クボケンのぶろぐ

役者・声優として活動している
クボケンこと久保田健介のお仕事や日常を気楽に書き綴ってます

☆出演情報☆

女性向け恋愛アドベンチャーゲーム

『ヴァンパイア・ブライド』

キャラクターの1人、ラルフ望月役で出演中。
$クボケンのぶろぐ
(↑クリックすると公式サイトにいきます)

プロローグ無料公開中!

クボケンのぶろぐ 刺客編(ラルフ)ルート公開しました
【iOS版】→ダウンロードページ

【Android版】→ダウンロードページ


クボケンのぶろぐオンラインゲーム

『V.D. -Vanishment Day-』

キャラクターボイスで出演

(詳細が解禁され次第発表します)


クボケンのぶろぐ映画吹替え

『あなたとのキスまでの距離』(シェリー役)


■女性向け恋愛ノベルゲーム

『女将のキミに ~華胥の里へようこそ~』

メインキャラクターの1人、安藤柊一役で出演中。

$クボケンのぶろぐ
(↑クリックすると公式サイトにいきます)


■オーディオブック

半沢直樹シリーズ

『オレたち花のバブル組』

『ロスジェネの逆襲』

半沢直樹のオーディオブックに出演しています。

バブル組の方ではオネエ言葉の検査官黒崎役

ロスジェネでは半沢と行動を供にするの森山役

公式サイトで試聴もできますので、是非聴いてください。

今までの出演情報はコチラから


テーマ:

「ずっと好きでいてください」

玉ねぎ天から感じる

鬼気迫るほどの愛の欲求!


AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:

クボケンこと久保田健介さん

料理は得意ではないですが

食べたり作るのは好きです。

というわけで今日は久々の自炊について。


普段から自炊はちょくちょくします。

外食も多いですが

好きな味つけで

好きな量を食べられる自炊は

自分のお腹を満たすのには十分です。

恥ずかしい話なのですが

今まで自炊で一番嫌いだったのが

後片付けだったのです。


満腹で幸福感に浸っているのに

皿洗いやら片付けが待っているかと思うと

目をそむけたくなってしまうのです。

しかし、ここ最近

何があったわけでもないのに

自然と

食後すぐに皿を洗ったり

シンクについた水を

さっとふき取ったりする自分がおります。

不思議でなりません。

誰に言われたわけでもないし

何かテレビを見たとか

本を読んで感銘をうけた

とかでもないのに

いつの間にか

皿洗いが習慣づいてしまいました。

良いことなのですが

大人になる、というか

一人暮らしがうまくなる自分が

何とも複雑です。

これペットとか飼いだしたら末期です。


さて、クボケンさんと言えば

バカレー野郎です。

というわけで、今日は

カレー作りをご紹介。

と言っても、特別な技とか

特別な食材とか一切ありません。

普通の具材を

普通のルーで作るカレーです。

しかし!

今日はいつもとは違うところがあるのです!


そう!調理器具!

圧力鍋です!

プレッシャーはいやだけど

このプレッシャーなら大歓迎です!


まずお肉の脂が多い部分を鍋で熱します。


玉ねぎとニンニクを入念に炒めます。


野菜と肉を投入!

しばらくしたら赤ワインを入れて煮込む!


はい、フタをしたら

シュッシュと蒸気で回りだす!

数分後に火を止めて蒸らす

圧力を下げてから

フタをあけると…


おおっ!グツグツ言っている!


ルーを溶かして煮込む


完成!


圧力鍋の利点は

何よりも煮込み時間の短縮です!

火が通るのが早い!

そして火を止めても煮込み続けるので

電気代(ガス代)が浮いて経済的!

ただ鍋は重たいですけど!

とりあえずカレーをいただきます。

……うむ!美味しい!

まぁ、あくまで自炊レベルですけど。

でも、自炊カレーは自炊カレーなりの

本格カレーとは違った魅力があるのです。

たんまりと堪能しました。


ごちそうさまでした!

AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
昨日のブログで
オーケストラを観に行った
という文化的な記事を書いた
クボケンこと久保田健介さん。
実は土曜日の夜に
日本の伝統芸能である
落語を見に行ったのです!

はい、社交界!
「クボケンはん、おばんどすぅ
落語とはオツどすぇ
社交界デビューどすぇ
お茶漬け食べてどすぇー!」
なんていう和風社交界デビューも
目の前な文化的生活です。
クボケンさんの中の和風が
エセ京都弁というだけで
中身がスカスカなのがバレバレです。
ちなみにお茶漬け勧められても
食べてはいかんぞ!
「早く帰れ」って意味らしいぞ!
そんなニワカ知識しかないぞ!
京都府のお茶漬けマーケットが
未開の地みたいになっていないか
心配しているぞ!
多分、心配無用だぞ!

というわけで、落語です。
新宿にある末広亭で
深夜落語というものが
開催されているようです。
これまた着ていく服に困ります。
伝統芸能…着物か?
でも着物を着て行ったら会場で…
「ちょっとー!師匠!
どこ行ってたんですか?
さぁ出囃子が鳴ってます!」
なんて弟子に石をカチカチ鳴らされそうです。
って、昨日と同じパターン!
マエストロの再来!
そのお弟子さん
師匠の顔を間違えるとは
修行以前に何かあるぞ!


というわけで普段着で向かいます。
会場は年配の方々で
ヘタしたらの閑散としてるのではないか?
なんて心配はなんのその!
長蛇の列!
それも若い人も沢山います!

聞くところによると
これでもいつもより少ないそうです。

深夜寄席は4人の落語家さんが
現代的な創作落語や
古典落語を披露します。
4人ともそれぞれ持ち味や
キャラクターが違って見応えがありました。
話術であれだけ客席をひきこみ
物語の映像を呼び起こさせるのは
見ていて勉強にもなりました。

社交界には遠く及びませんが
これまた文化的な体験でした。
……
…そもそも及ぶも何も
社交界の実態がわかってないからね!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