1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-05-31 12:43:59

試験まであと12日!

テーマ:日商簿記検定

いよいよ、お尻に火がついてきました。(゚Д゚; ボッ
(もっと早くつけよ!)

本当にヤバイっす!
もう予想問題集ぐらいこなして、ラストスパートを
かけたい頃合いだが...
過去問の真っ最中です。
しかも、出来が悪いし...
っていうかちゃんと覚えてないみたいです。

はっきり言って、今まで簿記2級を舐めてたかも。
『きっと、簡単だろう』なんて思ってたら、大間違い!
結構、難しいんじゃん!



このまま投げ出してしまいたい...

早くこの苦しみから解放されたい!



と言いながら、
今日もセッセコ過去問と格闘するのかな...


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005-05-30 12:42:55

ブロガーの法則 その2

テーマ:ちょっと一言

ここ2,3日以下のような状況に陥りました。

【ブロガーの法則 その2】

普段、生活をしていると、意外と、記事になりやすい出来事が
転がっているものだが、いざ、記事を書こうとすると、頭の中
が真っ白になり、なんにも浮かんでこない。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-26 22:28:58

マジヤバ!?

テーマ:日商簿記検定

今日は、午後有休。
何をするかといえば...

ここ最近、ほとんど勉強が進んでいなかった。
それに、仕事も少し落ち着いているので、
一気に挽回しようと思い、いざ、図書館へ。

でも、本当にヤバイかも!
今日の過去問テーマは、
 ・精算表
 ・決算三勘定
 ・本支店会計
 ・財務諸表作成
であるが、この中で、どれ一つまともに
解けた問題がない。

数回似たような問題に取り組んでも、いまいち
ピーンと来ない

問題ができない
 ↓
あせる
 ↓
ケアレスミスを誘う
 ↓
問題ができない

なんかヘンなスパイラルに、はまってる!
もう一度おさらいか~!?

明日からは、また工簿の問題にチャレンジしてみるが、
おそらく、ダメだろうなぁ...

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-25 13:26:59

ブロガーの法則 その1

テーマ:ちょっと一言

午前中、ふとしたことで、ある法則を思いついたので、
ここで取り上げてみたいと思います


【ブロガーの法則 その1】
 仕事中は、どんなに手を動かしていても、瞼が重いのに、
 ブログの記事を考えている時は、手を動かしていなくても、
 瞼が開いてくる。

こんな経験ありませんか?
私は、忙しさに関係なく、このような現象が起きます。
不謹慎ですが...(^o^;

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-05-24 08:13:49

はじめて入った床屋での出来事

テーマ:ちょっと一言

このお店は、カット、シャンプー、シェービングで、
1900円
と、周囲のお店よりかなり安い
安いせいか、お店の中で待っている客も多め
(と言っても、5~6人)


どのくらい待つかを尋ねたところ、15分ぐらいとのこと。
かなり早い。カットする店員は、4~5人いるだろうか?
それでも、15分で順番が回ってくるとは、到底思えなかった。


普通の床屋さんだと、店員がお客と会話しながら、のんびりと
やっている感じがするが、この店は違う。
どの店員も黙々とただ切る、切る、切る...


そして、私の順番が回ってきた。本当に15分ぐらい待った
だけだった。席に座って、


店員「どのくらい切ります?」


私「揃える程度でお願いします。」


店員「短めにしますか?長めにしますか?」


私は、わりと短めに揃える方が、さっぱりしていて
いいのだが、初めてのお店ということもあり、どの
くらい切られるか不安
だったため、


私「長めで。」


と答えた。
私の担当となったこの店員、雰囲気は、今風のあんちゃん
って感じ。でも、ちょっと目つきが鋭く、怖い感じがする。
店員は、早速、私の髪を切り始め、その
手さばきは、恐ろし
く、早い!


私「(確かに、これだったら、すぐに終わるわな。)」


しかし、切りはじめてすぐに、店員の手さばきスピードが
落ちていった。もう調整に入っているらしかった。
私は、もう少し切ってもらいたいなぁ、と思ったので、


私「もう少しだけ切ってもらえますか?」


と尋ねた。すると店員は、鋭い目つきを強張らせて


店員「さっき、『長め』って言いましたよね?」


と凄んだ。そして、立て続けて、


店員「短く切っちゃっていいんですか?」
  「『長め』じゃないんですか?」


まるで、脅迫しているかのようだった。
はさみで刺されるかと思うほど怖かったが、こんな
長い髪のままでも困るので、


私「えぇ、どのくらいか分らなかったので...」
 「もう少し、短くしてください。」


とお願いすると、


店員「短くしちゃっていいんですね?」


と凄みをきかせながら、繰り返し確認した。
その後、店員は、仏頂面をしながら、短く切った。


-----------------------


今まで色々な床屋に行ったが、こんな店員は、初めてだ。
そんなに怒らんでもえぇやろ!
『短く』から『長く』は、やり直しきかないけど、
『長く』から『短く』は、やり直しがきくんだから!


客に対して、そんな口のきき方をよくできるもんだ!
客を客と思っていないのではないだろうか?
自分を何様だと思ってるんだ!
お客様は決して神様じゃないが、お客様からお金を頂く
んだろうが!
そういうことを考えれば、そんな態度にはならんだろうが!


よほど、文句を言って、帰ろうかと思ったが、止めた。
(ブログでしか文句が言えない小心者なもので...)
二度とあの店に行かなければいいのだから...


店員には店員の事情があったのかもしれないが、
お店にとって、客を一人以上逃がしてしまったことは、
間違いのない事実である...


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。