• 30 Apr
    • ぼくにげちゃうよ

      子うさぎと母さんうさぎの、 追いかけっこのような会話がとてもほほえましい。 愛されているからこそ逃げたい、 でも最後には安心できる場所に戻りたい そんな小さい子の心理が、 うさぎの親子の会話を通して描かれています。 初版は1942年。モノクロとカラーページが 見開きで交互に登場する構成は文章に弾みをつけ、 次はどんな問答なのか興味をかき立てます。 特にカラーページは母さんうさぎの答えが そのまま描かれ、子うさぎと母さんうさぎが いろいろなものに変身して登場するところは とてもきれいな絵なので、みとれますね。 私達の教材にも使われています。 今日の集中学習でも 読むつもりです。  昨日の老人ホームでのお話会でも  読ませてもらいました。  初夏みたいな暑さの中で  皆さん、楽しく聞いてくださいました。  歌もたくさん歌いましたよ。  紙芝居も二つ、こいのぼりやかしわもち  母の日も近いので 「 おかん」  「おかあちゃんがつくったる」などなど。  クイズ形式の絵本もまぜての50分。  あっという間におやつの時間に。  毎回 この様子をこの園のブログに  アップされます。  今回も近々 記事になる予定だそうです。

      テーマ:
  • 29 Apr
    • あったらいいのにな

      全部チョコレートでできたおべんとう、 ながーいつりかわのある電車、 いたくないちゅうしゃ、 すべりだいになってくれるきりん、 おやつをとるとき、階段になってくれるへび。 ちぎり絵で立体的に描いた絵が、 子どもたちの色彩感覚や想像力を養います。  あったらいいのにな  例えば、そうだな、と考えてみました。  でも、いきなり、思いつきません。  まあ、それは、発想の貧困さか  それとも、大した望みももたないからか  いいえ、現状でそこそこ満足してるからか  そんなこんなです。    

      テーマ:
  • 28 Apr
    • ようちえんいやや

      「ようちえん いくの いやや、いやや、いややー」 たけしくんが、まなちゃんが、つばさくんが・・・ どうやらみんな、それぞれに 立派な理由があるみたい。 イスのマークが気に入らなかったり、 いちごが好きなのに「ももぐみ」 なのがいやだったり。 でもでもね、本当は理由はたったひとつです。 大好きなお母さんと離れるのがいやなのです。  わかります。わかります。  読んでいて、こちらも涙ぐんじゃうほどです。  Rちゃん1歳10カ月も  毎日、おお泣きしているようです。  当たり前ですよね。  で、Rちゃんに「偉いね、頑張っているね。」  と、話しかけると、こっくりうなづいてました。  けなげです。  保育園で「先生」という言葉を覚えたものですから  教室に入ってくると、私一人で仕事していても  「 先生 」 と私を呼びます。  そして、お気に入りの絵本を持ってきます。  至福の時間です。  たわいもないお話におつきあいただき  ありがとうございました。   さて、皆様の連休の予定は?

      テーマ:
  • 27 Apr
    • だれのじてんしゃ

      ふしぎな形の自転車が、 ページをめくるたびに登場します。 だれのでしょうか?  くりかえしの楽しさがとっても ユーモラスな絵本です。  気候がよくなりましたので、自転車で  お出かけしたい気分です。  ただ、今日も一日 朝9時からの 懇談で  やっと、ひといきついてます。  来てくださった方々に感謝です。  色んなお話しできてよかったです。   さあ、連休、片づけしましょうっと。

