• 31 Dec
    • あかちゃんうまれたよ

      ある日、おかあさんがいいました。「もうすぐあかちゃんがうまれるのよ」デイビーの家ではみんなが大喜び。でも、デイビーだけはちっとも嬉しくありません。とうとうあかちゃんが生まれて、デイビーにもあかちゃんをだっこする日がやってきました。うさぎ年の今年も あと 何時間かですね。この絵本はまさに 我が家の様子です。6月28日に 赤ちゃん誕生でうちのなつは ディビ―のようです。やきもちもあるけどお昼寝の時間ベッドのそばで ちゃんとお守してくれてます。このブログにお越しいただいた皆様ありがとうございました。どうぞ 良いお年をお迎えください。今 おやつをたべてるRちゃんです。

      テーマ:
  • 30 Dec
    • かさじぞう

      昔、あるところにおじいさんとおばあさんが貧しく暮らしていました。大晦日、おじいさんはお正月のお餅を買おうと町に笠を売りに出かけました。ところが、米や魚は飛ぶように売れるのに、誰もおじいさんの笠を買う人はいません。仕方なく家に戻ろうとした途中、雪が降り始め、あたりは吹雪に。ふと気がつくと、6人の地蔵様が野原で雪にさらされています。気の毒に思ったおじいさんは持っていた5つの笠をかぶせてあげ、最後の地蔵様には自分の笠をかぶせてあげました。おなじみのこのお話ですが年越しを迎えるにあたり 読むとほっこりできますね。お正月は もう そこに。

      テーマ:
  • 29 Dec
    • めくってごらん

      カレーライスの中にかくれている鳥ってなんだろうめくってみれば、出てくるよ。言葉がどんどん好きになる、新感覚の型抜きしかけ絵本。一日中 寝ない6ヶ月児といると 一日 あっと言う間に過ぎていきます。こんなに 寝ないものなのとは思うのですがそれはそれでよくていつもとはちがう時間の経過があります。

      テーマ:
  • 28 Dec
    • ルナと光の天使

      このクッキーの ひみつはね、おねがいごとを かなえてくれるのよ」ルナくんは、クッキーをみつめて いいました。 「みんなが ハッピーになれるように、 ちからを かしてください」 すると、ルナくんは フワッとうきあがり、いつのまにか おほしさまにのってよぞらをとんでいました。(本 文より)星の王子様を彷彿とさせるルナくんが、みんなの幸せを願って夜空の旅に出ます。旅の先でルナくんが出会った存在とは……。 今年最後の教室も終わりました。新年準備は 今日から ぼちぼちいたしますね。皆様も お忙しいでしょうがまた このブログに あそびに来てください。

      テーマ:
  • 27 Dec
    • はちみつチーズケーキ

      森の奥ふかくに暮らすくまは、たべるのも、ねむるのも、さんぽするのも、いつもひとりぼっちでした。そんなくまが、ある日、だいすきなはちみつのおかしをたべるために、初めて森の奥からとびだして……。         おいしいですよね。      チーズケーキ。      りくろーおじさんのチーズケーキは      安いのに 美味です。      父と同じ郷生まれの りくろーおじさん      偉い人です。

      テーマ:
  • 26 Dec
    • だんだんやまのゆきすべり

      女の子のいっちゃんは、友達と一緒に、だんだん山にそりすべりに来ました。でも、こわくてすべりおりることができません。「さきにいってえ」とひとり、山の上に残っていると、おや、どこからか歌声が聞こえてきました。ひゃあ、動物たち! 動物の子どもたちがそりを引いてやってきました。見ているとやっぱり「さきにいってえ」といっている小さなきつねの男の子が……。この子ぎつねも、さっき、みんなに「いっちゃん」て呼ばれていました。いっちゃんは思い切って、声をかけました。「あんた、いっちゃんなの?」……子ぎつねはいちろう君。だからいっちゃん。女の子はいずみちゃん。だからいっちゃん。「ひゃ、おなじだねえ」ふたりはなかよしになりました。さあ、そこで、ふたりでそりすべりの練習です。さて、ふたりはそりすべりが、できるかな?  昨日も寒くて ぶるぶるでしたが  子どもたちは 雪の中では 元気にあそびますよね。    スキーに行けば 寒いのは気にならなかったけど  と 昔を振り返るのでありました。  皮下脂肪 たっぷりでも  寒いのは 苦手です。

