テーマ:

前回 までのあらすじ~


クボケンのぶろぐ
「きゃ~!何するんですの?」

「この娘は預かっていく!」


クボケンのぶろぐ

「おねえちゃん!」


クボケンのぶろぐ

「き、貴様!卑怯だぞ!

正美しゃんをすぐに離すんだ!」


クボケンのぶろぐ
「クボーケンカミングスーンよ…また会おう」

「クボーケンコミングソーンですわ」


クボケンのぶろぐ
「おねえちゃ~~~~ん!」


よいこのみんなもわるいこのみんなも覚えてるかな?

この前の戦いで勝利をおさめたけど

タロウがじゃ少年の姉・正美が

鮫肌少尉に捕らわれたんだ!

ビーフストロノガノフを食べることも出来ず

正美を助ける事も出来ずに

意気消沈するクボーケンたち

果たして正美を助けることができるのか?

平和を守ることが出来るのだろうか?



【敵本部】




クボケンのぶろぐ
「おい、鮫肌、鮫肌少尉はいるか!」


クボケンのぶろぐ
「は、ゴッドハンド様。鮫肌少尉只今参上致しました」


クボケンのぶろぐ
「クボケンこと久保田健介の部屋を侵略するというのは

現在どのようになっているのだ?」


クボケンのぶろぐ

「…いや、そのことですが、もう間もなく」



クボケンのぶろぐ
「貴様!いつまで時間をかけているのだ!

あの程度すぐに侵略出来るはずだぞ!」


クボケンのぶろぐ

「も、申し訳ありません!しかし、クボーケンは

今やクボーケンコズミックゾーンに変身して…」


クボケンのぶろぐ

「クボーケンコミングソーンですわ」


クボケンのぶろぐ

「ぬ?貴様は誰じゃ?」

クボケンのぶろぐ

「申し遅れました。私、正美と申します」


クボケンのぶろぐ

「これはこれはご丁寧に…って、鮫肌!


クボケンのぶろぐ

「すみません!これには事情がありまして…

この娘を拉致することで…」


クボケンのぶろぐ

いや、拉致とかどうでもいいし!

もっと丁重におもてなししないとダメだし!

ていうか、もっと早く紹介して欲しかったし!」


クボケンのぶろぐ

「…へ?紹介…ですか?」


クボケンのぶろぐ
「あ~もう、これだから女性の扱いに慣れてない奴は!

お前は使えない!おい黒子ダイル!

黒子ダイルは居るか!」



クボケンのぶろぐ
「お呼びザンスか?」


クボケンのぶろぐ

「ちょ、聞いてくれよぉ!

鮫肌がさぁ、女性を乱暴に扱うのだよぉ

それに比べてお前は慣れてるだろ?

あの合コンでのはしゃぎっぷりときたら!


クボケンのぶろぐ

「はしゃいでるって…慣れてないんじゃね?」


クボケンのぶろぐ

「鮫肌氏、何か言ったザンスか?

…仕方ないザンス。

お嬢さん…グラスが空いてるみたいですが

何か飲むザンスか?」


クボケンのぶろぐ

「そうそう!それそれ!黒ちゃんお得意の

『空いてもないグラスを指して追加注文の術』!

そういう余計なお節介がいいんだよね!

いいんDA-YO-NE!


クボケンのぶろぐ

「DA-YO-NEって…グラスとかないし


クボケンのぶろぐ

「あらあら、それでは私冷たいアップルジュー…」


クボケンのぶろぐ

「御意!温かいカモミール汁ザンスね!」


クボケンのぶろぐ

「そうそう、それそれ!

『女性の本当に飲みたいものを勝手に注文の術』!

冷たいアップルジュースとみせかけて

本当は女性なら誰もが大好きに違いない

カモミールティーを頼むという配慮!

それも体を冷やさないためにホット!

そしてそれをティーといわず汁というユーモア!


クボケンのぶろぐ

「いや、素直にリンゴジュースでいいでしょ

それに『カモミール汁』ってユーモアか?」


クボケンのぶろぐ

「おい、鮫肌!何をブツブツ言っている!

貴様はしばらく戦線を離脱せよ!


クボケンのぶろぐ

「そ、そんなっ!ちょっと待ってください!」


クボケンのぶろぐ

ええい!うるさいわい!

クボケンの部屋を侵略するのは…」



クボケンのぶろぐ
「ゴッドハンド様~!おなかすいた~!」


クボケンのぶろぐ

「あらあら、それじゃあ私が

ビーフストロボガケバブを作りますわ!


クボケンのぶろぐ
「え?マジですかぃ!やった~~!」


クボケンのぶろぐ
「やったね兄じゃ!ブーツストロボガジャフだって!」

クボケンのぶろぐ
「そうだな!パーツスーパーロボット大戦だもんな!」


クボケンのぶろぐ

「…もはや料理じゃなくなってるよね」


クボケンのぶろぐ

ライト義兄弟か…よし、貴様ら!

クボーケンの部屋を侵略してくるのだ!」



クボケンのぶろぐ
「はい?侵略ですかい?」


クボケンのぶろぐ
「ちょ、まぶしいって!電源落として!」


クボケンのぶろぐ
「あ、すんません」

クボケンのぶろぐ

「エプソン!貴様たちが部屋を侵略するのだ!」


クボケンのぶろぐ
「ゴッドハンド様、兄じゃの名前は

エプソンじゃなくエズソンですよ!

ちなみにエプソンとは正式名称を

セイコーエプソン株式会社と言い

長野県諏訪市に本社を置く情報関連機器や…」


クボケンのぶろぐ

わかったわかった!

斉藤、貴様はその豆知識披露するの悪い癖だよ」


クボケンのぶろぐ

「あ、すんません。ついつい閃いちゃうんですよ!

何か電球がピカってなる感じ?」


クボケンのぶろぐ

「まぁ、見たまんまだよね」


クボケンのぶろぐ
「よいか!ライト義兄弟!

貴様らこそがクボーケンを倒すのだ!」

クボケンのぶろぐ

「了解!」



……


新たに攻めてくる敵「ライト義兄弟」!

本当はこっから本編スタートなのですが

前置きが本編並みに長くなったので

ライト義兄弟との戦いは次回っ!


次回も楽しみにしてくださいね~☆

それではいきますよ~

じゃ~ん


け~ん



クボケンのぶろぐ

「ぽんっ!ぐふふ!」


ちなみに次回公開が明日とは限らないですから!

気長に待ってね!

それではいきますよ~

じゃ~ん


け~ん


クボケンのぶろぐ

「いや、もうやったし!何回もさせないでよ!」


つづく!

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

クボケンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。