      テーマ:
  • 26 Apr
    • ちゃいます ちゃいます

      お父さんからの電話。  たあくんは、お父さんからだと、 声を聞いてわかっていましたが、    だって、だれって、ゆわへんねんもん  と、とぼけて「にわとりさんでっか?」 「……でっか?」を続けます。  お父さんものりのりで、 間違えられた動物の鳴きまねをして、 「ちゃいます。」って自分でつっこんで。  そして、またたあくんにヒントを出します。  たあくんは、またとぼけて「……でっか?」  お父さんが「ちゃいます。」 関西弁だからの親子のやり取り。 ボケと突っ込み。 絶妙です。 そうそう、こんな話もありますよね。  犬をみて。 「 あれ、ちゃうちゃう?」 「 ちゃうちゃう、ちゃうちゃうちゃう。」   ちゃいます とか ちゃうでとか   わざと、突っ込んで、ぼけて、また   突っ込んで、そして、笑わすのですよ。   関西人の気質です。   だから、このブログもわらって日記ですのよ。   人生には笑えない日も結構あるのですが、   それでも、笑って生きたいと思うのです。

      テーマ:
  • 25 Apr
    • サカサかぞくのだんなしぶいぶしなんだ

      宮西さんの回文シリーズの第三弾です。    武士の家で なんと「ちち」がさらわれた! 「はんにんは?」 「だれだ?」 「わたしがさがしたわ」と犯人と対決! 「しんけんけんし」は、 さて、ちちは、無事に家族の元に 帰れるでしょうか。  今までのも面白いけど、第三弾が  わたしは、好きです。  懇談の毎日でしたが、今日、明日は  通常教室で、土曜日、また、  懇談です。  なんか、腰の痛いのを忘れてます。    

      テーマ:
  • 24 Apr
    • キラキラ

      『アンパンマン』で有名なやなせたかしさんの、 ちょっぴりせつないお話。 高い山のふもとにあるオビエ村。 いつからでしょうか、山にはキラキラ という怪物が住むようになり、 村人は怖がって近づかなくなります。 そんなオビエ村に、勇ましい兄弟が住んでいました。 兄のキルは弓の名人、 弟のキリは棒の名人です。 「キラキラがなんだ、 このぼうでたたきころしてやる!」 山に登ったきり帰ってこないキリを探して、 キルは山に登りますが…? その後に分かる真実に読み手は 息をのみます。 えーーーーっ、そうだったの。 1975年の初版からの復刻版です。    昨日の懇談会に引き続き、    自分の面談を朝 事務局でしてもらい、    飛んで帰りの教室での三者懇談会をします。    昨日は夜 10時までしましたが、    さて、今日は・・・・。

      テーマ:
  • 23 Apr
    • カイジュウゴッコ

      今日もいつものカイジュウゴッコ!  おれがデスギラスで、おまえがロボがロン。 おっとっとっと、かつのはおれさまだ! ちょっぴり懐かしい“カイジュウ”ワールド。 いくぜ~!! おうっ!!  青空のもと、真剣に懐柔になりきり  遊ぶ二人。  いいよね。男の子。  山本さんの絵はいつも  迫力があって大好きです。  4月下旬というのに、朝晩の冷え込み  昼は気温が上がりますね。  体調管理しながらの今日は午後から  三者面談会です。

      テーマ:
  • 22 Apr
    • でんぐりがえし

      森のどうぶつむらのおはなし。 まず、クマのクーちゃんが 「ぼく、でんぐりがえしが できるんだ」 右にドテン!ひだりにドテン! しながらもう一回。 あたまからくるりとでんぐりがえし、グルリンパ。 「できた!」 それを見ていたうさぎの ナナちゃんが「おしえて」。 でんぐりがえしをしている二人を見て、 今度はヤギのおばあさんがでんぐりがえし。 次はタヌキのおじいちゃんが。 クジャクのおねえさんも・・・!? 気がついたら、森のみんなが くるくるまわってグルリンパ! サイン入りで届きましたの。           腰が治ったら、でんぐり返しを     やるときめてます。     だって、楽しそうですもんね。     それに、リハビリになりそうなきがする。      今月の本購入代がぐんぐん      上がっていて、他は倹約です。      昨日も、今日から、入院という方に      絵本と一般書籍をお届けいたしました。

