• 31 Oct
    • はしれ カボチャ

      ヨーロッパからきた奇想天外な楽しい昔話。 ポルトガルの昔話。 おばあちゃんが、孫娘の結婚式に出かけていく途中、 オオカミとクマとライオンが「おまえをくってやる!」 と次々と現れます。おばあさんは、 「これから結婚式に行くから、 帰りにはもっと太っているよ」となんとか3匹から逃れて 孫娘の家にたどり着きました。 楽しいパーティも終わり帰るときになると、 おばあさんは、オオカミたちのことを思い出して 怖くてふるえてしまいました。しかし、 孫娘が畑のカボチャをとってきて中をくりぬき、 おばあさんにすっぽりかぶせました。 カボチャに隠れたおばあさんは、 一目散に家に帰りました。  言葉の繰り返しが心地よく昔話の定番スタイルですが、 ユーモアたっぷりで小さな子どもから楽しめます。 ハロウィーンにあわせて読んであげたい絵本です。    昨日は 婦人会の旅行で    三重県松坂まで 行ってきました。    温泉とお食事を楽しみましたよ。    紅葉には 少し早かったですが    のんびりさせてもらえました。    命の洗濯です。

      テーマ:
  • 30 Oct
    • ゆめちゃんのハロウィーン

      もうすぐハロウィーン。 ニューヨークで暮らし始めたゆめちゃんは、 今年初めてハロウィーンのおまつりを することになりました。 街はハロウィーンの飾りつけで、 とってもにぎやかです。 いよいよ10月31日、ハロウィーンの夜、 ゆめちゃんは魔女の仮装をして、 「トリック オア トリート! (お菓子くれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!) 」と言いながら、街をまわります!      巷の雑貨屋さんでは ハロウィーングッズが     あふれてました。       

      テーマ:
  • 29 Oct
    • ねむねむねんねん

      窓辺のベッドで、赤ちゃんがひとりで お話ししています。 てんとう虫に小鳥、子猫、そして ぬいぐるみたちが集まってきました。 赤ちゃんがあくびをひとつ。 ねむーい海は、みんなに広がって‥‥。 お昼寝前に最適な絵本。    本当にあかちゃんの寝顔は天使のようです。

      テーマ:
  • 28 Oct
    • あかいはっぱきいろいはっぱ

      赤と黄色に色づくサトウカエデの葉。 この木が大好きな子どもが、 父と一緒に庭に植えて育てていきます。 冬でも春でも夏でも秋でも、いつも喜びと驚き、 発見がありますよ。    赤と黄色に色づくサトウカエデ。 「わたしはこの木が大好き!」  カエデの春の若葉を、 女の子は大切にしています。 そして「きっと、この木は、わたしがうまれるずっと前に、 森の中で種から芽を出して、 長い旅を続けてきたんだわ」と、思いをはせます。  女の子は、ガーデンセンターで、 さがしていたカエデの木を見つけました。 そして、おとうさんと一緒に庭にこの木を植え、 育てています。寝る前には「おやすみ」のあいさつをし、 雪の日には枝に鳥のえさをつるしたりして楽しみます。 春の若葉とカエデの種。夏には葉がしげり 種がひらひら飛びます。 でも、「わたしの庭のカエデを見たい人は、 秋に来てください。なぜだかわかるでしょう?」  女の子は、四季折々この木といっしょに遊び、 成長していくことでしょう。 親子でガーデニングを楽しみたい家庭に最適の一冊です。     秋が深まりまっていきますね。   さあ、地区会です。        

      テーマ:
  • 27 Oct
    • あきねこ

      あきねこが筆をふるうと、不思議な風景が! かのが公園で出会った“あきねこ”は、 不思議なえのぐで、つぎつぎと 秋の風景を描いていきます。 すると、そこには……。 色鮮やかな季節の訪れを祝福する絵本。   季節は秋。   でも 朝晩は 急に冷え込んでます。   お昼間は 暖かいですが。   風邪にご用心。

      テーマ:
  • 26 Oct
    • でんせつのきょだいあんまんをはこべ

      突然空から降ってきた白い物体。 その正体は、伝説としてアリたちに伝わっていた 「巨大あんまん」であった。 それを聞いたアリの女王は、ある決断を下す。 「伝説の巨大あんまんを運べ」。 あまりに危険なその任務は、 アリの勇者、アリヤマ・アリロウの手に委ねられた 。巨大あんまんを巣に持ち帰るため、 アリたちは勇気と知力と努力をつくした冒険に挑む。 絵本界の風雲児、] サトシン×よしながこうたくの初コンビ作品!  ラストでは そうだったのとなりますが  迫力の絵で ぐいぐい読ませてくれます。  今朝は 思わず さぶっと震える気温と  なりました。

      テーマ:
  • 25 Oct
    • ばばばあちゃん

      “愉快、痛快、爽快”の「ばばばあちゃん」シリーズ。 今回は落ち葉を集めて『やきいもたいかい』です。 でも、あらら、ジャガイモやミカン、 お菓子もたき火にいれて……。 たき火はいまごろ できないですが いいですね。 涼しくなりました。

