第9週のbyeの後、第10週はアウェイでDENと対戦。
DENは3勝1敗スタートの後に4連敗中。
先週から先発QBをBrock Osweilerに切り替え、PHIに大敗したが今週もOsweilerが先発の予定。


先週大敗したとはいえ本来DENのディフェンスは強力。
一方でやはりQBに凄味がないためオフェンスはいまひとつ。
NEとしては、DEN攻撃に下手に調子に乗らせず20点未満に抑え、DENディフェンスをしのいで20点以上をあげるというプランか。
不調なチーム相手なので、そーっとそのまま眠っていてもらえば。


NE攻撃からすると、DENの強力なパスラッシュをどうさばくか、リーグ最高レベルのCBコンビAqib TalibとChris Harrisをどう攻略するか避けるか。
NE守備では、WR Demaryius ThomasとEmmanuel Sandersへの対応、RBでの攻撃を止められるかどうか。


攻撃はなんとかなりそうな気はする。
クイックな短いパスを中心にすること、LBや3番手CBで力の落ちるBradley Robyがカバーしているところを狙うことで攻略できそう。

今シーズンの DENのパス攻撃はDemaryius Thomasへのパスが突出して多く、Emmanuel SandersやRBへのパスがうまく使えていない。
むしろDemaryius Thomasに投げさせてすぐにタックルして潰すのが一番効果的な対応じゃないかと思う。
RB CJ Andersonにはいつもかなり走られているのだが、個人的には100ヤードぐらいまでならまあいいんじゃないかという気がする。
NE攻撃がDENに抑え込まれていなければだけど。
RBに関してはむしろパスを警戒したい気分。



今回はロースターは変わらず。


 Quarterbacks (2)
 -------------------
  2 Brian Hoyer
 12 Tom Brady


 Running backs (5)
 -------------------
 28 James White
 33 Dion Lewis
 34 Rex Burkhead
 35 Mike Gillislee
 38 Brandon Bolden


 Fullbacks (1)
 -------------------
 46 James Develin


 Tight ends (3)
 -------------------
 47 Jacob Hollister
 83 Dwayne Allen
 87 Rob Gronkowski
 88 Martellus Bennett


 Wide receivers (5)
 -------------------
 13 Phillip Dorsett
 14 Brandine Cooks
 15 Chris Hogan
 18 Matthew Slater
 80 Danny Amendola


 Offensive linemen (9)
 -------------------
 60 David Andrews
 61 Marcus Cannon
 62 Joe Thuney
 68 LaAdrian Waddle
 69 Shaq Mason
 71 Cameron Fleming
 74 Cole Croston
 75 Ted Karras
 77 Nate Solder


 Defensive linemen (8)
 -------------------
 55 Cassius Marsh
 70 Adam Butler
 90 Malcom Brown
 91 Deatrich Wise Jr.
 94 Ricky Jean Francois
 93 Lawrence Guy
 97 Alan Branch
 98 Trey Flowers


 Linebackers (5)
 -------------------
 45 David Harris
 51 Trevor Reilly
 52 Elandon Roberts
 53 Kyle Van Noy
 59 Marquis Flowers


 Cornerbacks (5)
 -------------------
 21 Malcolm Butler
 25 Eric Rowe
 31 Jonathan Jones
 24 Stephon Gilmore
 29 Johnson Bademosi


 Safeties (6)
 -------------------
 23 Patrick Chung
 30 Duron Harmon
 32 Devin McCourty
 36 Brandon King
 37 Jordan Richards
 43 Nate Ebner



 Specialists (3)
 -------------------
  3 Stephen Gostkowski
  6 Ryan Allen
 49 Joe Cardona

 

AD

本宮さんは地に足がついてる

テーマ:

