ポーチもミニバッグも作れる!手作り大好きさんのためのがま口教室

東京・千葉・通信講座で、小物入れからバッグまで作れるがま口教室。
講師の星野が1から10までサポートをいたしますので、がま口作りが初めてのあなたも安心してご参加いただけます。
さあ、あなたのがま口に「パチン」というあの小気味よい音を奏でさせましょう。


テーマ:

★ブログで公開講座Ⅰ-5

 

東京・千葉・通信講座で、ポーチからバッグまで作れる!手作り大好きさんのためのがま口教室講師 星野美和子です。

 

講師の星野が1から10までサポートをいたしますので、がま口作りが初めてのあなたも安心してご参加いただけます。 さあ、あなたのがま口に「パチン」というあの小気味よい音を奏でさせましょう。

 

 

ブログで公開講座Ⅰのリニューアルバージョンをup中です。

 

 

 

前回はここまででしたね。

自分で あちこち測って見ましたか。

 

追記分として書いた記事から先に載せますね。

 




 

蝶番の端から端まで測ると105mm程あります。

 


 

フレーム下からフレーム下を直線で結んだ線を測ると99mm程あります。

これを問屋さんでは99mmとか10cmという表示で販売ていることがあります。

私が型紙などに99と記載しているのは、次に同じ元型や型紙を使うときに分かりやすいように書いているのです。

 

本当にまぎらわしくなってしまいましたが、99は自分自身のメモ書きです。

製品の型番などがついている場合は、それをメモしておくとよいですね。

 

 

10 中心線から右側だけ 元型を使って線を引く。

  【I draw a line like a lower image.I put an archetype and draw a line by half.】

 

  図の様に横線上に10mm~15mm線を横に出す。

  【You draw a line to outside around 10~15mm of the archetypal line to agree with an image】

 




 

 

画像内に99と書かれているのは、口金の巾です。

15というのは、15mm外側に出したということです。

 

 

 

(補足)

今回はあまり必要ないのですが、フレーム全体の長さを測っておくことも大切です。

フレームの長さを測るときには、口金に直接メジャーをあてて測ったり、元型を使って測ったりしています。

 

 


メジャーを使って、元型の周りの長さを測れば良いわけですね。

これを知っていると、いろいろと便利なんですよ。

測ったら、この元型にメモしておくといいですね。

メモするのは、

・口金の外側の長さ

・元型の外側の長さ

・高さ

・巾

・ノギスがあれば 玉の大きさや溝の幅など

とにかく測れるところは測っておくと便利です。

 

 

では また 次回。

 

 

 

ブログランキングに参加しています

画像をポチッとやって応援してください。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ がま口へ
にほんブログ村

 

 

友だち追加

 

宝石赤現在 基礎コース9期生の募集は10月頃
宝石赤miwaがま口教室 7月の1dayレッスンの募集は17日頃から
宝石赤
宝石緑イベント参加 12月10日(日)10時~16時半 SAKURASAKU
宝石緑イベント参加 10月2日~31日 はんどめいどサクラサク in いちはら市民ネットワーク

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)