つけ麺屋でラーメン食うな!

テーマ:
ども。
今日は夏?ってくらい暑かったっすね。
2つ先の駅まで歩いてDVD借りに行ったんだけど、いつもは往復徒歩だけど
帰りは電車乗っちゃった。
歩いて帰るとヤバイ気がしたので。。。
もう年だから無理はせず、体調崩さないように、
体を甘やかすことも必要だなと。
先日寝込んだことから学びました♪


さて、表題ですが、
土曜にラゾーナ川崎へ家族で行きました。
正確には娘が映画を見に行くというので、ひとりで川崎には行かせたくないと(あんまり治安がよくないからね)。
ついていったというわけです。
私は映画は見なかったけどね。入るときに見送り、おわってから出迎えるという。
そしてあとからダンナがGU行きたいからと合流しました。


ま~この日は散財。
文房具、GUでトップス2着、学校用スニーカー(娘)
夏用帽子、ファンデ、プリンターの紙(ワタクシ)
ダンナは自分のものは自分で(当たり前だ)


でも帽子、無印で見たのは2980円だったけど、
似たようなのがGUで990円
やった~無印で買わなくてよかった。アブナイアブナイ


そして家族で蒲田のつけ麺屋でランチ。
私はつけ麺気分じゃなかったので、中華そばをオーダー。

蒲田の銀四朗というつけ麺屋さんです。私は2回目♪


魚介のだしがきいていて、最初はいい感じでいただいていたのですが
しばらくすると、ちょっと塩辛いかもと思い始め。
最後まで食べられませんでした、そんなに量が多いわけじゃないのに。。。

娘のつけ麺のつゆをもらったら、そんなに塩辛くなくいい塩梅だったので、
やっぱりつけ麺屋ではつけ麺を食べるべき
なんだな~と思った次第。

店の看板メニューは自信作。美味しいに決まってるよね!
ひとつ学びました(今頃。。。。)


さて、明日は大好きな監督の試写です♪
最終試写にすべりこみ


ではではもう寝ます!
暑くなってきたので、熱中症には気をつけましょう



AD
ども。いい天気です
外に洗濯物を干せて幸せ。
湿気もなくて過ごしやすいわ♪


さて、先日、友だちとランチしたとき、ナタ・デ・クリスチアノのエッグタルトをいただきました!
全然知らなかったんだけど、有名みたいだ。


いただいたお土産はこちらだ。

イタリアみやげとかいろいろある中にエッグタルト。右側の白い包みです

ショップは渋谷区富ヶ谷にあるそうです。
ショップ→ナタ・デ・クリスチアノ

オーブンでチンしてみた。甘いのかな、どうなのかな~♪


あたためて食べてみたら、美味しい!
タマゴの味がすごい

口の大きい人ならヒトクチでいけちゃうけど、ここは我慢して
味わってほしい!ボロボロこぼれるけど(笑)もういい!美味しいからいいのだ!


そしてもうひとつのおやつは、ブラックサンダーレモン味

レモンじゃなくて、れもんとひらがな表記だ!

封から出してみると~

まわりのうすいイエローがれもん味なんだな。


割ってみると

サクサクの秘密が出てきたよ(笑)レモンでコーティングしているわけだね。


そしていただきました。これも美味
私はレモン味はなんでも好きなので、ひいき目になるのだが、
うまいもんはうまい!
プレーンのブラックサンダーよりも、甘さがレモンの酸味で消されている感があり
私はプレーンのブラックサンダーより
れもん味の方が好み
だな♪


映画「あまくない砂糖の話」を見て、監督取材もして、
甘い物は控えめにしないといかんなと思ってるけど
やっぱりおいしいんだよね。


たまにはご褒美ってことで

ちなみに、甘い物に手を出し過ぎそうになったら、ドライフルーツなどを
常備しておき、それらを食べるといいそうです。
あとはバナナとかフルーツなナッツ類ね。

ではでは
スイーツパワーで仕事とPTA(今日は総会)頑張ります!




AD
ども。
うっとおしい雨ですね。朝、寝ぼけたまま、大量の洗濯物を洗濯機につっこんでまわしちゃったよ。
こんなに雨ザンザンになるとは!うかつだった。
今、家の中は洗濯物だらけです。。。家干し~~~


昨日は学生時代の友人とジンギスカンランチをしたあと、試写へ行きました。
シアーシャ・ローナンがアカデミー賞主演女優賞候補になった映画「ブルックリン」です。
周囲の声を聞くと、劇的な事が起こるわけではないので、アレ?という人もいるようです。
いい映画だけど物足りないって感じなのかな。

が、しかし、

私はめちゃくちゃ感動してしまった。気付いたらちょっと泣いたりするほどに。
最近は映画の好みが周囲と差があって、ちょっと、とまどうんだけど、
でも「ブルックリン」は脚色もよく、演技もよく、ひとりの女性の成長をこれほどまでに
丁寧に繊細に美しく描いて、私はもう
胸が感動でいっぱいになりました


いずれどこかでレビューしたいので、ここでは多くは書きたくないんだけど、
シアーシャ・ローナンの主演賞候補はごもっともだし、脚色賞も納得です。
「17才の肖像」の脚本家らしいけど、「17才の肖像」より、こっちの方が私は好き!


映画「ブルックリン」は7月公開です。お楽しみにしていてくださいませ♪


周囲との映画評価の差と書いたけどワタクシ、
「ズートピア」が絶賛されて、ちょっと驚き

ヒット街道驀進中の「ズートピア」(C)2016 Disney. All Rights Reserved.


「アナと雪の女王」が絶賛されていたときに感じた、おいてけぼり感再び
私は「アーロと少年」の方が好きだったので。
「アーロと少年」は、普遍的な物語を少年と恐竜の交流に置き換えて、とてもやさしく気持ちよく癒される映画だったんだけどなあ。あんまりヒットしなかったなあ。

「ズートピア」も面白いんですよ。面白いんだけど、どうしても
ウサギのジュディが好きになれない。
「アナ雪」のアナのことが嫌いだったのと一緒。
全編「ワタシ、ワタシ、ワタシ」で、ワタシのごり押しがもううるさいわけよ。
元気な時のベッキーみたい
ほかのキャラはいいんだけど、ヒロインとの相性の悪さが自分の中ではマイナスなのです。
この子さえ、もうちょっと魅力的だったらなあと思ってしまって。


あと
2016年の上半期のワタクシ的NO1映画「グランドフィナーレ」

も世間では評価は割れています。

(C)2015 INDIGO FILM, BARBARY FILMS, PATHE PRODUCTION, FRANCE 2 CINEMA, NUMBER 9 FILMS, C - FILMS, FILM4



好きな人は私みたいに大好きだし、ダメな人は「気取っちゃって」とか「所詮セレブな世界の話」とか「ストーリー性がない」とか。

見方が変わるとこうも違って来るものかと。
でも30代だったら、この映画、あまり面白くなかったかもしれないと思った。
てか、わからないと思ったかも。
年とった分、映画の好みも変わったんだな。映画で人生を噛みしめるようになったのかも?
なんてね~


では仕事しなくちゃ!雨止むといいね~(願

AD