自然と心と

科学、宗教、哲学、芸術、4つは同じことを求めているのだとウスペンスキーは言っている。あとキーワードとしてはグルジェフ、キングクリムゾン、最近は非二元なんて言葉がはやっているんすか?


テーマ:
 新大阪で中野さんのお話会にひさしびりに参加した。
 今日は3時間と長めだったので、ひさしぶりに行ってみようと思い立った。新大阪についたのは
2時間前だったので、そのまま歩いて南方のほうを超えて淀川河川敷にいった。バーベキューサイトができていて、数えきれない人々が肉のうまそうなにおいをただよわせてBBQしていた。

 この河川敷に若き日よく来たのだった。ビ―ユーの主宰のカップルセミナーを大阪のビ―ユーの卒業生で夫婦ものかあるいかカップル者のかたがたとともに参加し、この河川敷をカップルのかたほうが目隠しをし、もうかたほうが誘導するという実習をしたのを思い出す。ぼうずを産む前、つまり結婚する前の妻と、僕はこれに参加し、めかくしをし、河川敷をあるいた。講師はアメリカからきたなんとかいう夫婦だった。妻はそれから5年後他界した。それから20年以上たって、ぼうずが今年26で、僕に今年孫が生まれる。新大阪には、あのころビ―ユーの会場だった木村第一ビルがまだある。カード会社になっていた。

 ビ―ユーセミナー。ぼくの人生を狂わせたともいえるし、あるいは僕の人生を意義のあるものにしてくれたとも思える。バブルの崩壊とともに崩壊した、バブルのころの自己啓発セミナーであったあれ。新大阪にはビ―ユーの思い出がつまっていて、あれが結局洗脳だったとしても 僕はそれを受け、そして妻となったその人を、僕はビ―ユーにさそい、結局 僕らは結婚し、ぼうずがうまれ、人生は流れ、今にいたる。

  そういうことを思い出して河川敷をあとにし、お話し会の会場 丸ビル本館である。


  参加者は多めの8人で、いろいろな話がでたのだが、
  自分自身に焦点をあてると 僕は 

  なにか自分が能力を発揮し それをもって人から受け入れてもらいたいという
  取引のようなことを して生きているという 狭さを持っていること
  つまり なにもできない自分 という真実をうけいれられない自分に気が付いたと
  話した

  仕事がら、能力を発揮し、ひとから認められ評価されることで 生きていく
  ワンネスとか すべては一つの命を生きているといっても
  そんなことで食っていけますか? 人は競争し勝たねばならない
  というような観念に僕は さいなまれているのですと 言った


  このことの答えとして 実は 会が終わった喫茶で 中野さんがおもしろいことを言った


  ワンネスの世界がいつか実現する というようなものではない
  この世界は もともとワンネスなんです


 しかし僕らはワンネスではないという夢を生きている

  本当はワンネスなのだと知っていながら 普通の生活をするのですよ

  と中野さんは言った

  
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

とんとんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。