がま口大好きさんのためのがま口教室 東京・千葉・Skype・通信でいつでも学べる

東京・千葉・通信講座で、小物入れからバッグまで作れるがま口教室。
講師の星野が1から10までサポートをいたしますので、がま口作りが初めてのあなたも安心してご参加いただけます。
さあ、あなたのがま口に「パチン」というあの小気味よい音を奏でさせましょう。


テーマ:

おはようございます。

miwaがま口教室の星野美和子です。

がま口作ってますか?

 

今日から、ブログで公開講座Ⅰのリニューアルバージョンをupして行きます。

 

 

では、始めましょう!!

【Let's begin together.】

 

(用意する物)

【Something to prepare】

 

口金【Frame=kuchigane】

工作用紙【Thick paper】

直線定規【Straight line ruler】

鉛筆【Pencil】

ハサミ【Scissors】

 


① 厚紙または工作用紙に中心線を引く。【You draw a centerline in cardboard.】

 

NEW

工作用紙の良い点 

・マス目があるので 線を引いたり左右のバランスを見たりするのに便利

・元型を取っておくなら 少し硬めだから 何度か使える

 

工作用紙の困った点

・左右対称に切り出すのが難しい。

 

 

② 次に、横線を引く【You draw a horizontal line.】

 

続きは、また明日・・・この縦線と横線を引いておいてくださいね。

 

 

参考までに・・・私が普段使っている 直線定規・ボールペン・シャープペンシル・はさみです。

定規は、5mmのマス目や5mmごとのLINEがついているものが役立ちます。

 

 

 

100円ショップの口金はどうですか?と聞かれます。

安いものにはだいたい 安い理由があると思います。

 

例えば、100円ショップでも売っていた7cm半丸の口金

私たちが仕入れをする先にあるような商品なら、小売店に出された時には1本 500円ほどになるでしょう。

この5倍の差はなんでしょう。

 

その理由を少し考えてみてください。

 

 

 

この記事が役立ちそう・楽しみと感じたら、

かえるちゃんのマークをクリックして応援してください。


にほんブログ村

 

 

 友だち追加数

 


 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)