後悔しない就活プロジェクトのメンバーによる、後悔したくない就活生のためのブログ

主にイベントの告知をメインとし、他にもメンバーが就活での『あるある話』、『笑い話』、『やっちゃった話』、OB訪問やES添削、オススメの本の紹介等の『参考になる話』などを提供していきたいと思っています。

要チェックです!


テーマ:
最近、後輩にエントリーシートの添削を頼まれます。
また、KSPで模擬面接をしました。


やはりスタートの早い人は出来がいいですね。でも、まだの人も焦る必要はありません!


今日は後輩を見ていて気付いたことを書きます。


あなたは、「自己PRしてください」、「学生時代に頑張ったことはなんですか」と聞かれたらなんて答えますか?
どういうことに注意して答えますか?

①具体性を!!!
例えば、「私は行動力があります!」とか答える人を数多く見ます。
でも、あなたの意味する行動力とは何ですか?といいたくなります。

周りに先駆けて先ず一歩を踏み出す行動力、思ったことを必ず実行に移すという行動力・・・

一杯ありますね。

行動力ってよくアピールする人がいます。でも、曖昧な言葉です。
自分なりに噛み砕いてそれをアピールしてください!

行動力でなくても一緒です。具体性を持ってアピールしましょう!出来てそうで意外と難しいところです。


②相手の立場に立て!!!
面接・エントリーシートは自分を売り込む場です。

例えば、「私は規則正しい生活をします」とかが極端な例ですかね。

相手、つまり会社が、こいつ使えると思ったら内定を出すわけです。ですので、アピールするポイントが貴社でも通用するんだ!ということをわからせないといけません。

先の例で、規則正しい生活をする。それをどうやって我が社に活かすの?と思われるでしょう。

また、もっともらしく「私は積極性があります」、「協調性があります」・・・etc.
こういう場合も、その会社でどのように役に立つことが出来るかということを考えながら面接に臨む、またはエントリシートを書くといいでしょう。


③自分の印象を知れ!!!

初対面の人が自分に抱く印象というものが必ずあります。

「こいつ体格がいいけど、体力あるのかな?」
「こいつ頭良さそうだな。でも体力ないかな・・・」


また、エントリーシートから抱く印象もあります。文章の丁寧さなどだけではなく、例えばエピソードもそうです。

「部活を一生懸命やっていました」→「勉強はあんまりしてないのかな・・・」
「居酒屋のアルバイトしてました」→「マニュアル人間かな・・・」

このような先入観を持って面接官は面接をします。
マイナスの先入観を打ち破ることはとても有効的です。自分の印象を知ることはだから重要なのです。

セミナーなどで初対面の人に印象を聞くのもいいでしょう。知り合いだとどうしてもあなたのことを知ってるのでイメージが変わる物です。


以上私が気になったことです。
是非以上のことにも注意しながら、就職活動をすすめてみてください!
いいね!した人
PR

[PR]気になるキーワード