クジラ怪人の琉球釣り日記 & 間違いだらけのクルマ選び

釣りは、たまにはやっていますが、ボ!の連投。

クルマは、買い替え時期を迎えて、毎日、頭の中はクルマのことで一杯。

クジラの10th Mitsubishiは、あるのか?


クジラ怪人の、クルマライフの

あしたはどっちだ!


テーマ:

さとうきびの花ゆれて


という劇をご存知でしょうか。


私は、沖縄の小学校の学芸会で、初めて、その劇を見ました。


男の子の幽霊の夢を現代の小学生が全員で見ます。

その子は、僕の弁当箱を探してほしいというのです。


子供の達の見る夢が続きます。


昭和20年、戦争末期、そう沖縄戦に突入する直前です。

軍国主義に染められた沖縄では、小学生が、弁当箱もお国のために供出しろと、男の子に迫ります。


しかしその弁当箱は、戦争で死んでしまった男の子のお母さんが、たったひとつ、男の子に買ってあげた形見なのです。お母さんは、男の子が、そのお弁当箱でご飯を食べるのを見て、優しくほほえんでいたのです。

男の子と味方する女の子を、周りの小学生が囃し立てます。


この非国民め!


私はショックを受けました。

今の時代に、非国民め、というセリフが小学生の口から出てくることに。


男の子と女の子は最後まで弁当箱を守り抜きます。

しかし、そこにアメリカの艦載機の空襲がやってきて、二人は、大きな岩の下敷きになって死んでしまうのです。


72年を経て、その子の魂が、岩の下敷きになった弁当箱を救ってほしいというのです。

夢から覚めた子供たちは、力を合わせて岩を動かします。

すると、岩の下には、確かにつぶれた弁当箱が見つかり、そして、白い鳥が2羽、飛び立っていくのです。


http://video.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%8D%E3%81%B3%E7%95%91&tid=5ff97a4d2bf8539d85b286b6db47b270&ei=UTF-8&rkf=2&dd=1


子供たちの演奏するサトウキビ畑の歌で物語が締めくくられます。



涙が止まりませんでした。


現代に戻った子供たち。

しかし、舞台のバックにある大きな絵は、なんと、普天間飛行場とオスプレイなのです。


沖縄の小学校の学芸会。


もし、ナイチャーが見たら、これを平和の祈りではなく、反日教育だというのかもしれない。


しかし、私には決してそうは見えない。


72年を経ても、癒えることのない沖縄の悲しみ。

そして、それは、今も基地問題として続いているのです。


国体護持などという一部の権力者の都合のために捨て石にされた沖縄の人。

そして、戦後の占領政策を有利にするために、占領という形で、生贄にされ、さらに、返還後すら、米軍基地に占領されて、人々は住む場所にすら困っている。


これが沖縄の現実なのです。


私は、この現実がフクシマとタブって見えて仕方がないのです。


結局、日本国というものは、国民のためにあるのではないのです。


お国、というもののために、国民を犠牲にする仕掛け、が、日本国なのです。


放射能を避けて、妻子を避難させた福島大学の先生が、利己的である、と非難されたそうです。

この大事に、自分の妻と子さえ助かればいいのかと、非難されたというのです。

国難に対峙するべきなのに、重荷を背負うのをいやだというのか!と言われたというのです。

何の罪もない子供になぜ重荷を背負わせなくてはいけないのか?

大人のエゴのために、無策のために起きた原発事故の責任をなぜ子供に転嫁するのか?


このお国の大事に、弁当箱が大事だとは、何事だ!

この非国民め!


何一つ変わっていないこの国。


単に、天皇陛下よりも力のあるマッカーサーがやってきたから、日和見主義で、民主主義と言い出しただけなのです。

天皇陛下万歳から、民主主義に、看板を掛けなおしただけなのです。


我々は、民族として、国家として、日本人いうものを本当にもっているのだろうか?


我々は、本当に、民族と言えるものなのだろうか?

