• 30 Jun
    • れ れもん

      れ レモン れといえばやっぱ これをいちばん思い出します。 中学のときから バスケット部だったので マネージャーさんが 試合の時には必ず 輪切りにして 砂糖をまぶしたものを タッパーにたくさん入れてくれてみんなで 食べたものです。 試合に出れば 食べられるけれど ベンチでは食べれない。 暗黙の決まりのようなものがあって レモンが口に出来るか どうかはとても重要なことでした。 一年生で試合に出してもらえることはほとんどなく 家で 買ってもらったレモンを輪切りにして わざわざ タッパーに入れて 一人で食べてみたことがありました。 たくさん食べれても ひとつもうれしいこともなく あの 試合のときに 後ろからタオルや内輪で風を送ってもらいながら 食べるレモンの味には ほど遠いものでした。 レモン そのすっぱさと同時に 試合に出れるかどうかと ベンチで出番をまつあの緊張感とともにくまちゃんにとって いまでも 何か特別な感慨のある果物です。                                             

      1
      テーマ:
  • 29 Jun
    • り 理由

      り 理由 昨日 りを飛ばしてしまいました。 理由 暑さでぼーっとしていたこともありますが 大好きな ちとせばあちゃんが おととい 96さいでなくなりました。 嫁としてきたわたしと 主人の祖母であるおばあちゃんとは ちのつながりはないもの いろんなことを教えてくれて 生き方 考え方で 大いに影響を受け また尊敬していました。 「 ちかごろ 年のせいで ぼけてしもうたわ。   しにかたもわすれてしもうた。 おもいだしたら ぼちぼちいくわな。」   よく 冗談でそういってましたが おもいだしてしまったんやね。 まだまだ おしえてほしいこといっぱいあったし あえるだけでしあわせやったのに。    おばあちゃん いままで ありがとう。    あちらで 会いたかった人にいっぱいあって 積もるお話をしてね。    やすらかにおねむりください。    あ もう 告別式に出かけないと。            

      1
      テーマ:
  • 28 Jun
    • る るすばん

      る 留守番 お留守番といえば 絵本の「はじめてのおるすばん」 はお勧めです。 みほちゃんがおかあさんから 「おるすばんできるかな?」ときかれて けなげに 「出来るよ。くまちゃんといっしょだからできるもん。」 と 答えるところから ドキドキのこのストーリーは始まります。     お勧め度 ☆☆☆☆☆       去年はこの絵本の大型盤を図書館でかりて 書店や保育園 幼稚園でも      おはなし会のときに 読みました。      3,4歳ぐらいの幼児さんの反応は 身につまされて自分のことのように      ドキドキしている様子が読み手の私にもよく伝わってきました。      くまちゃんは この絵本にでてくるぬいぐるみのくまちゃんに      なったきもちで みほちゃんにぎゅっと抱かれながら      一生懸命 読みます。      お留守番の間にも「ピンポーン」が 何回か鳴ります。      勇気を出して対応するみほちゃん。 がんばって。      最後のピンポーンは ママでした。      安堵の気持ちでママにだかれ おみやげのおやつを食べて      みほちゃんは 大きな成功体験とママの愛情をしっかり感じます。      こうやって みんな大きくなっていくのですね。      幼児さんのみならず だれもがくぎ付けになるステキな絵本です。      絵本は いいなあ。             

      1
      テーマ:
  • 27 Jun
    • ら らちあかん

      ら らちあかん いままでの人生で いろんなことがあって 正直 らちあかんわとなげだしたくなること どれぐらいあったでしょう。 あんまり ものに執着のあるほうでなく すぐ忘れるので いま 機嫌よくしているのですが 思い出すと腹も立ちます。 しゃべっていて自分の考えを頑として通す人には  心の中で 「 らちあかんわ」 と さじを投げます。 柔軟な考えをして コミュニケーションをとろうとしないのは 人間として生まれてきて もったいないと痛感いたします。 くまちゃんも ひとから 「らちあかん」といわれているかもしれないと 今朝は じっくり 反省。 【らちあかん 北朝鮮よ 拉致あかん 】 すみません。 今朝は 暑さのため ボーっとしています。 昨日は 農家としての使役の草刈と 日曜日なのに 1時から 10時半まで教室していたもので疲れが月曜日に 大半残っているのかもしれません。 ちょっと 出かける前に充電していかなくてはいけません。

