Kyoko's Yummy Happy Table

~ キーナートきょうこの美味しいおもてなしテーブル〜 

Welcome! キーナート京子です。アメリカ~ンの夫と好き嫌い女王の娘、そして愛しいビションフリーゼのCODYの3人+1匹家族。自宅に人を招くのが大好きな夫のおかげで、とにかく来客数と頻度が多く、自宅でのPARTYとおもてもなしの回数は数知れず。元からのお料理好きが高じ、FACEBOOKにアップしているうちに、目分量だったレシピメモがたまり。。。お料理教室@自宅も不定期開催中。家族友人に喜んでもらって、元気になれるといってもらうとただ嬉しいなあ、と。。 友人達からレシピ公開リクエストを頂いて、レシピブログを開いてみる事にしました。
ちょいおしゃれでおもてなしにも使えるインターナショナルなレシピ、でも簡単なレシピをご紹介しています。
アメリカ~ンなのに実は超亭主関白でとっても手のかかる夫は、日本在住40年余、日米スポーツ界双方に在席するマーティ・キーナートです。2005年楽天イーグルスの初代GMとして仙台へ移住して以来、現在家族で仙台暮らしを満喫中。

★マーティ・キーナートのHPとお問い合わせはこちらまで↓
ISMAC HP
http://www.ismac.co.jp


最近思う事。
「食べさせる事は特極の愛情表現!」
食べてもらい、「美味しい」といってもらう事は、最高の喜び。それが愛する家族や友人ならば尚の事。そんなYummy(美味しく)でHappy(幸せな) テーブル
と我が家のちょっとしたおもてなしのあれこれ、日々のおうちご飯等々を見て頂けたら嬉しいです。

テーマ:

昨日から

日本列島大寒波。

 

こんな日は、

暖かい家に帰るとホッとしますね〜。

 

昨日載せたヤゲンですが、

みなさんも、

好物だったんだあ〜笑!

よかった。

 

さて、

東京で久しぶりに

新大久保の韓国料理を食べまくったのですが、

お腹が破裂しそうになり

最後に好物のビビンバが注文できませんでした。

 

心残りだったので、

野菜たっぷりビビンバご飯

作ってみました。

 

ナムルは各種作りおきしておくと

便利ですよね。

 

美味しいナムルのコツは、

 

*野菜の水気をしっかり絞ること、

*温かいうちに味をつけること

 (緑の葉物以外)

*味がしみるように

よく冷やすことですね〜。

 

肉なしでも

卵をのせたら

大満足です。

 

お野菜にちょっとレモンやお酢を効かせると

それぞれの味に変化が出て

美味しいです。

 

野菜たっぷりビビンバ飯を

コチジャンタレで。

 

 

ナムル各種野菜:お好きな野菜でどうぞ!

        えのきとオクラの酢漬けが気に入ってます。

 

 

*茹でる野菜は、

すべて塩を入れた湯で茹でる。

*醤油はすべて薄口醤油です。

 濃口だと色が濃くなるので量に気をつけて。

 

*豆もやしの豆板醤ナムル:豆もやしは4分茹でてしっかり絞る

もやし1袋      :豆板醤小1/ゴマ油大1/酢小さじ1

           :塩1つまみ/醤油少々/おろしニンニク少々

            温かいうちに味をつけて冷やす。

 

*ほうれん草のゆずポン酢ナムル

ほうれん草1わ    :ほうれん草はさっと茹でたら

            色がきれいになるようにすぐに氷水にとり

            しっかり絞る。

           :ポン酢/ゆずの絞り汁(ゆずぽんでもいい)大1/2

           :ゴマ油大1/2/塩1つまみ

 

*人参のゴマナムル   人参は細めの千切りにして、塩を大1ふりかけ

(大 半本分)    重しをしてしばらく置いておく。

           水気が出たらよくよく絞る。

           レモン(酢でもいい)を振ってから

           全部を混ぜ合わせる。

           :レモン汁小さじ1^2ぐらい

           :おろしニンニク小半サジ

           :ゴマ油大1/醤油大半サジ

 

最後に炒った白ゴマとチアシードをたっぷり混ぜて。

 

*えのきだけの酢漬け

(1袋)       えのきは、軸付きのまま塩水で茹でます。

           バラバラになるのが嫌なので。

 

            それでも火はすぐ通ります。

            茹でてから、適当に切り分けて、

    

 

          : すし酢大1半 / 醤油大さじ1

                                       赤とんがらし1本輪切り

             マリネします。 

 

:オクラのエゴマあえ  オクラは固めに茹でて

          : すし酢大1 / 醤油大2/3 

                              エゴマを炒ってかけています。

          ゴマでももちろんOK! 

 

石焼ビビンバ風に

おこげにしたかったので、

小さいルクルーゼ鍋に炊きあがったご飯を入れて

少し強火にしてみました。

お焦げはあまりできなかったけど

それ風に。、、、

 

 

半熟の目玉焼きをのっけたら、

出来上がり。

 

タレは、

コチジャンに、醤油とゴマ油を少々混ぜたもの。

それをたっぷり混ぜて

 

韓国風にグチャグチャにして、

 

 

いただきました〜

 

肉なしでも味がしっかりしみたナムルと

一緒で

うまい〜〜。

 

今日の

お弁当も、ビビンバ弁当!

