チャーハンはべちょべちょ派

テーマ:


最近、よく行く中華屋の中国人の店員さんに「今日も担々麺大盛りと半チャーハン?」と声をかけられます。


こんばんは。
商学部4年MF#37 清水裕真です。
好きな食べ物はうどんです。

入部してくれる1回生が増えてきて嬉しい!!という思いの反面、時の流れの早さに驚いております。大学生活というのは本当にあっという間です。1回生、2.3回生のみんな、悔いの残らないよう、共に頑張っていきましょう。


春チームが終わって、2.3回生どうでしたか?成長できた人、できなかった人いると思います。その差は何だと思いますか?しっかり考えて下さい。先輩に聞くという手もあります。ここをうやむやにしてしまうとその差は埋まりません。関西完全制覇へ全員が当事者意識を持ちましょう。

石川貴都主将率いる今年のチームはいい意味で、先輩後輩の垣根が低いです。先輩に意見も言いやすいと思うし、僕らも後輩からの厳しい指摘を待っています。先輩と後輩とか、選手とマネージャーとか、立場に関係なく思ったことを正面からぶつけ合える関係性を築いていきましょう。

特に僕は下手くそなんで、思ったこととか、こうした方がいいとか気づいたこと何でも教えてください。。切実なお願いです。

逆に僕からも色んな事を発信していきたいと思います。僕はとても素直な性格なので思ったことはすぐに口から出てしまいます。不快な思いをされる方もいるかもしれませんが、チームをより良くしたいがための行動です。ご理解のほどよろしくお願いします。


花粉


-Try- #37 清水裕真


AD

今年の抱負

テーマ:
初めまして!
関西大学ラクロス部4回生MFのケンちゃんこと藤原健太郎です!

本題に入る前に少し自己紹介をします。
出身地…泉大津
学部…経済学部
スポーツ歴…ラグビー3年、サッカー10年
バイト先…岩崎塾道頓堀(ホルモンが安くて美味しいお店です)
パリピと言われることもありますが、全然そんなことないです、好青年です。

誰が興味あんねん!!て感じなのでこのへんでやめときます。笑




それでは気を取り直して、、今回のお題である今年の抱負について今までの経験と合わせて書かせていただきます!


私達の代は1回生の時、関西の新人大会で優勝を経験しました。
その時は多くの得点も決め、自分は中々の活躍をしたと思っています。笑


しかし、そのせいで私は「自分は上手いんだ」と勘違いして真剣にラクロスに取り組みませんでした。


そこからのラクロス生活は挫折の連続でした。
関西選抜には入れず、2回生の時は1年間Bチームにおり、遂には不貞腐れてラクロス部を真剣に辞めようと考えていました。


しかし、こんな私でも同期の子達は引き止めてくれました。
特に現副将のN君(調子に乗るので名前は伏せます)は長文のラインを送ってくれました。
(当時は未読無視してすみません。笑)


同期の大切さが身にしみて分かったことで、ラクロスを続けようと思えたことは本当に感謝しています。



そんなこともあり、今はもう勘違いしません。
私はラクロスが上手くありません。むしろ下手です。
下級生にも自分より上手い人は結構いると思ってます。
実際、最近下級生が伸びてきて焦りまくってます、、


しかし、このような状況でも「得点への執着心」は誰にも負けない自信があります。

1回生の頃から得点に対してだけはこだわってラクロスをしてきたので、最後までこだわり続けていきます。


ラストイヤー、1点でも多く取って、関大を勝利に導く存在になりますので皆さん応援よろしくお願いします!!


#66 藤原健太郎
AD

新入生の皆さんへ

テーマ:
初めまして。
新4回生マネージャー坂口萌美です。
今年は会計も務めさせていただいております。
よろしくお願いします。

読み方について触れると
よく「もえみ」と間違われますが、これで「めぐみ」と読みます。

軽く自己紹介をすると、
学部は政策創造学部で、部員で唯一の奈良県民です。

1回生の頃はよく
「毎日奈良から来てんの!?」
と先輩方に心配されましたが、
どのグランドも大体1時間で行けますし、もちろん大学も1時間程で行けます。

同期と帰ってるときに電車の路線図の写真を見て、私の駅だけすごい端にあったときは笑われましたが、奈良が大好きなので気にしません!


