埼玉県北本市の設計事務所 久保田篤正建築空間工房のブログ 埼玉県北本市の設計事務所 久保田篤正建築空間工房のブログ 埼玉県北本市の設計事務所 久保田篤正建築空間工房のブログ 埼玉県北本市の設計事務所 久保田篤正建築空間工房のブログ


  homepage 久保田篤正建築空間工房|一級建築士事務所


       住宅とは選ぶものではなく創り出すのものです。

               建築家と共に創る住宅。
          興味のある方はお気軽にご連絡ください。

             

      office 〒364-0035 埼玉県北本市西高尾4-207-8 

           TEL 048-538-9678  FAX 048-590-3358

           E-mail:kukankobo@jcom.zaq.ne.jp

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年08月21日(月) 08時25分29秒

緊急のお知らせ(電話でのご連絡について)

テーマ:設計の仕事

※8月21日、18時54分現在。機種変更にて開通いたしました。

 本日ご連絡を頂戴いたしました皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。

 履歴をもとに、明日折り返させていただきます。

 申し訳ございませんでした。

 

水も滴るいいオトコ・・・街の建築家、

くぼたです。

 

現在、携帯電話水没のため電話が不通となっております。

事務所固定電話 048-538-9678 においても携帯電話に転送のため、

不通となっております。

 

ご連絡の際は、048-590-3358 までお願いいたします。

 

洗濯機での水没に、夫婦にて醜い言い争いが生じております。

 

関係各位、ご面倒をおかけいたします。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年08月03日(木) 23時52分15秒

思えば遠くへ・・・

テーマ:建築士の独り言

君となら、超えてみたいな一線を・・・街の建築家、

くぼたです。

 

本日、50歳の誕生日を迎えました。

 

バカボンのパパの齢を9歳も超えてしまった・・・。

 

なんとも長くもあり、短かった50年もの歳月。

 

社会人として建築を志した30年前。

60歳まで仕事を続けるとしたら後40年。

 

ため息が出るほど、随分先だと考えていたことがつい目の前まで迫ってまいりました。

 

20代では、修行先の設計事務所で建築と向き合った10年。

 

30代では、建設会社の設計部で建築を通じ、クライアント、創り手と、人と向き合った10年。

 

40代では、設計事務所独立後、建築を通じ、自分自身と向き合った10年。

 

50代、次の目標に向かい、またスタートラインに立った心持です。

 

地元建築家、75歳の大先輩の言葉を思い出します。

 

「100歳まで生きるつもりでいるからね、まだ25年あるんだよね。

四半世紀は長いよ。まだまだ仕事ができるよ。」

 

そう考えると、私はやっと折り返し地点。

 

長く仕事ができるよう、そして地域に必要とされる建築を生み出せるよう、健康に留意し精進してまいります。

 

末永くご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年07月26日(水) 09時18分38秒

保育園の地鎮祭

テーマ:設計の仕事

治國奢者乱時悔・・・・・街の建築家、

くぼたです。

 

前回の更新から1カ月近くご無沙汰をしておりました。

自身の処理能力の低さを嘆きつつ日々業務に邁進しております。

 

熊谷市にて昨年8月から計画を進めておりました保育園の仮設園舎における地鎮祭を昨日執り行いました。

 

近隣にあるお寺のご住職が理事長、園長先生をおつとめになる地域から愛される保育園。

 

地鎮祭においても仏式で、玉串ではなくお焼香を上げさせていただきました。

 

既存園舎のテラスから園長先生のお経を大人しく聞き入る子供たち。

 


君たちが過ごす1年と、私が過ごす1年とでは比べ物にならないくらい子供たちにとって、人生のうちで特別な時期なのだと思います。

 

その成長著しい時期に一日の大半を過ごす環境を創ることに、責任の大きさを実感する次第です。

 

君たちが大人になりこの時期を思い返すとき、この場所が懐かしい思い出の景色になってほしいものです。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月30日(金) 09時32分54秒

耐震改修工事の着工

テーマ:設計の仕事

「そんなつもりはないんです~」物事は穏やかに収めたい街の建築家、

くぼたです。

 

北本市内にて年内お引渡しを予定する宗教法人施設の耐震改修工事。

先日竣工いたしました、寄宿舎工事に続く二期工事の着工です。

 

昭和33年竣工の木造道場に耐震改修を施し、一部既存を減床改修する計画。

その後の増築で失われてしまった竣工当初の外観を再現するための解体工事が着手となりました。

 

 

