半年を経て。

テーマ:


初めまして!

今回ブログを務めさせて頂きます、
一回生ゴーリーのゆうだいです!



気温もぐっと下がり、一気に冬になりましたね。

先輩にもらったウィンドブレーカーを暖かそうに着る同回生の姿が羨ましいばかりです。。笑



さて、ラクロス部に入部してから早いものでもう半年が経ちました。

この半年間ラクロスを続けてきて強く感じることがあります。

それは、ラクロスというスポーツは努力に正直である、ということです。

僕は小学校の頃から野球を続けてきましたが、調子が悪い時に素振りをしてすぐに打てるようになる、ということはありませんでした。

ですが、ラクロスは違います。

みっちり壁打ちをした次の日には、必ずと言っていいほどパスキャの精度に変化が現れます。

逆に、壁打ちをさぼって迎えた次の日というのは、パスミスを連発してしまいます。

こんなにも自分の努力に正直に応えてくれるスポーツは他にないと思います。

入部したての頃に先輩からよく言われた、壁打ちはやっておいた方がいい、という言葉を今痛感しています。

これからも壁打ち信者であり続けたいと思います!



話は変わりますが、明日は決勝トーナメント進出をかけた大事な一戦です。

育成担当の奥村さん、こうたろうさん、がっきーさんや、マネージャーの美優さんはもちろん、その他にもいろんな先輩方に今までお世話になってきました。

その先輩方への一番の恩返しは勝つことです。

勝ちたい気持ちが強い方が勝つ。

やったろう一回生。



それではこの辺で失礼します。
最後まで読んで頂きありがとうございました!

AD

ウインター2日目

テーマ:
おつかれさまです!
今回ブログ書かせて頂きます一回生のみきとです!



いよいよウインター2日目を迎えます。

僕はラクロスをやってきて今、一番燃えていますし同時にものすごく楽しく、やってよかったと思っています!
この気持ちを力に変えて次の試合に全力でぶつけていきます!


ウインター初日の第3試合では
サマーで負けた大阪大学との戦いでした。
リベンジ果たせませんでした、
でも次の試合に勝てばもう一度戦えるチャンスがあります!
とにかく次の試合に全力を注ぎます!



そして、

どんな状況でもサポート、指導をしてくれた育成担当さん、マネさん、上回生のみなさん!
いつもありがとうございます。
もう感謝しかないです。
とにかく勝つことで恩返しします!




教えてくれた人たちや、サポートしてくれた人たちのためにも
こんなところで負けるわけにはいきません
勝つことだけをイメージしてプレーしていきます。



必ず次の試合勝ってみんなでおいしいご飯食べにいきましょう!


以上です
失礼します!


AD

明日は勝てよ

テーマ:
お疲れ様です!
みゆっぴぃこと姉さんこと2年mg近藤美優です!

育成担当mgということでウィンター直前の今、ブログを書かせていただきます。



早いもので私達のウィンターから1年が経ちました。

少し私達のウィンターの話をします。




忘れもしないウィンター優勝、関西制覇した瞬間。

決勝のビデオで選手やmgが喜んでいる姿をみると今でもにやにや、うるうるしてしまいます(笑)

あの時の気持ちは間違いなく私の心の支えになっています。


ウィンターの時期は同回のmgがたくさんいて、選手さんのために出来ることも多く、何をしたら''勝ち''に繋がるか常に考えていました。
そしてそれが何より楽しかったです。


しかし、今年は1回生のmgがいません。
全体のmgの数も少なくなってしまい、力不足を感じることも多々ありました。
1回生にもたくさん迷惑をかけてしまいました。
本当にごめんなさい。


私は1回生にとって同回のmgとは言わずとも、頼み事のしやすい身近な先輩mgになることを目標に1回生練習、試合、mtgに参加しました。(怒鳴りすぎてこの目標はたぶん果たせてませんが(笑))

1回生が入部してから今日までみんなのことをみてきました。

先輩にあほだのへただの色々言われてきて、自信をなくしたこともあったかも知らんけど、


明日はみんなが主役です。


自分らの回生だけでできる今を大切に、


ひとつひとつ後悔しないように、
全力で、自分を信じてプレーしてほしいです。


今年の1回生にも後に心に残る、
支えるとなるウィンターにしてほしいです。


そして、今ラクロスができていることに、支えてくれている人たちに感謝して。


その感謝を試合に勝つことで体現してください。







ちなみに1回生には何回か言いましたが、私は負けるウィンターを知りません。

今年それを経験するつもりもありません。

勝って私を泣かせてみせてください。


期待してます





以上です。

AD