      テーマ:
  • 21 Apr
    • こんたくんのえーとえーと

      ...    こんたくんは、おかあさんに、おうちでさいたはなを    みっつ、花束にして、うさぎさんたちの家に    届けるお使いを頼まれました。    「 これ、おかあさんがおにわでつくったはなです。      どうぞ。」     いえるかな、いえるかな。   「 えーと、えーと」でも、うさぎさんたちは   「 おかあさんがつくったおはなね。ありがとう。」   って、いってくれたので、何もいわなくてよかったんです。   でもね、くまさんは、何にもいってくれないのです。   でも、美味しいクッキーがあるからって   お家にいれてもらいました。   そこでね・・・・・・・・・。   えーと、えーと 言葉がでないことのもどかしさ   ありますよね。   今、私の事、知っている方々、PCの前で爆笑でしょうか。   わたしの幼少の頃は、   とっても恥ずかしがり屋さんで   母親の体の陰に入り、もじもじしている子でしたの。   だから、こんたくんのこととてもよくわかります。   昨日は、治療をしてから、たくさんの絵本や紙芝居、   大型絵本まで携えて、K市の書店のお話会に。   いつものように、絵本大好きな子どもさんたちに   囲まれて楽しくてうれしいんだけど、   腰痛がぶりかえして、とほほです。   今日は、ぼちぼちお仕事しながら、   腰さんに、昨日の無謀をあやまりつつ   自粛いたします。             

      テーマ:
  • 20 Apr
    • からすのおかしやさん

        予約していたのが届きました。    わお、からすのぱんやさんのこどもの チョコちゃんが最初はケーキを、それから、 リクエストにこたえて    和菓子もつくり、お菓子屋さんを始めましたよ。   そして、お菓子作りを教えてくれたミミちゃんと   チョコちゃんがめでたく、結婚することになりました。   パンやさんの本のように、美味しそうなケーキと   和菓子もずらりとならび、よいにおいが   してきそうです。    かこさんのあとがきがいいですね。    あとがき                            かこさとし    前作『カラスのパンやさん』をお目にかけたのは    1973年(昭和48年)のことでした。    それから現在まで、多くの    方々の読んでいただき、あつく御礼申し上げます。    なかには、「私が小さいとき読んだのを、    孫が見ています」 という、三代も読んでくださって    いる方から、お手紙をいただくことがあります。    そうした方から、きまって、続きをかけと、    たびたび催促をいただいてきました。    その申し出にこたえるのと、だいぶん時間が    たったので、四羽の子どもが大きくなってからの    ようすを、かくことにしました。    この本は、いちばん上の兄さんの    お話です。「おいしい本」にしたいと    おもったのですが、お口にあいましたでしょうか?      おもわず、はい、美味しくいただきました。      ごちそうさまでしたと本に向かって答えました。      あと、やおやさん、てんぷらやさん、      おそばやさんも      でましたので、楽しみですね。      4作のシールを集めて、オリジナルト―トバック      も、もれなくもらえるんですってよ。      絶対、欲しいとねらってます。     

