1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2006-03-19 07:35:46

【DBAⅠ】 試験当日

テーマ:ORACLE
試験は、夕方から始まります。

私が家を出たのは、午後2時頃。

会場最寄の駅に着くのは、試験開始時刻の1時間以上も前です。

かなり余裕を持った出発となり、最初は、


   現地に早めに着いて、少し勉強してよう!


と思っていました。

しかし試験会場は、片田舎。なんか、いやな予感がしたんです。


   会場近くに、スタバとかドトールとかあるのかなぁ


駅に降りたとたん、予感は的中

駅周辺には、酒屋や食堂がある他、何にもありません。


   やっぱりっ

   会場近くに行けば、なんかあるかなぁ


会場までは、徒歩で15分ぐらいらしいので、歩きながら、どこか

落ち着けるところを探しました。

しかし、駅から遠ざかれば遠ざかるほど、何もなくなっていきます。

あるとすれば、カラオケ屋、ゴルフショップ、ドラッグストア...

しばらく歩くと、『○田うどん』がありました。


   でも、腹減ってないしなぁ...

   これ以上歩いても、何もなさそうだしなぁ...


以前SQLやOracle入門を受験したときと会場は違うのですが、その時

は、会場に着くと、すぐ試験だったんです。なので、会場に着く前に

どうしても、気持ちを落ち着けたかったんです。


   しかたない、ここに入るか


お店に入り、注文したのは、うどん1杯とコーヒー。


   あり得ない、この組み合わせ!


お腹に無理やり、うどんを流し込み、教科書を開いて、気持ちを

落ち着かせます。

お店に30~40分程いて、それから会場に向かいました。

会場に着くと、案の定、すぐ試験開始。


   よかったぁ、あそこで気持ちを落ち着かせておいて...


パソコンの前に座り、いよいよ、試験開始です。

問題を1問、2問解いていきます。


   おやっ、なんか簡単!

   っていうか、やったことある問題ばかり!


問題が進むにつれ、不安になってきました。


   あとで、すっごい難しい問題が出てくるのでは?


あれよあれよと、60問を一通り解答しました。

時計に目を移すと、驚いたことに、試験開始からまだ35分しか経って

いません。


   あれっ、なんで?!

   ま、いいっか。

   とにかく、自信がなかった問題について、見直そう


その後、自信がなかった問題や、後回しにした問題をやり直し、

さらに、最初から全問をすべて見直しました。試験終了まで、

あと15分です。


   これ以上やっても、変わらないだろう...


と思い『終了』ボタンをクリック...



と、そんな一日でした...



よろしければ、1クリック お願いいたします。m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓
ランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006-03-18 10:27:05

【DBAⅠ】キタ―――(゚∀゚)―――― !!

テーマ:ORACLE



とうとうやりました!



ORACLE MASTER Silver ゲットです!!


いっや~、長かった~


Silver取得を決意して、実に10ヶ月

はっきり言ってSilverをナメテました。結構、難しいんですね。




テスト時間90分間のところ、残り15分となった時点で退席。

60問中44問正解で合格となります。

蓋を開けてみれば、60問中55問正解で、余裕の合格!



この理由、試験当日の様子等は、明日以降に...



よろしければ、1クリック お願いいたします。m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓
ランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2006-03-17 13:51:40

【DBAⅠ】 出陣!

テーマ:ORACLE


とうとう、試験の日になってしまいました。

待ったなしです!

ここまで来たら、自分の力を信じ、自分なりに勉強してきたことを

すべて出し切ります。



行ってきます...





よろしければ、1クリック お願いいたします。m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓
ランキング

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-15 12:38:24

【DBAⅠ】 データベースの作成

テーマ:ORACLE
8

今回は、データベースの作成についてです。


学習時間[5.5H]



◆ CREATE DATABASE文によるデータベース作成

 CREATE DATABASE [データベース名]
  [CONTROLFILE REUSE]
  [LOGFILE [GROUP グループ番号] ファイル名 SIZE サイズ [REUSE] ]
  [MAXLOGFILES 最大数]
  [MAXLOGMEMBERS 最大数]
  [MAXLOGHISTORY 最大数]
  [MAXDATAFILES 最大数]
  [MAXINSTANCES 最大数]
  [ARCHIVELOG|NOARCHIVELOG]
  [DATAFILE ファイル名 SIZE サイズ [REUSE] ]
  [DEFAULT TEMPORARY TABLESPACE 表領域名
   [TEMPFILE ファイル名 SIZE サイズ [REUSE]
    [EXTENT MANAGEMENT LOCAL UNIFORM [SIZE サイズ] ] ]
  [UNDO TABLESPACE 表領域名
   [DATAFILE ファイル名 SIZE サイズ [REUSE] ]
  [CHARACTER SET キャラクタ・セット]
  [NATIONAL CHARACTER SET 各国語キャラクタ・セット]
  [SET TIME_ZONE = タイム・ゾーン]