正面向かって左側を覆うようにファサードを隠していた増築部分を撤去し、当初のシルエットが現れました。

 

 

左右対称の威風堂々としたたたずまいを取り戻し、安全な空間の供給に努めます。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月11日(日) 14時34分37秒

保育園の模型

テーマ:設計の仕事

俺よりも、高い目薬使ってる。

(愚息め!お前が飲んでるエナジードリンクだって高くて俺は買う気がせんわい!)・・・街の建築家、

くぼたです。

 

 

ゴールデンウィークに作成を予定していた熊谷市にて計画しております保育園の模型が完成いたしました。(取急ぎ外観のみ・・・泣)

 

 

管理部分、保育室、ホールをプログラムごとに分散し、内部通路と外部通路とで緩やかに繋ぎます。

 

 

就学前のお子さんが大半の時間を過ごす大切な場所。

 

建築空間もちろんのこと、建築と中庭との関係、地域との繋がり方、子どもの視線に合わせ手を動かします。

 

細かい作業に、老眼で霞む視界のわずらわしさ。

少子化により、これから訪れるであろう日本の行く先のようでもあります。

 

そんな中にあって、子どもが関わる建築空間は豊かな心を育む上で、より大切なものになります。

 

美しく、居心地のよい、お子さんの成長の場となる「大きな家」を創りたいと考えております。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年06月08日(木) 00時29分23秒

一期工事の完了です

テーマ:設計の仕事

手の甲に爺さんみたいなシミできた・・・街の建築家、

くぼたです。

 

北本市内における宗教法人の寄宿舎新築工事。

 

消防検査、建築検査を無事に終え外構工事完了後にお引渡しとなります。

 

20代のころ、完了検査の前夜は不安で寝ることができずにいました。

経験という名の場数を踏んだこともあり不眠にはなりませんが、こればかりは何度受けても嫌なものですね。

 

本日の民間検査センターの検査員さん。

大変良く見ていただきましたが、指摘なしに胸をなでおろします。

 

 

 

1階には倉庫、休憩室。2階に宿泊室、食堂、水廻りを配しています。

 

 

奇抜な建築ではなく、落ちつきのある穏やかな外観に仕上がりました。

 

母屋に取りつく下屋は、玄関ポーチから倉庫シャッター部分に連続し、庇は強い日差しを防ぎ、雨の日も濡れることもありません。機能に加え、影を落とし和モダンな風情を漂わせます。

 

 

 

今回の建物が一期工事となり、今後は近接する道場の耐震改修工事、女子寮の耐震改修工事に着手します。

 

二期、三期工事は年内のお引渡し。

 

外観のデザインモチーフを共有し点から線へ、そして面へと街並みを整えてまいります。

 

 

後日、プロの写真家による画像をHPにUPさせていただきますね。

 

まずはひと段落。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年05月27日(土) 17時28分33秒

絶望しません

テーマ:設計の仕事

赤ワインのつまみはカールのチーズ味・・・街の建築家、

くぼたです。

 

”小学三年生の八割はサンタクロースの存在を信じ、五年生の八割は信じないそうだ。四年生はその境目の悲しい年齢だという。

思うに人生は夢や幻想がさめてゆく過程だといっていい。

親は子に対して、子は親に対して、夫は妻に対して、妻は夫に対して、

税金を払うときは国家に対して、死床にあるときは医者に対して、

そして自分は自分に対して、

それでも大半の人間はふしぎに絶望しない。”

 

山田風太郎先生の言葉である。

 

この夏に着工予定の保育園における申請業務に追われている。

 

 

仮設建築申請、適合証明申請、建築確認申請、特定生活関連施設新築等申請、エネルギーの使用の合理化に関する・・・。(仮設園舎&本園舎)

 

大型案件ともなると、設計業務における時間の大半をこの申請業務に費やすこととなる。

 

空間創造にかけることができる時間とのバランスがあまりにも悪い。

絶望的な気持ちが私を支配していく・・・。

                       

                         ・

 

建築から離れていた友人が今年になって一級建築士を目指す旨の連絡があった。一学年後輩の彼が20年のブランクを乗り越え新たに建築を目指している。

 

建築から離れていた友人と今年になってFacebookを通じ再会した。建築への心残りを口にしていた彼のFacebookには建築、芸術、舞台への情熱にあふれ多くのクリエィティブな面々とのやり取りを心から楽しんでいることが見て取れる。

 

そんな連中の情熱に負けるわけにはいかない。

 

美しい建築を志し、私も決して絶望はいたしません!