      テーマ:
  • 26 Jun
    • よ よそはよそ

      よ よそはよそ 小さい頃から 父が決まってこういって子育てしてきました。 子どもの気持ちとして ことあるごとに 「○○ちゃんの家に今日いったらな・・・・」 「◆◆ちゃんとこのおとうさんがな・・・・・」 「□□ちゃんのおかあさんいうたらな・・・・」 と言ってきました。 父は 黙って聞いていたかと思うと  「よそは よそ そんなんいうねんやったら そのうちの子に なった らええねん。」 と 言い放ちました。 いくら小さくても 幼心に 「ようそんなむちゃくちゃいうな。そんなことできるわけあらへん。」 と 思いながら 会話は途絶えてしまうのでした。 子育てをする立場になって はじめて この言葉を言う親の気持ちがよくわかります。 よそはよそ うちはうち でも せいいっぱい 愛情はかけてくれたこと 感謝しています。 特に 本が好きな私のために 他のものは だめと却下されても 本だけは たくさん買って与えてくれました。 そのことは 今日の私を支えてくれていると実感です。 信念を持って もう一度 「よそはよそ うちはうち」 おおきなこえで いっていると 豆をまきたくなりました。 おいおい それは 「ふくはうち おにはそと」 やないの。 ちゃんちゃん。 今朝 農家の草刈で大汗をかいて 気持ちいいです。 これで ヒルから 中学生との勉強 1時スタートと 7時がなければ楽勝 なんやけれど。  まあ ぼちぼち かわいい中学生のために がんばろうっと。                                      

      テーマ:
  • 25 Jun
    • ゆ 夢

      ゆ 夢。 今朝は 早く出かけることになっていたので 六時台に夢がありますって 書き込んで出かけて 今 見たら 見事に消えています。 寝ぼけて夢見ていたのでしょうか? それとも 内容がいまいちで 却下されたのでしょうか?(そんなことないはず) いまは 明らかに出来ませんが 壮大な夢があるのです。 そのためには 財力とネットワークが必要となるので いまは その基盤を作っている途中です。 あ、 そんなにすごいことじゃありません。 夢がかなうよう精進いたします。 梅雨って言うのに 雨があんまり降りません。 梅雨は じめじめかんがいやだけれどい やっぱ 梅雨らしいほうが 何かといいかしらと思う今日この頃です。 太平洋高気圧のいきおいが強くないので 梅雨前線が 発達しておらず 沖縄と中国あたりで 雨が降っているそうです。 とにかく がんばれ。梅雨前線。 応援しているぞ。                     

      1
      テーマ:
  • 24 Jun
    • や 約束

      や 約束 いままで どれぐらい してきたことでしょう。 結構 これでもまじめに 約束は守るほうでないかと自画自賛。 それに出来ない約束は 最初からしないとも決めていることも事実。 ただ 多忙な毎日ゆえ 優先順位を決めて 先に入れた約束から 守るようにしています。 手帳に書き入れたり 携帯のスケジュールにいれたりしていますが 見るのを忘れたりして (^^ゞ 昨日より 市のIT講習のワードの基本クラスに参加しています。 老若男女約20名ほどが来ています。 基本も知らず 出来ることしかやらず 面倒くさがりで マニュアルも読まないので ちょっと がんばって 通います。 無料はうれしいですね。 PCは賢いので 出来ることがたくさんあり そのうちの 少ししか 機能を使っていないのでテクが磨かれるとうれしいですね。 しかし 仕事をしながら通うので 少々きついなあ。 一日 24じかんしかあらへんものね。

      1
      テーマ:
  • 23 Jun
    • も 目標

      も 目標。 なりたい自分 もしくは こうしたいという目標は 実際 イメージするとよいといわれます。 くまちゃんも いままで 達成できた目標は しっかり その姿をイメージして頭に描けることが多かったです。 イメージすることによって その途中ですべきことが 見えてくるように思います。 いま 夏本番に向かい 本気でダイエットが目標です。 しかし やせた自分がとんと イメージできないのです。 だめだ こりゃ。 ああああ。やせたい。やせてる自分が見えてこない。 おいしいものがちらつくばかり。 夏にやせるなんて そんなやわな神経なぞ 持ち合わせていなかったのです。

