神戸大学東北ボランティアバスプロジェクト

神戸大学学生ボランティア支援室では岩手県沿岸部の大槌町・陸前高田市などを支援するボランティアバスを2011年5月から2014年9月までで20回実施しています。2014年度も数回の派遣を計画しております。私たちはコミュニケーションを大切にした独自の活動を展開しています。


テーマ:
こんにちは!

最終日(5/7)は岩手-神戸の移動日です。

帰りは沿岸部を通り、大船渡市、陸前高田市などの様子を見たりしながら、復興の遅さを改めて実感しました。仙台からは飛行機で大阪まで戻り、それぞれの家路へとつきました。

今回派遣は、談話室の活動を1ヶ所以外ではせず、戸別訪問のみを行い、そこに住む人々の空気感を感じてきました。

なかには、「5年経ってようやく整理がついてきた」などのお話を聞くこともありました。しかし、そんなことはなく、表面では明るく笑顔で一緒に話して下さいます。訪れる機会は3ヶ月に1度で、会える人も限られてきますが、私たちが毎派遣で出会う釜石市、大槌町、山田町の方々と常に寄り添っていこうと思いました。

それでは、6日間を振り返っての感想です。

----感想----
・私たちの活動を振り返って・
ある仮設住宅の戸別訪問中に、明日復興住宅へ引越される方にお会いしました。
「ずっと神戸大学さん来てくれているよね。今までありがとうございました。」という言葉を頂きました。嬉しかったです。
この小派遣では、メインとなる戸別訪問、さらに様々な立場の方からお話を聞く場面でも、現地に足を運んで、対面して初めて感じること、ひとの思いで心があたたかい気持ちでいっぱいになりました。豊かな自然と食も存分に味わい癒されたので、次の6月は今回学んだことや考えたことに丁寧に向き合って、準備を進めていきたいと思います。

国際文化学部3年生 伊藤実紅

・私たちの想いは・
4日間の活動が終わりました。
やはりあれですね。
なぜボランティアをやるのか、誰のためにやるのか、などなど難しいことを考えるのも大切だとは思いますが、そうしたものを超える"好き"であったり"楽しい"といった感情的なものがどれだけ自分を動かすのかということを再確認しました。
まだまだやりたいこと、やるべきことが山のようにあるこの地で、誰かのためにという強い意志を持って活動することは非常に大切なことです。
しかしそこには、自分を見つめ直す機会、自分がワクワクするような出会いが毎日、毎時間、いたるところにあります。
その2つの中で、"いったい誰のために活動してるのだろうと疑問を抱きながらも気づけばまたここに居て、一生懸命何かをしている"というような、何とも言葉では表し難いもやもやしたものを胸に、今後もメンバーの一員として頑張りたいと思います。

国際文化学部2年生 荒川徳大

----

最後に、今回の活動で支えてくださった皆さま、ありがとうございました。おかげさまで、今派遣6日間の活動は次につながる得るもの多き活動となりました。

山田町の様子 三陸自動車道から

----お知らせ----
大槌釜石班の次回派遣は6月です。
この6月派遣に向けての説明会が行われます。

日時: 5/24(水)、25(木)
   12:30~/17:00~(各30分程度)
場所: 国際文化学部ラーニングコモンズ奥

参加してみたいと思う方には必須の説明会となります。

実際に5年たった岩手県の現状を見に行きませんか?
岩手県に住む方々に一緒に会い行きませんか?

AD
いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!

5日目(5/6)は、2ヶ所の仮設住宅をまわりました。予定を詰めずにゆっくりと時間をかけて、住民さんとお話をしてきました。

それでは、感想です。

----感想----
・戸別訪問をして・
今日は午前に小鎚第17仮設(大槌町)、午後に町民グラウンド仮設(山田町)に伺いました。
どちらの集会所でも活動をしたことがありましたが、戸別訪問に時間をかけることがあまりありませんでした。いつも告知だけで終わってしまうことも多かったのですが、出てきてくださった方と近況を話してみたり、今の生活、これからの生活などをお聞きしました。
それだけでなく、私たちとしたいことを一緒に考えて下さったり、また来てくれたのと喜んで下さったり、その仮設住宅に住む方々の固有の暖かさを知りました。
今回は、6月の派遣の準備目的で行ったところもありましたが、それ以上に言葉に出来ませんがたくさんのもの得ることが出来た派遣でした。次回派遣でまた誰と出会えるのか楽しみにしています。