 

外人父娘は、

野菜ばっかりだと怒るので、

肉も入れてあげました。。。

 

ナムルがあれば

のせるだけなので簡単弁当。

 

アメリカ〜ン夫の目玉焼きの上には、

ラー油がかかってます。

 

 

ナムルの準備が

大変そうに思えるけれど、

基本は、

茹でて味付けて冷やすだけですから

簡単です。

 

どうぞやってみてね!

 

今日もみて頂いてありがとう

 

 

 レシピブログ と
  おもてなし料理 の ランキング  

2つに参加しております。。
本当にお手数ですが、
下記のマークを、
ぽちぽちっと押して頂けると
励みになります。

THANK YOU SO SO MUCH!!

(↓ この下のマークを両方とも、
 クリック1回して頂けたら嬉しいです~)

 

 
にほんブログ村 


 

 
 




 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「和食系ご飯もの」 の記事

テーマ:

大雪です。

今週末はスキー日和かな?

 

雪がなくて

困ってたので、

スキー場の人は喜んでいるみたいです。

 

さて、

正月の飽食生活から

どうにかデトックスしたい我が家。

 

いろいろと普段のお家ご飯、

作ってみました。

 

最近の娘のお気に入りはこれです。

 

ヤゲン軟骨と叩きレンコンの塩炒め

 

ヤゲンてよく食べますか?

 

ヤゲンは、

カロリーも少なくて

コラーゲンがたっぷりらしいです。

 

実は、ヤゲンはコーディの好物で

うちではよくコーディ用に買ってたんです。

それを焼いてたら

横から娘が「おいしそ〜」と

つまんで、気に入っちゃって。。。

 

「コーディのだから取ったらダメ!」

と言ったら

「自分のも買って〜」

というので、

叩きレンコンと合わせて、

焼いてやったら、

大好きメニュ〜に。

 

ヤゲンは、

焼きすぎるとすぐ固くなるので、

軽く焼いて

塩味が一番美味しいですね。

 

材料:レンコン 適宜

  :出汁醤油か、ポン酢

  :ゴマ油/にんにく

  :赤唐辛子

  :ヤゲン軟骨(肉つき) 適宜

  :塩

  :黒胡椒

 

簡単すぎますが。。。

 

1)レンコンは、縦にこのように叩き割って

  水にさっと晒したら、

  ゴマ油とにんにくと赤とんがらしと

  一緒に

  火が通るまで先に炒めます。

  レンコンは縦に切ると、火が通りにくいから

  食べてみて確認!

  

  煎酒かポン酢、もしくは出汁醤油で

  さっと味付け。

 

2)ヤゲンは、

  肉がたくさんついてるのが

  美味しいですね。

  よく白い軟骨だけのものもあるけど、

  それはちょっと寂しい。爆  笑爆  笑

 

 

 

レンコンを取り出して、

ヤゲンは、塩を最初にしっかりめに

振って

さっと炒めたらOK! 

焼きすぎないように。

塩のみの味つけが好きです。

 

3)最後にレンコンと混ぜて、

  黒コショウをたっぷりふってね。

 

お弁当のおかずにもちょうど良いです〜

 

 

 

他にもこんなものを。。。

 

生ひじきと野菜いっぱい、

とか。。。

 

 

太い生ひじきが好きなので、

糸こんにゃく、人参、玉ねぎ、お揚げを

たっぷり入れて、

砂糖と味醂を最初にいれて甘みをしっかりつけてから

味つけします。

 

 

 

新じゃがの肉味噌煮

とか。。。

 

これ、

肉味噌たっぷりが美味しいのです。

また載せてみます。。

 

 

 

なんて、

思いつくままに作ってみたら、

「ご飯のすすむ君」なおかずばかりに

なってしまいました。。。

 

デトックス生活は難しや。。。

 

週末も大雪のようです。

みなさん足元に気をつけて。

 

さ、、うちのコーディは、

ドロボウさんスタイルで

出かけます。。。

 

今日もみて頂いてありがとう

 

 

 レシピブログ と
  おもてなし料理 の ランキング  

2つに参加しております。。
本当にお手数ですが、
下記のマークを、
ぽちぽちっと押して頂けると
励みになります。

THANK YOU SO SO MUCH!!

(↓ この下のマークを両方とも、
 クリック1回して頂けたら嬉しいです~)

 

 
にほんブログ村 


 

 
 




 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この冬、

爆発的と言ってもいい?

せり鍋ブーム。

 

特に仙台では、

あちこちのお店から、

ホームパーティまで

至るところで

美味しいせり鍋の風景がみられますね。

 

地元の美味しい特産品が、

人気になるのは嬉しいです。

 

私も、今年も

→三浦さん の無農薬せりを

お取り寄せして

配ったり、

皆で分けたりで

今期はもう100わ近くも消費しています爆  笑爆  笑

 

東京でもみなさんにお分けすると、

「こんな新鮮で根っこも食べられるせりは、

みた事ないわあ」

と大人気でした。

 

さて、

そんなで私の手元に残ったお正月のせりの

最後の1わ、

 

せっかくなので

パスタにしてみました。

 

せりは、

ルッコラやクレソンのような

独特の風味があって、

オリーブオイルと相性よく

アンチョビのような少し強いものとも

よく合います。

 

休日最終日のランチになりました。

 

せりとアンチョビのトマトショートパスタ

 

アンチョビをきかせ、

チーズを絡めたリガトーニに、

せりがぴったり!