      1
      テーマ:
  • 22 Jun
    • め 迷惑な話

      め 迷惑な話 それは 今年の連休のことでした。 久々に ボーっとしていると 携帯がなり、でると 若い女の子の声で 「 ひろみ 」 といきなり 呼び捨てです。 周りに ひろみの心当たりはありません。 「・・・・・」 だまっていると 「 ひろみ。 あんな 」と 話が始まったので 「 違いますけれど」と きりました。 すると ふたたび 「 ひろみやろ 」と かかってきました。 「 はあ 違いますよ」 と 切ると ふたたび  そばに 次女がいたので 次は 私が出るとスタンバイ。 案の定 またかかり やり取りしていましたが 相手は 自分が間違っていると納得していないようだというのでした。 すると その日の夜中にも こんどは 中年らしい男の人から 「 ひろみちゃん 今晩 いきます。 また連絡します。」 と 留守電が。早朝には 情けない彼の声が 再び録音されていました。 「 ひろみちゃん 今日は 必ず。また 連絡します。 ごにょごにょ。」 さすがに くまちゃん 腹がたって来たのです。 なんで こんなでんわがかかるのというより 中年の人を もてあそんでいる(?)ひろみちゃんらしい女の子と それに もてあそばれている(?)中年のひとにも しっかりしろといいたくなってしまいました。 妻子はいないの? 何しているの? あんた 絶対 だまされているよと。 今度 かかったら くまちゃん こんこんというぞ。 3日目に 今度は 若い男の声で 「 ひろみさん。」 とかかってきました。(なんか 話し方が 手馴れているぞ) 「 あのね ひろみ ひろみ って どういうこと。 あなた どこにかけています。 この三日間 私 大変 迷惑しているんだけれど」 といってやりました。 「 あそうでしたか? ○○○ ○ ○にかけると ひろみさんの携帯に転送するはずでして。 それが そちらに転送されたわけですね。」 「 よう 事情が分かりませんが その ひろみさんに  連絡して 間違っているこの転送先を解除してもらってください。」 「 はい。 わかりました。」 それっきり もう かかってこないけれど とんだ 連休でした。 その 三日間のことテーマに 小説のひとつもかけそうです。 ようし 書いてやる。 絶対 かいてやる。 こう ご期待。       

      1
      テーマ:
  • 21 Jun
    • む 昔話

      む 昔話 その中でも まんが日本昔話は 本当に面白かったですね。 子育ての時期 子どもとともに自分も童心にかえり いろいろ感じて 楽しみました。 完全懲悪の世界で 「こんなことはしちゃいけないよ」と 教えてきた功績は大きいですがそんなことよりも 絵も キャラクターも なんて楽しかっでしょう。  ♪ ぼうや よい子だ ねんねしな ♪  身も心もほっこりできました。    ♪ でんでんでんぐりかえしで またあした  ♪ 理屈ぬきで 元気になれました。  よく チラシででっかい新聞広告でビデオが売られていますが 買おうかなって思うぐらいです。                            これは かくれんぼ。   退屈な おじいさんとおばあさんが 暇つぶしにかくれんぼをはじめました。   どうして あるところに おじいさんとおばあさんがで 始まるのでしょう。   どうして 子どもがいなくて なやんでいるんでしょう。   ちょっと むかしならとっくに おばあさんのくまちゃん考えてみました。   やっぱ わかりません。 結論 考えないで まるごと 楽しんじゃいましょう。

