ポーチもミニバッグも作れる!手作り大好きさんのためのがま口教室

東京・千葉・通信講座で、小物入れからバッグまで作れるがま口教室。
講師の星野が1から10までサポートをいたしますので、がま口作りが初めてのあなたも安心してご参加いただけます。
さあ、あなたのがま口に「パチン」というあの小気味よい音を奏でさせましょう。


テーマ:

こんばんは。

miwaがま口教室の星野美和子です。

 

昨日からパソコンの調子が悪くて うまく更新できていませんでした。

 

実は、昨日、cooさんと待ち合わせて ランチをしました。

もちろん cooさんに会うことも目的の1つだったのですが、地元の作家さんを応援することがもう一つの目的でした。

 

ハンドメイドsakurasakuのイベント仲間の平田敬子先生が、生徒さんとともに「とんぼ玉展」を開催しているということで、お邪魔しました。

 

夏にはぴったりのす涼しげなアクセサリーが一杯でした。

 

 

6月5日まで開催しています。

是非 お運びください。

 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年1月 今年最初の1dayレッスン

がま口マニア様にも大変好評だった あの「なかよし口金」が・・・

昭和年代のかわいい口金だったため、すでにこの世に存在しない・・・

とってもとってもかわいいのに、超残念!!と思っていました。

でも できちゃったんです。

 

凄いですよ。

下町ロケットです。

金型から起こしてもらいました。

 

問屋のおじさまも、職人さんも、親身になって考えてくださり、いろいろな方の支えがあって仕上がりました。

 

このお豆1個から作ってもらっているんです。

そして このお豆を取り付けるのが これまた技術が必要とのことです。

 

お豆が1組だけなら 碁石なんかと一緒だと思うのですが、2組ついているから 取り付ける位置がとっても重要で これを引き受けてくれる工場や職人さんを探すのがたいへんだったようです。

 

 

 

昭和年代の口金よりも少しスリムになり、軽くなりました。

そして お豆の取り付けがとっても丈夫なりました。

かわいいがま口 たくさん作りたいですね。

 

また、私のお教室に 日本でここだけのものが生まれました。

私のがま口さんとの旅は、まだまだ続きそうです。

 

 

 

こちらのがま口になります。

 

私は身長の割には手が小さいんです。

口金サイズ 巾18cm 高さ8cm 

お豆みたいなヒネリがついています。

お部屋が二つに分かれているタイプです。

今回は内布を同じ大きさに作り 2つのお部屋の広さを自由に使えるタイプにしました。

ポーチの最大巾は約21cm 高さは約15cm

 

これからは違うデザインもいっぱい考えます。

 


 


        

ブログランキングに参加しています

今日も、かえるちゃんのマークをクリックして応援してください。


にほんブログ村

 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。
miwaがま口教室の星野美和子です。

{76741F95-BBC2-47A2-A6B7-AD39D0A67195}



パソコンの調子が悪く、更新できなくなっています。

そんなさなか、市原の素敵な動画をみつけました。

よかったら、みてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

◆  ブログで公開講座Ⅱ 22回目

 

おはようございます。

miwaがま口教室の星野美和子です。

 
 
差込なんて 慣れだ 慣れ!!
1000本ノックでもなんでもやってみよう。
1個作って上手にできないなんて 当たり前
むしろ出来たのは ほんの偶然かもしれない。

(裏miwaのつぶやき)

 

 

31、フレームの左右から布を差し込みます。

  【 Let's insert cloth from right and left of the frame. 】


 


フレームの表の汚れを軽くこすって取り除いたら、画像の様にボディーの間に挟みます。

 

 

 


 

 

片方のサイドから差し込みます。手で入れますよ。

 

 




 

 

 

もう片方のサイドも入れます。

もちろん手で入れます。

このとき脇のあまり具合が均等になるように注意しましょう。
 

 


もちろん後からでも調整はできますよ~。

紙紐を入れてからだと 調整するのはかなり難しいです。



中央部分は左右に布を軽く引っ張りながらフレームに差し込みます。

 




 

ほら入った!!

 

 


 

 

まだ、縫い目が見えていますが、ほぼ、挿入済みですよね。

後は、目打ちを使って差し込んでいきます。

手で入れただけでも結構綺麗に入りました。  

 

 

 

34、表側からも内側からもしっかり差し込みましょう。

  【 The inside will come in, too. 】

 

 


縫い目が見えているところ、抜けてきているところは、目打ちを使って奥へ差し込みます。

このとき、目打ちを布の刺しては、だめよ~だめだめ!!なのです。

目打ちを寝かして、スライドさせるように使います。

 

 

 

縫い目が隠れましたね。

表からも内側からもしっかり見て下さいね。


差込終わったら、サイドを見て下さいね。

フレームのあわせと縫い合わせの線が直線になっているなら合格(笑)

ちょっと曲がっていたら、蝶番の下の生地のあまり具合を見て下さい。

どちらか長くなっていませんか?

差込具合で調整してくださいね。

 


こうなっていれば◎です。
 

 

 

 

がま口作り一部始終 「ブログで公開講座」リンクまとめ

がま口作りの一部始終 ブログで公開講座Ⅱ リンクまとめ

 

ブログランキングに参加しています

今日も、かえるちゃんのマークをクリックして応援してください。

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)