 

 

材料:ショートパスタ(リガトーニ使用)300g 分

   トマトソース   :トマト 大2個

           :トマトペースト大さじ2

           :アンチョビ  3〜4枚

           :にんにく   3ケ微塵切り

           :玉ねぎ    大半個

           :赤とんがらし 微塵きり 1本

           :砂糖     大さじ1

           :塩、胡椒   適宜

           :トマトケチャップ  大さじ1〜

           :白ワイン   半カップ

 

   せり      :1わ

   ブラックオリーブ:適宜

   シュレッドチーズ:適宜

 

1)トマトソースは、トマト缶でも美味しくできますが、

  生のトマトで作るとやっぱり美味しい。

 

  アンチョビ、にんにくを多めにして、

  オリーブオイルで炒めたら、

  玉ねぎを加え、

  ざく切りのトマトを強火で炒める。

  トマトの水気が飛んだら、

  赤とんがらし、白ワインを加え、15分ぐらい煮つめる。

  味を見て、塩、砂糖、胡椒、トマトケチャップで味を整える。

  生トマトのソースは、トマトの味で

  濃さが全然違ってくるので、

  味を見ながら、このみの味まで煮詰めてください。

 

  ショートパスタの時は、

  ソースを多めに作るといいですね

  パスタがソースをかなり吸うので。

  私はリガトーニのような太いパスタの時は、

  水分多めで味濃いめでたっぷり作ります。

 

 

2)パスタは時間通り茹でて

  ソースに絡めておく。

      熱々のソースを絡めたら

  その中にシュレッドチーズを

  混ぜあわせます。

  そうすると、コクも出て、

  チーズがトロッとして美味しいのです。

 

 

 

3)せりは、根っこ部分を最初に

  オリーブオイルで炒め、

  残りの部分も、さっと炒める

 

4)最後にせりを乗っけて

  ブラックオリーブを適宜。

  胡椒をたっぷりふって。

 

 

上は、人参と玉ねぎだけのポタージュ

 

 

美味しかった!

 

新年会にも

せりをまたお願いする予定です〜。

 

今日もみて頂いてありがとう

 

 

 レシピブログ と
  おもてなし料理 の ランキング  

2つに参加しております。。
本当にお手数ですが、
下記のマークを、
ぽちぽちっと押して頂けると
励みになります。

THANK YOU SO SO MUCH!!

(↓ この下のマークを両方とも、
 クリック1回して頂けたら嬉しいです~)

 

 
にほんブログ村 


 

 
 




 

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年は

連休が長かったので

東京でゆっくりしてしまいました。

 

仙台に戻って来たら

晴天ですが

さすがに寒い。。。

今日から、

学校もお仕事もその他諸々

始動です。

 

実家では、

七草粥を食べたら

(写真を撮り忘れてしまった!)

まずは、

お重その他の正月道具を

しまいます。

 

漆のものは、すべて

一度、米のとぎ汁に浸し、

そのあと、ぬるま湯で2回すすぎ、

柔らかい布で綺麗に拭きます。

 

新品の漆器の場合も、

とぎ汁に浸すことで匂いが取れると

言われますが、

適度に油分も補給されるらしいです。

 

1枚づつ

薄紙に包んで

布袋に入れて、

また、木箱にしまって

一年間。

 

こうやっておくと

ひび割れもなく、

60〜70年近く

同じように使えています。

 

 

あと何年持つかな?

私と妹も

頑張ってお手入れしていかないといけませんね〜。

 

 

さて、

三ケ日で

おせちを食べきった後は、

いろいろと食べ歩き。。。。

 

快晴の高尾山にやっとこ登り

富士山を拝み、

 

熱々の天狗やきを食べ、

 

飽食に懺悔懺悔、、、

 

しっかり筋肉痛になりました。。。。

 

女子新年会にて

新大久保で韓国料理三昧

マッコリを何カメもあけて、

大笑い。

 

初売りチェックの後は、

滅多に食べない串かつを。。

 

揚げたてアツアツはやっぱり美味しい。

サクッともたれない薄衣は、

ラードと秘密の混合で

動物性油のみで揚げてるらしいです。

@串の坊

 

そして、

一度、自分の味と

食べ比べてみたかった!

美味しいと評判のシンガポールチキンライス

(カオマンガイ)の店で、

チキンライスを食べ、

 

 

胸肉なのに

しっとりとさすが評判の柔らかさ、

太っ腹にも

レシピまで公開してありました。

 

やってみなくちゃ。

@海南鶏飯食堂 六本木

 

娘たちの希望で

寒い中、

またまたかき氷屋さんに。

@yelo 

 

薄いシャーベット状の氷が

確かに美味しい。。。。。

 

これが絶品。

冬季限定の

甘酒に白玉のせ!!