発達科学部3年生 花安佐幸
----
・今まで出会った方々と・
今回は僕がいつも行っている小鎚第17・2仮設住宅に行きました。
いつも、仮設住宅でお話しするだけですが皆さんが楽しんでくださっているので、僕も楽しく活動できます。しかし、本当に小さな仮設住宅で、徐々に人も減っていっています。すごく仲のいい方々なので、バラバラになってしまうことを思うとすごく寂しいです。

小鎚第2仮設で仲良くしていた方が復興住宅に引っ越して体調を崩していると聞きました。
引っ越し先まで訪ねてみたところ、立てないくらい体調を崩していました。
話しているうちにすごく元気になって、帰るときには
「君らが次に来るときは小鎚17まで遊びにいく!」とまで言ってくださいました。

自分たちの訪ねてくることをここまで楽しみに待っていてくれる人がいるなら、僕らのこの活動は価値があるものだと改めて実感できた、いい1日でした。

次の派遣のときには元気な顔を見れるといいなぁ...

発達科学部3年生 伊藤優
----
山菜について教えてもらうメンバー 小鎚第17仮設

戸別訪問以外にも、いつも釜石での活動で支えて頂いている「@リアスNPOサポートセンター」にご挨拶に行ったり、夜には山田町副町長の鈴木さんとのご飯会を開きました。

今派遣の最後の活動日でした。
明日は岩手から神戸への移動日です。(・∀・)/

振り返りはまた明日のブログで!

AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!

4日目は、大槌町の仮設住宅4箇所を巡り、談話室などでの活動のニーズ調査を行いました。戸数の多い仮設住宅にお伺いしたことで、たくさんの方々とお話をする機会を持つことが出来ました!

それでは、戸別訪問に関する感想です。

----感想----
・仮設住宅 戸別訪問を行って・
今日は午前午後とも大きな仮設住宅で戸別訪問を行い、たくさんの方とお会いしました。
今までも談話室の活動と並行して戸別訪問をしていましたが、戸別訪問だけの活動をしていると、まだまだそれぞれの仮設住宅や、住民さん一人一人に向き合えていなかったのだなということに気づかされます。
普段、談話室に行かないという方とは、これまでゆっくりお話する機会を作り出せないままでしたが、今回は談話室へのお誘いだけではなく、一人ひとりとゆっくりお話が出来たと思います。その中で、談話室に行かない、行けない理由も人それぞれでしたが、いろいろな声を聞いて、具体的にどんな活動がいいのかイメージできる場面もありました。
いろいろな方々と出会っていろんなお話ができて、楽しかったです。

発達科学部3年生 中田有梨咲

--
・戸別訪問でのご縁・ 
午前中に小槌第4仮設、午後は末広町にある町営復興住宅を訪問させていただきました。
小槌第4仮設ではボランティアバスが臼澤鹿子踊りを通してお付き合いのある家族と偶然お会いしました。娘さんが結婚なさり夫婦で近くの実家から仮設に引っ越されるとのことで、少しだけ引っ越しのお手伝いをさせていただきました。これからも末永くお幸せに。
午後の末広町の復興住宅では、今は復興住宅にお住まいで、仮設にお住まいだった頃からお付き合いのある方の元をお訪ねしました。ボランティアバスの先輩との思い出話や復興住宅での生活についてお話しし、話題の尽きない楽しいひとときを過ごさせていただきました。
大槌の方々とのすばらしい御縁を噛みしめた一日となりました。これからも宜しくお願いします。

国際文化学部 浦田慈右

----

談話室での活動をせずに戸別訪問をすることは、今までになかった試みです。住民さんひとりひとりに、時間を気にせずお話をして向き合えるということが、私たちにとっての大きな実りとなっています。

5日目の明日は、とうとう今派遣最後の活動日となってしまいました。ボラバスらしさを存分に発揮して、活動を締めくくりたいと思います。

いつまでもご縁を大切に。(^-^)/






AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!