      テーマ:
  • 20 Jun
    • み みかん水

      み みかん水 あ 懐かしい。 淡路島の母の実家が ちょっとしたお店でアイスやジュースやタバコ バスの切符を売っていました。 夏休みに 店番をしていると このみかん水 当時 10円ぐらいでよく売れました。                      みかん水というくせに 果汁入りでもなく ただ つめてく冷やしているだけの 代物なのに。 確かによく 売れました。 いまの自販機もない ジュースの種類も少ししかない当時は 大人気でした。 ネットで 検索してみると今でも 取り扱っている店もあるらしいのです。 昭和30年代全盛の みかん水。 ミーン ミーンと せみに鳴き声とともに私の夏の思い出の中にくっきり 残っています。   あの頃の夏休み 毎日 太陽がまぶしく そして 井戸で冷やした スイカをかぶりつき 「夏休みの友」を お店で広げて やったりしたなあ。 ああ  今年ももうすぐ 夏休み。 あんなに わくわくする夏は もう二度とこないのでしょうね。

      テーマ:
  • 19 Jun
    • ま 待つこと

      ま 待つこと これが とっても苦手です。じっと 待つぐらいなら 自分からいきます。 もしくは あきらめます。生まれてきて ずーっとそうやって来て  今 やっと 待つことが すこし 出来ます。 なぜ? 変わったのか? せっかちでらんぼうもののくまちゃん 待つことをやめたのです。 待っていることを忘れてしまうのです。 銀行でも 食事に入ったお店でも 順番を待つときに 本を読むか メールチェックか ノートに予定を書いたり プランを練ったりします。 すると 不思議なことに順番がすぐ 来ます。 人に 自分から 質問して 返事が遅いと こっちで もう 答えを勝手に言う悪い癖も 治りつつあります。  くま 「この間 どうして こなかったの?」     「えーーと。いつだっけ」 と相手がいったりしたものなら     「火曜日やんか。 風邪やったん。どっかいてったん。      あ、 こうちゃう、あ そや。 そうやったんやね。」   相手は 何も言ってないのに 自分で一人結論出したりしている。   コーチングの本にも 人の話をジャッジせず 聞くことが大切と教えてくれている。   もう いつも かばんに入れて 持ち歩いています。  理屈はわかっても 実践できないので くまちゃん 考えました。  相手のいうまでまつぞ。 絶対 自分から 話さない。  今日は 朝まで 付き合うぞの固い決心のもと かつ 笑顔を満面に浮かべて。  修行のようにそうするようにしてから 相手は よくしゃべるようになっています。  みんな ようしゃべるやんか。   ちがうわ。 くまちゃんが いっこも しゃべらせへんかったんやんか。  はい。 ごめんなさい。そのとおりでございます。  あああ。 人生 これからがおもしろくなりそうです。                      

      テーマ:
  • 18 Jun
    • ほ ほたる

      ほ ほたる 幼稚園ぐらいのときに隣の家のおじさんと そのうちの男の子と一緒に 太閤園であった 蛍狩りに連れて行ってもらった思い出があります。 夕食を食べて 縁日みたいなお店がいっぱい出ていて 夜がふけてくると そこのお庭にはなたれた蛍がいっぱい 飛び交っている光景。 もう 生まれてはじめてみた蛍のうつくしさに幼心に感動。 虫かごにも入れてもらって いえにかえってからも うっとり 何度でも 飽きずにみては 夜更かしをしてしまいました。 次の夜 ざんねんなことに あの光を放っていてくれていた 蛍たち みんな 死んでいました。 その命のはかなさと 虫かごに閉じ込め もって帰ってきたから 死なせてしまったという罪悪感で 幼い心は悲しさばかり。 「ほたるの墓」のアニメ映画も悲しいテーマで うちの子達は かわいそうとなきながらもみていましたが 私の ほたるのまつわる思いでも いまでもちょっと 胸が詰まります。  ♪ ほ ほ ほたるこい あっちの水は にがいぞ  こっちの水は あまいぞ  ♪  そっと 口ずさみながら ほたるのことを思ってます。                  

