文系弁理士K-Sの独り言

弁理士・弁理士試験・知財に関連すること、興味を引かれた事等を、気の向くままに綴ります。


テーマ:

こんばんは。



(13)のつづき。




自作のブロックカードを作っては、覚えの繰り返し。


ようやく、また弁理士試験が始まる5月になりました。




私の時は、免除制度はありませんでしたので、


短答試験からです。




このころといえば、もちろん例の


四法対照条文(書き込み済)


読み込みを迷いなくやってました。




そして、この年の短答試験も前年同様


”纏め解き”をして、その結果。。。。







この年も無事短答試験合格することができました。


※正直、一次試験は、かなり緊張します。


これでミスれば、また来年ということになるので。


でも、これでひとまず肩の力が抜けましたね。




そしてそして、あの題意把握ミスにより涙をのんでから


一年、とうとうリベンジの時がやってきました。




また、近大まで小旅行です。この時の持ち物は、



●筆記用具(ジェットストリーム黒3本、各色マーカー
ブロックカード(メイン)
●四法対照条文(念のため)
ランチパックたまご(昼飯)
●お茶
●MP3プレーヤー(休み時間余計な情報を聞かないため)

です。



この年の試験対策として、ブロックカードを作るほかに、


できるだけ題意把握の時間を多くとれるようにするため、


以下の対策をしていました。



それは・・・



●できるだけ書くスピードを上げる


→単純に書き込みをかなりやりました。


→腕の筋トレ。気のせいかもしれませんが、


腕が疲れにくくなったようなきがします。


※試験直前で、速い時は、


だいたい12~15分/ページぐらいの

スピードで書いてました。


(注意)読めない字は、逆に採点の際の心象が悪いので


気を付けてください。




●論文で使う基本的な条文は

引かないでもかけるようにする。


→最低でも何条何項は覚えて、一瞬でひけるようにする。


※これは、できるだけやったほうが、いいとおもいます。


結構条文引く時間がもったいないので。。。





そして試験当日・・・・


今年は、胸ポケットにマーカーちゃんと入れて、


緊張の面持ちで始めの合図を無心でまちます。



・・・”はじめっ!!”



とうとう、二回目の論文試験が


はじまりました。



はじめは、もちろん特許からです。




勢いよく、「特許ぉ~」っと


問題を開いた時、そこには・・・・・




つづく



↓↓クリックお願いします。↓↓

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

KUI-SHINBOWさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。