最近、本当に、何もかもが分からなくなってきています。


人は、騙されていてもいい、信じるものがあったほうが、気楽に生きていけるのです。

宗教がそうですよね。

心のよりどころが必要なのです。


国家もそうなんだと思うのです。

うさんくさいとは思いながらも、信じることができるもの。

最低限、政府ってやつは、そんなものであってほしかった。


311以降、私から見える世界は変わってしまった。


自分が愛していた、そして、信じていたいと思っていた、日本。

その日本というものが、どうしても信じられなくなってしまった。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

http://onodekita.sblo.jp/


おのできたさんの、歯に衣着せぬ小野先生のブログ、もう、中毒になりそうですw。


毎日、アイフォンで、ツィートを聞きながら、眠ってますw。


しかし、あの火山学者の変貌ぶりはひどいですよねえ。

ああいうことが平気でできるのが、エリートなのですかねえ。



しかし、この人のキャラというか、生き方というか、ぶったまげるほどすごいです。


小野先生のほうですけど。


東大出て、東電入って、原発やって、こら、いかんと、数年でやめて、それから、熊本大学医学部に入りなおして、開業医。


最初に阪大医学部を狙ってるそうですから、最初から医者になりたかったのでしょうねえ。


親に金もあったのでしょうが、本人の実力も大したものです。


こういう自由な生き方ができるのが、力のある人間なのだろうなぁ。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
国際通り |クジラ怪人の琉球釣り日記 & 間違いだらけのクルマ選び
http://s.ameblo.jp/kujirakaijin3/entry-12174214924.html
{44809CF6-C61A-4BC0-A5F5-1284698F0DA6}

{137EEBED-F571-4648-BC5C-56B053F78D75}

{DAB036FB-2CDB-4C7E-808B-022FED5FFE19}

{FEAF42F9-36F7-4C77-98D2-916976D1D894}


今日は、暇だったので、というか、あまりにストレスのある毎日だったので、ちと、那覇の街に出てみました。

以前は、あまりの観光客騙しの通りにがっくりきたのですが、少しづつですが、変わってきています。


この寿司屋さんは、内地のすし屋スタイル。

お客さんは、中国の人ばかりでしたが。


それから、一番上のお刺身は、いらぶちゃー、あおぶだい、ですね、それと、赤まち。

これは、公設市場です。


あまりに期待せずに、のんびりと歩いていくと、それなりに面白いです。

旅人気分っていうのかなぁ。


ところで、もっと地元っぽいのは、松山とか、県庁側なんですよ。

あっちは、東京で言うと神田の飲み屋街に近いのかなぁ。

観光客よりも、県庁周辺の勤め人が行く場所みたいですよ。


最近、少し、沖縄のビジネスマンと付き合いが出てきたので、行動半径が違ってきています。

中部から南部へ?

那覇方面、への進出を考えています。

どうも、10キロ離れるとまるで違う世界になるみたいですね。




AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
{F7CFE7E8-6708-4E3E-AA8B-0B4E0F7A4CB6}

{2830792E-B88C-4EA6-8BF0-ECC069523DBF}

{603B860F-63A0-4F34-B6B6-1D98C3C7A437}

{5D9A8353-721B-4264-877B-FEE4E237F805}

{CDDD1FA6-8A6E-4673-BC93-83D0CF63F3C1}


公設市場。


とにかく、アジアっぽいですよね。


確かに、観光客用の通りになっていますが、でもね、やっぱり、こういうアジアの混沌のような雰囲気は、ないちゃー、が作れるものじゃないと思うんですよ。

東南亜細亜的だと思うんです。


中国的とは違うような気がするんです。

沖縄ってのは、数キロ移動するだけでまるで違う世界になるのが面白いんです。


最近、少し、南部、というか、那覇に近づいてみようかと思っているのです。


その次は山原ですが。



いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


image

image

image

最近のアップしている画像って、全部、iPhone 6s Plusのカメラなんですよ。

もう、デジカメを持ち歩くことなんて無くなってしまいました。


画質も素晴らしいと思うのですが、なにより、ネットワークにつながっていますから、リアルタイムでWEBにアップできてしまうのが素晴らしい。


写真というものが、コミュニケーションなのだなぁ、と実感します。


昔は、暗室にこもり、自分を鑑賞者としてじっくりと仕上げていくものが、写真だったらしいです。

私はモノクロはほとんどやらなかったのですが、写真が趣味というと根暗、w、というイメージがあったようです。


デジカメシフトの相当な精神的な抵抗を感じた自分が、デジカメをすっとばして、アイフォンになってしまったことに驚きを感じつつも、時代なんてのは、簡単に変わっちまうし、自分の価値観なんてのも、まあ、随分と便利に変わっちまうのだなぁと、自嘲気味に笑う自分です。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{FC4A7963-54A6-4578-89F6-E206385E2D92}