 ● 作成手順
  (1) インスタンス名、データベース名、データベース・キャラクタ・
   セットおよびデータベース管理者の認証方式決定
  (2) オペレーティング・システム環境変数の設定(UNIXのみ)
  (3) Oracleサービスの作成、開始(Windowsのみ)
  (4) 初期化パラメータ・ファイルの作成
  (5) データベースの作成(CREATE DATABASE)
  (6) 作成済みデータベースに表領域追加
  (7) データ・ディクショナリ・ビューの作成
  (8) サーバ・パラメータ・ファイルの作成
  (9) 作成済みデータベースのバックアップ

 
 ● OS環境変数の設定(UNIXのみ)
  ・ORACLE_BASE
    Oracleソフトウェアの上位にあるディレクトリ
  ・ORACLE_HOME
    Oracleソフトウェアがインストールされているディレクトリ
  ・ORACLE_SID
    インスタンスに対して一意なOracle識別子(SID)
  ・ORA_NLS33
    US7ASCII以外のキャラクタ・セットを使用してデータベース
    を作成する場合
  ・PATH
    SQL*Plusなどの実行可能ファイルがあるディレクトリ
  ・LD_LIBRARY_PATH
    OSとOracleのライブラリ・ファイルのディレクトリ



◆ Oracle Database Configuration Assistant

 ・データベースの作成
   事前定義済みテンプレートのリストからデータベースのタイプ
   を選択し作成する。
 ・データベース内のデータベース・オプションの構成
 ・データベースの削除
 ・テンプレートの管理
   事前定義済みテンプレートまたは既存データベースから作成する。



◆ Oracle Managed Files(OMF)による作成

 CREATE DATABASE [データベース名]

 ・初期化パラメータ
   DB_CREATE_FILE_DEST
   DB_CREATE_ONLINE_LOG_DEST_n


◆ データベース作成の考慮点

 ・制御ファイルは多重化し、異なるディスクに配置する。
 ・REDOログ・ファイルは多重化し、 各REDOログ・グループの
  メンバーは異なるディスクに配置する。
 ・ディスクへのアクセスが競合しないようデータ・ファイルを
  配置する。
 ・一時セグメント、表セグメント、索引セグメントなどのセグメ
  ントを表領域に格納する場合、データの存続期間を考慮して表
  領域に配置する。



◆ Oracle Enterprise Manager(OEM)

 <構成>
  ・Javaベースのコンソール
  ・ツール
  ・サービス群
  ・管理サーバ
  ・Oracle Intelligent Agent

 <機能>
  ・インスタンスおよびセッションの管理
  ・スキーマ・オブジェクトの管理
  ・セキュリティ・パラメータの管理
  ・表領域やデータ・ファイル、REDOログ・ファイルの管理
  ・ロールバック・セグメントやUNDOセグメントの管理



◆ Oracleサービスの作成と開始

 (1) OSの環境変数ORACLE_SIDにインスタンス名を設定
 (2) ORADIMユーティリティを実行してWindowsサービスを作成



◆ PFILEの作成

 ・インスタンス起動時のみ読み込み
  → 変更内容を有効にするためには、Oracleインスタンス再起動
 ・初期化パラメータは、すべてデフォルト値を持っている



◆ SPFILEの初期化パラメータの変更

 ALTER SYSTEM SET パラメータ=パラメータ値
  [SCOPE=MEMORY|SPFILE|BOTH] ;

 ・MEMORY:実行中のパラメータ値のみ変更
 ・SPFILE:SPFILEファイルのパラメータ値を変更
    → 要インスタンス再起動
    以下の場合は、この指定のみ有効
    V$SYSTEM__PARAMETERまたはV$PARAMETERのISSYS_MODIFIABLEの
    値がFALSEの初期化パラメータ
 ・BOTH:上記両方を変更



◆ SPFILEの作成

 CREATE SPFILE[=’SPFILE名’] FROM PFILE[=’PFILE名’]



◆ SPFILEの内容エクスポート

 CREATE PFILE[=’PFILE名’] FROM SPFILE[=’SPFILE名’]





よろしければ、1クリック お願いいたします。m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓
ランキング

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-14 12:30:48

【DBAⅠ】 起動と停止

テーマ:ORACLE

今回は、Oracle Serverの起動と停止についてです。


学習時間[3.5H]



