人生空回劇場

一生懸命耕して種を植え続けてるつもり。

コツコツ水をやって気ぃ使って日に当てたり。



だけどなかなか実を結ばない私の人生。 嗚呼、空回り。



とは言え、人生、本音と建前 紙一重。  あんまり難しく考えずにいきましょ。


テーマ:

本屋が選ぶなんちゃら大賞みたいのに選ばれていたので手にとってみました。

帯の書評が、なんつーか・・・あまりわくわく感を呼び起こさない感じで少しばかり躊躇したけど、読み終わってみて 書評は正しかったと納得。

読み進める程に嫌な気持ちになるって評している人がいて、全くもってその通りだった。

だけど、続きが気になる。 この人はどう思ってたんだろう、あの人はどう感じていたんだろうって気になる。 

結局最後まで一気に読んじゃった休日の午前中。


読み始めたら間違いなく最後まで気になって止められない、けどイヤな気持ちにはなる・・・。

是非読んでみて!とはならない。 ・・・けど、なんつーか、現代の病が凝縮された様なお話。 なかなかアバウトすぎる表現だけど、考えさせられる本ではあったな。  


でも、その日の午後は別の本でお口直ししました。


告白/湊 かなえ
¥1,470
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この間、面白い本を見つけた。
日本人の知らない日本語/蛇蔵&海野凪子
¥924
Amazon.co.jp

いやー、笑った笑った!


私が外国にいる日本人だから笑えるのか、それとも普通に笑える話なのか、自分でもよく分からないのだけど、『ああそうっか。日本語って本当に難しいなぁ』と感慨深く、お腹を抱えて読みました。


アメリカには日本語を話せる日本人以外の人が結構いる。

昨日なんて、焼肉屋さんで順番待ちしてたら 『うわー。まだ並んでるよ』とバタ臭い白人が爪楊枝でシーシーやりながら出て来て言ってたのを見たし、 『コニチハー。ドコからキマシタカ、ユー?』と声をかけられたなんて話は珍しくない。


だけど、日本で育ったとか親が日本人で、とかいうの以外はやっぱりコツコツ勉強した人たちの様で、適切に直してくれる人のいない環境での勉強を余儀なくされている様だ。


今は結構アニメで日本語に興味を持つ人が多いみたいだけど、私の周りは面白い現象が起きてる。

なんと、私の友達(女)の彼氏、ダンナさんたちは皆日本語を話せる。

勿論皆がみんな流暢って訳にはいかないけど、『ああ、ぶぅさん、こんにちはー。げんきですかー。』位は普通だし、『イッショにディナーいきましょー』とか、『え、ほんとー?』とか。

何だ、この程度って思うなかれ。

日本語で難しいのは、難解な言葉だけではないのだ。 一番最初の大きな壁は『てにはを』。

次が 係助詞。 例えば『~しか』とか『~こそ』とか。

  ま、これは自分の周囲を見渡した上でのまるっきり勝手な私見なので、ご了承を。


ちなみに何故日本語が出来る男共が多いかっていうと、最近の日本人女は強くってね。 自分が英語や相手の国の言葉をマスターしようってのより、“アナタが合わせなさいよ”位の態度の人が多い。(笑)

日常会話でも

男“Are you hungry?”

女“うん。 お腹すいたー”

とか。 この間会った友達も電話で

男“Hello?”

女“あー。もしもし、わたしー。なにー?”

男“いま、Where are you?”

女“今?ぶぅちゃんのとこ。”

男“Oh, yea? Say こんにちは、ぶぅちゃん、ね?”

女“おっけー。じゃーねー。”

なんて会話、普通、普通。 ホント、ふつう。↑彼女普段からスピーカーにしてるから丸聞こえ。(汗)



日本語間違いってので言うと、私の身近でこういう間違いをする人がいる。


お金の管理はちゃんとしなくちゃね、ってお説教の時に 『どんぶりコンジョウ』

”この間パニくっちゃってさー”の時に 『パニる』

メールで“電話しますねー”と書きたかったらしい。  『電話を欠ける』


笑っちゃいかん。 間違いを笑いで指摘するのはマナー違反だと思い続けて早十数年。 直してあげるタイミングを逸してしまいまして。

(私のヒドイ英語を考えるとお互い様なのだけど。汗)


