文系弁理士K-Sの独り言

弁理士・弁理士試験・知財に関連すること、興味を引かれた事等を、気の向くままに綴ります。


テーマ:

こんばんは。




今回は、論文勉強法です。



初論文試験敗退から、勉強法を考えました。




これまで、”基本レジュメ暗記”


と書き込み!・・をひたすら


繰り返してました。





暗記はできてるはずだけど、


答案が何かしっくりこない(><)



事例問題になると、


なんとなく無理矢理感がある&冗長すぎ・・・



こんな状況でした。





原因は、人の纏めた資料(受験機関発行の本)を


そのままインプット&アウトプットを


していたからだと考え、


これを解決するため単純な方法をとりました。




それは・・・”論文用資料の自作”です。


※今思えば、合格している人は、


結構やってますね。





資料といっても、ノートや電子データにする人など、


種々あるかと思いますが、私の場合は、


単語カードを使って、全てブロックカードに


しました。




内容は、制度趣旨、要件、判例、論点、


特定の事例問題においてセットになる条文の流れ、



典型パターンの事例問題の


書洩らし防止チェック項目・・・等々



あらゆる論文要素です。





何をカードにしたらいいかわからん!と


思われるかもしれませんが、



こつは、”なんでも”カード化してみることです。





はじめのうちは、よく見るとだぶっていたり、



たいしたところではなかったりすることもありますが



とにかくなんでもいいです。



不要なカード、だぶっているものは、


時たま整理して抜けばいいので。




そのうち、自分なりのカード化ルールが


できてきます。





あと、実際の論文問題を解いたあとに、


上手く書けていない箇所を


模範答案や優秀答案のいい表現方法を


とってきて自分のカードに


追加なんてこともしていました。


(模範答案なんかで、


そんなコンパクトな表現あるんや~ってこと


ありますよね。それです。)





これを続けていき、最終的に私のカードは、


こんな感じになりました。
↓↓↓


文系弁理士K-Sの独り言



※はじめは、この1.5倍くらいありましたが、


いらないものは処分していきこの量に


おちつきました。




論文答案が上達しない!という方は、


既存の基本レジュメに頼らず


論文要素の整理、集約をやってみてください。


面倒くさい作業ですが、


案外これが合格への近道かもしれませんので。




本試では、答案構成さえ自分の予定時間内にできれば、



あとは、これらのブロックカードから


必要なものを引っ張ってきて、


組み合わせて書くだけです。




そうこうしているうちに、次の弁理士試験


近づいてくるのでした。



つづく



↓↓クリックお願いします。↓↓


にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

KUI-SHINBOWさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。