• 13 Nov
    • 田舎の暮らしの中から考える

      おはようございます。昨日は、朝7時半から地元消防団に属しているため毎年恒例の鎮花祭に参加しました。終了したら解散なのですが、その後地域の行事に関わっている人は、それに参加したり、オリーブの実の収穫の手伝いにいく人など、皆んなそれぞれ用事があるようでした。僕はというと、東条地域農業集団の皆んなで進めている猪の柵を設置する作業のお手伝いに向かいました。【※小豆島でも農地の被害は年々深刻なものになってます。本業が農家の人はほぼいませんので、これ以上農業の被害が増えると、それこそ農業を続ける人は居なくなってしまいます。】田舎は、日曜といえどやる事がたくさんあります。とはいえ作業している人たちはやらされている感は全くありません。改めて思うのは、島の人達は自分たちの暮らしは自分たちで責任持って守り、築きあげているんだなということ。地域活性化のために重要なポイントは、一人当たりがどれだけその地域に自分の時間を使っているか。提供しているか。ではないでしょうか。小豆島の人口が約28,000人。1人が年に1日(24時間)提供したら672,000時間。時給800円で考えたら、5億3760万円にもなります。この時間があれば色んな事が出来ると思いませんか。この視点で、色々なことを見直してみたらどうかと提案したいです。

      テーマ:
  • 20 Oct
    • 日々勉強

      おはようございます。弊社には、松下幸之助さんの日めくりカレンダーを事務所の入口に掲示しています。『日々勉強、一生勉強』自分のすべき事は、まだまだ山ほどある。昨日、改めてそれを強く感じた日でした。刺激を与えてくれる人との出会いは、最高です!!

      3
      テーマ:
  • 16 Sep
    • 今年1響いた言葉

      おはようございます。9月に入り、少しづつ涼しくなってきてますね。ただ、台風などの自然災害が心配です。さて、先日、とてもとっても胸に突き刺さった言葉があり、年末までまだ3ヶ月余りありますが、間違いなく今年一番心に響いた言葉だと確信しています。その言葉は、『変わり者がいるから、世の中に変化が起きるんだよ』その方は、日本のトップ食品メーカーの社長をされていた経歴を持つ方の言葉でした。変化を求められている今、周りに否定されても、理解されなくても、自分に信念と覚悟のある行動を自信を持って突き進もうと、僕の「やる気スイッチ」のターボボタンが押された瞬間でした。今日も、活力ある1日を!! 

      11
      テーマ:
  • 25 Jun
    • 物流と選挙

      こんにちは。7月10日に参議院選挙があります。東京では、急遽東京都知事選挙も入りました。我々の業界では、選挙になれば荷動きが悪くなるのが常識です。それは経済の動向を伺うだとか、贈り物が選挙違反になるケースもあるなど、様々な点で皆様の消費の心理が抑えられるようです。なので、お中元やお歳暮のタイミングと重なると、影響が非常に大きいです。今回もそうです。非常に荷動きが悪いように感じます。消費に影響がでるのに、なぜこの時期に選挙をするのか。いつも疑問でなりません。

      1
      テーマ:
  • 04 Jun
    • 改めてまず最初にしなければいけない事。

      こんにちは。久しぶりのブログ更新です。弊社では、毎年スローガンを設置しています。今年は、『価値を高める』です。自分、会社、商品、サービスなど付加価値を意識して、これを高める事でサービスの向上を図り、売上げアップに繋げていきたいという訳です。自分としては、しっくりきていますが、さて従業員の皆にきちんと伝わっているかなというと、自信がありません。言葉にするまでは簡単ですが、そこから先が大切です。さて、会社としてそれを進めるためには、やはり目的、目標、考え方となる軸が明確である事です。いわゆる『経営方針』が、それに当ると思います。弊社も、ホームページに載せていますが、ここを私の思いに変更させてもらおうと考えています。これまでは、創業者である会長(祖父)の考えは、運送業はサービス業である。人とのつながりが大切で、「義理」「人情」「感謝」がとても大切。でした。昭和のトラックドライバーのイメージからすると、とても先進的な考え方だなと、思っていました。ですが、今では当り前の事です。それに、とても抽象的な表現なので、伝える側の捉え方でこちらの意とは違う事にもなります。なので、まず最初により明確な、「経営方針」を打ち出そうと思います。それはこうです。「この街の暮らしに欠かせない物流」お客様に生活の中で、欠かすことの出来ない存在になろう!そして陰ながらしっかりと暮らしを支える存在であろう!そんな思いで考えました。自分達で付加価値をプロデュースし、しっかり高め、会社を経営していきたいです。そして、この小豆島の一員として丸島運送店の存在をアピールしていきます!!