 

有機にんじんピューレに

マスカルポーネソース

+タピオカトッピング

 

抹茶とおいりトッピング

 

いちごピューレにオレオ

 

食べすぎちゃったなあ。

 

ちなみに

おせちのことを

「COLDベントウ」と

いつも文句を言うアメリカ〜ン夫にも

ちゃんと付き合いましたよ。。。

 

自分の顔ほどある

リブアイボーンステーキダウンダウン

 

嬉しそうに

年甲斐もなくチャレンジしましたが、

これ、800gぐらいありました。。。。

 

さすがに残して、

CODY用にドギーバッグになりました。

 

 

さて、

我が家は今日からダイエット。。。。

 

みなさんも??目目目

 

でも今年も美味しいレシピ

載せていきます〜

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

今日もみて頂いてありがとう

 

 レシピブログ と
  おもてなし料理 の ランキング  

2つに参加しております。。
本当にお手数ですが、
下記のマークを、
ぽちぽちっと押して頂けると
励みになります。

THANK YOU SO SO MUCH!!

(↓ この下のマークを両方とも、
 クリック1回して頂けたら嬉しいです~)

 

 
にほんブログ村 


 

 
 




 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、

あっとういう間に三が日も過ぎてしまいました。

もう七草ですね。

 

我が家は、

実家での御節祝いと

親戚での集まりに友人との新年会にと

食べ過ぎの三が日余が続いていました。

 

恒例の親戚宅への

ご挨拶には、

我が家からも持ち寄りをするのですが、

今年は、

ローストビーフとシェパードパイを

メインにいろいろもって行きました。

 

 

これは、1.4kgのオーストラリアの赤身のリブアイロール!

 

リブアイロールとは、ロースの芯の部分のお肉で

輸入肉のなかでは、

ローストビーフに最適な箇所。

そんなに高い和牛とかではありません。

 

ローストビーフは、

もちろん美味しい肉でやればやるほど

肉の味は良いですが、

比較的リーズナブルな赤身の肉でも

綺麗にピンクロゼ色に仕上げれば

本格的に美味しく柔らかいローストビーフになりますよね。

 

かえって

和牛の霜降りたっぷりの肉よりかは、

脂身のない赤身のひきしまった部分の方が

いいローストビーフになる時もあり。

 

部位的には、

国産牛なら

ウチモモ、ランプ、肩ロースなど、

高価ですが、もちろんフィレ部分も最高。

 

輸入牛なら

リブロース、肩ロースの脂身が少ない部分

などがおすすめ。

 

お肉やさんに聞くとその日あるなかで

一番いい部位を

教えてくれます。

 

御節にローストビーフを入れるおうちも

多いでしょうが、

ローストビーフはカットするまでが

不安という声、

結構聞きますよね。

 

いったいどのぐらい焼いたらいいの?と。

 

確かに!

大きさも肉の種類もまちまちなので、

本に書いてある時間がぴったりあてはまるとは

限らないし、

簡単そうで、

なかなか年季がいるメニューなのかもしれません。

 

何度か焼くうちには、

だいたい、自分の分量で

自分の好みの時間がわかってくるようになります。

 

以前、

何回か載せましたが、

今年も

何人かに聞かれたので、

失敗しないコツを

まとめて書いてみますね!

 

フライパンで焼いて蒸したり、

焼いたあとお湯にいれて低温調理したり、

炊飯器にいれたり

王道のオーブンで焼いたりと

大きさによって

いろいろなやり方がありますが、

ようは、ゆっくり適切な時間をかけて火をいれること、

どれもうまくやれば美味しくできます。

 

どのやり方にしてもうまく仕上げるこつは、

 

1)肉は必ず常温に戻してから焼く

  少なくても焼く1〜2時間前から

  室温においておくこと。

 

2)最初高温で焼き付けてから

  低温でゆっくり時間をかけて火をいれること

 

3)焼きあがったら後は余熱で放置しておく

  しっかり肉汁が肉に戻ってから切り分けること。

 

そしてもっとも重要なのは、

 

4)肉の中心の焼きあがりの温度調節 

 

に尽きますね!

 

そのためには、

一番確かなのは肉温度計!!

 

肉の中心の温度が

レアなら54℃

ミディアムレアからミディアムで60℃以下

これさえ確認して焼けば、

切ってみて焼きすぎていたり、

また

赤くて血がタラタラという事もありません。

 

うちでは

2kg近い肉をよく焼くので、

ほぼオーブンで焼きますが、

全体の大きさより

肉の中心までの厚さが

時間の目安!

 

だいたいの手順としては、

 

まず、

塩胡椒、にんにくのすりおろしを

たっぷりめに肉にすりつけて、

セージ、タイム、ローズマリーなどの

ハーブをまぶしてビニールにいれて

室温に戻しておきます。

1〜2時間以上。

 

この肉を

まず、フライパンで高温で全面を焼き付けます。

タコ糸は、縛っても縛らなくてもよい。

 

 

その後、

くず野菜(人参、たまねぎの皮、キャベツの芯、レモンの皮

タイム、ねぎなど捨てるような場所の野菜、なんでも構わない)

をたっぷり敷いた

オーブンラックに

のせて

 

ハーブは、

うちにたくさんあったので

さらにのっけましたが、

あってもなくても

塩胡椒をしっかりしておけば良いのです。

 

フライパンで焼いた肉を

のせます。

 

 

 

下記 

1kg以上2kgぐらいまでの目安時間ですね。

 

230℃で15分、

その後、

オーブンのドアをあけて

温度を低くし、

150℃に下げた温度で45分

焼きました。

 

肉が大きいので

途中で上下をひっくりかえします。

 

そして、

35分たったぐらいからは、

肉の中央に何度か温度計をさして確かめ

ぴったり60℃になったら

焼くのをやめます。

 

最初は、

45℃ぐらいだった肉の中心も

焼いてると

必ずあがってきて

60℃ぐらいになりますから。

 

これ以上あがると

ウエルダンに近くなります。

 

 こういう温度計は1つあると便利!