      テーマ:
  • 17 Jun
    • へ 変身

      へ 変身 変身願望って 誰でもあると思うのです。 今の自分と違う姿にかわったら どうしましょう。 町を歩いていても 何をしていても 気分が違うでしょうね。 たとえば 若くてきれいで すらっとした体系になれたら もう まいにち 出歩きましょう。 鼻歌がとまりません。 鏡を見てうっとりです。 もう 想像するだけで にやけてしまいます。 あ 現実は 厳しいのでした。 その昔 くまちゃんの一番思い出に残っている一週間がありました。 一人で 九州旅行をしていた学生時代です。 電車の乗っても 食事にお店に入っても 宿でも 不思議に 若い男の子から 声をかけられたのです。 そう くまちゃん 一生に一度 大ブレーク もてもての 一週間だったのです。 宿まで 送って行きたい。明日 一緒に どこそこに行こう。 大阪にかえったら 電話してきてとか。みんな どうしたん。 九州の人もいれば 関東 関西  ほんま たくさん。 もう ほんま なんでかしらん。めずらしかったん。 そんなことがたまにあってもいいという 神様のおぼしめし。 あの頃にもどって 人生やり直せないかと考えることもないことはないけれど やっぱ いまの年齢では このような年のとり方をしているだろうと 考えてます。 やっぱ それが くまちゃんらしいのでした。                        

      テーマ:
  • 16 Jun
    • ふ 普通。

      ふ 普通。 そのむかし 「ふつうのおんなのこになりたい」 もしくは 【普通のおばさんになりたい】 と 芸能界を引退していった人たちがいる。 しかし 普通になったのではあきたらず また 芸能界に戻ってきた。 普通って なんやろ。 おんなのこやったら 普通に結婚して幸せになるのがいいといわれてきた。 そんな時代は とうに 終わってしまった。 「わたしはわたし 人は人。」 娘がよく言う。 もちろん そうなのよ。 だから あなたの人生 よく考えてねの親心。 くまちゃんも考えてみた。 みんなと同じである必要はないけれど かけがえのない自分を 大切に 今日も 少々 普通とずれていても 一日一日が 充実したものにしていくこと。 私だけの普通。 そこに 身をおくことの幸せ。 さあ 今日も 目いっぱいがんばりましょう。 昨日 かもきみの湯で 塩サウナに入り ゴリゴリ マッサージを受けてきて 今日は 絶好調。  マッサージの人に 「 こりすぎている。特に 腰と左肩が 悪い。」 と念入りにやってもらった。 去年のぎっくり腰と ○○肩のことや。 恐るべし プロの技。 くまちゃん ふつうに感激した。                 

      テーマ:
  • 15 Jun
    • ひ 秘密

      ひ 秘密 このなんともいえない響き。 「あのな 誰にもいわんといてや。」 このやりとりで 女の子は自分たちの特別の世界に入っていける。 どおってないことでも 秘密というスパイスがかかるととても魅力的。 でも 本当の秘密は ちゃんと誰にも言いません。 そっと 胸の奥にしまいこんだまま。 誰にでも ある 一生の秘密。 しゃべりたくなったら くまちゃん 穴を掘ってそこに向かって いうつもり。 そして丁寧に 穴をもとどおり。 落とし穴のように そこに落ちないようにしないといけませんね。 「ひとりで 昨日 アイスを全部食べてしまいました。」の小さい頃。 あ あの頃は それだけで ドキドキ。 この年になると もう 秘密だらけ。 ふふふ。  内緒。内緒。

      テーマ:
  • 14 Jun
    • は 歯痛

      は 歯痛 誰でも経験しているだろうこの痛さ。たまりません。 3年前の3月 夜中にどうしょうもなく痛み出し 正露丸をはの間につめたり 鎮痛剤を飲んで 我慢が出来なくなりました。 それで 寝てられないので PCを立ち上げ 歯痛を何とか一時でも治める方法はないかと検索しかけると あるはあるは 民間療法が いっぱい出てます。 そのうちの 大根をすりおろし その汁をこして(たまたま 大根が転がっていた) 右か左か痛くないほうの耳にたらすという方法にチャレンジすることにしてみました。 じわっと 耳にたらして ようすをみても 一向によくなるどころか 気持ち悪くて 耳が変になってきました。 いっとき その気持ちの悪さで 歯痛を忘れたものの 何の解決になっていなかったのです。 近所の歯痛に効くお不動様もネットで発見。 思わず 丑の刻まいりじゃないけれど 車を出して 深夜 お参りに出かけようかとまで考えてしまいました。 とにかく 痛みでねられず 朝を向かえ とりあえず 緊急で朝一番に 近くの歯医者に行き 予約している人の間に 入れてもらいました。 レントゲンをとって いまの状況をくわしく 説明を受け 治療計画も提示されて 痛み止めのとんぷくをもらい 家にたどり着き ふーーーと一息つけました。 薬のおかげで 昼の仕事は なんとかこなせてやれやれでした。 歯医者さん この間も 定期健診のおハガキもらってますが 痛くなければ なるべくいきたくないのです。 さあ 今日も せっせとはみがきしょうかしらん。