◆ Oracle Serverの起動

 STARTUP  [PFILE = ファイル名]
      [NOMOUNT|MOUNT [データベース名]|OPEN
      [RESTRICT|READ ONLY|READ WRITE] [データベース名] ] ;


 ・AS SYSDBA または AS SYSOPER を指定して接続
 ・作業に応じて、NOMOUNT、MOUNT、OPENを指定する



◆ インスタンス起動状態(NOMOUNT)

 ・初期化パラメータのリード
 ・パラメータ値に沿ってメモリへのSGA割り当て
 ・バックグラウンド・プロセスの起動
 ・アラート・ファイルとトレース・ファイルのオープン
 ・初期化パラメータ・ファイルの優先順位
  <Windowsの場合>
   (1)STARTUPコマンドのPFILEパラメータで指定したファイル
   (2)ORACLE_HOME\database\spfileSID.ora
   (3)ORACLE_HOME\database\spfile.ora
   (4)ORACLE_HOME\database\initSID.ora
  <UNIXの場合>
   ORACLE_HOME/dbs/
 ・データベース作成、制御ファイルの再作成が可能



◆ データベースのマウント状態(MOUNT)

 ・初期化パラメータで指定された制御ファイルのオープン
 ・データ・ファイルとREDOログ・ファイルの名前と状態を取得
 ・データ・ファイル名前変更
 ・データベース・ログ・モードの変更
 ・全データベースの回復など



◆ データベースのオープン(OPEN)

 ・ONLINEデータ・ファイルとREDOログ・ファイルのオープン
 ・SMONによるインスタンス・リカバリ(必要に応じて)
 ・ユーザはデータベースに接続し、表やデータディクショナリなど
  へのアクセス可能に



◆ データベースの状態の変更

 ALTER DATABASE [データベース名]
       { MOUNT|OPEN [READ ONLY|READ WRITE] } ;


 ・インスタンス起動状態 → マウント状態への変更
 ・マウント状態 → オープン状態への変更



◆ 読取専用モード(READ ONLYの指定)

 ・問合せ
 ・ローカル管理表領域を使用したソート
 ・データ・ファイルのONLINE化、OFFLINE化



◆ RESTRICTモード

 ・データベースをエクスポートまたはインポートする場合
 ・SQL*Loaderを使用してデータを表にロードする場合



◆ Oracle Serverの停止

 SHUTDOWN [NORMAL|TRANSACTIONAL|IMMEDIATE|ABORT] ;


 ・AS SYSDBA または AS SYSOPER を指定して接続
 ・状況に応じて、シャットダウン・モードを指定する



◆ NORMALシャットダウン

 ・新規接続禁止
 ・全ユーザ・セッション切断後に停止
 ・停止過程
  (1)データベースのクローズ
  (2)データベースのディスマウント
  (3)インスタンスのシャットダウン
  (4)データベース・バッファ・キャッシュと
    REDOログ・バッファの内容ディスクへ書き込み
 ・次回起動時のインスタンス・リカバリ不要



◆ TRANSACTIONALシャットダウン

 ・新規トランザクションの禁止
 ・全トランザクション終了後に停止、
  ユーザ・セッションの切断
 ・停止過程
  (1)データベースのクローズ
  (2)データベースのディスマウント
  (3)インスタンスのシャットダウン
  (4)データベース・バッファ・キャッシュと
    REDOログ・バッファの内容ディスクへ書き込み
 ・次回起動時のインスタンス・リカバリ不要



◆ IMMEDIATEシャットダウン

 ・現接続ユーザ・セッションの終了を待たずに停止
 ・処理中のSQL文の処理は完了されず、トランザク
  ションはロールバック
 ・全ユーザ・セッションの切断
 ・停止過程
  (1)データベースのクローズ
  (2)データベースのディスマウント
  (3)インスタンスのシャットダウン
  (4)データベース・バッファ・キャッシュと
    REDOログ・バッファの内容ディスクへ書き込み
 ・次回起動時のインスタンス・リカバリ不要



◆ ABORTシャットダウン

 ・現接続ユーザ・セッションの終了を待たずに停止
 ・処理中のSQL文の処理は完了されず、トランザク
  ションはロールバックされない
 ・停止過程
  (1)データベースのクローズされない
  (2)データベースのディスマウントされない
  (3)インスタンスのシャットダウン
  (4)データベース・バッファ・キャッシュと
    REDOログ・バッファの内容ディスクへ書き込みされない
 ・次回起動時のインスタンス・リカバリ必要




よろしければ、1クリック お願いいたします。m(_ _)m
↓↓↓↓↓↓↓
ランキング

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。