{AF941D86-83C2-4EB5-913F-E5B85D55396C}

{EDD3E462-9C9D-40D5-9771-2C6D23EADA8F}

{2E0B12AA-905E-4531-982E-B59D866DFA7B}

{318077C8-6684-4402-892C-F22A7686C3CA}

{8530DB4C-05CA-4A31-8377-A8857AB1D862}


どうも、今年のマンゴー、裏作のようです。

去年があまりに出来が良くて安かったですからねえ。


去年だと今頃、ちょっと高いですが、贈答用でも、L玉が2個で5千円くらいでした。

ところが、今年は、こんな小さいのが2個で2500円。

これじゃあ、地元の人は買いませんから、なんと、メキシコマンゴーを売っていましたw。


ちんすこうショコラも、バラエティが増えていきますねえ。


紅イモタルトは、パッケージを変えたはずなのですが、やはり、お土産用にはこちらのほうが分かりやすいのかも。


サンセットビーチの夕焼け、

実は初めて見たんです。


アメリカンビレッジの美ら湯からです。

いつもは、夜jの料金の安い時に来てるので、サンセットの時に、風呂上りになっていなかったのです。

そうかぁ、この値段が入ってるから昼は高いのかw。


美ら湯、お勧めですよ。

昼間だと1500円です。

夕方からは、500円。


サンセット代が、1000円?w


梅雨明けの沖縄からでした。


ちなみに、去年の6月22日の状況です。

同じくイオンモールです。


だいぶ違うような気がするなぁ。

一週間の差ではないですよ。



http://ameblo.jp/kujirakaijin3/entry-12041802391.html?frm_src=thumb_module
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

とんでもない。

化けの皮がはがれただけです。


レベル7の原発事故が起こっていて、放射能による健康被害が皆無であるわけがない。


小野先生が何度も繰り返すように、チェルノブイリよりもはるかに長い期間運転されていた原子炉が4基も事故にあって、放出された放射性物質が少ない?そんなバカな?


あり得ない話です。

まして、フクシマの甲状腺検査では、すでに、160名を超える子供が甲状腺癌と診断されています。

ところが、いまだにこれを過剰診断という。


日本の人口減少は、20110311を境に起こっています。小野先生のブログで、事故当初に、さて、この人口はどうなりますかね、という発言がありました。見事に、311を境に減少にカーブを切っているのです。私も見ていて、びっくりしました。

http://onodekita.sblo.jp/article/148128984.html


実際、私の周辺でも、若くして急逝した人が出てきているのです。

セシウムの影響かどうか断定できませんが、脳、心臓の血管性の疾病による突然死なのです。

心筋梗塞とくも膜下出血なのです。


政権が、原発による健康被害はない、と言い張るのは、単純に、東京が汚染されていると認めてしまえば、土地本位制の日本の経済が瓦解してしまうからです。

ですから、何もなかったことにしたいのです。


大本営発表と何も違わないんです。


思えば、厚木に軍人がコーンパイプをくわえて降り立っただけで、人間が変わるわけがない。

ばんざーいをいう相手が替わっただけなんです。


国体護持のためならなんでも犠牲にしてしまうんです。


沖縄は広島、長崎を犠牲にしたように、今度は、フクシマ、いや、関東を被ばくさせても、国体を守りたいのです。


東京が壊滅するということは、日本の経済基盤が壊滅する。

だから、絶対に東京が汚染されているなどとは言えない。

そのためにも、絶対に、フクシマに帰れないなどは言わせない。


似てませんか?


そうです。

国体護持のために米国との交渉のための時間稼ぎをするために、沖縄を犠牲にした支配層と同じなのです。

そして、その結果として、米国に、原爆の実験を許してしまった。

さすがに、ポツダム宣言を受諾したら、原爆を広島、長崎に落とすという実験はできなかった。


あれは、実験ですよ。実戦じゃない。

だって、日本はもう、戦う力なんて無かったのですから。


ソ連の亜細亜への進行を食い止め、戦後処理のイニシアティブをとるための実験。

そして、広島には、ウラン、長崎には、たった3日後に、プルトニウム型を落として、その威力を実験したのです。


沖縄、広島、長崎、フクシマ、そして、東京被ばく


すべては、同じ理屈なんですよ。


お国のために犠牲になれ。


その守るべきお国って何なのでしょうか?


私には、いまだに、そのお国の正体が見えない。


だって、不思議ですよ。

天皇だって、総理大臣だって、お国のために、家族と一緒に放射能汚染地域、帝都東京に残っているんですよ?


一体、何を守るために、我々日本人は、命を犠牲にし続けないといけないのでしょうか?




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://onodekita.sblo.jp/


院長の独り言。


毎週金曜日につぶやいています。


この人、本当に面白いです。


頭のいい人ってずるい奴になると、本当に嫌な奴になると、こういういい人っていうか、愚直な人になると、実に、頼もしい。


ものの考えたやアプローチの方法について、火山学者と似ているところがあるかもしれません。


この人は、開業医。

自営業ですから、国立大学の先生よりも自由ですね。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。