文系弁理士K-Sの独り言

弁理士・弁理士試験・知財に関連すること、興味を引かれた事等を、気の向くままに綴ります。


テーマ:

こんばんは。



昨日、今日と風邪です。たいしたものではないですが、


鼻風邪”で、何をするにも集中力がもちません。


みなさんも、季節の変わり目なので、お気を付けくださいね。





さて、今日は、2度目の短答試験の話を少し。




初回受験以来、短答試験の勉強時間を情報の集約という


資料作りに費やしたK-Sでした。



例の本を読みながら、受験会場へいき、とうとう2回目の


短答試験が始まりました。



今回も、初回と同じく、分野ごとに問題を解いていく


纏め解き”でいきます。




ここで、もう一つ、短答試験小技です。



だいたい、短答試験の一問目は、面倒くさい事例問題が


あったりします。



しょっぱなから、このような問題につかまってしまうと、


いやですよね。。イライラ、不安がでてきます。



そのため、私は最初に”解ける問題から”やります。



これで案外、落ち着けたりします。



技といえるほど、大したものでもありませんが、


試験は、いかに冷静に問題を解くかにかかっていますので、


ちょっとしたメンタルケアもやったほうが、


凡ミスがへっていいとおもいます。



(もっとも、なんでも解けるから必要ないという


メンタルが強いかたには、必要ないかもしれません。)




ですから、私は、一問目がややこしそうな場合は、


切のいいところからはじめていきます、たとえば


●31問目→60問目→1問目→30問目

●60問目→1問目


のような順で解くことにしていました。


見た目は、ちょっとややこしそうですが、慣れると案外いいです。



こんな小技を使いながら、無事、3時間半を乗り切りました。



終わってみると、受験機関の模試とは異なり、やはり新作問題が多い


印象を受けました。


なかでも長文の事例問題等の増加があり、正直模試と同じ程度に


解けたと言い切れる状況ではありません。



しかしながら、二次対策に集中するために、


K-Sは、受験機関の解答速報はみることはせず、


二次試験の論文対策に入ることにしました。




そうこうしているうちに、一次試験の合格発表の日、お昼頃


特許庁ホームページに、一次試験の結果発表がありました




K-Sは、恐る恐る自分の番号を確認することに。。。


そこには、、、




つづく




↓↓クリックお願いします。↓↓

にほんブログ村 資格ブログ 弁理士試験へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

KUI-SHINBOWさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。