塊肉や 丸鶏 焼くときも重宝。

ホームセンター や大きなスーパーにありますよー!

 

そうしたら、

オーブンから出し、

そのまますぐにアルミホイルに

何重かにくるんで

さらに30分〜1時間程度おいておきます。

これもとっても重要。

 

これを

すぐ切ってしまうと

美味しい肉汁と血がだ〜と流れてしまいます。

 

 

このまま1時間弱放置。

 

食事の前に

スライスすれば、

完璧なピンクロゼ色に。。。

 

持ち寄りパーティの時には、

出かける時間を計算して焼き、

アルミホイルに包んだまま

もって出れば、

到着した時にはちょうどよく仕上がっています!

 

柔らかいリブロースだったので

少し厚めにカットしてます。

 

 

美味しくできました。

 

一緒にもっていった子供とアメリカ〜ン夫用のシェパードパイも!

→ 以前こちらに!

 

 

それと肉用のサイドディッシュを

お重に少しづつ詰めて

数品もっていきました。

 

人参とたまねぎとマスタードのラペ。

カラーパプリカのマリネ

赤キャベツとレーズンのコールスロー

日光ゆばの炊いたのに、キンカン煮

 

などなど。

 

 

このような四段の小さめのお重に詰めていくと

見栄えもよく

テーブルに出すのも便利です。

 

 

下は、

たこと焼きトマトのマリネ、

とお刺身の盛り合わせ 

 

でした。  

 

 

親戚宅では、

こんな風にオードブルを綺麗に並べてあり。

 

 

もっていったお重をだして、

ローストビーフを切り、

 

 

 

最後に

カニしゃぶと仙台せり、をいただきました。

 

 

年に一、二度しか会えない

親戚と一緒に

今年も楽しいお正月になりました。

 

明日は七草ですね。

 

仕事はじめから

連休です。

新年会も多いでしょうから

体調に気をつけて!

 

今日もみて頂いてありがとう

 

 

 レシピブログ と
  おもてなし料理 の ランキング  

2つに参加しております。。
本当にお手数ですが、
下記のマークを、
ぽちぽちっと押して頂けると
励みになります。

THANK YOU SO SO MUCH!!

(↓ この下のマークを両方とも、
 クリック1回して頂けたら嬉しいです~)

 

 
にほんブログ村 


 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あけましておめでとうございます。

去年も一年、ブログにお付合い頂いて

感謝です。

ありがとうございました。

 

また、

今年もどうぞよろしくお願いいたしますラブラブ

 

皆様

ゆっくりお正月をお過ごしですか?

 

我が家もまた変わらぬ御節で

年が明けました。

 

今年は夜に全員集合だったので、

ちょっと写真が暗いのですが。。。

 

大晦日から母と一緒に

こまごま作り10人分。

 

 

 

下準備は

だいたい母がしてくれています。

 

 

一の重

三種、黒豆、栗きんとん、ゆずいくら

きんとんも豆も市販のものは、

やっぱり甘すぎるんですよね〜。

自分で作ると好みの味にできます。

 

失敗しない黒豆の炊き方は、

以前→こちらに!

 

 

二の重

姫さざえ、あわび、たこときゅうりのゆずマリネ、

大海老のレモンボイル、こはだと生姜のマリネ、

 

たこのゆずマリネは、

中身をくりぬいたゆずの絞り汁ときゅうりとオリーブオイルで

マリネしてさっぱりと。

 

お正月にかかせない大海老は、

レモンと塩をいれたお湯でぷりっとボイルして、

オリーブオイルとレモンであえておきます。

 

こはだは、酢でしめて生姜の千切りをくるっと巻いて。

 

姫さざえは、酒と醤油と砂糖と生姜の出汁で

蒸し煮に5〜6分。

さざえは、すぐ火が通るので。

 

 

三の重

錦卵、

定番の鴨ロース、

美味しい鴨ロースは、レア加減だけ気をつければOK! 

こちらに→鴨ロース

それと、子供達の大好物の仙台の厚切り牛舌

 

 

四の重

ゆば、くわい、ゆりね、堀川牛蒡をいれて

お煮しめ

 

結婚52年以上、

一年も欠かした事がないという

母の御節は、

昔ながらの定番のものがほとんどなのですが、

お正月しか作らないメニューもあり。

 

例えば、この錦卵

一年に一回しか作らないけど

結婚以来毎年1回作り続けて、もう50何回め??