      テーマ:
  • 21 Dec
    • 小豆島の活性化のキーマンは?

      いよいよ今年もあと少しとなりました。皆さまも大変ご多忙と存じます。さて、地域にとっていつもテーマであり課題になるのが「地域をどうしたら活性化できるのか」という事です。私なりの考えを書いてみたいと思います。まず、大前提として、それぞれ地域の人口数で成立するもの成立しない物がある事を頭において、考えなければいけません。都会での当たり前も地方では通用しないという事です。逆もまた然り。現実的でないアイデアは、いつでもスピード感を鈍らす原因の一つです。現実的で具体的な話を進めていくために必要なのは、目的とビジョンを明確にしておく必要があります。その考え方のポイントが、「まずは、その町で一番就業者数が多い産業で働く人の所得を上げる」という、考え方です。決して、ただ単に給料を上げると解釈しないで下さい。その産業の会社の売上げが上がり利益を出せれば、従業員の給料へと繋がります。所得が増え家計に余裕が出てくれば、消費へと繋がり、町の経済が流動し始めます。その循環をイメージしなければなりません。これは地域が活性化を進めるにあたり、目的と方向性の基準を印す物差しになります。行政的な立場になると、一つだけに注ぐ事はまず不可能なので、我々地域住民全体でこのポイントを理解して協力する雰囲気を出すと一体感が生まれます。これが、活性化の始まりです。小豆島において、この存在が「醤油産業」です。たくさんの産業がありますが、まずこの産業が上向きにならない限り、小豆島が元気を取り戻す事は考えられないです。我々は、各々の立場で何をするべきか、何をしたら醤油産業のサポートになるのかという知恵を地域全で働かせないといけないのです。醤油産業を中心に、来年からも色々な取り組みや仕掛けをしていきます。キーワードは、「木桶仕込みの本物の醤油」「和食の世界文化遺産認定」「2020年東京オリンピック」といった事でしょうか。今日から小豆島の醤油に注目しておいて下さい!

      15
      1
      テーマ:
  • 11 Nov
    • 秋日和

      少しずつ冷え込んで参りました。小豆島でも寒霞渓の紅葉がはじまり、観光客がたくさん訪れるシーズンです。私は、是非小豆島に来られるお客さまには、木桶仕込みの醤油を知って帰ってほしいです。この木桶を使って醸(かも)した醤油が、小豆島のスタンダードなんですが、味、文化、歴史と知れば知るほど、和食の基礎調味料としての奥深さなどを知る事ができるでしょう。自然が作り出す、言葉にできない味わいは、必見です。小豆島全体で16社ある醤油屋さんをめぐって、食卓を彩る自分好みの醤油を発見してみてはいかがでしょう。あと、この木桶のある部分を使った面白い競技もあるんですよ!https://www.facebook.com/tagafupu    

      2
      1
      テーマ:
  • 18 Sep
    • 「一人前」の誤解

      久しぶりの投稿です。「一人前」と言う言葉の意味を、いつの間にか誤解していた事に気づきました。改めて意味を調べてみると、1 一人に割り当てる量。ひとりぶん。ひとりまえ。「―の料理」2 成人であること。また、成人の資格・能力があること。ひとりまえ。「―のことを言う」「―に扱う」3 技芸・学問などが一応の水準に達していること。「―の医者」などです。『一人前になったな。』、なんて言われると褒められているような気になりますが、この意味からすると、「普通」「並」といった言葉とイコールです。二流と三流の間くらいでしょうか。ニュアンスを誤解してる人が多い気がしますが、いかがですか。

