2006-07-29 06:47:19

Thelonious Monk『Live At Carnegie Hall 1957』

テーマ:1955-1959
 この作品は、コルトレーンがマイルスのバンドをドラッグが理由で解雇になり、モンクが行き場を失ったコルトレーンを自己のバンドのメンバーに入れて、面倒を見たときのモンクのカルテットの演奏である。だから、一般的なジャズにおける歴史的価値としての作品の中心軸は、ジョン・コルトレーンということになる。

 多分、ライナーノーツ氏を読むと、昼夜2回のコンサートの演奏曲が、そのままの順番で収録されていると理解できる。それだけに、ライブでの演奏のノリが、臨場感たっぷりに感じられる。つまり、最初の3曲位は、どこかギクシャクして、モンクのピアノがバンド全体から浮いているし、コルトレーンもなんか遠慮した演奏をしており、今日の親分(モンク)は何を考えいるのかって、探りを入れている感じである。それが、4曲目の「Nutty」辺りから、コルトレーンは、周りを気にせずに自分のやりたい音を出し始め、吹き捲くり状態に変わってゆく。そして、なんとなく音を繋いでいたモンクも、コルトレーンの音に反応し始める。圧巻は「Blue Monk」での絡み合う二人のソロである。

 空間を、密度の濃い「間」で埋めようとするモンクと、空間を音で埋め尽くそうとするコルトレーンが、一瞬かみ合うときが最高なのですね。全ての演奏が、そうではないので、期待は半分にして、ジャズの歴史に置いて際立つ個性を持つ二人が、ジャズという表現芸術の神髄を聴かせてくれる。絶対に、残しておきたい記録の一つでは違いないのだ。

 話はそれるが、kumacは、先日、モンク論争を友人2とやったのだ。対する2人は、モンクは音楽的にはうまくなくてあまり評価できないという。それは違うだろうと、kumacは頑張ったのだが、いい演奏と、うまいミュージシャンはちがうのだと、相手は語る。kumacは、この作品を聴いていると、やはりモンクはうまいと思うのだが、音を出すだけがいいのではないし、相手にあわせたからうまいわけでもないし、なかなか評価は難しいです。しかし、互いに妥協をしない二人の演奏は(特に後半部分)は、いいですよ。



セロニアス・モンク&ジョン・コルトレーン

ライヴ・アット・カーネギー・ホール

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

kumacさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

5 ■論争?!について?!

こんばんは。マイルスやジョージ・アダムスのところにコメントを確か1,2度書き込んだことのある者です。

ところで、「いい演奏と、うまいミュージシャンはちがう」というご友人の論には、ちょっと、僕、しこりが残ってしまいます・・・。>_<;)

よくしゃべる人が、話しの面白い人ではないのと同じように、音数の多い、或いは人のなかなかできない指使いのできる、ミュージシャンの音楽が面白い(良い)のではないと思うのですが・・・。

或いは、たくさん長い文章を書く作家が、素晴らしい作家とは言えないのと同じような気が・・・。

でも、kumacさんのそのご友人は、指の使い方とかの、楽器のテクニック面についてはとても詳しくいらっしゃるのかもしれませんね。

実際のところ、モンクのように自分独自の(確かにランディー・ウエストンがいるけれども)サウンドを持っている人を、楽器テクニックにしばられて、人と同じような音楽しか演奏できないミュージシャンより、評価してあげるのが公平のような気がしますけれども・・・。

ちょっと理屈っぽいことを書いて、お邪魔でしたら、すいません。

でも、モンクにテクニックがないとも思わないし、第一、バンド・リーダーとして音楽している人は、自分の音楽観を追究するのに一生懸命であるべきだから、いろんなバンドに参加するミュージシャンのように「器用さ」を披瀝している暇はないと思うのですよネ。

モンクについては、音楽之友社から出ている「セロニアス・モンク 沈黙のピアにズム」という、フランスの名(?)ピアニスト、ローラン・ド・ウィルドの書いた本を最近読みまして、面白いと思いました。よかったら、是非どうぞ。

失礼します。

4 ■ありがとうございます。

「みみをすます」です。

たまにコメントがつくと驚くぐらいに、ほそぼそとブログをやっております。

kumacさんのブログ、拝見しましたが、ひねりがあり、ジャズというワンテーマ、しかも更新が頻繁という、私がほんとうに目指しているブログでした。今後も遊びに来ます。

明日、(いや、もう今日です!!)から引越しで、ネット環境が整うまで一週間ほどかかりそうです。その間はネットからも遠ざかると思います。

トラックバックというもの、いまだよく判っていないのですが、どうぞよろしくお願いします。

3 ■感謝です

ブックマークへの登録第一号とは光栄です^^。
これからも宜しくお願いします!

2 ■無題

jazzaudiofanさん
コメントとTBありがとうございます。
早速リンク(ブックマーク登録)をはらせていただきました。第一号になりますね。
アメリカの事情ななど更新を楽しみにしております。

1 ■コメント&TB

ありがとうございました。
こちらからもTBさせていただきます。
それから、もしよければ相互リンクしませんか?
うちのブログには早速リンクを貼っておくことにします。ご検討下さいm(_ _)m

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。