気持ちが全て てへぺろ

テーマ:
どうもこんにちわ。
奥村から ブログが回ってきました。
奥村曰く「持ってる男」 次期四回生のアタック71番の小川幸太朗です。

今回は育成の話の流れでブログが回ってきましたので、育成のことについて書いていこうと思います。

今年のチームが始まってから
育成担当希望者に立候補し
年齢は一個上だが同回の奥村くん
年齢は同い年だが 一つ下の回生の上垣くん
一つ下の回生だが 怖さは 3個上のMG近藤
この四人で育成をやってきてまいりました。
この3人には とても迷惑をかけたと自負しています。この場を借りて謝罪と感謝を述べたいと思います。「ごめんなさい、 ありがとう。」彼らは僕に優しいのできっと 許してくれることでしょう。笑


ところで、昨日 サムライカップin大阪に
チューニーズ として3回生で 出場してきました。
なんと結果は優勝。 沢山の景品と 最高の思い出を頂きました。
なぜ 優勝できたのか 相手が弱かったからか、
いえ、めちゃめちゃ強かったです。笑
周りを見れば 年上の関西では名の知れた人々がわんさかいました。

なぜ勝てたか帰り道に
考えていました。答えはすぐに出ます
やはり「気持ち」です。
気持ちとゆう一言で片付けてしまえば簡単のように聞こえますが、 誰でもこの気持ちを全面に何かの事に出せる訳ではありません。
スポーツに関してなら
「自分が目立つんや、自分が引っ張ってくんや、自分が決めるんだ守るんだ、周りをカバーしていくんだ、今戦っている目の前にいるやつをぶっ倒して自分が勝つんだ」少し野蛮、なんて思われるかもしれないですが、こうゆう気持ちが何より大事だと思います。


一回生の話に戻りますが、
僕はたとえ下手くそでも こうゆう気持ちのある選手になってほしいと、そしてその気持ちを更に自信に繋げる為の 技術も教えてきたつもりです。

その気持ちや技術を どれだけ高めれるかは
一回生それぞれでやるしかありません。

正直言って技術に関しては
ぜーんぜんです。だから気持ちを全面に出してください。今まで出したことのないような闘争心で
相手を圧倒してください。

一回生お前ら負けても悔しくないんかい
と何度も試合後言ってきました。
僕はすんごい負けず嫌いです。
上垣が前のブログで久しぶりにいいことを言っていました。負けず嫌いが勝つ。

26日勝って勝って優勝を掴んで
最高の年末をプレゼントして下さい笑

気持ちの事ばかり
書いてしまいましたがそれが全てです。

試合中や試合後の最高の笑顔を見せてください!




AD

拝啓、刈り上げサングラス殿

テーマ:
こんばんは。

もうすぐウィンター決勝リーグですね
前回#88上垣に紹介預かりました、育成担当の奥村です。

若干ハードル上げられてブチ切れそうです。
夏にはきゃんきゃんに刈り上げていた両サイドもサングラスもなくなり最近ではもっぱら迫力がなくなりましたね。
早くあの頃のあなたに会いたいです