      テーマ:
  • 24 Oct
    • きつねにょうぼう

      シッポシッポと雨の降る暮れ方にやって来た、 いとしげな若い女。 貧乏なひとり者の男は、 女の求婚を受け入れますが……。 狐女房譚の決定版を、 たおやかな語りとイメージ豊かな絵で! 作者の長谷川摂子さんが亡くなりました。 まだ67歳です。 「めっきらもっきらどおんどん」 これも名作ですね。

      テーマ:
  • 23 Oct
    • みずいろのぞう

      とおくってどんなところだろう? 遠くへの思いを胸に歩き始めた 小さなみずいろのぞうが、 広い世界に出会うまでを描いた、 さわやかな絵本。      このゾウの形をした鼻のさきは      どこまで続くのか?      さあ、水色のゾウと一緒に 旅にでましょう。     10月も末になりますね。     時のたつのは 早いです。

      テーマ:
  • 22 Oct
    • だっだぁー

      赤ちゃんのことばあそび…… 「ぶっひゃひゃぁー」「むちゅむちゅ」、 共通言語は擬音語です。 赤ちゃんだっておしゃべりしたいんです。 この本は、ことばの音を楽しむ遊び心を応援します。 調子をつけたり、声色を変えたり、 たとえば「だらっだらーーー (と間をひきのばして期待させて)……だっだぁー!」 と喜び合ったり。自由に盛大に遊んでください。 ちなみに、登場するカラフルなお化けたちは、 赤ちゃんの守り神です。   そうそう あかちゃんのおしゃべり すごいですよ。      Rちゃんも しゃべりっぱなしです。   毎日 成長してます。   生徒さんたちも そうです。   一生懸命についていきます。   

      テーマ:
  • 21 Oct
    • あーなあーな

      いくら大好きだからってジェリーったら、 そんな所まで入っちゃうの? 「あーな あーな」の可愛いフレーズとともに、 一心腐乱に穴へと潜り込む」 ジェリーのおしりの姿といったら! ページをめくる度に「えっ」「ええーっ」「えええーっ」・・・。 例え何となく展開が予想できたとしても、 例え何回も読んで全部知ってしまった後だとしても、 毎回声をあげたくなっちゃうのです。 にやにやしてしまうのです。 こんなに嬉しくなる絵本って、なかなかありません。      秋晴れの日が続きますね。     どこかに行きたいけど     時間もなく お空を見てます。

      テーマ:
  • 20 Oct
    • プリンちゃん

      きれいなたまご色がキュートなプリンちゃん。 おかしの国のおかしの家に住んでいます。 今日はどれにしようかな。 そういって登場するのは素敵な衣装だなに並んだ ホイップやチョコクリームのドレスや さくらんぼやキャンディーのかみかざり。 きれいで、かわいくて、ドキドキして ウキウキして・・・「ひゃーー」。 思わず声を出しそうになる私は、 まだまだ女の子なんだって再確認しちゃったりして。 作者はなかがわちひろさん、 絵を描いているのはたかおゆうこさん。 更に編集の方も女性なのだそうで、 女の子による女の子のための絵本をつくるために 「プリン会議」なるものをを重ねて重ねて 作り上げられたものなのだそう。 なかがわちひろさんの 「小さな女の子って、たまごいろで いいにおいのするプリンみたい」 という言葉どおり、もうプリンちゃんと 小さな女の子の姿が重なって、愛しくてたまりません。    ちっちゃい子だけでなく 女子限定でもなく    楽しめますよ。     おいしくて 可愛い絵本です。 初登場 Rちゃん。      お食い初め。      

      1
      テーマ:
  • 19 Oct
    • せかいでいちばんあたまのいいいぬ

      うちのいぬのピートは、とってもいいこなんだけど ちょっとこまったくせがあります。それは・・・ たべちゃいけないものをたべること。 そんなピートが きそくだらけの がっこうにとびこんできちゃったから、もう、たいへん。 こうちょうしつのひゃっかじてんを がぶっとたべたら ピートはむっずかしーいことを ベラベラしゃべりだした!! NYの人気絵本を、ミュージシャン矢野顕子&坂本美雨 の親子コンビがうたうようなリズムで翻訳しました。 ちょっぴりシニカル、とっても楽しいナンセンス絵本! 学校ぎらいの子も、この絵本でがっこうが好きになるかも・・・?     賢いけど なんでも食べちゃうピート。     すごいです。    うちの教室の生徒さんの賢い良い子ばかりです。    なんでもたべちゃうかどうかは 分かりませんがね。

