文系弁理士K-Sの独り言

弁理士・弁理士試験・知財に関連すること、興味を引かれた事等を、気の向くままに綴ります。


テーマ:
第二条  この法律で「商標」とは、文字、図形、記号若しくは立体的形状若しくはこれらの結合又はこれらと色彩との結合(以下「標章」という。)であつて、次に掲げるものをいう。
 業として商品を生産し、証明し、又は譲渡する者がその商品について使用をするもの
 業として役務を提供し、又は証明する者がその役務について使用をするもの(前号に掲げるものを除く。)

 前項第二号の役務には、小売及び卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供が含まれるものとする。


※1項は、商標の定義を規定します。規定中の「標章」であって1号又は2号の
条件を満たすものが「商標」ですので、標章の方が商標よりも広い概念になります。
→特に短答、口述では要注意です。

※2項は、H18年改正ではいった小売制度です。
小売等役務の商標権にかかる効力範囲については、はっきりした裁判例も
ないため不明確な状況ですが、短答試験や口述試験では制度の存在や
趣旨等が聞かれる可能性があります。


↓↓↓<弁理士試験専門 北塾>↓↓↓

http://www.kita-juku.com/index.html




↓↓クリックお願いします。↓↓

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

KUI-SHINBOWさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。