クジラ怪人の琉球釣り日記

2011年3月11日
世界は変わってしまいました。

現在進行中の危機への対処を考えていきたいと思ってはいるのですが。

正直、うまい回答は無いのが現実ですね。
一緒に考えていきませんか。
少しは何かできることがあるんじゃないでしょうか。

NEW !
テーマ:
{19BA535E-03BB-428D-BBDD-0395D9867796}

{8F14A6A1-3B23-4FE3-BDE0-70145EB8B0B6}

{8F705D98-EDBB-44B0-89FD-9B24555564CA}

{1C9FE603-C57B-4E5D-BB16-6CAB675B08EA}

 支那の朝
名残惜しいですがお別れです。
たくさんのお土産も頂いて中国人の桁違いのおもてなしにいつものことながら本当に恐縮してしまいます。

また来年も来られるかな


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>
NEW !
テーマ:
ビックリ
まだ上海にいるのですが驚きました。
構造的には同じリスクがありますから危ないですし津波でやられたら孤立して物資がまるで届かなくなります。
結構危ないところなんですよね。
米軍基地には何があるかわかりませんから嘉手納に津波が襲ったら核爆発は起こらなくても核兵器が流されて行方不明になるとか?
いろいろな有害物質が大量にあるでしょうからとんでもないことになるかも。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最後は上海のスカイラウンジでビールで乾杯

本当にありがとう

忘れがたい旅でした

謝謝 再会
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

{92D1224B-D065-4ED9-9351-B5CB1A68151F}

空港も綺麗になっていて3年前と全然違います。

空港のパーキングも高級車ばかり

パーキングに停めてあった取引先の人のクルマもBMW
来年来るときはジャガーかも。

機内で読んだ新聞に日本人も中国人もお互いに両国の関係が良くないと思っているという記事が載っていました。
日本を訪れた中国人は去年 500万人を超えたそうです。
中国を訪れた日本人は半分。 減少傾向だそうです。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

仕事関係のイベントだったのですが、さすが、中国人、おもてなしのパワーがまるで違います。

もう、至れり尽くせりなんてものじゃない。圧倒的です。


そして、つくづく、何にも知らなかったんだな、と思い知らされます。


今回訪れた古都、大同。 ダートンと発音するようです。


古都のイメージは、日本だと京都、奈良でしょうか。

しかし、スケール感が違います。

もともとは、魏、異民族の王の都だったそうです。

漢民族ではない異民族が中国には、48民族かな?うろ覚えですがいるそうなのですが、この大同を作った民族は、その少数民族に含まれず、漢民族と同化したそうです。


天竺に通じる道、中央アジアに通じる道、陸伝いに異文化と交流し、時に戦い、生き残ってきた歴史。

その中で仏教はどんな役割を果たしたのだろうか?

1キロにもわたる広大な岩の壁に仏の姿を彫っていった人たちの思いはなんだったのだろうか。


また、古都にも、経済発展の波が押し寄せていました。

片側4車線の道路が、市内を整然と走っています。高速道路のほうが車線が少なかったw。

上海に比べれば、はるかに整然としていて、人のモラルも高いように見受けられました。

最後の夜には、日本の寄席のようなところに連れて行ってもらったのですが、驚いたことに、日本の掛け合い漫才と恐ろしいくらいに似ているのです。まさか、こんなところも、中国がオリジナルなのでしょうか?


仏教の建築様式も含めて、日本は中国のまねをずっとしてきたのでしょう。

ですから、HANDAとか、SANY、くらいで、目くじらを立ててはいけないのでしょうw。


そして、大陸の夢。

今回、驚いたのが、私が、以前いた会社の元同僚と再会したのです。

彼らは全員、なんと、上海に駐在していました。


私はアメリカに4年いたころに、いつも、ああ、大陸っていいなぁ、また、来たいな、と思っていました。

しかし、中国なら日本にも2時間で帰れます。週末に戻ることもできる。

そして、文化的な環境がとても近い。


これからは、せっかく海外赴任するなら中国じゃないのかなぁ、と思ったのです。

日本人は、というか、私もですが、いまだにどうも、西洋ばかりを見ている。


日本という国、そのものの成立の過程で最も影響を与えた隣国を忘れてしまっている。


常に、過去を捨てて新しいものに移行していくときには、過去を否定してしまう傾向は、どの文明にもあるような気がします。

黒船にびっくりしすぎて、文明開化で鹿鳴館で、それまでの何千年にも渡ったアジアとの付き合いを忘れてしまった。

脱亜なんて、とんでもないことを考えて、自分たちが西洋人にでもなったつもりになってしまった。

だから、西洋人をまねして、アジア人なのにアジアを侵略しようとしてしまった。


なにか、どこかで、根本的に勘違いしてしまった。


4日間、元同僚を除けば、数十名の中国の人たちと行動を共にしてきました。

まるで、分からない言葉に囲まれながら片言の英語で、話しかけてくれる中国の人たち。

ツアーのガイドさんは日本語ができました。

アメリカにいたころは、周り中がアメリカ人なのですが、とにかく、疲れました。西洋人の中にぽつんといることは、慣れようとしても、なかなか慣れるものではないのです。

しかし、そんなときに、アジア系のレストランに行くと、本当に癒されました。


それから、本当に思うのですが、中国の人は、日本人を悪くなど思っていないと思う。

日本人のほうが、なぜか、嫌悪感を強く持っている。

確かに、漁船が海上保安庁の船に体当たりして来たり、輸入食品にいろいろありましたから、イメージが悪くなっているのは確かです。

また、経済成長しているので、日本にもたくさんの観光客が来ます。沖縄なんて、半分くらいが中国の人に見えます。そして、日本人とは違う行動に驚いてしまうこともあるとは思います。

海外旅行に関しては、彼らはまだ、ビギナーなんだと思います。日本人だって、高度経済成長の走りには、ノーキョーが来た!と言って、ヨーロッパなどでは大変な脅威が襲ってきたと話題になっていたようです。とにかく団体ツアーでやってきて、日本のやりかたそのままで大暴れしてしまうw。特にお風呂ですが、洗い場がない、湯船の中でお湯を使うのを知らずに、ホテル中を水浸しにしてしまったり。

大同の町に来てみて、いや、どこもかしこも人を押しのける町ではないな、と思いました。

のんびりしているのです。

日本だって、東京、大阪、京都、名古屋、みんな違うじゃないですか。


仕事の付き合いがベースですが、しかし、中国の人は、元気です。

表現方法が日本のような狭いところにいる人間とは違う。

声が大きくないとかき消されてしまうし、日本人のように謙譲の美徳(あるのかな、最近では?)、では、異民族入り乱れての争奪戦に生き残れない。

そして、くったくなく笑い、思いっきり自由に表現する。

狭い島で抑圧された環境の中で、控えめにすることを必要とされた日本人とは文化や思考の形成過程が違うのです。

なんだか、アメリカ人とイギリス人の違いに似てるのかなぁとも思ってしまいました。


来月、英国から同僚が日本に遊びに来ます。

東京、京都、広島と観光するというので、京都で合流することにしました。

今回の中国の旅の続編のようで、面白い偶然だなあ、と思っています。


今日、上海へ移動します。


image

image



image

image

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。