      テーマ:
  • 25 Dec
    • エリーちゃんのクリスマス

      犬のハリーや猫のヒラリーたちとクリスマスツリーの飾り付けをするエリーちゃん。さあ、できあがりと思ったら、あれ?てっぺんに飾るお星さまがない! エリーちゃんは、お星さまを探しに雪のなかへ飛び出します……。 半世紀以上前にアメリカで出版された愛らしい絵本。クリスマスを迎える喜びにあふれた、小さな人たちにぴったりの絵本です。     寒波です。    雪でホワイトクリスマスのところも多いのでしょうか? 

      テーマ:
  • 24 Dec
    • クリスマスのまえのよる

      クリスマス・イヴの夜、みんなが寝静まった家で男の子がみたものとは……。おさえられた5色の色彩で描かれた、影絵のようにも見える美しい世界は、大人にも子どもにも神聖なるクリスマスの心の高鳴りを伝えます。  クリスマスを楽しんで欲しい、大切な方へのプレゼントに。   聖なる夜の今日皆様はどのように すごされますか?

      テーマ:
  • 23 Dec
    • イーノとダイジョブのクリスマス サンタさんになったよ

      イーノとダイジョブは、ふたごの兄妹。クリスマス、ふたりは、なかよしの森のともだちに、手作りのクリスマスプレゼントを作りました。でも、いつも森で会う「もりのおじいさん」の分だけ忘れてしましまいます。困ったふたりは……!?クリスマスは、「プレゼントをもらう日」ではなく、「大切な人の幸せを願う日」ということを、子どもたちに楽しくおもしろく伝える絵本です。 寒波到来。 寒いですが クリスマスは もうすぐ やってきますよ。

      テーマ:
  • 22 Dec
    • クリスマスにはおくりもの

      プレゼントをもらうのが当たり前になってしまったこのごろのクリスマスですが、この絵本が描いているのは「贈るたのしさ」です。わが子もこんなふうに成長してほしいとおもうそんな絵本です。昨日 Rちゃんには プレゼントしました。離乳食が始まってはいますがまだまだ 食べれるものも量もちょっぴりです。ケーキは まだまだですね。

      テーマ:
  • 21 Dec
    • ひとりぼっちのちいさなエルフ

      北国の森にたったひとりぼっちで暮らしていたエルフは、クリスマスにお客様をよぼうと考えました。けれども、何をしてもうまくいきません。「ぼくは、せかいで いちばんかわいそうなエルフだ」。がっかりしたエルフが思いついた素敵なアイディアとは・・・。エルフを思わず応援したくなる、北欧フィンランドからきた心温まるクリスマス絵本。小さなお子様から寂しがりやの大人まで、クリスマスの「こころ」がきっと届きます!     どうなるかとハラハラしていましたが     素敵なクリスマスになりましたよ。   皆様にも素敵なクリスマスが   訪れますように。

      テーマ:
  • 20 Dec
    • ちいさなろば

      雪の降るクリスマスイブの日、牧場に住む黒いろばは女の子たちにサンタクロースのおじいさんについて教えてもらいます。おじいさんはイブの夜やってきて、くつ下の中にプレゼントを入れてくれるというのです。ろばは自分もプレゼントがもらえたら、どんなに素敵だろうと思いました。 その夜、ろばは偶然にも話に聞いたサンタクロースのおじいさんを見かけます。おじいさんは、足を痛めた一頭のトナカイのかわりにそりをひいてくれないかとろばに頼みました。「お手伝いしますとも!」とろばは喜んで、お手伝いを引き受けました……。うーーーーー、さぶっ。寒いのは 苦手です。暖かい部屋で じっとしていたいのですがそうもいきませんね。

      テーマ:
  • 19 Dec
    • クリスマスのちいさなおくりもの

      クリスマス・イブ。住んでいる家のクリスマスの準備ができていないことを心配したネコとネズミは、急いでケーキを焼いたり、モミの木を飾りつけたり、奔走します。      こんな家思いのネコとネズミさんたち。    かわいらしいです。    することが ありすぎての    この絵本が ちょっぴり     うらやましくもあります。

