テーマ:

「やぁ、よいこのみんなもわるいこのみんなも

あけましておめでとう!

もう1月も終わるというのに新年の挨拶だって?

だって、僕と会うのは今年初めてだろ?

クボケンこと久保田健介だよ!


…といいたいところだけど



クボケンのぶろぐ

「みなさんどうも、少年こと太郎ガジャです」



クボケンのぶろぐ

前回 の戦いでクボケンさんはこの街(クボケンの部屋)を

守った引き換えに(有)宇宙警備社から貰った

クボーケンに変身するための

派遣社員用メガネを割って変身できなくなったんだ


あれから、この街にクボーケンは現れることはなくて

荒れ放題になってしまったんだ


クボケンのぶろぐ

「もともと荒れ放題じゃん」


クボケンのぶろぐ

「・・・・・・

・・・と、とにかく!この街はとても危険なんだ!

一体どうすればいいんだろう

そしてクボケンさんは何処に行ったんだろう」


ドンッ!


「いたたた、誰かとぶつかっちゃったみたいだ

ごめんなさい。ついつい考え事してて…」



クボケンのぶろぐ
「・・・・・・」


クボケンのぶろぐ

く、クボケンさん!?

探してたよ!何処行ってたのさ!

みんな心配してたんだよ

この街だって荒れ放題なんだ」


クボケンのぶろぐ
「・・・・・・」


クボケンのぶろぐ

「く、クボケンさん?どうしたの?

どうして何も言ってくれないの?」



クボケンのぶろぐ
「くぼ・・・けん?

僕が…クボケン?イケメン?」


クボケンのぶろぐ

「何どさくさに紛れて勝手に

自分をイケメンにしようとしてるの?

違うよ!クボケンだよ!

…って、もしかして記憶がないの?」


ふぉ~ふぉふぉふぉふぉ


「この声は?」



クボケンのぶろぐ

「いやぁ、はるばる来ましたよ

しっかし汚い街だわさ~」


クボケンのぶろぐ

「お、お前は三田村…じゃなくて

サンタソン!

ということは鮫肌少尉!?」



クボケンのぶろぐ

「ご、誤解じゃ!ワシは鮫肌少尉によって

勝手に化けられていただけで

本物の三田村博士じゃ!



クボケンのぶろぐ

「え?本物の三田村博士?」


クボケンのぶろぐ

「さよう…ワシは(有)宇宙警備社の契約社員

もとい、派遣社員用メガネの開発者でもある」


クボケンのぶろぐ

「じゃ、じゃあ新しいメガネを持ってきてくれたの?」



クボケンのぶろぐ

「いや、メガネは…大人の事情で生産中止じゃ

しかし、悲しむことはない!

ワシが丹精込めて作った変身道具があるぞよ!

というか既にクボケンは持っているはずじゃ」


クボケンのぶろぐ

「じゃ、じゃあまたクボケンさんは

また、クボーケンに変身できるの?」


クボケンのぶろぐ

「うむ…しかし、肝心のクボケンがこの有様じゃ…

恐らくメガネを犠牲にしてしまい

変身できなくなった今、自分の存在意義を見失い

殻に閉じこもってしまったのだろう

変身しなくなったら奴はフリーターみたいなもんじゃ

むしろブログに変な文章書いてるから

ただの変態野郎じゃ!


クボケンのぶろぐ

「……」


クボケンのぶろぐ

「ちょ、ちょっと三田村博士!

クボケンさんが地味にダメージ受けてるよ!

ちょっとクボケンさん笑ってよ!笑って!」



クボケンのぶろぐ
「にこっ☆」


クボケンのぶろぐ

「ぬおっ!おぬし

浮浪生活で金に困ってしまい

前歯を売ったのか?


クボケンのぶろぐ

「三田村博士よく見てくださいよ!

前歯に海苔が張り付いてるだけですよ!


クボケンのぶろぐ

「…ノリ弁美味でした」



クボケンのぶろぐ

「ぬおっ!歯に海苔をつけたじゃと?

それは盲点じゃッた!貴様天才ぞな!」


クボケンのぶろぐ

「そんなんでいちいち感動するのかぁ…

いまどき小学生でもやらないぞ」


クボケンのぶろぐ

(ホントにこの人が変身道具を開発したのだろうか…)

「ところで新しい変身道具って何なんですか?」


クボケンのぶろぐ
「うむ、そのことなのだが…クリスマスの時に…」


ど~~~~ん!



クボケンのぶろぐ
「が~はっは!

みんなのリクエストに応えて鮫肌少尉只今参上!

今日は特にこの街にも用事があるわけじゃないけど!

どうせクボーケンとかいないから

いつでもこの街をめちゃくちゃに出来るし

暇だから来てみただけなんだけどね!

とりあえずこの街をぶっ壊してやる~~!」

クボケンのぶろぐ
「た、大変だ!鮫肌少尉が攻め込んできた!

クボケンさん!早くクボーケンに変身してよ」

クボケンのぶろぐ
「……ごめん」

クボケンのぶろぐ
「ちょ、ちょっと!クボケンさん!

何処行くの!?待ってよ!助けてよ!」


クボケンのぶろぐ
「が~はっは!クボーケンのいないこの街なんて

うどんの入っていないカレーライスのようだ!」


クボケンのぶろぐ
「最初から入ってないな」

鮫肌少尉の侵略は続く!

街(クボケンの部屋)の平和は失われるのか?

クボーケンは戻ってくるのか?

今夜の夕食はなんなのか?

(…多分カレー)


つづくっ!


次・回・予・告・!



クボケンのぶろぐ
街(クボケンの部屋)に新ヒーロー現る!?

果たして彼は敵なのか?味方なのか?

次回『失われた英雄【後編】』を見逃すな!

…ブログだから見逃すことないけど!


次回も僕の部屋(ブログ)で握手っ!

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

クボケンさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。