熱量

テーマ:


先日、主将と個人的に話す機会があった。自分の問題ではないのに、主将は一緒に悩み、ずっと考えてくれた。結局その日は23:30まで話合った。(長くなるだろうと思ってコーヒー飲んでたけど結構眠かったのは内緒)正直、こんなに考えてくれるとは思わなかった。

選手、スタッフのみんなに分かって欲しい。私たちの主将はこんなに親身になって考えてくれる人だということ。主将として考えないといけないことが誰よりもあるのにも関わらず、チームのメンバーが困っていたら一緒になって悩んでくれる。そんな主将はブログでこう書いている。

「大学生活の全てをラクロスに懸けている。1人1人のエネルギーが目標に向かってリンクすれば目標達成できると信じている」と。

私はこのブログを改めて読んで、恥ずかしくなった。そして自分の至らなさを痛感した。スタッフリーダーとして、トレーナーリーダーとして何も出来ていない。そもそも私はみんなと同じ熱量で部活に取り組んでいたのか。目標に向かって今まで何をしていたのか。

このブログで、私は主将が大好きだとゴマをすっているのではない。ただ、そういう思いを持った人がいるのであればチームの一員としてその思いを自分の心に留めるべきだ。全員がこのような思いを持てば自然と自分のやるべきことは分かってくる。遅刻なんてしない。メニュー間もダラダラ歩かない。部活をより良いものにしようと思う。何より、チームの一員として関西完全制覇をしたいと思うようになる。


すみません、ここまで一スタッフがかなり上から目線なブログを書いてしまいました。待てよお前鼻に付くな、と。自分はやることやってるのにじゃあお前は何してるねん、お前なんかよりももっとやったるわ、と。思った人もいるんではないでしょうか。私の狙いはそれです。みんなの心のどこかにあるはずの熱量を引き出したい。もっと熱くなれる。そして、これを言うことでもっと本気で、誰よりも変わらないといけないというプレッシャーを私自身にかけたい。

選手はもちろんスタッフも変わらないといけません。私たちはまだまだ甘い。でもある人に言って頂きました、それに気付いたのが今で良かったね、と。今からでも遅くないです。私自身もまだ成長できると思ってます。困ったときは力になるし、私が困っているときは助けて下さい。変化した先にはきっといいことが待ってるはずです。



長々と失礼しました。挨拶遅くなり申し訳ありません。
今年度スタッフリーダーを務めます、3回生 トレーナーの平川莉子と申します。

OB・OGの皆様、保護者の皆様、関大ラクロスを支えてくださる方々。いつも当部へのご支援ありがとうございます。関関戦、リーグ戦、Bリーグ、新人戦と皆様の応援が部員一同の励みになっております。今年、関関戦は関大ホームです。また4月28日にはトップリーグ1回戦が行われ、大阪大学と対戦します。ぜひ会場に足を運んで頂いて、2018年の関大ラクロスを見て頂きたいと思います。
皆様の期待に応えるべく努力してまいりますので、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。




トレーナー 平川莉子

全員で考える

テーマ:
お疲れ様です。

今年度、DFリーダーを務めさせて頂きます#1谷内優祐です。

昨年度、先輩方が引退されてから正直、不安しかありませんでした。あんなに頼もしかった先輩方がいてもリーグ戦は1部6位という結果に終わり、今年度どのようにすれば良いのか全くビジョンが見えないスタートを迎えました。

そこで、正しいことは分かりませんが模索しながら、なにか変えないといけないと思い、チーム全体で色々変えてきています。そうすることで変化が起きていると僕自身、感じています。

一緒になって考えてきた仲間と勝ちたいです。一戦ずつの勝利を全員で噛み締めたいです。全員で勝ちましょう。

忘れかけていたのですが、そろそろDFの話をします。

今年のDFに選抜に選ばれるようなスター選手はいません。それでもリーグ戦では他大のスター選手を相手にゴールを守らないといけません。

そのためには、考え続けるしかないと思います。どうすればゴールを守ることができるか考えて細かい場面までを突き詰め続けるしかありません。

今年はDF全体で考え続けたいと思います。

お互いに思ったことを必ずぶつけあうことで一つの問題について全体で考えることができるのが、この回生の良いところだと僕は思います。

全員の考えを統一しておくことで、当たり前のことなのですが、6人全員で試合終了まで守り続けるDFを作りたいと考えます。

派手なプレーで観客を沸かすことができるようなDFではないかもしれませんが、応援のほどよろしくお願いします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


#1 谷内優祐

チームの支柱に

テーマ:

お疲れ様です。

今年度Gリーダーを務めさせて頂きます、
新4回#6岡 優大です。

まず初めにOBの皆様、昨年は多大なるご指導、ご声援ありがとうございました。
今年も皆様の期待に添えるよう精進して参りますので、応援の程よろしくお願い致します。


ここからは、Gリーダーとしての今年の意気込みを書かせて頂こうと思います。


「強いチームには強いゴーリーがいる」

ラクロス界ではよく言われることですが、本当にその通りだと思います。

昨年のリーグ戦、自チームの試合も他チームの試合も、勝利した側のチームのゴーリーは必ずといっていい程スーパーセーブを連発しています。

ゴーリーの調子はその日の試合の勝敗を分けるといっても過言ではありません。

それだけゴーリーというポジションには責任があり、逆にそれこそがこのポジションのやりがいなのだと考えています。



昨年は勝利に貢献出来ず、不甲斐ない結果に終わってしまいました。

今年こそは関西制覇を成し遂げるためにも、ゴーリーから試合の流れを作り、「ゴーリーのおかげで勝てた」と言ってもらえるようなゴーリー陣を作っていきます。


拙い文章ですが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

#6 岡 優大