第8週はホームでLACに21-13で勝利。
ここしばらくこんな感じのスコアが多いな。

映像はNFL倶楽部で見ただけ、Gamebookの情報から判断すると、NEの攻撃ドライブは全般に進められているがほとんどFG止まりのうえに距離的には問題ないFGを2本失敗して得点が低めに。風の強い試合ではあったようだ。
一方LACの攻撃ドライブは全般にはいまいち進まず。RB Melvin Gordonの一発87ヤードTDランと、NEのCB Johnson Bademosiのパスインターフェアで30ヤード前進したチャンスにTDを決めたものの、それ以外のドライブは無得点。

LACは攻撃ドライブが継続できないうえに2Qにパント処理を失敗してNEにセーフティを奪われたこともあり、この試合LACの攻撃時間が23:01に対してNEは36:59、攻撃プレイ数ではLACが52回でNEは82回と大きく差がついた。

LACは2Qにセーフティを奪われたのに加えて、エンドゾーンに蹴り込まれたキックオフ2回をタッチバックせずにリターンに出て、自陣12ヤードと15ヤード止まりと苦しいポジションに追い込まれる。この辺も試合展開や勝敗に影響しているはず。



シーズン折り返しのタイミングだが、ここでロースターの変動がみられた。

in: QB Brian Hoyer, DT Ricky Jean Francois, TE Martellus Bennett
out: QB Jimmy Garoppolo, LB Dont'a Hightower, DE Geneo Grissom


IRから復帰するかと言われてたDE/LB Shea McClellinの復帰はなくなった模様。
仕組みがよくわからないが、NEの復帰枠は1人だけになるらしい。
DT Vincent ValentineとWR Malcolm Mitchellが候補。

SFにトレードしたGaroppoloの後釜は噂どおりBrian Hoyer。
LB Dont'a Hightowerを公式にIRに入れて、GBにリリースされたDT Ricky Jean Francoisと契約。
同じくGBがリリース(waive)したTE Martellus Bennettを獲得。

Bennettは肩を痛めていて、第8週がbyeだったGBでbye明けの練習には不参加、またbyeの間にはインスタ上で今季限りで引退との発言があったらしい。
Bennettは3月にGBと3年21Mで契約。獲得するには高すぎるだろうと思ってたが、今シーズンの残りだけ(で引退)なら1Mかからない程度らしい。やすっ。

Ricky Jean FrancoisはSFでプロ入りした後IND,WAS,GBに所属、6-3で313ポンド、30歳。
微妙な奴を獲るなあ。DT Vincent Valentineの復帰もなしか?それとも怪我で欠場中のDT Malcom Brownを代替する単なるつなぎか。

WR Malcolm Mitchellの復帰もBennettを獲った今となっては微妙。
Mitchellを入れて、さあどれを切る。一萬。



 Quarterbacks (2)
 -------------------
  2 Brian Hoyer
 12 Tom Brady


 Running backs (5)
 -------------------
 28 James White
 33 Dion Lewis
 34 Rex Burkhead
 35 Mike Gillislee
 38 Brandon Bolden


 Fullbacks (1)
 -------------------
 46 James Develin


 Tight ends (3)
 -------------------
 47 Jacob Hollister
 83 Dwayne Allen
 87 Rob Gronkowski
 88 Martellus Bennett


 Wide receivers (5)
 -------------------
 13 Phillip Dorsett
 14 Brandine Cooks
 15 Chris Hogan
 18 Matthew Slater
 80 Danny Amendola


 Offensive linemen (9)
 -------------------
 60 David Andrews
 61 Marcus Cannon
 62 Joe Thuney
 68 LaAdrian Waddle
 69 Shaq Mason
 71 Cameron Fleming
 74 Cole Croston
 75 Ted Karras
 77 Nate Solder


 Defensive linemen (8)
 -------------------
 55 Cassius Marsh
 70 Adam Butler
 90 Malcom Brown
 91 Deatrich Wise Jr.
 94 Ricky Jean Francois
 93 Lawrence Guy
 97 Alan Branch
 98 Trey Flowers


 Linebackers (5)
 -------------------
 45 David Harris
 51 Trevor Reilly
 52 Elandon Roberts
 53 Kyle Van Noy
 59 Marquis Flowers