      テーマ:
  • 18 Oct
    • ダットさん

      精緻、壮大なスケールの ファンタジーストーリーくるま絵本! 現代のりもの絵本第一人者 による渾身のくるま絵本。 街に車をさらっていく、つきぼしだんがあらわれ、 ヨタハチちゃんがつれさられた。 ダットさん、エスハチくんはたすけにむかう。    昨日は スタッフ勉強会で 朝 9時前から    スタンバイ。    夜 10時過ぎまで 教室に いました。    今日は 11時から 読書モニターの会です。     楽しみです。        

      テーマ:
  • 17 Oct
    • まひるの月をおいかけて

      君原優佳里(と名乗る人?)から、 研吾が奈良へ行ったまま行方不明になったので 一緒に探してくれと、静は頼まれる。 同級生3人の微妙な人間関係と 研吾に対する静の微妙な気持ち。 旅のどこかで研吾が現れるという。 そして研吾の最愛の人て誰 それは静だけが最後まで気が付かなかった。 旅はお話しなのだ、出かける度に、 与えられた役を演じなければならない。 あの入り口に誰が立っているのだろう。 新しい旅、新しい物語が始まるかも知れない。    橿原神宮、明日香、大神神社、奈良公園    春日大社、新薬師寺     そして 橘寺に 絶対 行きたくなります。     皆様 ぜひ 奈良においでください。     今の時期 良いですよ。      

      テーマ:
  • 16 Oct
    • しらないいぬがついてきた

      男の子の後をそっと、どこまでもついてくる犬。 逃げても、隠れても犬はついてきます。 どんどん逃げているうちに、気づいてみると、 男の子は知らない場所に犬と二人きり。 心細くなった男の子に勇気を与えてくれたのは…?  男の子と犬の心の交流が描かれた 詩情あふれる絵本です。 セピア調の温もりのある絵と短くも詩的な文章が みごとに融合した秀逸の一冊。    昨日の同窓会。    なかなか 大盛況でした。    友だちと最後 電車に飛び乗り    帰宅しましたが たのしかったです。

      テーマ:
  • 15 Oct
    • しゅっしゅぽっぽ

      その姿はおもわず抱きしめたくなって しまいたくなるほどです。 赤ちゃんが、楽しく遊んでいる姿の、 かわいらしさをそのまま描いた赤ちゃん絵本。 言葉のくりかえしも気持ちいいですよ!     雨で 運動会も延期ですね。     この時期 一雨一度 だそうです。     雨が降るたびに 一度 気温が下がるそうな。     風邪をひかないように しなくちゃ。    

      テーマ:
  • 14 Oct
    • ちいさなつきがらす

      いじめに打ち勝ち、赦した、銀の羽とは!  いつもお荷物扱いのちびガラスは、 「月まで飛んで行けたら、遊んでやるよ」という、 仲間のいじわるな一言で、月にむかって 飛び立ってしまいます……。 本当の勇気とは何か、という根元的な問いを、 銀色の大きな箔とカラスの黒の絶妙なコントラストで、 美しく幻想的に描いた絵本。     第二教室の校区は明日が運動会の予定ですが     どうやら 雨の様子です。     雨なら 月曜日の時間割で登校するそうです。     で、運動会は延期なら 日曜日ですが     英検とかぶります。         

      テーマ:
  • 13 Oct
    • よういどん

      「どんどんどんぶり よういどん」 ではじまる楽しいことば遊びの絵本。 「どん」「どん」の音のくり返しが 自然に心を弾ませます。  「どんどん」声を出して、みんな一緒に、 あるいは何人かでかわるがわるに読んで下さい。  ただし、ご注意。 一等賞をめざして走る「どんぶり」たちの姿に 笑いがとまらなくなるかもしれません。   とっても 躍動的などんぶりさんたちのかけっこですが   みてると 食欲もわいてきます。   秋ですものね。             

      テーマ:
  • 12 Oct
    • さがりばな

      一夜の花に、命のつながりを見る…。 沖縄・西表島の水辺に、 一夜だけ花を咲かせる まぼろしの花「さがりばな」。 その、はかなく美しい営みをおさめた、 命の循環をつたえる写真絵本。 [サガリバナ] サガリバナ目サガリバナ科 (学名:Barringtonia racemosa) 花言葉:幸福がおとずれる 奄美大島以南の南西諸島に分布する、 高さ10メートルほどの小高木。 毎年6月下旬から9月にかけて、 夜にあまい香りを放ちながら 白やピンクの可憐な花をさかせる。 花がさくのはたった一晩で、 翌日には散ってしまう。 散った花びらが水面に浮かび、 あたり一面が白やピンクで しきつめられたようになる 美しい光景が幻想的なため、 「夏の夜の花見」として親しまれている。     みてみたいです。     本物のサガリバナ     花ことばも素敵です。     昨日の教室では     兄弟が入院している生徒が何人かいて     ( 入院してるのは幼児さんばかり)     でも ちゃんときっちり 学習して帰りました。     えらかったです。     

      テーマ:

プロフィール

kumachan

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
いつでも 遊びに来てね。 一週間に十日来てね。

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

旧ランキング

日々のできごと
15002 位

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。