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017年05月15日(月) 09時31分18秒

現場進行中でございます

テーマ:設計の仕事

ゴミ箱のぞき、薬飲んだか確認す。・・・街の建築家、

くぼたです。

 

昨夜のこと。

高3長男からの母の日のプレゼントはイチゴのショートケーキ。

小2長女が一口ねだると

「私のケーキだからね。」と突き放す鬼母。

そのことだけで号泣の娘。

 

親子、女同士、冗談とも本気とも解らぬやり取り。

「めんどくせーなー」と眺めていたが、数分後には笑いながらひとつのケーキをふたりでつついている。

 

「あーめんどくせー」

そう思いながらも、笑いがこみ上がる。

                        ・

前回のブログ更新から1か月以上が経過してしまいました。

大小合わせ同時進行の業務に加え、この夏に着工予定である保育園の申請業務、実施図の作成に追われており情報の発信を怠っておりました。

 

写真は北本市で工事進行中の宗教法人施設。

 

外壁仕上げの段階となり、今週中には足場が外れ全貌が現れます。

 

木造の建物ですが、梁材は鉄骨を併用し大きな空間を実現しております。

 

 

化粧材を表しとしている下屋部分。

こちらの外壁は杉の下見板張りを予定しております。

 

バタバタとした日々の中、現場所長から届く確認のメールや確認の電話。

トラブルを事前に回避する内容から、施工段階での確定を予定していた項目など、的確な相談内容がとてもありがたい。

 

街並みとしてのお披露目まであと少し。

施主、施工者と共に喜びを分かち合いたいと思っています。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月12日(水) 22時53分33秒

FIAT500でゆく

テーマ:FIAT500

古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ・・・傷だらけの建築家、

くぼたです。

 

事務所開設からのパートナーが体調を崩し、4ヶ月ほどお休みをしておりまし

たが今週から復帰いたしました。

 

 

北本市役所→鴻巣市役所→熊谷市役所→自宅アトリエ→再び熊谷市役所

→熊谷生活介護施設お打合せ→熊谷新規住宅お打合せ→自宅アトリエ。

 

49年前に生産された同級生と共に埼玉県北部を駆けぬけてまいりました。

 

保育園建替えに伴う仮設建築申請。補正対応のため午前中に伺った熊谷市

役所。

 

いつものことながら、書類の不備やら、図面の訂正が露見し自宅アトリエに戻

り手直し、昼食を流し込み大至急引き返し補正完了。

 

「図面、どこで直したのですか?」

 

「もちろん事務所で直しましたよ。」

 

「北本ですよね?」

 

「そうですよ。」

 

そう言わしめるほどの俊敏な動きに対応してくれる頼れるパートナー。

 

前輪がネンザしそうなコーナリング、急加速にも耐え頑張ってくれました。

 

休み明けも容赦なくこき使っておりますが、お互いいたわり合いながらも共に

これからも駆け抜けてまいります。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年04月01日(土) 11時06分40秒

美容室の竣工写真

テーマ:設計の仕事

桜咲き、春一歩ずつ 一歩ずつ・・・街の建築家、

くぼたです。

 

怒涛の年度末が過ぎたものの取りこぼしもあり、まだまだ慌ただしい日々が続く・・・。

 

先日、部分的にお引渡しをさせていただいたご近所の美容院。

 

既存住宅における2世帯住宅のためのリフォーム工事、連絡通路工事が完了

し、最終のお引渡しとなりました。

 

建築や外構により生まれた個性を持った外部空間。

エントランスと駐車場、店舗と住宅の中間領域に設けた中庭が混在し緩やか

に繋がり空間に広がりを持たせます。

 

 

 

植栽を施し、四季それぞれの情緒を感じられる愛着ある空間となることでしょう。

 

美容院内部空間においても構造材を可能な限り露出し、温もりと広がりのある

空間を創造いたしました。

 

 

 

小さな美容院と既存住宅のリフォーム工事。

ご予算を含め課題の多い計画ではありました。

ここに至るまでクライント、施工者と共に重ねた時間がよみがえります。

 

クライアントにおかれましても我慢をしていただいた部分も多々あったと思います。

施工者であるマルタカ工務店、高橋大工さんにおかれましても私の我儘を快く受

け入れてくださいました。

 

地域に生きる建築家として、自身の立ち位置を再確認させていただく機会を頂き

ましたこと改めて感謝申し上げます。

 

 
恵美容室  北本市西高尾5-126
📞048-590-7227
am9:00〜pm6:00
定休日
毎週火曜日
第1.第3.第5日曜日
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>