 Cornerbacks (5)
 -------------------
 21 Malcolm Butler
 25 Eric Rowe
 31 Jonathan Jones
 24 Stephon Gilmore
 29 Johnson Bademosi


 Safeties (6)
 -------------------
 23 Patrick Chung
 30 Duron Harmon
 32 Devin McCourty
 36 Brandon King
 37 Jordan Richards
 43 Nate Ebner



 Specialists (3)
 -------------------
  3 Stephen Gostkowski
  6 Ryan Allen
 49 Joe Cardona

 

AD

「伊織軍団」にしていい?

テーマ:

トレード期限目前にQB Jimmy GaroppoloをSFにトレード。
これはさすがに驚いた。
来オフのフランチャイズ指定もありうるかという気もしてたが、コスト的に無理という判断か。
Tom Bradyも衰えを見せないし、来年やり過ごしても再来年さらに面倒になるだけかもしれない。

ニュースの見出しを見て、まず「1巡?1巡か?」と思ったが2巡だった。
冷静に考えれば、いま0勝8敗のSFの1巡なら全体1位の可能性も残ってるわけでそんなの差し出すわけがない。
2巡でも全体30位台の中盤ぐらいと思えばほとんど1巡みたいなもの。

今年のドラフトは指名権が少なくて、予想を作っててもいまいち気分が盛り上がらなかった。
来年は盛り上がれるか?これは楽しみ。

「Garoppoloがいるから万一Bradyが怪我しても大丈夫」という保険がなくなるのが一抹の不安。
Garoppolo獲得でSFがリリースした、かつてNEのバックアップQBだったBrian Hoyerと契約するのではという話も。
実際に任せるとしたら不安しかないが、万一の保険と考えれば悪くないか。


 

AD

第7週はホームでATLに23-7で勝利。

ATLの謎の得点欠乏症がすごいな。
攻撃のレギュラー格は昨シーズンどおりなのだが得点があがらない。
まあ、NE守備陣も主力の大半が残留したうえにCB Stephon Gilmoreを高額FAで獲得したが、シーズン序盤は守備崩壊とまで言われる状態。

NEは最初2本の攻撃ドライブはパントに終わったが、その後は5本連続で得点。
ATLが無得点のうちに23-0までリードを広げて、試合展開としては危なげなく勝利。


NE攻撃は3本目のドライブでサックや反則での罰退、INT未遂を乗り越えてTDで先制。
4本目のドライブでは安定して進めてFGで追加点をあげて10-0。

ATLはスコア0-10の前半2ミニッツ明け4thダウン残り6ヤードでハーフライン付近の位置からこの試合2度目のギャンブル。
残り2分でパントを蹴って相手にボールを渡したら、攻撃が安定してきたNEにリードを広げられる可能性がかなり高い。
 

後半はATL攻撃(KOのレシーブ)から始まるという状況で、

①「ギャンブル成功(前半にNE追加点なし)してTD+後半最初のドライブでTD

    =逆転してリードに持ち込める」
②「ギャンブル成功+継続した前半のドライブと後半最初のドライブで合計3点-10点追加

    =同点あるいは1ポゼッション差」
③「パントもしくはギャンブル失敗+NEがFG成功

    =とりあえず2ポゼッション差以内は維持で前半終了」
④「パントもしくはギャンブル失敗+NEがTD成功

    =3ポゼッション差に広げられて前半終了」

①②をめざした結果、最悪の④になってしまったわけだが、勝つためにリスクをとった結果と考えればまあしょうがない。
ギャンブル失敗後のNEの攻撃ドライブも隙のない進め方でTDを決めており、後半のNE攻撃もまったく止められていない。
結果論にはなるが、ここでギャンブルを成功させないかぎりATLが勝つチャンスはほとんどなかった。


後半のATL攻撃は3ドライブともレッドゾーンまで侵入するが、得点できたのは最後1本だけ。
ランパスのバランスよく攻めてドライブを進めるが、FG失敗とゴール前1ヤードでギャンブル失敗。

