札幌相続サポートオフィス☆司法書士ブログ

札幌の司法書士が、主に60年代から80年代の洋楽・邦楽のROCKについて気のおもむくままに語っていきたいと思います。


テーマ:

しばらくブログをさぼっている間に、ずいぶんいろんなミュージシャンが他界してしまいました。

中でも、ロック史に多大な功績を残してきた大物中の大物、デヴィッド・ボウイの死には多くのロックファンがショックを受けたことと思います。

と言う訳で、今回はデヴィッド・ボウイのアルバムを紹介したいと思います。

デヴィッド・ボウイも名作が数多くあるので、1枚だけを挙げるのは難しいと思います。

コアなファンなら「ジギー・スターダスト」や「ダイヤモンドの犬」あたりを挙げるのでしょうが、今回は、あえて83年発表の「レッツ・ダンス」を採り上げたいと思います。

 

レッツ・ダンスレッツ・ダンス
1,512円
Amazon

「レッツ・ダンス」は、リアルタイムで聞きまくっていたアルバムで、個人的にはもっとも思い入れのあるアルバムです。

アルバム中最も有名なのはタイトル曲の「レッツ・ダンス」だと思いますが、とにかく1曲目の「モダン・ラヴ」が最高。

当時は、その疾走感と切れのあるビートに痺れまくっていました。

このアルバムで特筆すべきは、やはりプロデューサーにナイル・ロジャースを迎えたことでしょう。

洗練されたゴージャスでダンサンブルなロックサウンドは、いま聞いても全く古さを感じさせません。

ギターにスティヴィー・レイ・ボーンが参加してたり、クレジットにイギー・ポップの名があったりするが、そんな事はどうでも良い…。

と思えるほど、ナイル・ロジャースはこのアルバムで素晴らしい仕事をしています。

最近のEDMに辟易している人には、是非聞いてみて欲しい1枚です。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ROCKな司法書士@札幌さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。