「50回同じもの作ってるってすごいよね?」と

笑。

 

固ゆで卵を熱いうちに

黄身と白身にわけて丁寧に裏ごしし、

 

 

それに砂糖を混ぜ、

上下に白身と黄身をのせて

蒸すだけです。

 

お正月にしか食べない

特別な甘い卵。

子供の時から大好きでした。

 

お正月にしか使わない

お膳と朱塗りの小皿を出し、

 

12年に一度づつしか使わない

干支の置物を出して

 

大晦日に父が箸袋に全員の名前を書き、

 

「お祝いやす」と

おとそを飲んだら、

おかつおを削ってふった

白味噌と八つ頭芋のお雑煮を

いただきます。

 

京都のお雑煮は、

白味噌です。

 

関東屋さんの白味噌で。

 

 

そして、

今年のシメは、

仙台セリ鍋で。。。

 

毎年変わらない我が家のお正月でした。

家族みな健康で

楽しくご飯を食べられる事に

感謝して。。。

 

デザートは、

花びら餅。

 

 

 

皆様もよいお正月を

お過ごしくださいね。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

みて頂いてありがとう

 

 

 レシピブログ と
  おもてなし料理 の ランキング  

2つに参加しております。。
本当にお手数ですが、
下記のマークを、
ぽちぽちっと押して頂けると
励みになります。

THANK YOU SO SO MUCH!!

(↓ この下のマークを両方とも、
 クリック1回して頂けたら嬉しいです~)

 

 
にほんブログ村 


 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年も終わりですね。

皆さん

もうお正月の準備はすみましたか?

 

私も実家に到着、

母と一緒に明日の準備中です。

 

 

毎年、お正月しか使わない

お膳や丸重、朱皿など、

少なくても母と同じぐらい、

70〜80年以上同じセットです。

 

古いものがとにかく多い実家なので、

こういう小さいものも

それぞれがこんな古い木箱にはいって

普段はほこりをかぶってます。

それをいちいち、ひもをほどいて、

箱からだし、中の薄紙をとって

ふいて使います。

これも一仕事。。。

 

 

箱の表や裏には、

それぞれの中身や皿の名前が書いてあり、

お重の木箱の裏には、

「昭和四十年吉日新調」の文字が。。。

昔の人はなんでも丁寧ですね。

 

 

今年の置物は、

鶏さん。十二年に一度しかでてきません。

 

まずは、

母がお煮しめを炊いてます。

 

くわいに、

八つ頭芋に、

京都の堀川ごぼう

 

 

京都の堀川ごぼうは、

こんなに大きなごぼうで、

そのかわり、とても柔らかくて

すぐに炊けます。

 

お重に必ずいれる鴨ロースは、

我が家では、

こうやって作っています。

 

合鴨は、

裏側の白い筋のようなところだけは

少しカットして、

 

まず、脂側に縦に切れ目をいれます。

肉まで切らないでね。

 

油を少しひいてよく熱した

フライパンで

脂側をよく焼きます。

 

 

かりっと焦げ目がつくまで。

表側は6〜7分

 

 

裏側は、

さっと5分ぐらい。

全体でも12分以上は焼かないで。

 

焼けたら、

別に沸かしておいた熱湯を少しかけて

余分な脂を洗いおとしてから、

すぐにアルミホイルに

しっかりつつんで30分ほど。

余熱でレアに仕上げます。

 

その間にタレを煮詰めておきます。

最初に酒とみりんを火にかけて

アルコールをとばしたら、

醤油、砂糖をいれて

少しとろっと煮詰まったら

冷ましておく。

 

日本酒 150cc 

薄口醤油と濃口醤油をあわせて100cc

本みりん 100cc 

砂糖   大さじ2

 

冷ましたタレに

鴨をいれ、つけこんでおきます。

鴨の脂が混ざって美味しいタレに。

 

 

つけあわせは白ねぎで。

 

ねぎは、

魚焼きグリルで、

まず焦げるまでこうやって長いまま焼き、

 

焦げ目がついたらカットして

 

寿司酢と出し醤油をちょっとかけて

マリネしておきます。

よく焼いたねぎはとっても甘くて

それだけで美味しいです。

 

出来上がった鴨ロースは、冷蔵庫にいれると

硬くなってしまうので、

常温でそのままつけておきます。

 

食べるまえに

薄くきって、

タレの残りをさらに煮詰めて

一緒にかけていただきます。

 

 

簡単ですが、

鴨ロースが入ると

なんとなく特別感がある感じが

しますね。

 

明日は大人数になりますので、

あと、いろいろと作って

詰めなくては、、、。

 

今年も

いろいろとお世話になりました。

無事、新しい年を家族と平穏に迎えらえる事に感謝して。

皆様もどうぞよいお年をお迎えくださいね。

 

今日もみて頂いてありがとう

 

 

 レシピブログ と
  おもてなし料理 の ランキング  

2つに参加しております。。
本当にお手数ですが、
下記のマークを、
ぽちぽちっと押して頂けると
励みになります。

THANK YOU SO SO MUCH!!

(↓ この下のマークを両方とも、
 クリック1回して頂けたら嬉しいです~)

 

 
にほんブログ村 


 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

さあ年末ですね。

 

我が家は、

今年のクリスマスは

鍋に始まり、鍋に終わった(!?)

