テーマ:

前回 のあらすじ~



クボケンのぶろぐ

「うあああああああああああああああ」

クボケンのぶろぐ

「いかん!理性を失って暴走しておる!」

クボケンのぶろぐ

「よい子のみんなもわるい子のみんなもこんばんは

暴走しているクボーケン

もといクボケンこと久保田健介だ!

クボケンのぶろぐ

「全然暴走してない!

前回そんな冷静じゃない!」


クボケンのぶろぐ

「ぐあああああああああああああああ」


クボケンのぶろぐ
「太郎ガジャ少年!危ない!」


暴走するクボーケン

その暴走に敵味方関係なく巻き込まれる面々

果たして太郎ガジャ少年は無事なのか!


……

………



クボケンのぶろぐ

「ぐおおおおおおおおお!」


クボケンのぶろぐ

「うあああああああああ!」


クボケンのぶろぐ

「きゃ~~~~~!」


クボケンのぶろぐ

「いやいや、アンタは無事よ」


クボケンのぶろぐ

「…だって、淋しかったんじゃもん」


クボケンのぶろぐ

「って、あぶにゃ~~~~い!」



「おまちなさいっ!」




クボケンのぶろぐ
「むむっ!?」



クボケンのぶろぐ
ばばんっ!?

クボケンのぶろぐ
ででんっ!


クボケンのぶろぐ

ぺりゃん!



クボケンのぶろぐ
「ぺりゃんってなによ!?」

「なによ~!」



クボケンのぶろぐ
「……」


クボケンのぶろぐ

「クボーケンが目を覚ましおった!」


クボケンのぶろぐ

「…お、オレは一体」


クボケンのぶろぐ

「アナタは怒りのあまり暴走していたの」

「いたのぉ~」


クボケンのぶろぐ

「なんだって!?」


クボケンのぶろぐ

「もう少し遅かったら大変な事になっていたわ」

「いたわ~」


クボケンのぶろぐ
「でも、でも…兄じゃが…兄じゃがぁ…(。>0<。)」


クボケンのぶろぐ
「安心なさい…アナタのお兄さんは元気よ

「元気YO~」


クボケンのぶろぐ
「えぇ!?」


クボケンのぶろぐ

「暴走したとはいえクボーケンコミングソーン。

相手の命を奪うようなことはないわ

「ないWA~!」


クボケンのぶろぐ
「……」


クボケンのぶろぐ
「あ、あれ?」

クボケンのぶろぐ
「わ、わたしは一体…」


クボケンのぶろぐ

「本当だ!生きている!」


クボケンのぶろぐ

「兄じゃ~!生きていたんだね!о(ж>▽<)y ☆」


クボケンのぶろぐ
「うむ、弟よ。心配かけたな。

それも以前よりも調子いいくらいだ」


クボケンのぶろぐ
「クボーケン片栗粉…これは一体」


クボケンのぶろぐ
「コミングソーンよ」

「コミングソーンやで」


クボケンのぶろぐ

「……あんたさっきから調子乗ってんでしょ

「……えらいすんません」


クボケンのぶろぐ

「クボーケンコミングソーンはエズソンの電球が

寿命であることに気付き

電球を交換したのよ!

暴走しながらね!」

「がらね!」


クボケンのぶろぐ

「「な、なるほど~」」


クボケンのぶろぐ

「ありがとう…クボーケン小麦粉」


クボケンのぶろぐ

「もはや片栗粉を起点に考えちゃったね

と、とりあえず一件落着!


クボケンのぶろぐ
「「とりあえず我々帰りますわ」」


クボケンのぶろぐ
「おぬしら、これからどうするんじゃ?

田舎に帰って親の農業を手伝うのかい?」


クボケンのぶろぐ

「いや、とりあえず汗かいたんで

帰ってシャワー浴びます


クボケンのぶろぐ

そんなもんだよね~!

おぬしらの実家が農業かどうか知らないしね~!


クボケンのぶろぐ

「兄じゃ~シャワー浴びよう!

ちなみにシャワーとは水などを幅広くまく、

また身体に浴びせるために、水を噴出させ…」



クボケンのぶろぐ
「ほら、弟よ、いや、斉藤よ。もう行くぞ。

皆さんお世話になりました

…また遊びに来ます」


クボケンのぶろぐ
あ、ちょ、『斉藤』ってそれ他人行儀!

ちょっと、兄じゃ待って~∑(゚Д゚)」


クボケンのぶろぐ

「…よかった…んだよね?」


クボケンのぶろぐ

「太郎ガジャ少年!こういうのを一般的に

結果オーライって言うんだよ!勉強になったね!」


クボケンのぶろぐ
「一時は暴走して太郎少年を襲おうとしてたけどね」


クボケンのぶろぐ
「……」


クボケンのぶろぐ

都合悪くなると暴走しようとするのずるいよ!

キレる10代とかじゃないじゃから!


クボケンのぶろぐ
「博士、冗談ですよ。いやはや面目ない

あっはっはっはっは…(乾いた笑い)」


クボケンのぶろぐ

(ライト義兄弟が侵略を失敗して

ある意味助かった…しかし…)


クボケンのぶろぐ
(あの女は一体…)


クボケンのぶろぐ
「さて、私達もそろそろ帰るわ」

「帰るわ~」


クボケンのぶろぐ
「あ、すっかり忘れ…いやいや、助かりました

どうもありがとうございました。

そういえばお名前を伺ってなかった…」


クボケンのぶろぐ
「そうね…私はショウミーガール

アナタ達の敵よ!

「敵よ!」


クボケンのぶろぐ
「なっ!?」


クボケンのぶろぐ

(なんだって?ショウミーガールなんて知らないぞ!)



クボケンのぶろぐ
「いわば私はゴッドハンド様の右腕!

「右腕!」


クボケンのぶろぐ

(ゴッドハンド様の右腕って…)


クボケンのぶろぐ
(あの人自身右腕みたいなもんだけどね)

「いえ~い!ゴッドハンドだよ~ん!」


クボケンのぶろぐ

「…ゴッドハンド?そうか…もう戦いは

鮫肌相手じゃなく、組織が動き出したのだな

しかし、何故助けた?」


クボケンのぶろぐ
「それはご想像にお任せするわ」

「あ~、一瞬の気の迷いでございます」


クボケンのぶろぐ
「…あんた、勝手に代弁するのやめてくださらない?」

「…すんません」



クボケンのぶろぐ
「とにかく、今度会う時は敵よ!

また会いましょう!クボーケンコミングソーン!」

クボーケン虚言の僧!

「…コミングソーンよ」


クボケンのぶろぐ

(ワシもこうしちゃいられない!帰還せねば!)


クボケンのぶろぐ

「…行っちゃったね」


クボケンのぶろぐ

「たとえ敵が誰であろうと

平和を守るためにオレは戦う!

…休みはそれなりに欲しいけど!


クボケンのぶろぐ

「ぜいたくっ!」



…ひとまず戦いは去った。

しかし、ライト義兄弟との熾烈な争いを終えても

新たなる敵ショウミーガールが現れる!

彼女は本当に敵なのだろうか?

それとも味方なのだろうか?

がんばれクボーケン!

負けるなクボーケン!

次回はそんなに凝った画像編集とかしなくていいぞ

クボーケンコミングソーン!



クボケンのぶろぐ
「それでは、お楽しみ!

ゴッドハンド様とじゃんけんのコーナー!


いくよ~


じゃ~ん け~ん…」




クボケンのぶろぐ
グー!

勝ったかな?負けたかな?

次回もお楽しみに~」



次回へ続く!

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

クボケンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。