ファンの方からよく聞かれます、「どうして土田プロは第一打に字牌を切らないのか?」と

いろいろ理由はあります、なので今回の(1)からスタートして、考えられるかぎりの理由を書いてみたいなと思います

【23m12378p2399s白發中】ドラ1p

親でこんな配牌だったら…
「第一打に字牌を切ったらダメだなんて、いったい誰が決めた教えなんだープンプン」と怒り狂うことがあるのかと聞かれれば、答えはNO
普通の人からみれば、なんてリスクのある打ち方なんだろと思われて仕方ないんですが、実はお得な情報満載の決め事なんです(^O^)

上の配牌がよい例ですが、第一打の時点で字牌を切りたくなるような手牌であればあるほど、位置エネルギーが低いのですダウンしょぼんダウン

位置エネルギーとは、ツキのこと

要はツキがあるとか無いとかを数値化したもので、位置エネルギーの最大値を100としたときに、ツキが無ければ限りなく0に近づいていく物差しなんです

で、私の場合、この物差しによって、その局の動向を決めています

アガリに向かうのか受けに回るのか、アガリに向かうとすれば、メンゼンなのか仕掛けるのか、メンゼンでいくならリーチをかけていいのか、ヤミで構えるのかを位置エネルギーを羅針盤にして決めているのです

そして…一般的には序盤の切り出しが完了したあたりで、配牌からのツモのリズムや相手の動向をみて、位置エネルギーを算出するのでしょうが、第一打に字牌を切らない積み重ねをすると(おおよそ一年くらい続ければその効果がでてきます)、この算出が第一打の時点で完了してしまうんです

ですから、上の手牌のような配牌がきて第一打をしなければならないときは、すでにその時点で位置エネルギーが20から大目に見積もっても30くらいしかないことに気づけるのですp(^^)q
したがって、一見すれば大チャンス手にみえる好配牌に幻惑されることなく、今局は<受け>主体で打っていけるのです\(^^:;)

上の配牌からの第一打は…9ソーで、あくまでも<受け>の意識を最優先して打っていくのですニコニコ

第一打に字牌を切らない理由のトップバッター、おわかりいただけましたかにひひ
AD

いよいよ始まります

テーマ:
みなさ~ん、コンニチワ~o(^-^)o今日からブログを始めま~すひらめき電球

ブログは雀ナビという携帯サイトで去年からスタートしていますが、有料サイトなので知らない方も多いはず

なので、いよいよ始まるという感覚なのですニコニコ

このブログでは、麻雀の話はもちろんのこと、夢道場の日常、更にはウマイものの話や旅の話まで語っていきたいなと思ってますニコニコ

もう日付は2日になってますが…エイプリルフールの昨日は夢道場の開講ラッシュでした

NHK教室を一週間で10講座開いているため、新規開講月の今月は、今週から来週にかけて開講日が続くんですひらめき電球ニコニコひらめき電球ニコニコひらめき電球

1日の昨日は、午前・午後・夜と、3講座で9時間の長丁場でしたが、生徒さんの楽しそうに牌と戯れる姿を見ていると、とっても幸せな気持ちになれるんです( ^^)Y☆Y(^^ )

明日も2講座の開講があります\^o^/

そろそろ寝なきゃニコニコ
AD