ども。寒いですね。

明日あたりに映画の記事をドサっとここにあげたいと思います。

で、見たけどどこの媒体にも書けなかった記事について、こちらで~。

(少々毒づいているのもあるのでご了承ください)

 

 

〇「後妻業の女」

黒川博行氏の「後妻業」の映画化。原作を読んでいたので楽しみではあったのですが、試写状を見て不安に。コメディみたいじゃん!原作はかなり後妻業の悪どさを書いていたので、これを映画にしたら、人間のダークサイドがこれでもかと見られるのではないかと期待したのに。で、見たのですが、やはりちょっと違ったかな。原作を活かしてはいるんだけど、このノリでいいのだろうかとギモンに。悪い人をだますのなら明るいトーンでやってもいいけど、これは何も罪のないお金持ちのおじいさんをターゲットにしているので、明るいノリっていうのはどうなんだろうと思った。

 

〇「レッド・タートル」

アニメ界のテレンス・マリックみたいな映画でした。

 

〇「アンフレンテッド」

男女学生仲間がSNSのチャットで話をしている時に、亡くなった子が入って来た!なぜ!そしてチャット中に仲間が次々殺されていくいう青春ホラー。映画が最後までチャット画面で進んで行くというのが新しい。それでもちゃんと話の運びはわかるのは監督の上手さなんだろうな。でも、登場人物が全員サイテー!女の子の自殺の動機、原因、この黒幕がとんでもないヤツで。見終ったあと映画の出来云々ではなく、登場人物に腹立って仕方がなかったわ。

 

〇「死霊館 エンフィールド事件」

ジェームス・ワン監督の「死霊館」の続編。最初に前作のさわりをやってくれるので、この映画から見ても無問題。家に潜む霊が少女に乗り移ってしまい、彼女が自分と悪霊の間をさまよう姿は恐ろしくも可哀想。恐怖の出し入れがうまく、先が読めないから怖さが倍増。現代版「エクソシスト」的な映画。ジェームス・ワン監督は、かつて「ソウ」シリーズが人気を博したけど、どんどん腕を上げていったんだなあと。これからワン監督のホラーは見逃せないと思った。

 

〇「エクス・マキナ」

「リリーのすべて」でアカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンダー主演作。IT企業につとめる男が社長に選ばれ山荘へ。そこで知り合った人工知能(女性:アリシア)と交流する。ネタバレになるのでこの先はナイショですが、人間とAIの関係の危うさ、今後、こういうことが起こるかもしれない怖さ。(いやもっと恐ろしいことが起こるかも)新鮮でした。社長の豪華な山荘、なんか箱根あたりにありそう。

 

〇「二つ星の料理人」

グルメ系映画は好きなので、これも楽しみにしていた映画だったんですが、ちょっと残念。やり手シェフ(ブラッドリー・クーパー)が、トラブル起こしてクビになり、新しい店で三ツ星を目指す。この主人公がかなり自分勝手で、短気で、どんなに料理のセンスがよくでも、この性格じゃ誰もついて来ないよ~と。そもそも自分のプライドのための料理で、お客さんに楽しんでもらうために料理じゃないってところがイヤ。

 

〇「教授のおかしな妄想殺人」

大好きなウディ・アレン監督作。人生について悩んでいた情緒不安定の大学教授(ホアキン・フェニックス)が、ある判決をきっかけに妄想殺人に走り出し、イキイキとし始める。そんなアブない教授に教え子(エマ・ストーン)が恋をする~。ホアキン・フェニックスは好きなんですが、この役には合わなかったかも。笑えるはずのシーンも、ホアキンの雰囲気が重いので軽やかさがなくあまり笑えない。。。物語はいいのに、ワタクシ的には惜しい作品。

 

 

と、言いたい放題書いてみました。あくまで私見なので、見る人によって映画の感想は変わってきます。参考程度に。

 

ドキドキ自分採点(映画タイトルの色参照)

・ピンク=好き

・薄いピンク=まあまあ

・青=いまいち

 

アメブロのおみくじ引きました。

結果はこれだビックリマーク

百発百中目指すぜアップ

 

2016年残り100日運勢みくじ


 

おみくじを引きに行く>

AD

ども。3連休も終わりですね。

ワタクシは、土曜日:ママ友とのランチからの学校公開

日曜日:家のザクっと掃除からの敬老の日の食事(ダンナ実家)&テープお越し

月曜日:これから入稿~。。。

 

そんな連休でございました♪

今年はパラリンピックも今までで一番見た目

かぶりつきじゃないけど(かぶりつく時間がなくて汗

こういうとき競技がサクッと終る水泳や陸上短距離走る人は見やすいよね。

水泳男子、木村選手メダル4個!すごい!