最近ハマっていることは
「お寺巡り」です。

2回生のときに初めて太宰府に行ったことがきっかけでなぜかハマってしまい、オフの日にはカメラ片手によく色んなお寺や神社に行っています。御朱印も集めています。

心が清められてるような気がするんですよね(笑)



前置きが長くなりました。


何年ぶり?というくらい久々にブログを書くので
何書こうかな、と悩んでいたのですが、
IT係から

「入部のきっかけを書いてほしい」

と軽い要望があったので
その辺を書こうと思います。



私は入学前(3月ですね)、
SNSやホームページでひたすら関大の体育会を調べていました。笑


理由はいくつかあります。


サークルだと日によって集まる人が違ったり、自分が好きな日に、そして行ける日に行くようなシステムだと思うのですが、
私は毎日全員が集まって活動しているようなところに入りたいな、と漠然と思っていたのがひとつ。

でも、当時私が
「良いな、かっこよさそうだな」
と思ったところは、
かなり夜遅くまで練習してそうで、また遠征が多そうなスポーツだったんです。

私は実家から通うつもりでしたし、アルバイトもしてみたかったし、自分の時間も欲しかったので、
思い描いている学生生活とのギャップが大きく、新歓時期に入ってからもどうしようかなぁと悩んでいました。



そこで出会ったのがラクロス部でした。



私は当初女子の方に勧誘を受けており、

「全員スタートラインが同じ」
「初心者でも日本一を目指せる」

というお話を聞いて、ラクロスにすごく惹かれました。

体験会にも何回か行かせていただき、お花見にも行ったのですが、プレーヤーとして4年間自分が活動している姿がどうしても想像出来ず、マネージャーという選択肢を考えるようになりました。


ここで初めて
「男子チームもあるのか」と知り、
すぐ練習に行きました。(1人で)

この時点で4月下旬だったこともあり、すでに入部確定者がたくさんいました。


その日マネージャー志望で体験に来ていたのが私だけだったので、先輩方がたくさん話しかけてくださり、またマネさんも色んな仕事を体験させてくれました。


帰りは同じ1回生が、急に体験に来た私に
一緒にお昼を食べよう!と誘ってくれ、帰りも一緒に帰ってくれました。


今述べたことはきっと誰も覚えていないと思うのですが、私はこの日が本当に楽しく、
ここにいる人たちと活動したいな、と思ったのです。


長々と話しましたが、まとめると
私の動機は意外とあっさりしたものだったということです。


ここで新入生に伝えたいのは


偏見を持たず、まずは色んなところを見に行って欲しいと言うことです!
そしてその中に男子ラクロス部もぜひ入れてみて欲しいです😊

行ってみると、思わぬ出会いがあったりします。こんなことをしているのか!こんな人がいるのか!と発見があります。

私も思い付きで見学に行ってみて良かったなぁと今では思っています。

そして入部して3年が経ち、
実際、尊敬できる先輩、可愛い後輩、そして大好きな同期に出会えることができました。

また、
悲願の1部昇格を果たした瞬間に立ち会い、
大好きな同期と新人戦で優勝をし、
今年も1部リーグの一員として、大学を背負って戦っています。

正直こんなに多くの経験が出来るとは思ってもいなかったので、振り返るとしみじみします。


このように、
他の団体では経験できないような、ラクロスでしか味わえない想いだったり経験が絶対にできます。

そんな経験を多くの1回生にも体験してほしいと、最上回になって、より強く思うようになりました。


関西大学男子ラクロス部はまだまだプレーヤー、そしてスタッフを募集しています。

ぜひぜひ一度練習に来てみて下さい!!
部員一同お待ちしております✨


AD