      テーマ:
  • 18 Dec
    • バーナデットのモミの木

      森の小さなモミの木は、まわりの木々のように早く大きくなってどこかへ行きたいと願っていました。ある年の冬、モミの木は切り倒され、クリスマスツリーになりました。最初は有頂天だったモミの木ですが…。    ツリーにかかせないモミの木の目からみた    クリスマスです。    しっとり こんな絵本もいいですね。

      テーマ:
  • 17 Dec
    • 急行北極号

       雪の降るクリスマスイブ、サンタクロースを信じる僕のもとに現れたのはま真っ白な蒸気に包まれた汽車、急行「北極号」。その不思議な汽車に乗り込むと、車内は僕みたいなパジャマ姿の子供たちでいっぱいだった。こうして、「北極号」の幻想的な旅が始まった。 冷え冷えとした暗い森を抜け、月をかすめそうなほどの高い山を越えて汽車は北へ北へと進み、到着した所は北極点。そこではクリスマスのおもちゃが全部作られている。そして、サンタクロースから選ばれた一人の子供が「クリスマスプレゼントの第一号」を手渡されるという……。 素敵な絵がクリスマスを待つ子どもたちの気持ちを  盛り上げてくれます。いや、子どもたちだけではないですね。大人も癒されます。

      テーマ:
  • 16 Dec
    • あさになったのでまどをあけますよ

      なにげない日々の繰り返しの中に幸せがある新しい1日をむかえるために窓をあける子どもたち。なにげない日々の繰り返し、その中にこそある生きることの喜びを描いた絵本。  爽やかです。 さあ、師走です。 ゼミの時間です。 走ります。

      テーマ:
  • 15 Dec
    • メリークリスマス おつきさま

      ねずみのマヤがおつきさまにお願いしたのは……。心あたたまるクリスマスのおはなしアンドレ・ダーハンからのプレゼントもうすぐクリスマス。サンタクロースのもとに紙ひこうきの手紙が舞い込みます。それは、おつきさまにあてて ねずみのマヤが書いたものでした……。             Rちゃんへのプレゼントをどうしようか     いま 考え中です。     本は いいとおもえば その都度     買いますので クリスマスには      なにがよいでしょうか?     人見知りが はじまったようです。     でも 機嫌がよいと キャッキャッと     笑ってくれます。

      テーマ:
  • 14 Dec
    • ひめねずみとガラスのストーブ

      風の子のくせに寒がりのフーは、くまのストーブ店でガラスのストーブを手にいれます。美しいストーブに火をつけて暖まっていますと、ひめねずみがやってきました。「お日さまがおっこちてきたのかと思った」ガラスのストーブは、心まで温かくなるようでした。時間と空間をこえて旅をするうちに、フーは大人へと成長していきます。心いやされるお話しの世界は、こどもから大人まで堪能できるでしょう。     くまさんが 出てくる本が多いのは 嬉しい限りです。    どれも 良い本ばかりです。    寒い冬の夜は ストーブと絵本で あったまろ。

      テーマ:
  • 13 Dec
    • いつまでも

      お母さんはいつまでぼくのお母さんでいてくれる?」こぐまの素朴な問いかけに、お母さんは……。親子の愛情の大きさと深さをあたたかく描き、心を幸せで満たしてくれる感動絵本。     忙しい子育て中のママさん。    余計 気ぜわしいこの時期 絵本で    穏やかな時間を とりもどしてみませんか?

      テーマ:
  • 12 Dec
    • 7ひきこぐまのクリスマス

      いつも仲良しの7匹こぐまちゃん。「サンタさんは来てくれる かな?」クリスマスプレゼントのことを考えながら、クリスマスの準備に大忙し。パパやママと いっしょに飾り付けやお料理をして、楽しいイブを過ごすことができました。翌朝、枕元にはサ ンタさんからのうれしいプレゼント!すると、こぐまちゃんたちはパパとママにも素敵なプレゼントを思いついて…。    昨日 近所のなかまと一時間歩いて   サッカ―の応援を。  気合いはいるわ。

      テーマ:

プロフィール

kumachan

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
いつでも 遊びに来てね。 一週間に十日来てね。

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。