      テーマ:
  • 19 Apr
    • バングルス先生、ちこく、ちこく。

      あちゃーーーー。 バングルス先生が朝寝坊。 「学校の先生が遅刻なんて!」ありえない。 靴がないに始まり、バタバタして 先生は家を飛び出しました。 でも、車はガス欠、 電車は行ってしまうし、バスは満員。 気球に乗ったら空気が漏れて、 ひゃあ大変! 一輪車にのるが、走る方が早いと 急いで走るバングルス先生。 さて、学校に間に合うでしょうか?  学生時代に、朝、眠くておきないといけないと  いう意識の中で、  体はベッドの中にいるものの、起きて  したくして、学校についている夢(?)を  よくみたものです。  それから、白状いたします。  いまだに、夏休みが終わるのに  宿題が手つかずでいるとか、  テストが始まったのに、なんも書けないとか、  単位の履修を提出できてないとか、  めちゃくちゃ 焦っている夢をみます。  実際、そんなことはなかったのにね。  スローペースでしか動けない今、余裕を持つことを  心がけてますが、根がせっかちですから  歯がゆいです。  ですから、腰がいたいこと、大いに  カミングアウトしてみんなに  助けてもらってます。  でも、昨日の教室。  老朽化したシャッターが6枚あるのですが、  玄関部分と自分の車入れの所だけ押し上げるのに  脂汗をかき、開けるのだけにスタッフ先生を  呼び出そうかと真剣に考えたり、休み休みで  やっとこ、開けました。  あーーー、腰さんよ、がんばってくれてありがとう。   それから始まった長い一日でした。

      テーマ:
  • 18 Apr
    • あたし、ようせいにあいたい

      あたし、ようせいにあいたい/えほんの杜 「信じていれば、妖精に会えるよ! 大切なのは気持ち。」 アンちゃんのピュアな気持ちが 夢のようなひとときを生みだし、 信じられないほどの輝きで彼女を包み込みます。 そしてアンちゃんがその姿を 一番に見せたかったのは、もちろん…ママ!  アンちゃんが、可愛い妖精になり、  赤ちゃんのお世話でいそがしかったことで、  ごめんねとぎゅっとしてくれました。  それだけで、アンちゃん、  とても、しあわせになります。  腰痛で、どないもこないもありません。   でも、教室には、はってでも、いきます。

      テーマ:
  • 17 Apr
    • おおかみとキャベツばたけ

      輝くちょうちょに憧れる、オオカミのループッチ。 どうしたら輝けるのか教えろとちょうちょを脅してみるけれど、 ちょうちょは教えてくれません。 そこで、こっそり秘密を探る事に。 ちょうちょをつけて、キャベツ畑へ。 と、面白いハプニングがありキャベツの中 に入ってしまいます。 そこで秘密をしります。 外見ではなく、中身(心)が大切だと いう事を教えられるとてもいい絵本でした。 そして、それを知ることにより輝ける。 輝くためのちょっとしたきっかけが ループッチにはキャベツ畑で、そして私達には この絵本になりますね。 優しい絵となんと言っても、まあるい可愛い形と、 キャベツがすてきです。 それから、ちょっといい人(?)に 変身していくおおかみさん。 いいね、いいね。  腰をやっちゃって、動作が鈍い私です  すっと歩けないから、余裕を持って  ゆっくりいきましょうっと。  

      テーマ:
  • 16 Apr
    • きいてきいて

      はる君は、お父さんが、保育園に迎えにきてくれてから、 ずーーーっと、「 きいて、きいて」の連発です。  お父さんは、夕ご飯の用意やらなんやら  おお忙しなので、「 あとにしてくれる」と言いました。  おこったはるくん、すねちゃって、  もう、口きかないよと思うのですが。  おいしそうなカレ―のにおいがしてきて、  ご飯ができたよの声に、おもわず仲直り。  新学期、新しい環境の中で、  みんな、それなりに、お家に帰れば  「きいてきいて」状態になったり、  逆に、疲れで不機嫌になったりしますね。  このわが子の「きいてきいて」をちゃんと  聞いてこなかった私は、反省してますよ。  長い子育ての中でも  「きいてきいて」と  まとわりついてきてくれる時期の短いこと。    だから、お忙しいパパさん、ママさん、  上手に、聞いてあげてくださいね。      