前半ラン5回16ヤードと抑られたRB Devonta Freemanだが後半は7回で56ヤード。
後半ランが出るようになったのは、NEのDT Malcom BrownとLB Dont'a Hightowerが試合途中に負傷退場した影響がありそうだ。

一方リードしているNEもランを織り交ぜてドライブを進めて時間を消費していく。
ATLはリードを詰められないまま時間はどんどん消費されていく。
NEのドライブを断ち切れなかったのも敗因だが、試合全体ではパスラッシュが十分にかからなかったし、NEがランで162ヤードも稼ぐようでは無理か。


次はLAC戦。
4連敗の後3連勝とムード上向きだが、ホームだしここは勝ちたい。
勝って6勝2敗とすればプレイオフ進出もかなり優勢になる。

怪我人の影響が懸念されるラン守備と、パス攻撃時のパスプロがキーになるかと。
パス守備はどうかねえ。ある程度はやられるか。



in: LB Trevor Reilly
out: LB Harvey Langi

交通事故で怪我をしたLB Harvey LangiがIR入りし、PSからLB Trevor Reillyが昇格。
PSには4年目のNT Mike Purcellを補充。
ATL戦で負傷したLB Dont'a Hightowerは手術が必要でシーズンエンドになる模様。


 Quarterbacks (2)
 -------------------
 10 Jimmy Garoppolo
 12 Tom Brady


 Running backs (5)
 -------------------
 28 James White
 33 Dion Lewis
 34 Rex Burkhead
 35 Mike Gillislee
 38 Brandon Bolden


 Fullbacks (1)
 -------------------
 46 James Develin


 Tight ends (3)
 -------------------
 47 Jacob Hollister
 87 Rob Gronkowski
 83 Dwayne Allen


 Wide receivers (5)
 -------------------
 13 Phillip Dorsett
 14 Brandine Cooks
 15 Chris Hogan
 18 Matthew Slater
 80 Danny Amendola


 Offensive linemen (9)
 -------------------
 60 David Andrews
 61 Marcus Cannon
 62 Joe Thuney
 68 LaAdrian Waddle
 69 Shaq Mason
 71 Cameron Fleming
 74 Cole Croston
 75 Ted Karras
 77 Nate Solder


 Defensive linemen (8)
 -------------------
 55 Cassius Marsh
 70 Adam Butler
 90 Malcom Brown
 91 Deatrich Wise Jr.
 92 Geneo Grissom
 93 Lawrence Guy
 97 Alan Branch
 98 Trey Flowers


 Linebackers (6)
 -------------------
 45 David Harris
 51 Trevor Reilly
 52 Elandon Roberts
 53 Kyle Van Noy
 54 Dont'a Hightower
 59 Marquis Flowers


 Cornerbacks (5)
 -------------------
 21 Malcolm Butler
 25 Eric Rowe
 31 Jonathan Jones
 24 Stephon Gilmore
 29 Johnson Bademosi


 Safeties (6)
 -------------------
 23 Patrick Chung
 30 Duron Harmon
 32 Devin McCourty
 36 Brandon King
 37 Jordan Richards
 43 Nate Ebner



 Specialists (3)
 -------------------
  3 Stephen Gostkowski
  6 Ryan Allen
 49 Joe Cardona

 

嫐迫のおかげです

テーマ:

NYJとの同地区対戦は24-17での勝利。

結果スコアからいうと、17失点は悪くない、24得点はもの足りない。

ラン守備はOK。NYJはラン1回あたり3.1ヤード。
QB Josh McCownのスクランブルにヤードを許したが、RBのランは抑えた。
NYJの主力RB Bilal Powellが怪我で欠場した影響もあるか。

パス守備は今回もだいぶ稼がれている。QB Josh McCownにパス354ヤードを許した。
McCownはここまで5試合のパス獲得ヤードが187, 166, 249, 224, 194。
300ヤードを超えたことはなかった。今回だいぶ上まわられているな。