      3
      1
      テーマ:
  • 26 Apr
    • プロフェッショナル

      お久しぶりです。NHKのプロフェッショナルという番組をよく見ます。先日は、港湾のガントリークレーンの運転士さんでした。プロフェッショナルたちはいつも素晴らしい言葉を持っています。今回の方の言葉にとても共感しています。「早くて一人前、やさしくて一流」物流関係者の志は、これだなと改めて思います。

      4
      1
      テーマ:
  • 13 Feb
    • 年度末に向けた輸送の動向

      おはようございます。4月から消費税が上がるという事で、駆け込み需要が予想されています。業界によってはその動きが昨年からみられており、これから3月末までは輸送が混雑する予測を立てております。しかしながら、予測はしてても運送業界のドライバー・トラック不足が現在問題になっており、3月末で輸送に支障が出る事は避けられないのではないかと懸念されます。掛け込み需要と転勤や進学による引越しが重なりますので、どうしても混雑することがご想像がつくかと思われます。全日本トラック協会のホームページのTOPでもこのようにお知らせされております。http://www.jta.or.jp/皆さまのお荷物を予定通りお届けできるように輸送する上で、現在のおかれている状況もふまえてご理解を頂き、何卒余裕をもった発送・引取やピークを交わす出荷などのご協力をお願いしたいと存じます。

      3
      テーマ:
  • 15 Jul
    • ありがたい

      本日はすごい雨です。こんな気配りまでしていただけるのか。日本のホスピタリティは素晴らしいなとつくづく感じる。いや、この本屋さんがすごいのかもしれない。ありがとうございます!

      テーマ:
  • 23 Jan
    • モチベーションを上げるには。

      仕事に対するモチベーションを上げるためには、まずリアルに自分の立ち位置を理解する事が先決だと感じています。自分の基礎といいますか、許容範囲といいますか。それを理解した後に、その基礎を応用したり、許容範囲を超えていけばいい。刺激を受けないと視野が広がらないのですが、それによって大きく左右に振り回されてしまうような危うさもありますよね。だから、「自分の立ち位置を先に理解する事。」と思うのです。「自分探し」ではなく、「なりたい自分を決めて、その方法を探していく。」ではないでしょうか。そうしたら、仕事のモチベーション上がりますよ。なんせ、目的ロックオンですから。ようやくこの事に気がづいた。そんな35歳です(^_^;)

      テーマ:
  • 15 Jan
    • もう一息

      お久しぶりです。地域活性化という言葉に少し飽きている自分に気がつきました。いろんな活動を提案したり参加しても、対して手応えを感じないし、自分的にも納得しないのです。それでも。もう少しで自分の中で全てが1本の筋となって整理がつきそうなんですけどね。考え方、人としてのあり方、というのでしょうか。

      1
      テーマ:
  • 12 Sep
    • 小豆島でグリーンツーリズム

      私が『グリーンツーリズム』という言葉を知ったのは1年前くらいです。農業体験などを目的とし、地元の人と触れ合いながら田舎暮らしを満喫するといった事が求められているとかいないとか。小豆島にもそれらのニーズに応えようと農業をしているおじさん達が立ちあがっております。東條地域農業集団のみなさんです。お米を中心に果物や野菜やオリーブなど結構幅広くいろんな方がいろんな作物を栽培されています。ホームページはこちらへ→http://yasudanosato.com/さて、小豆島の地元っ子たちでも、もはや農業を経験している子は少ないと思います。なので、当然島っ子も、いやむしろ、島っ子こそがおじさん達のターゲットかもしれません(^.^)都会のなんでもある人工的な豊かさと田舎の一見不自由そうな自然の豊かさ。これらを実際に肌で感じて覚えていてほしい。そして大人になって比べてほしいと思います。当然ですが、県外の方々にも目を向けて頂きたいです。小豆島にわざわざ渡らなくても農業体験他にできるでしょうって思いますよね。しかし、ここならではの体験といえば、農業体験と同時に、海で魚を釣る事だってできる。野菜や海の幸を自分の手でとる事が一度にできる!ここに、小豆島にわざわざやってくる価値があります。まさに、一石二鳥!!例えば、夏の初めくらいだと、朝釣りに出かけ、釣った魚をさばいて軽く干しときます。そして、日中に畑の世話をして帰り際に収穫して、朝釣った魚ととれたての野菜でおいしい夕食を味わう。本当の食の豊さを感じられる良い時間になると思います。田んぼ    に、海  