      テーマ:
  • 15 Apr
    • マッチ箱のカーニャ

      あるところに マッチ箱くらいの 大きさの カーニャ という おんなのこが おりました。 ちいさな ちいさな カーニャは マッチ箱の中で ねてみたいなと おもいました。 ふわふわのまくらも ひつようだわと、おもいました ・・から始まるカーニャの冒険物語です。 こんな小さな子たちが 部屋の中にいたらかわいいな そんな気持ちを絵本にしました。  と、作者の北見はこさんは言うてはります。     可愛い絵と素敵なお話しで   女の子は好きになると思いますよ。   またまた、Rちゃん話で恐縮ですが   絵本が大好きで、嬉しいです。   絵本を持ってきて、ちょこんと   おひざに座ってくれると   バーバ大張りきりです。      この間読んだものの中に   小学校の先生がこんなことを   書いてはりました。   一年生を受け持って   お話をしていると、吸い取るように   聞いてくれる子がいます。   その子のこれからは、学力的にも   精神的にもとても楽しみですし、   また、大丈夫って感じます。   そんな子が一人ぐらい、毎年いるんですね。       きっと、周りの大人の人が    たくさん本を読んであげていたからですね。    そんな子がたくさんできるといいなと    思います。         

      テーマ:
  • 14 Apr
    • がんばる、たまごにいちゃん

      おなじみ、たまごにいちゃんシリーズです。 立派になった「たまごにいちゃん」。 でも、突然たまごのころが懐かしくなっちゃった。 「また、たまごに戻りたい」。 周りの仲間たちに訊いてみた。 「たまごに戻りたいって思ったことないの?」 「ぜーんぜん。だって、 せっかく大きくなれたんだもん。 出来なかったことも、 いっぱい出来るようになったしね」。 みんな、かっこいいなぁ。 よーし、ぼくだって、がんばるぞ。 成長する喜びや不安 繊細で複雑な子供の気持ちが 絶妙に描かれた1冊!    私の大好きなたまごにいちゃん。       そうそう、もう、保育園にかよってるRちゃん。    毎朝、ママと壮絶な別れの場面をしてるようです。    でも、グ―――ンと、語彙も増えてすごい成長です。    がんばる、Rちゃん。    

      テーマ:
  • 13 Apr
    • ぼくだよぼくだよ

      らいおんとひょうが森でであいました。 「ぼくのほうがきれい」 「ぼくのほうが強い」と自慢し合ううちに……。 空を飛び、水にもぐり、どんどん空想の世界へ…… 命の躍動感がほとばしる絵がすごいです。  どうしたら、こんな すごい絵が  かけるんでしょうね。  作者のきくちちきさんの  発想と大胆な構図に、なんか  ぐいぐい、引き込まれます。  本当に絵本の世界は自由で  素晴らしいです。

      テーマ:
  • 12 Apr
    • こぶたのかばん

        こぶたのぐぷたはお母さんのお使いで   ケチャップを買いに行きました。   黄色いかばんに入れての帰り道、   ひろったもの、もらったもので   とうとう、パンパンに膨れ上がりました。   『ぶたのたね』『やっぱりおおかみ』   『変なお茶会』の佐々木マキさんの   素敵な絵本です。    新学期が始まり、うとうとする子が多くて、    疲れるんやね。    だから、励ましたり、褒めたり、    眠くならないように、早めに手だてを。    でも、眠くなるんよね。    わかりますよ。眠い春です。   

      テーマ:
  • 11 Apr
    • ようちえんのいちにち

      くまのこ幼稚園に通う、あかりちゃんが主人公。 あかりちゃんの登園から 降園までの様子を追うことで、 この一冊で幼稚園の1日が わかるようになっています。 幼稚園では、自由に遊んだり 歌ったり工作したり。 おみせやさんごっこに、お誕生会。 お弁当の時間もあります。  さあ、今日は、幼稚園の入園式です。  入学式も、緊張するでしょうが、  初めての入園では、親子ともども  ドキドキですよね。  何かと、不安もあるでしょうが、  見守っていきましょうね。  入園式では、ママたちと一緒でしたが  明日からも、元気に通えますように。  

      テーマ:

プロフィール

kumachan

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
いつでも 遊びに来てね。 一週間に十日来てね。

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

旧ランキング

日々のできごと
8078 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。