2004-05-20 08:29:24

上司から1通のメール

テーマ:プロジェクト管理
 会社は、人事制度や評価制度等少しずつ変化してきている。その一つとして、人事育成方針を打ち出した。この方針の中には、社員の「プロジェクトマネージメント」スキル向上を目的とした教育プランが盛り込まれた。「プロジェクトマネージメント」スキルの基礎を独学で習得する「PM入門コース」と「プロジェクトマネージメント」スキルの基礎を習得した者で、更にそのスペシャリストとなるPMPの資格取得を目指す「PMP受験対策コース」だった。後者はもちろんのこと、「PM入門コース」もPMBOKの知識体系を学習するものであり、大変興味深いプランである。
 実は昨日、突然上司から1通のメールが届いた。「PM入門コース」受講の意思確認のメールだった。私は、迷った。10月中旬には、情報処理試験が控えており、「PM入門コース」に時間を割かれたくない。そこで、情報処理試験が開催された後からの受講を希望した。しかし、上司の説得を受け、6月~8月のコース受講を余儀なくされた。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2004-05-19 08:25:44

はじめに

テーマ:プロジェクト管理
 随分前のことになるので、思い出しながら書くことにする。

 私は、情報処理試験(アプリケーションエンジニア)に合格した3ヶ月ほど前の2001年10月頃より、次のターゲットを模索していた。つまり、何か役に立つ資格はないものか、と考えていた。あるインターネットサイトで「PMBOK」という文字を見かけた。アメリカで話題(?)となっている「Project Management Body of Knowledge」の略で、プロジェクトマネージメントに関する知識体系、だということである。また、それとほぼ同時期に「PMP」という文字も見かけた。こちらは、「Project Management Professional」の略で、PMBOKとしてまとめた知識体系に準拠して試験が行なわれ、体系的知識を備えているとみなされる者に与えられる資格であり、グローバルスタンダードになりつつあることが判った。実際、日本においても、日本IBMやNTTデータ等をはじめとした大手ベンダーやSI企業で、この「PMP」取得が義務付けられ始めていた。
 私は、今後業務を遂行していく上で必要となる知識はプロジェクトマネージメントである、と認識していたため、「PMP」取得を目指すべく、インターネットや書籍による調査を進めて行った。しかしながら、調査を進めていくに従い、到底、私には不可能なものである、ということがわかってきた。なぜなら、PMBOKのガイドは、自分で購入するには少し高価であり、また、一般の書店では購入できないため、「内容を見てから購入する」ということが事実上不可能であった。さらに、PMPを受験するには、英語で申請を行い英語で受験し、その受験料は、約500ドル、とこれまた、高価である。
 このようなことから、「PMP」受験は、夢のまた夢と消え去り、矛先は、情報処理試験の「プロジェクトマネージャ」に向けられたのである。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。