和クリスマスでした。。

 

最後は、

アメリカ〜ン夫が日頃から

お世話になっているおじさま達を

お呼びしてのクリスマス忘年会。

 

「クリスマスなんだから、

ターキーとパンプキンパイがないと!?」

と言い張るアメリカーン夫を

説き伏せて、

今回は、

ザ・ジャパニーズなクリスマスメニューに

してみました。

 

テーブルも

男性陣に合わせて

黒いお重に黒いお皿の

コーディネイトで。

 

 

今回は、

日本酒がお好きで

お強い方ばかりだったので、

お酒のおつまみのようなものを

最初にすぐ出せるようにお重に入れておきました。

 

そうすると大人数でも

スムーズ。

 

お酒は、

いろいろ飲んだのですが、

これが美味しかった〜。

秋田の刈穂の銀千樹、12月詰めたて。

それと、

山口の獺祭、磨き三割九分

 

あっという間に

三升が空いてました。。。。

 

日本酒には詳しくないのですが、

この秋田の「刈穂」気に入りました。。

酒飲み好みの日本酒らしいですが、

美味しい。。。。

 

 

メニューは、

最初のお重には、

お刺身の盛り合わせとタコとカイワレのサラダを。

 

お刺身は新鮮なお刺身を

いろいろな種類で

少しづつ入れたかったので、

懇意の→笹鮨さん

お願いしました。

だからさすがの品揃え。ウインクウインク

 

箸休めには、

フキとたけのこのおかか煮。

美味しいフキの炊き方は以前、→こちらに!

 

たけのこは、

水煮をさっと味付けするだけ。

水煮たけのこは、少し甘めで濃いめの味付けで

最後におかかを入れて炊くと

美味しく炊けますね。

 

フキもたけのこも

一度完全に冷ましておくと

味がしみて。

 

 

 

そして、

合鴨のロースと

焼き白ねぎマリネ

 

鴨のロースは、

京都では京鴨といって、

よく食べていました。

これは、実家の母の十八番で

おせちにも必ず入れる一品で、

何かあると今でもよく作っています。

脂が美味しいんですよね〜。

 

こちらでは、

京鴨は手に入りにくいのですが

岩手の美味しい合鴨があります。

 

鴨ロースは、

合鴨さえ手に入れば、

実は、難しいことは何もない一品です。

 

レア気味に仕上げるのが

コツ。

あとは、美味しいタレにつけておけば

出来上がりです。

また、載せてみますね。

 

最後は、

もちろん三浦さんの仙台せりと

地鶏の伊達鶏の

お鍋を。

 

伊達鶏は、

臭みがなくてプリプリして

とっても美味しいスープが出るんです。

 

根っこを入れて、

 

 

締めは、

根っこのおじやを

頂きました。

 

宴会続きのおじさま方には、

このメニューが

ことさら喜ばれて、

大好評でした。。。

 

アメリカ〜ン夫は、

「僕のパンプキンパイは?」

とブツブツいっておりましたが、、、

 

大丈夫、

そんなのまた作ってあげるから、と。。。。目目

 

おじさま方には、

こういうご飯が一番美味しい

と喜んでいただけて、

私も嬉しかったです。

 

さて、クリスマスツリーも

片付けたし、

実家に戻って、

母とおせちを作ります。。。

 

忙しいところ

今日もみて頂いてありがとう

みなさんもどうぞ良いお年を!!

 

 レシピブログ と
  おもてなし料理 の ランキング  

2つに参加しております。。
本当にお手数ですが、
下記のマークを、
ぽちぽちっと押して頂けると
励みになります。

THANK YOU SO SO MUCH!!

(↓ この下のマークを両方とも、
 クリック1回して頂けたら嬉しいです~)

 

 
にほんブログ村 


 

 
 




 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて。。。

今年もあと3日になってしまいましたね〜。

 

我が家のお客様も無事終了し

大掃除と片付けをしたら

実家へ向かう準備中です。

 

先日のパーティで

皆さんに好評だった

箸休めの2品、

とっても簡単なので、

忘れないうちに

ちょっと載せておきますね〜!

 

花椒レンコンと長芋レモン

 

 

 

すし酢を使って簡単にマリネするだけなのですが、

ぽりぽり食べられて、

作っておくと便利です。

 

花椒レンコン

 

材料:レンコン 大1こ

  :すし酢  レンコンの量の1/3ぐらいが浸る量

  :花椒(ハオジョ)中国山椒ですが、もしなければ、

        日本の山椒粒でも。

  :ゴマ油  大さじ1

  :赤とんがらし 小1本

 

1)レンコンは、できるだけ薄切り3〜5mmぐらいで

  酢水に10分ほどつけておく

2)1分強ほどゆでる。(食べてみてシャキッとできていたらoK) 

3)容器にレンコンを入れて、その1/3ぐらいのすし酢をかける

4)ゴマ油大さじ1を熱し、花椒を10粒ぐらい入れ、

  焦げる直前、香りが出るまで炒めたら、

  熱い油ごと、レンコンにかける。

  お好みで赤とんがらしを1本いれて。

 

容器の中で混ぜ、冷たくなるまで冷やします。

半日以上つけるとより美味しい。

途中で容器をひっくり返して、全体に浸かるようにすると良い。

 

長芋レモン

 

材料:長芋/山芋20cm分ぐらい

  :すし酢 長芋を入れた容器で1/3浸るぐらい

  :出汁昆布 1カケ

  :レモン薄切り  半個分 

   (ゆずでも美味しい)

 

1) 長芋/山芋(どちらでも良い)

   は、縦の薄切り、大きめの短冊切りにします。

2) 容器に入れたら、すし酢を1/3浸るぐらいまでかけます。

3) レモンは、薄切りにして、長芋の間に挟むように入れます。

   レモンの代わりにゆずでも美味しいです。

   ゆずの場合は、汁を1個分絞り、

   別に皮を大きめに削って、一緒に入れます。

   出汁昆布も細切りにして入れる。

4) 半日以上、つけると美味しい。

   途中で容器をひっくり返して、全体を浸かるように

   すると良いです〜。

 

 

 

 

お正月にいかがですか〜?

