いつもご愛読頂き誠にありがとうございます。
これまで工藤明男のAmebaブログ内で展開してきました情報サイト「R-ZONE」は、この度、運営:株式会社ゾーンアタック、運営サポート:株式会社サイゾーという体制のもと、独立メディアとしてリニューアルオープンしました。




「立入禁止のリアルなニュースサイト R-ZONE」


同サイトにて、私工藤明男は引き続きコラム記事等を連載させて頂きます。
また、本Amebaブログは工藤明男のブログとして引き続き独自の情報を発信させて頂きます。

今後とも、R-ZONEと工藤明男のAmebaブログをご愛読頂けますように、トレンドな情報、オリジナルの記事を連載してまいりますので、引き続き宜しくお願いいたします。

<文=工藤明男>


NEW !
テーマ:



第2章 月形刑務所編
連載第156回 「だって本当に磨いたら傷がついちゃうからね」


前回までのあらすじ
2012年10月、覚醒剤の譲渡や使用などで懲役二年四月の刑をくらった後藤武二郎は現在、北海道は月形刑務所で服役中。こんなことは今度で最後!と心に決めた武二郎は、今のみじめな境遇をいつまでも忘れないために、日々の暮らしを支給された唯一のペン=ボールペン1本で描くことにしたのだった。




2013年(平成25年)6月10日



ハンマー、ヤスリ、ペンチ等は工具ロッカーに設置されているのに、どういうわけかワイヤーブラシはオヤジの担当台の中にある。

ハンマーやペンチと違って、使えば減る消耗品ということなのか?

ともあれ俺以外の人間はロッカーに行って工具を持ち出しているのに対し、ワイヤーブラシを毎日使う俺は、いちいちオヤジのところに「ワイヤーブラシお願いします」と言いに行かなければならず、非常に面倒くさい。

それにしてもさ、ワイヤーブラシっていうのは普通、最後の仕上げに使うものだろ?

でも、それは手にしたのがちゃんとしたブラシだった場合だよ。

俺が毎日、オヤジから受け取ってんのは、ワイヤーブラシとは完全に別の品物。

どちらかと言ったら、それは"ちょびっと毛を植えつけた、ただの棒"だ……続きは…
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