車椅子テニステニスの国枝選手は、何なく金メダルかと思ったら、ケガの手術明けだったのね。

シングルではメダルはなかったけど、ダブルスで斎田選手と3位決定戦で銅メダル。

泣いてたなあ、すごいプレッシャーだったんだろうなあ。

女子の上地選手テニスも準決勝戦がめっちゃ惜しかったあああああ!

でも3位決定戦で銅メダル

ダラダラ書いてもしょうがないけど、マラソンやラグビーも!

 

私は視覚障害選手の短距離を初めて見て、伴走者が一緒に走り、ゴールするときに走者の前にゴールしてはいけないというルールに、伴走者難しいだろうなあ、すごいなあと、小さく感動。

コース指示やゴールまであとどれくらいというのを計りながら、走者に伝えて、遅れないように走り、ゴール前で失速するという。私だったらめっちゃ遅れたり、ゴール前で前に出ちゃったり、とりかえしのつかないことをやってしまいそうな気がしたガーン

見たのは女子選手の競技で伴走者は男性。陸上選手みたいな脚していたから、陸上やっている人なんだろうけど、かなりの技術と知識と集中力が要されるよねえ。

 

選手の皆さんお疲れ様でしたクラッカークラッカークラッカークラッカークラッカー

 

先日、ネットニュースで、リオ五輪の視聴率、民放はまったくふるわなかったとされていたけど、うちもほとんどNHK見ていたよ。NHKも問題山積みだけど、こういうときはNHK見る。

 

民放はバラエティ化し過ぎて、いろいろうるさいです。

実況も、五輪の名実況をアナウンサーが意識しすぎていて、あれこれ言いすぎ!

(実況アナはみんな「栄光への架け橋だ~」と狙っていると思われる)

五輪に限らずスポーツは競技者が主役で、彼らの競技する姿を見るものなんだから

ポイント抑えた実況と競技の解説だけでいいのに。

ってみんな思っていたから、民放見ないでNHKを見ていたんだよ~。

 

 

さあ、これからフィギュアスケートのシーズン合格

グランプリシリーズが始まります。

既に小さな大会はやっているし、ジュニアグランプリシリーズは真っ盛り。

フィギュアはNHK杯以外は民放だからな~、実況がうるさくありませんようにと

願うばかりなり。

 

では仕事に戻りますパー

 

おまけ♪写真は先日、六本木ミッドタウンでのランチ。

チャウダーズです。ここ狭いけど、おひとり様に最適なお店。

このメニューは950円。私的には贅沢ランチだけど、たまに食べたくなる。

ドリンク付きで950円は、スープ〇〇ックよりも安いと思うな~。

 

 

 

AD

ども。最近台風と地震に振り回されていますね。

天災は怖いです。突然くるからドクロ

用心しないと。

 

 

先日、資料の本を見ようと本屋さんへ行った際、

全然資料にならないのに、気付いたらレジで「これください」と

差し出していたサイバラさんの新刊

 

 

 

おもしろくて一気読みです。

これまでの人生&現在、出会った人々から飛び出した名言です。

もちろん、キレイごとはありませんよ。帯にも書いてあるけど。

 

 

私は今、ある教育者の方の自費出版の書籍のゴーストライターとして

必死に書いているのですが、その著者もけっこう地獄を見てきた方。

しかし、同じ地獄でもサイバラさんとは違うカテだから、乗り越え方も違うっていうか。

どっちがいいとは言い切れないけど。

もちろんすべてにもろ手を挙げて賛成とは言わない、経験値が違い過ぎて

わかんないということもあるから。

でもわかんないからこそ、面白い。特に高知の人々の習性っていうか、性質が

おもしろすぎて。これなら強く生きられるはずだわ。

 

 

正直、下品な箇所も多々あるので(特に男女関係)、オススメする前に言っておく。

あとそういうパートは電車の中で読むと危険。隣の人に覗き見されてギョびっくり

ってことあるから。吹き出しちゃうかもしれないしプププグラサン

 

 

「アズミハルコは行方不明」のあとは、ひょっこり出てきた向田邦子の文庫本を読もうと思ったのに、サイバラさんへ走ってしまったウシシまあ、でも元気でたクラッカークラッカークラッカークラッカークラッカー

 

 

 

というわけで、今日は取材です。準備しなくちゃ!仕事に戻りますわ。

 

 

 

 

 

AD