 

さて、

片付けに戻ります。

皆さんも頑張ってね!

 

今日もみて頂いてありがとう

 

 

 レシピブログ と
  おもてなし料理 の ランキング  

2つに参加しております。。
本当にお手数ですが、
下記のマークを、
ぽちぽちっと押して頂けると
励みになります。

THANK YOU SO SO MUCH!!

(↓ この下のマークを両方とも、
 クリック1回して頂けたら嬉しいです~)

 

 
にほんブログ村 


 

 
 




 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さん、

良いクリスマスをお過ごしでしたか?

今年は、イブとクリスマスが週末でしたから

パパもゆっくりできたお家も多かったのでは??

 

うちは、

クリスマスから

まだまだゲスト続きなので、

クリスマス気分続行中ですが、

イブの週末は、

恒例の女子会クリスマスでした。

 

仙台での一番長〜い良いお付き合いで

気の置けないママ友仲間の

毎年恒例のクリスマス会。

 

昔は小さかった子供達も

ワイワイ一緒だったけれども、

最近は、子抜きでも大丈夫になってきました!!

 

今年は海外から帰国した彼女も

参加できて、

面白話に花が咲きまくりました爆  笑爆  笑爆  笑

 

せっかくなので

和風クリスマスにしたくて、

鴨せり鍋パーティに。

 

 

テーブルも鍋が主役の

鍋クリスマスコーディネートです。

 

 

この紅白のダリアは、

造花みたいですが、本物なんですよ。

なんて、クリスマスにぴったり!

 

鍋セットの

パナソニックのIHヒーターは、

ずっと欲しかったもので

親友からのプレゼント!!

 

白いIH土鍋は、

KINTOのKAKOMI というお鍋。

テーブルに映えるのが気に入っています。

こうやって、蒸すこともできる

すのこもついてます〜。

 

 

ここのところ、

大ブームの感ありの

仙台せり。

 

仙台は、せりの産地なので、

せりは、比較的通年出回ってはいますが、

12〜1月はシーズンです。

 

特にこの無農薬の

根っこまで食べられる

三浦さんの仙台せりは 

シャキシャキしていて、

本当に根っこが甘いのです!

 

出汁は、

クリスマス用の小さな丸鶏が

安く出回っているので、

1羽使って

お出汁をたっぷり取りました。

 

ネギと生姜と出汁昆布に、

丸鶏をそのまま入れて、

ふたをしないで、

コトコト炊いておくだけで

とっても美味しいスープが取れます。

 

もちろんこの鶏も、

後でさばいて、食べますよ〜。

 

 

鍋に

いろいろたくさんの具材を入れるのは、

あまり好きではないので、

シンプルに、

合鴨、美味しいお豆腐、

湯葉、そして、

主役の仙台せりと京水菜のみで。

 

 

その他には、

 

蓮根の花椒漬け

山芋のレモン漬け

白レバーの甘辛いため

赤カブのはちみつ漬けなど、

女子向けの箸やすめを。。。

 

蓮根と山芋、人気でした。

また、

レシピ載せてみますね。

 

そして、

いつもお出しする

ウエルカムドリンクは、

旬の柚子とバナナとヨーグルトの

スムージー。

 

柚子果汁に、

バナナ、ヨーグルトと豆乳半々、

それに生姜とはちみつです。

 

これも好評で。。

 

例の→忍者ブレンダーで作りました、笑!

 

 

シメは、

お友達のパパさんが朝うってくれた

できたてのお蕎麦!!

 

蕎麦は茹でるのが難しい!

ほんの1分未満です。

 

ママが少しづつ

茹でてくれたのを

美味しい出汁と一緒に

せりと京菜で

いただきました。

美味しかった〜〜。

 

 

外は寒い冬、

鍋を皆で笑いながらつつく、

美味しくて楽しい

クリスマスになりました。

 

いつまでも

仲良くおつきあいできる仲間に

感謝して。。。。

 

 

また来年もやろうね!

 

さて、

うちは年末まで、

今度は、おじさまゲストが続きます〜〜〜

 

皆さまも良いお年を!!

 

 

今日もみて頂いてありがとう

 

 

 レシピブログ と
  おもてなし料理 の ランキング  

2つに参加しております。。
本当にお手数ですが、
下記のマークを、
ぽちぽちっと押して頂けると
励みになります。

THANK YOU SO SO MUCH!!

(↓ この下のマークを両方とも、
 クリック1回して頂けたら嬉しいです~)

 

 
にほんブログ村 


 

 
 




 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)