仙谷由人国家戦略担当相は13日午前の閣議後の記者会見で、次期衆院選のマニフェスト(政権公約)に消費税率アップを掲げるか否かについて、「歳入改革を掲げて選挙をしなければ、国民に対してはなはだ失礼なことになる。(そうしないと)信頼のおける政権として、もう1期やってみろという話にはならない」と述べ、任期途中でも消費税率アップを含めた歳入改革を掲げて解散すべきだとの考えを示した。

 また、政府の財政状況について「今の税収のまま続けば大きな壁にぶち当たる」とも述べ、早急な歳入改革が必要との認識を示した。

【関連記事】
政府・民主のマニフェスト作成 定まらぬ基本路線 首相指示書にダメ出しの珍事
民主岐阜県連が体制刷新を要求 小沢氏更迭論が背景
「消費税10%へ段階的引き上げ必要」御手洗経団連会長
平沼新党 参院選10議席目標 消費税10%方針
自民離れた保守層を取り込め! 新党は憲法、消費税を二大政策に
外国人地方参政権問題に一石

石原都知事、参院選への出馬「あり得ない」 定例記者会見で(産経新聞)
<小澤征爾さん>8月の長野・松本公演も降板(毎日新聞)
公務員法案が審議入り=自民、みんなの対案も-衆院(時事通信)
深夜の悲報、職員ら駆け付け=村本さん勤務のロイター通信-東京(時事通信)
<シャトル>「夢の宇宙楽しんで」同級生らがエール(毎日新聞)
AD