      2
      テーマ:
  • 31 Aug
    • 小豆島がロケ地のCM

      今更ですが。ダイハツのCMの舞台が小豆島ですよ。第2弾が流れ始めたので・・・。「日本のどこかで 故郷の島」編http://www.daihatsu.co.jp/cm/3rd-ecocar/index_06.htm「日本のどこかで 実家の仕事」編http://www.daihatsu.co.jp/cm/3rd-ecocar/index_07.htm

      テーマ:
  • 21 Aug
    • 小豆島について①

      お久しぶりです。小豆島に戻って再び暮すようになって7年が経ちました。これくらいの時間が経つといろんないい点悪い点が見えてきます。これから、私なりのいろんな考えを記してみたいと思います。一番ひっかかる点があります。それは、「小豆島だからしょうがない。」「島だからね~。」「小豆島の場合はそういう訳にはいかない。」のように、何かにつけて島というものを良くも悪くも小豆島特有の事のように考えている点です。だから、できないとかやらない理由にしているなど、諦めの雰囲気がとにかくひっかかります。でも、少子高齢化だって、人口減少だって、町の商店の衰退だって、学力の低下だって、保育の問題、介護の問題などなど、全て全国共通の深刻な問題ですよ。島だからって、特別な問題ではない。小豆島は、むしろ全国と同様の生活があるからこそ同じ問題点が発生しているのだと思います。小豆島は、本当に『島』と聞いてイメージするような田舎町ではありません。地場で、産業が栄え、そこに人口が集まり、そして町が形成されています。今では生活する上で、なんでもすぐ手に入るし、何不自由な事はないです。船に乗れば、神戸、岡山、高松にすぐに渡れるし、1つの町として十分に存在感のある島だと思います。日本の中のある程度の人口のいる島を世界の中の日本と照らし合わせて考えると、『島』は日本の縮図だという事をよく耳にします。そう考えるならば、小豆島で問題を解決できたら、それはそのまま日本の問題解決の糸口になるのでは・・と、小豆島町長はよく口にしていました。日本が抱える問題。この島にはビジネスチャンスが眠っているのかもしれない!!

      テーマ:
  • 22 Jun
    • 本日の金曜ロードショーは・・・。

      本日21時からの金曜ロードショーは、小豆島も舞台になった映画「八日目の蟬」が放送されます。http://www.ntv.co.jp/kinro/lineup/20120622/index.html僕も恥ずかしながらまだ見てないので、今日この日を待ち望んでいました。ゆっくり家で見ようと思います。

      テーマ:
  • 13 Jun
    • 久しぶりに遠出しよう。

      来月、長野県の分杭峠にまた行こうとおもっています。ここは、僕が一番好きなパワースポットかもしれません。何か不思議な力があるような気がする。いったん身体を整えて、パワーUPするぞ!!

      テーマ:
  • 07 May
    • BS日テレで小豆島

      本日、5月7日、BS日テレ 20時~。壇れいさんの日本を巡る旅番組が放送されます。http://www.bs4.jp/tewaza/oa/43/index.html今週と来週の舞台が何と小豆島!!要チェックや!!!https://www.facebook.com/shimashoku.pr

      テーマ:
  • 05 May
    • おかき

      久しぶりに、ハマりました。姉がGWで島に帰ってきた時の手土産で、変わり種のかきのたねです。これは旨い!おススメしときまーす(^.^)とよすhttp://www.toyosu.co.jp/kakitane/index.html

      テーマ:

プロフィール

丸島運送店の専務

性別:
男性
誕生日:
1977年6月25日10時頃
血液型:
B型
自己紹介:
小豆島という瀬戸内の島で運送業を営んでいます。 祖父の代から始まり、私で3代目になります。 高校...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。