… 5人の小学5年生の子どもたちの平凡な日々。 つらいこと、悲しいことはしょっちゅうだし、 どうしようもなく苦しいときもやってくる。 そんなとき、クラスを見渡せば、細川糸子がいる。 誰に対しても真っ正面から向き合い、しっかりと 相手を見て、思ったことを口にする。 大人も子どももじたばたしてけんめいに生きている、 そんな地に足のついた読みごたえある物語。  小学生は、もちろん、大人が読んでも  元気になれます。  読後感が、爽快です。  食べる事が大好きで、思ったことを  口にする糸子が自分に  かぶってきます。 (^_-)-☆              

      テーマ:
  • 17 May
    • おしろとおくろ

      上から下まで輝くように真っ白なお城、 他の白いお城たちの憧れです。 大好物は真っ白なだいふくもち。 次に登場したのが真っ黒なお城! やっぱり立派な黒ひげが 自慢のおくろじいさまです。 まっ黒あんころもちが大好物、 いつもぴかぴかまっくろくろ。 このおしろじいさまとおくろじいさま。 どっちのひげがかっこいいか決めるために 勝負をすると言い出したから、さあ大変! しかも今日は特別に、 おしろじいさまは舞子さんにおしろいを塗ってもらい、 おくろじいさまはイカにイカ墨を塗って もらってるんです。  さあ、最後には どうなるでしょうか。   皆さんのお近くのお城は ○○城でしょうか?   それこそ、昔はお城だらけだったらしいですね。   されど、みんな 一国一城の主というぐらい、   さあ、わが城を奇麗にメンテいたしましょうか。

      テーマ:
  • 16 May
    • つたわるきもち

       ねずみさんはくまさんのことが  だい だい だい すきです。  ねずみさんのラブアタック「チュ」「チュ」「チュ」と  ハートがどんどん増えてきます。  最初は無表情なくまさんの目が  最後にはハートになります。   つたえる、つたわる・・・・・。   とにかく、つたえなきゃ、わからないものね。   つたえても、届かないこともあるよね。   でも、伝え続けたら、いつか   とどくかも。      昨日も、ずっと、懇談してましたが、   そう、思いました。     今日も、そうしよう。   つたえよう、あなたの事、大好きで   いつも、見ているよって。     

      テーマ:
  • 15 May
    • ありがとうのきもち

      引っ越しの決まったあーちゃん。 あそび島のみんなに「ありがとう」のカードを作ります。 でも、大好きなあきに「あばれんぼう あき」と書いたために カードを受け取ってもらえませんでした。 周りがハラハラ見守る中、最後の日にやっと 「あき げんきいっぱい」のカードを受け取ってもらえます。 その裏にはちゃんと「あき だいすき」と書いてありました。 「あばれんぼう あき」も自分の気持ちだからと 言い切るあーちゃん。 カードはもらえないのか気になりつつも、知らんぷりのあき。 小さいながらも自分の気持ちを持っているのですね。 仲直りできて、お引っ越しできてよかったです。  自分のおもいが伝わらないもどかしさ、相手の気持ちに  なってものごとを伝える難しさ。  今、保護者面談やら、スタッフ先生との個別面談でも  その事をおもいしってます。難しい―――。    そうそう、月曜日のちょうどお昼に新聞配達の  お兄さんがピンポンと来ました。  「バイクをぶつけて郵便ポストを壊しました。」  見ると、見事に破壊されてます。  「どうしましょうか?」  正直な申し出だからいいですと  言いそうになりましたが、取り付けた主人にも  相談しますということで、携帯番号を受け取りました。 私が仕事に出ている夜にも再び来たようで  主人が「 新しいの買ってきてよ。」と  言ったということで、昨日の同じ時刻に   新しいのが届きました。  なので、深夜、ポストに  「 新聞をいつも届けてくれてありがとうございます。    ポストも新しくなって、喜んでます。    よかったら、持ちかえってね。」のお手紙と   缶コーヒーを2本入れて置きました。  朝、新聞を取りにいくと、受け取ってくれたようでした。       

      テーマ:
  • 14 May
    • うさぎのぴこぴこ

      んと ぬいぐるみのぴこぴこが、 本物のうさぎの親子と過ごすちょっと 不思議なお話です。 人間の世界にいたぴこぴこにとっては、 自然のうさぎの暮らしは不自由? と思いきや、段々と居心地の良さに気付くぴこぴこ。 自然とのふれ合いがどんなに大切か 教えてくれているような感じがします。   山崎陽子さんの作品で   いもとさんの優しい絵です。     本物と人工、     都会と自然。     どっちも、なかよくしたいですよね。                 

      テーマ:
  • 13 May
    • 動物たちのおしゃべり

      作者の山崎さんは、こう コメントされてます。 誰の心にも、言いそこねた 言葉のかけらや呟きの切れはし、 口には出せない切なる願いの数々が、 秘められているものです。 まして物言えぬ動物たちならなおさらのこと。 時には口にしてみたいと 思っているに違いありません。 私の出会った"ハナアクの動物たち"は、 一見、無愛想なのに、とても人懐っこく、 こころよく胸のうちを語ってくれました。 こっそりお聞かせしましょう。 彼らの無邪気な独り言、 他愛のないお喋り、ひそかな祈りを...   動物たちのおしゃべりが   いいそう、いいそうって感じなんです。   絵も素敵です。

      テーマ:

プロフィール

kumachan

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
いつでも 遊びに来てね。 一週間に十日来てね。

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
255667 位
総合月間
231720 位
日々のできごと
18398 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。