今度グラボで争ったときは覚悟してもらいたいところです。


そんなに面白い話はできません。
チームでもおもんない人間トップ3を競うレベルです。



さて、12月26日を最後にチーム近藤の2015年『覚悟』のシーズンが終わろうとしています。

スローガンに相応しい覚悟を一回生は最後に見せてくれることでしょう。


不安要素はいくらでもありますが、こいつらは一体どんなプレーを見せてくれるのかとワクワクしています。

乗ったときは尋常じゃない程の実力を発揮してくれます

26日が本当に楽しみです。





話は変わりますが、
今年1年間続けてきた育成の仕事も残り少なくなりました

最後を締めくくる前に、僕にはどうしても感謝を伝えたい人がいます




2回生MGの近藤です。


今年の1回生はスタッフがいません。ですが、チーム運営の関係で1回生と上回生が場所や時間をずらして活動することが多い1年でした。

そんな中で1回生を仕切ってくれたのが2回生の彼女でした。

同期と一緒にいたい時も、休みたい時も、1回生だけの遠征も、毎週22時までやった戦術ミーティングも常に同行してくれました。


個人的には上垣にしてもそうですが、長く一緒にいすぎたせいで先輩として扱ってもらうことがなくなりました。笑

今では1回生から『姉さん』の相性で慕われる関係になれたのもきっと彼女の努力があったからだと思います。

本当に1年間おつかれさま
あと少しの間がんばりましょう



最後まで彼らと共に1回生の勇姿を支えられればこれ以上の幸せはありません。

そして今年1年間で口酸っぱく言ってきましたが来年のリーグ戦に出て、3.4回生になったときには関西制覇を狙えるようなチームに成長してくれたらと思います。



次に回すのは、ウィンター最後のブログはやはりこの男

見た目は子供、頭脳は中2

『持ってる男』の代名詞であり、最近はもっぱら教採の関係でなかなか1回生練にきてくれない育成担当#71こうたろうで締めくくってもらいましょう。


こーたろー、頼んだ
AD

アツくなれ

テーマ:
お疲れ様です!
2回生#88MF新人委員、育成担当、次期フレキャン代表、次期副務のがっきーこと上垣達也です。
気がつけばこんなにもたくさん役職を仰せつかっていますが今回は育成担当としてブログを書くように頼まれたので恐縮ながら書かせていただきます。

今回ブログを書くにあたって前回自分が書いたブログを見返したのですが、なんとも恥ずかしい内容でした(笑)
ウィンター(一回生大会ラクロス公式ルール)予選1試合目でケガをしてダサい上にチームが優勝してくれたら何もしていないのに大泣き。あすなろへ連れて行ってくれてありがとうみたいな感動ストーリー気取りと並べると本当に恥ずかしいのでもうやめます。

にもかかわらず前回のブログを振り返ったのは、僕が育成担当になりたいと思った理由が自分の代のウィンターが忘れられないからです。
あの時の気持ちだけは絶対に忘れられません。
今も、これからも、僕はあの感動をもう一度味わいたいから、同期と勝ちたいからラクロスを続けます。
こんな思いを今の一回生にも感じてほしい。
勝つ喜びを知ってほしい。
そのために少しでも役に立ちたい。
こんな思いで育成担当をやってきました。

いざ一回生練習が始まると教えてもらっていたのはむしろ僕の方かもしれません。
関西選抜でもなんでもない僕が一回生に教えれる事といえばグラウンドボールへの寄りやパスはボックスに投げること、強く勝ちたいという気持ちを持つことなどごく当たり前のことぐらいです。
同じ育成担当のリーダー奥村さんや中2ラクロッサーこうたろうさんはラクロス偏差値もプレーも優れているので一回生のうちから戦術やプレースタイルなど高いレベルで教わっていて正直羨ましかったです。
戦術ミーティングの時は僕も一からラクロスを学べる良い機会でした。

しかし、意気揚々と臨んだサマー(一回生大会新人戦特別ルール)は思うような成績は残せず決勝リーグ初戦で大阪大学に敗れました。
サマーの時の一回生はまだまだ勝ちたい気持ちが前面に出ることは少なくどこかおとなしい印象でした。
サマー優勝できなかったことで逆に発奮材料になるかと期待していましたがそれもあまりみられず、奥村さんのアツい気持ちについて来れていないように感じました。
とはいえ奥村さんはアツすぎましたが、、笑

壁の使用禁止など不利になる点も多く不安視していたウィンターの予選でしたがなんとか3勝1敗で決勝リーグに進出することが決まりました。
この頃にはもう自覚も出始め自分たちの回生だけで自主的にミーティングをしたり、知識も増えてきてプレー間の話し合いも盛んになりました。
良くも悪くも仲が良いので自分たちで勢いに乗るときは雰囲気がとても良いですがそうでないときは厳しい声をかけてやっとあがってくる回生です。
僕はよく怒るので奥村さんに怒りすぎと注意を受けたこともありますが一回生が上手くなってほしいからです。口が悪くて声も大きいから怖い感じになってごめんなさい。

今日、決勝を考えたら緊張しますって話しかけてきた子がいますがそれはきっと本気だからです。やってやる、活躍したい、勝ちたい、たくさんの気持ちが溢れてきて当然です。
試合直前まで気持ちを高めていってください。
試合中はクールにクレバーに。
一回生みんなが最高の笑顔で12月26日の決勝トーナメントを迎え、そして終われるように心から期待し、応援しています。
ラクロスは負けず嫌いが勝つスポーツだと僕は思っています。
本気になれば勝てる。勝ちたいと願えば勝てる。
君たちが勝ちたいと願うから僕たち育成担当は全力でサポートやお手伝いをします。
それに報いてくださいとはいいません。
ただ、優勝してください。それだけです。

長々と書いてしまい申し訳ありません。
この辺にしておきます。
僕に散々ブログを書くように急かしてきたのはおそらく自分が書きたいからであろうと容易に想像がつく、あの方に次のブログをお願いします。
ラクロスが大好きで仲間が大好きでアツくてちょっとケチで変わっている我らが育成担当リーダー奥村さん、ウィンター決勝前日夜までにお願いします。



最後までお読みいただきありがとうございました。
AD