ロングゲインも相変わらず多い。
McCownはここまで20ヤード以上のパスを各試合とも2本か3本決めている状況だが、今回は5本。
リードされているNYJが終盤パス一本槍、しかも長いのを狙って攻めざるを得ないせいもあるが、それもわかり切った話であり、止めてほしいところではある。
NYJの3rdダウン成功率も53%と高い。

オフェンスでは前半にファンブルロスト、INT、FG失敗とミスが続く。
序盤に失点が続き0-14とリードされるが、前半残り35秒にINTで攻撃権を得たところからすぐさまTDを決めて14-14でハーフタイム。
後半最初のドライブでTD、2本目もFGでリードを広げる。しかしその後は連続で3&out。
一方ディフェンスは後半ドライブは進められるが前半と逆にターンオーバーを奪ってFGの3点のみに抑えて勝ち切った。

試合は見ておらず結果情報だけからいうと、コーチ、QB、スキルプレイヤーと攻撃の各要素で上まわっているNEがその通りに勝ったというところか。
NYJは前半2つのターンオーバーを奪ったにもかかわらず同点での折り返しになり、後半もランパスのバランスよくドライブを進めながらターンオーバーで得点できず。


次はATLをホームに迎える。
GBに勝った試合は今年も強いなという印象だったが、ここ2試合はAFC東のBUFとMIAに連敗。
勝敗はちょっと予想がつかない。ロースコアにはならなそう。
ATLのWR陣とNEセカンダリー、ATLパスラッシュとNEのOL、ここの勝負か。




今週もロースターの変動はなし。
シーズンイン直前に立て続けに新加入があったが、その後はここまで静かだね。

IRに入っているLB Shea McClellinとDT Vincent Valentineが練習に復帰したということ。
同じくIRのWR Malcolm Mitchellもいて、IRから復帰させられる2人を誰にするか。
機能していないTE Dwayne AllenよりMalcolm Mitchellという選択もありうると思う。



 Quarterbacks (2)
 -------------------
 10 Jimmy Garoppolo
 12 Tom Brady


 Running backs (5)
 -------------------
 28 James White
 33 Dion Lewis
 34 Rex Burkhead
 35 Mike Gillislee
 38 Brandon Bolden


 Fullbacks (1)
 -------------------
 46 James Develin


 Tight ends (3)
 -------------------
 47 Jacob Hollister
 87 Rob Gronkowski
 83 Dwayne Allen


 Wide receivers (5)
 -------------------
 13 Phillip Dorsett
 14 Brandine Cooks
 15 Chris Hogan
 18 Matthew Slater
 80 Danny Amendola


 Offensive linemen (9)
 -------------------
 60 David Andrews
 61 Marcus Cannon
 62 Joe Thuney
 68 LaAdrian Waddle
 69 Shaq Mason
 71 Cameron Fleming
 74 Cole Croston
 75 Ted Karras
 77 Nate Solder


 Defensive linemen (8)
 -------------------
 55 Cassius Marsh
 70 Adam Butler
 90 Malcom Brown
 91 Deatrich Wise Jr.
 92 Geneo Grissom
 93 Lawrence Guy
 97 Alan Branch
 98 Trey Flowers


 Linebackers (6)
 -------------------
 45 David Harris
 48 Harvey Langi
 52 Elandon Roberts
 53 Kyle Van Noy
 54 Dont'a Hightower
 59 Marquis Flowers


 Cornerbacks (5)
 -------------------
 21 Malcolm Butler
 25 Eric Rowe
 31 Jonathan Jones
 24 Stephon Gilmore
 29 Johnson Bademosi


 Safeties (6)
 -------------------
 23 Patrick Chung
 30 Duron Harmon
 32 Devin McCourty
 36 Brandon King
 37 Jordan Richards
 43 Nate Ebner



 Specialists (3)
 -------------------
  3 Stephen Gostkowski
  6 Ryan Allen
 49 Joe Cardona