      テーマ:
  • 13 Jun
    • の 農家

      の 農家に縁あってきたので 大阪で暮らしていたときとは 違う経験をしている。 いま 周りは 水が入った田にきれいに苗が並んでいる。 この風景は 農耕民族のわれわれをほっとさせる風景です。 我田引水って言葉が 嫁に来てすぐ実体験したこともあります。 自分の田んぼに一刻でも早く たくさん 水を入れようと 水路を独占する人もいるのだった。 モグラが出没して せっかく入れた水が一夜にして抜けてしまったこともある。 あの べちゃべちゃの田に さし苗や除草剤などのために入るのも 最初は 勇気がいったものです。 秋の稲刈りまで 何回もてをかけて やっとお米になる感動。 いい経験でした。 いま 畑も人に貸しています。 くまちゃん もう少し 時間が出来たら 本格的に お野菜も作りたいなって思うのだけれど 「作ってないなら もらってちょうだい」のありがたさに 甘んじています。 農家としての扱いを受けていて いろいろ使役が あるのが 大変ですが ぼちぼち いきまひょ。

      テーマ:
  • 12 Jun
    • ね ネイティブ

      ね ネイティブ 大阪人。 わたしら たこ焼きときつねうどんをたべて 淀川の水で 大きなった こてこてのおおさかじんやし。 おもしろいことが大好きで ようしゃべるし、はなしにはちゃんと おちをつけな 気がすまへん。 ほんでから 物の値段にも敏感やし、安いもんさらに安く買う名人や。 人のことにもよう首突っ込み あっちこっち走りまわるのもおてのもんや。 ひとが あかんことしたら ちゃんと「あかんのんとちゃう」っていうたる。 しらんまにだいぶ けむたがられてるかもしれへんな。 体内には 大阪人の気質がどくどくと流れていて ほんまは ときどき もてあますときもあるわ。 奈良や京都 ましてや 神戸 和歌山とも ちがう。 このとしになっても生まれつきのいちびりのせいかくは なおれへんな。(それは くまちゃんだけちゃうかって? どっきり) あ もうちょっとしたら 英検の監督にいかなあかん。 ネイティブアメリカンとはいかないまでも 英語がんばってる みんなを おうえんしてくるんやった。 ほな。きょうはここらへんで。 おおきに。 またきてや。まってるさかいにな。

      テーマ:
  • 11 Jun
    • ぬ ぬらりひょん

      ぬ ぬらりひょん 妖怪の総大将ともいわれるが、やることはあまり総大将らしくない(笑)。人間に悪事をするのが無上の喜びで、人の心理の隙をねらうのが巧みな妖怪。人々が忙しい夕方時、どこからともなく現れ、勝手に座敷に上がり込み、勝手にタバコやお茶など飲んだりする。  ☆効能☆ 人の気持ちがわかるようになる  ☆出現地☆ 和歌山県 くまちゃん むかしから この妖怪が気になっていたのです。 水木しげるさんの妖怪辞典で チェック。 ここ 奈良のお隣の和歌山出身で、人の心理の隙を狙い 忙しい夕方 人に家に上がりこむんだって。 くまちゃん 今の仕事は 夕方が一番忙しいけれど この ぬらりひょんのやること わかるような気がする。                     ←ぬらりひょん 仕事やめたら ぬらりひょんになろうかと真剣に考えているくまちゃんです。 お宅に上がりこんで お茶をすすり お菓子をバリバリ食べては 人の心の隙間に土足ではいるぞ。  ようし 老後は ぬらりひょんだ。

      テーマ:

プロフィール

kumachan

性別:
女性
血液型:
A型
お住まいの地域:
奈良県
自己紹介:
いつでも 遊びに来てね。 一週間に十日来てね。

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
229298 位
総合月間
231720 位
日々のできごと
16427 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。