昨日は朝からMTGを行い、2日目の振り返りをしてから活動に向かいました。

行程は…
・仮設住宅での戸別訪問
・談話室での活動
・復興住宅訪問

それでは、各活動の感想です。

----感想----
・談話室での活動・
今派遣で唯一、談話室で活動を行う、田郷の仮設住宅にお邪魔しました。足湯やお茶っこを楽しみつつ、つぶやかれたことは、「継続的に来て欲しい」とのことです。
やはり5年経ってしまった今、以前とは来るボランティアなどの人数も減ってきているようです。かつ、周りにも楽しめる場が少ないので、私たちの活動を「楽しみにしていた」ということも言ってくださいました。
だからこそ、継続的に伺い、2時間という短い時間で楽しみ、楽しんでもらえるような活動をしていこうと思いました。

発達科学部3年生 花安佐幸

・復興住宅訪問・
復興住宅での活動のきっかけを探す一環として伺った平田では、自治会の方が積極的に活動しようとされていて、子どもたちを集めて遊んだり、定期的にお茶っこを開催しています。
しかし、来てくれる方が同じような方ばかりで、交流がされにくいという問題を抱えており、そこにボラバスの関わる余地があるように思えました。今後、いろんな方に来ていただいて交流を促すという点などに意識して活かしていきたいとおもいます。

発達科学部3年生 伊藤優

----


私たちは、各々が目標を立てながら活動しているので、終わった後は「どのように次に生かすのか」を考えることも多いのですが、その中でも継続的に活動が出来るのは、この地域が好きだから、という気持ちに支えられています。

その率直な思いを書いてもらいました。


----感想 part2----
・仮設住宅戸別訪問 鵜住居・
鵜住居での戸別訪問、好きですね!
今回は2A、2Dをまわらさせて頂きました。足湯なしです。ごめんなさいね。
こう、なんとなく鵜住居のみなさんは地元大好き感が伝わってきますよね。実は鵜住居には僕が東北に住むなら是非とも養子に入れて欲しいくらい大好きなおばぁちゃんがいます。勝手ですみません。
今回は会えなかったんですけど、子供たちもいて良いですよね。集会所の裏では野球教室やってたりでイイ感じ。
地盤の弱さや工事の遅れが気になって不安になっている方がいらっしゃったり、いらっしゃらなかったりですが、これからも神戸大学ボラバスとの長いお付き合いをしてもらえたら嬉しいですね。困ってることがあれば何でもお手伝いしたいです。またお会いしましょう。

工学部2年生 大河原瑞仁

----

改めて、私たちが出会う一人一人に支えてもらっているなぁと思いました。

夜には、「釜石20代つながろうぜの会」の方々と、東京の企業の方々と交流会がありました。また一つ、ボラバスのつながりが増えました!(*^ー^)ノ


3日目の明日は、仮設住宅の戸別訪問をた1日中行います。また新しい出会いを楽しみに活動していきます。
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは!2日目(5/3)です。

朝早く起きて、宮古市の浄土ヶ浜にみんなで行き、心も身体もリフレッシュ!
心地良いスタートを切りました!(*゚ー゚)ゞ

浄土ヶ浜の美しい海☆ 

本日の活動は…
・山田町社会福祉協議会の皆さんとお話
・上中島仮設住宅に訪問
・臼澤鹿子踊りの皆さんとの食事会

と、盛りだくさんな1日を過ごしました!

それでは、各活動の感想です。

----感想----
山田社協さんとのお話・
午前中は山田町社協支え愛センターの方とお話をしました。
意見交換や情報共有をするのは初めてでしたが、お互いの思いを知るとても良い場となりました。山田町によりそう活動の具体的なイメージが湧き、ワクワクしています。次回の派遣からも連携・協力していきたいです。

国際文化学部3年生 伊藤実紅


・上中島仮設活動・
談話室でのイベントは実施せず、戸別訪問だけを行いました。
祝日でもあったので、普段はお仕事をされていてあまりお話することのない方や、談話室に行かないという方とゆっくりお話をすることができました。
ずっと上中島にいらっしゃる方、数日前に引っ越して来られた方、もうすぐ引越される方と、さまざまで出入りが激しいなという印象を受けました。この状況や聞いたお話を踏まえて、次の活動をどのようなものにするか考えていきたいと思います。
昨年のいっしょに遊んだ子どもが、覚えていてくれて、大きくなっていて嬉しかったです。

発達科学部3年生 中田有梨咲


・臼澤鹿子踊り食事会・
伝承館でのお食事会では、お酒を交えながらいろいろなお話ができた良い会でした。
ボランティアをきっかけに、大槌町の伝統芸能や郷土の味に触れることができ、一方ではお好み焼きを披露したりなど、実りある交流ができました。
こうしたふれあいは、活動に参加しなくては知りえもしないことであったので、やはりきっかけはどうであれ、この場に来られたことを嬉しく思います。

国際文化学部2年生 荒川徳大

鹿子踊りの皆さんと 
----

3日目は、戸別訪問と集会所活動を行います!
楽しんで頂きつつ、私たちも楽しむ活動をしようと思います!(´∀`)

いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。