雰囲気

テーマ:
お疲れ様です!
今回blogを担当させていただきますは、新3回の♯16 かっちゃんこと大橋 克範です。
本日はOB戦、OBG総会がありました。引退し、就職されても関大ラクロスを応援し、見守っていただいている方々がたくさんいることを再認識することができました。ありがとうございました!

明日からは2泊3日で嬬恋で行われる大会に参加します。ここで去年の嬬恋のことを少し書きたいと思います。

去年はATとして先輩二人に引っ張ってもらったのを覚えています。
その中でも特に、自分がミスをしてしまったときにもらった「気にするな、忘れろ」の言葉が心に響きました。
本当はミスに対して先輩は苛立ちがあったかもしれない、なんでそこでミスってんって思ってたと思う。その気持ちを抑えてでも言ってくれた言葉が次のミスをなくし、いいプレーを生み、チームの雰囲気をつくっていたのかもしれません。
チーム全体の雰囲気がとても良かったのを覚えています。

もちろん、厳しくすべきところは厳しくするべきです。甘やかすのは違います。


今年の嬬恋は、自分が上回生です。後輩に対してまずはプレーでしっかり引っ張っていきます。責任をもってチームが勝つために全力で戦っていきたいと思います。

個人としては、同回生に負けてられません。嬬恋で誰もが経験をして成長します。他の誰よりも成長して絶対追い抜いてやります。
充実した3日間になるように課題をもって取り組んでいこうと思います。


これからも関大ラクロスを応援お願いします!
今回は以上で終わらせていただきます。
最後まで読んでいただきありがとうございました!
AD
お疲れ様です!新二回生の伊禮 耀 一郎です。ポジションは、ATです。ATは、上手い先輩ばかりで、入部したての頃は、一緒にプレーできるなど、夢にも思いませんでした。しかも、自分と同期の2人のATもユースに選ばれ、大きな焦り、危機感を抱きました。しかしその大きな焦り、危機感をいだきながら毎日練習に挑み、自分なりに工夫をし続けたことにより、ついに最近行われた関西学院大学、京都産業大学との練習試合では、Aチームとして試合に出場させていただきました。あの憧れのATの先輩と一緒にプレーをし、点が決まればハイタッチをしたり、試合中にコミュニケーションをとったり…本当に夢のようでした。このような経験ができたのも、常に焦り、危機感をいただき続けたからだと思います。なので日頃から危機感を抱きながら、練習に挑むこと。これが自分の覚悟であると思います。そして、自分は、まだ、新二回生。もっと、がむしゃらさ、フレッシュさを全面に出しプレーから先輩を盛り上げることこそが、自分の出来るチーム貢献であると思います。まずはつま恋!ここで、がむしゃらさ、フレッシュさを全面に出すことを意識して結果を残し試合を通して成長していきます! そして同期のユース2人に追いつきそして必ず追い越します!では、これで終わらしていただきます。失礼します!
AD

プレゼントと恩返し

テーマ:
お疲れ様です!
新2回生のがっきーこと#80上垣達也です(^^)
僕は今回が二回目のブログです。
自分の覚悟とチームへどう貢献するかというお題なのですが、先に昨シーズンを振り返らせてください。
関大に入学して、ラクロスを始めて、気がつけば1年が終わってしまいました・・・
いつまでも1回生気分ではいけないと思い新2回生と自己紹介させていただきましたが、僕たちはまだまだ1回生気分が抜けていません。実力もまだまだ先輩にはとても及ばないと思います。
しかし、僕たちの代は関大ラクロス史上初のウィンター優勝を成し遂げました!
散々パスキャが下手だとか、目立った選手がいないとか、点が取れないとかさまざまな事を言われ続けていました。
自分たちでもその通りだと思うし、実際、なぜ優勝することが出来たのかと聞かれても運がよかったぐらいしか思いつきません(笑)
でも勝つことができたのは事実で優勝したのも事実です。
個人的な話になりますが、僕はそのウィンターの予選1試合目の途中で骨折をしてしまいました。全治3ヶ月と言われました。手術でなければ治らないほどの骨折で、靭帯も切れてしまいあとの試合全て出場することはできませんでした。
その時の気持ちは今でも思い出したくないほどつらかったです。みんなが予選の1試合1試合全力で戦う姿を見ることもできず自宅で安静にしていた時の不甲斐なさは一生忘れられないと思います。
でもチームは勝ち続け決勝リーグ進出が決まりました。
おかげで僕はもう一度チームが戦っている姿を自分の目で見ることができました。
その日の関大はどこか違っていました。(少なくとも僕にはそう見えました。笑)
1日で4試合するハードスケジュールの中、試合が進むごとに、勝ち進むごとに、同期のはずのみんながとても頼もしく見えました。
決勝戦ではどんなに苦しい展開でも、なぜか負ける気がしませんでした。
そして試合終了。優勝。
自分はベンチにも入らず外から見ていただけなのに涙が止まりませんでした。むしろ何も出来なかった自分にみんながプレゼントしてくれた気がしたからだと思います。
「早く復帰してあすなろでもう1度、一緒にラクロスしよう」
今の僕を支えているのは試合後に言ってもらったこの言葉です。
だから僕にとっての覚悟とは、チームに恩返しをすることです。自己の利益よりもチームが勝つにはどうすればいいかを常に考える。そんな覚悟を持って、関西制覇をするチームの一員になりたいです。
チーム貢献については、新入生の育成担当をすることで貢献したいと思っています。
これは正式に任命されたことではないので勝手に言っているだけですが、それほど僕にとってウィンターは大きかったです。
新しく入部するフレッシュマンにもそんな経験をさせてあげたい。
そんな気持ちから育担に名乗りをあげました。
長々と下手な文章で大変恐縮ですが最後まで読んでいただきありがとうございました。
一刻も早くチームに復帰します!
失礼します!!

AD