テーマ:

先日、朝までゴーヤのキユーさんから「総集編を作りたいので相談したいのですが……」というお話をいただきまして、装丁案などでご協力をさせていただきました。

有頂天生シリーズ3作+1と設定資料をまとめた総集編を、ということで、5月10日の博麗神社例大祭合わせで登場、とまぁそんな本になります。

製本以外のすべての工程が終了しているので、ご紹介も兼ねてアフタートークをしてしまいましょう、という感じです。


最大の特徴にしてメインになるのがこのカバーです。
有頂天想カバー
使われている印刷色はCMYK+蛍光ブルー+金+マットニスの全部で7色。

遠く、どこまでも遠く、この広い空を表現したい。
この絵の一番のキモであるこの空の広さをどのように伝えるか、というのをまず考えました。

そのためにB6という本のサイズ範囲は広げるわけにはいきませんので、とにかく「遠近感をなくすこと」を第一にしました。(と、いうのも空というものに距離感はありませんので……)

とにかく距離を意識させないように、という形でのご提案をさせていただきました。


距離を感じさせないようにするためにどうすればいいか。

という一つの答えとしては蛍光色があります。
そこで、空はCMYKフルカラーの表現ではなく、5色目としてT&K TOKAの

TOKA FLASH VIVA DX 蛍光インキシリーズ

からVIVA DV 850シアンを選びました。
ブルーではなくシアンとしたのは「空色らしさ」として空らしい濃度を求めたため。
これを網点で構成するのではなく別版にしてベタ刷りとすることでスッキリとした仕上がりになり、さらに蛍光であることが距離感を上手くなくしているのではないかと思います。

紙の反射があっては読み手と絵の間に距離が生まれてしまいますので紙はマットで手触りも発色もよく、それでいてコストもよいAライトスタッフGA-FS 135kg (三菱製紙)に全面をマットニスで刷ることで、より距離感をなくすようにしました。

タイトルは筆書きの金。
ここだけは光沢を失うわけにはいきません。
そのため
金の部分だけはマットニスを引かないように、ニス版は印刷版として絵柄を作成しています。(なのでこれも1色とカウントしています)

もちろん、金も普通の金インキ、DIC621であるニューチャンピオンゴールドではなく、高輝性のあるDICプレミアゴールドを選んでいます。
これだけ力強い筆文字を活かすのであれば、ということで選びましたが、周辺がマットであるだけに輝きを強調できたのではないかと思います。

明るい空と光る金、そして手に取った時にしっとりと来る紙。
有頂天生のストーリーを読み終えた時にも、この選択の理由が見えてくるのではないかな……と思います。

デザインを担当されましたカキヤザクロさんにはこのようなイメージをぶつけ返したため、少々ご苦労をおかけいたしました。


そんな有頂天生総集編「有頂天想」は5月10日、第十二回博麗神社例大祭、L-56b「朝までゴーヤ」にて登場となります。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

くじら製本さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。