$こわれちゃったら、新しいの買うのも楽しいけど、修理するのも楽しい。

電解コンデンサーを交換したLS-GLの電源と、はずした電解コンデンサー

突然、ピーポー鳴り出したバッファローのLS-GL。叫び

エラーLEDも点滅しているので、何かエラーです。爆弾
ピーポー音は、長い音1回と短い音5回。ドクロ

「バッファロー ランプの状態について」で検索し、調べると、「Diskエラー」とのこと。メラメラ

しかし、本体を持ち上げてみると、ディスクが回転している感があるし、ディスクからの異音もなし。
エラーから判断すると、ディスクがダメってことだけど、
なんせ、これはLANディスク。気持ちの上では「ディスクだけは正常、データは読み取り可能!」

もし、ディスクが死んでいるのなら、データも回復不能⇒ジャンク品。NG


ということで、まずは分解ですね。ロボット


$こわれちゃったら、新しいの買うのも楽しいけど、修理するのも楽しい。

本体底の前方にあるネジを1本はずします。

$こわれちゃったら、新しいの買うのも楽しいけど、修理するのも楽しい。

そうすると、前面のパネルが、ガルウイングのように開きます。

$こわれちゃったら、新しいの買うのも楽しいけど、修理するのも楽しい。

次は、本体後ろのすみっこに2本のネジ。これをはずします。


$こわれちゃったら、新しいの買うのも楽しいけど、修理するのも楽しい。

そうすると、向かって右側(電源スイッチのある側)のサイドパネルを後ろにスライドでき、開けます。


$こわれちゃったら、新しいの買うのも楽しいけど、修理するのも楽しい。

本体の中、基板の奥にあるネジ1本をはずします。
(ホントは基板をはずしてからじゃないと、ドライバーがまっすぐには入らないけど、
斜めにドライバーをあてると、はずれます。
 ⇒このやり方って素人っぽい仕事!
  だって、私、素人走る人ですから。)

$こわれちゃったら、新しいの買うのも楽しいけど、修理するのも楽しい。

ネジをはずしたら、上側を手前に引いてはずしますが、これがちょっと難しい…


$こわれちゃったら、新しいの買うのも楽しいけど、修理するのも楽しい。

内側。
この上のちいさい基板が電源部分。

$こわれちゃったら、新しいの買うのも楽しいけど、修理するのも楽しい。

左の黒の2本がAC側、右側の4本のコードがDC側。これを引き抜きます。
とめてあるネジは1本。これもはずして。

$こわれちゃったら、新しいの買うのも楽しいけど、修理するのも楽しい。

これは、別のやつを直した時の電源の写真。

緑の円柱が電解コンデンサー。
太いのが1本、中くらいのが1本、手前に小さいのが2本。(ほかにも何本かあります。)
写真の左の太いやつの方が、ほかのよりも、テッペンが少し膨らんでいるのがわかりますかね。

電解コンデンサーは、なんとなく乾電池に似てて、中に液状(ゲル状?ゾル状?)のが入っていて、
古くなると液漏れのように、膨れてきます。そうすると、本来の機能を果たせなくなってきます。


$こわれちゃったら、新しいの買うのも楽しいけど、修理するのも楽しい。

写真ではよくわからないと思うので、ノギスでふくらみ具合を測ってみると、

$こわれちゃったら、新しいの買うのも楽しいけど、修理するのも楽しい。

0.25mmのふくらみ。

これで、ピーポー鳴るんですね、わずかなのに。ハロウィン



では、これを交換。


$こわれちゃったら、新しいの買うのも楽しいけど、修理するのも楽しい。

電源基板を裏返して、

$こわれちゃったら、新しいの買うのも楽しいけど、修理するのも楽しい。

半田を溶かして、不良の電解コンデンサーをはずします。

$こわれちゃったら、新しいの買うのも楽しいけど、修理するのも楽しい。

はずした、電解コンデンサー。

これは1800μF(マイクロファラド)で耐圧10V(ボルト)
同じものを買ってくればよいですが、耐圧は10V以上あれば大丈夫です。

電気街で同じのは売ってなかったので、
買ってきたのは、1800μF(マイクロファラド)で耐圧16V(ボルト)、220円。

電解コンデンサーは、2本の足がありプラスとマイナスが指定されています。
交換するときに、この足を逆に付けると大変です。
電解コンデンサーの側面に、白地に太いマイナス印があるほうがマイナスです。
写真の手前側ですね。



$こわれちゃったら、新しいの買うのも楽しいけど、修理するのも楽しい。

はずした後の基板の表にはマイナスマーク(白ベタに塗ってある)がありました。
基板側のマイナスマークはメーカーごとにちがうと思います。
はずす前に、必ず写真を撮っておきます。カメラ

$こわれちゃったら、新しいの買うのも楽しいけど、修理するのも楽しい。

極性を間違えないように差込、

$こわれちゃったら、新しいの買うのも楽しいけど、修理するのも楽しい。

半田付けし、

$こわれちゃったら、新しいの買うのも楽しいけど、修理するのも楽しい。

あまったリード線をカット。
 きたない半田付けだぁにひひ

あとは組み上げるだけ。

$こわれちゃったら、新しいの買うのも楽しいけど、修理するのも楽しい。

これだけの分解でも3種類のネジがありました。
分解するときに、間違わないようにしといた方がいいですね。



無事に立ち上がりました。合格


 と、ドキュメンタリーっぽく書きましたが、
 分解の時に写真とり忘れたので、
 電解コンデンサーを交換した後の、組み上げの時の写真を、
 分解の時にように使ってます。
 
 これまで、同様に何台かを直しましたが、LS-GLだけでなく、HS-DHGLも同じでした。
 ところが、同じLS-GLでも違う構造の筐体がありました。
 でも入っている電源は同じもののようですね。

これでハードは直ったとしても、ディスクの中身のファームウエアが壊れてたら、
 こちらで回復させます。



最近のリンクステーションは電源がACアダプターなので、こういう故障の仕方は無いような気がします。

なにはともあれ、中のデーターは問題なし。
良かったです。チョキ



BUFFALO LS-CH500L / リンクステーション DLNA/Webアクセス機能 ネッ...

¥11,769
楽天

バッファロー リンクステーション対応 交換用ACアダプター OP-AC19 【ポイント倍付0105】

¥2,825
楽天

BUFFALO ネットワーク対応HDD LinkStation 1.0TB LS-CH1.0TL/バッファロー

¥19,845
Amazon.co.jp

BUFFALO 〈リンクステーション〉 PC連動AUTO電源機能搭載 ネットワーク対応HDD(.../バッファロー

¥26,565
Amazon.co.jp

BUFFALO 新型〈リンクステーション〉対応 交換用ACアダプター OP-AC12/バッファロー

¥3,255
Amazon.co.jp
AD