何だかんだ言って、結局言葉なんて意味が通じりゃいいじゃーん、が正解かもなって気がする今日この頃でもある。


上で紹介した本は、日本で日本語を勉強している外国人たちのお話の様で、ジャパンライフをエンジョイしている感じする。

日本に興味を持って日本に行ったのだろうから、あんな風に言葉を覚えるだけじゃなくて文化やホントに日本に触れてくれていると、何だか嬉しい。


ま、恥ずかしくって隠したい部分も多々あるんだけどさ。

もし本屋さんで見かけたらパラパラみて見ると良いよー。




















AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近面白かった本は? ブログネタ:最近面白かった本は? 参加中


直木賞作品という事で読んでみた。
この作家さん、昔 『永遠の仔』という作品を書いてます。 ドラマを観た人も多いと思う。

私はあのドラマが全く意味が分からなかったから、この作家さんは苦手、と思い込んでたのだけど、試しにこの『悼む人』を買ってみました。

悼む人/天童 荒太
¥1,700
Amazon.co.jp

結果、
全く共感出来る部分が無くて、登場人物の気持ちを理解するのが大変だった。
という感じかな。(汗)

ただ、『共感出来ないから良くない作品』という訳ではなくて、うーん、何て説明すれば良いかわかんないや。
 ↑ こんな放棄の仕方、どうよ?(苦笑)

フランス人が映画にしたら良い作品が出来るんじゃないかと思えた本です。

ただ、直木賞の選考基準が分からん、、、という気持ちも、、、、無くはない。
何にせよ、私にはちょっと難しかった。

映像化されても私には理解出来なかったんだから(永遠の仔)、活字で理解するってのはそもそも無理だったんだろうな。
もしこの作家さんの本で、比較的理解し易いと思うよなんてのがあったら、教えてください。 よろぴく♪








AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

これは琉球王国のお話。

時代は幕末。

清の弱体化と共に日本が列強に名を連ねようとしていたこの時、琉球王国が滅亡してしまったのね。


何故か私の人生に沖縄の人が多く関わっている事が多くて少し沖縄に興味があったのは事実で。

ただ、私自身は特に調べたり勉強したりという事もなく・・・。 過去を話してくれそうな人に擦り寄っていっても、聞けるのは戦争の時の話ばかりで。

そりゃ王国時代を生きていた人なんて、もう生きてちゃいないんだから仕方のない事なんだけど。

で、そんな時にこの本が我が手に!(笑)

これはハードカバーでも買う価値のある本だと思ったです。久々に。

知らなかった文化や思想なんかが垣間見れて勉強になったし、何より面白い!

読んでて浅田次郎の「蒼穹の昴」を思い出したりもして。 と言うのも、どちらも同じ時期、国家存亡へのカウントダウンが密かに始まっているその時に高みを目指して誇り高く生きて行く人のお話なのね。

独自の文化を持って、政治を行い、大国の間(はざま)で美しく誇り高くという生き方に徹した国、それが琉球王国であり琉球の人たち。

知り合いの子で沖縄から来た高校生がいるんだけど、その子の友達に尚家の子孫がいるんだって。(尚ってのは王族の名前ね)  その子が自分の祖先についてどんな風に聞かされて育ったか、とっても聞いてみたくなった。  

ああ、歴史ってロマンよね~。 (笑)



テンペスト 下 花風の巻/池上 永一
¥1,680
Amazon.co.jp


テンペスト 上 若夏の巻/池上 永一
¥1,680
Amazon.co.jp







いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

私的には 「容疑者Xの献身」の方が 「ガリレオの苦悩」だと思ったんだけど、、、まぁ、いいや。


これも・・・ハードで買う程では無かったかなぁなんて思ってしまった一作。


勿論東野ワールド全開でガリレオスパイスばっちり効いてるんだけど、読み応えで言うと「容疑者Xの献身」の方が良かった。

どちらにも“天才”が出て来るのだけど、容疑者Xの石神の方がガリレオの苦悩が感じられるしなぁ。


しっかし、映像化ってのは怖いね。

私の中での湯川准教授が福山雅治になってしまってるもんな。

「聖女の救済」辺りから 内海薫って柴崎コウが出現してるもんね。

本が映像に歩み寄ったってのも珍しい様に思える。


これも、周りで持っている人がいたら借りたら良いっす。

単行本まで待てるなら、それから買っても良いかもねー。

ガリレオの苦悩/東野 圭吾
¥1,600
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

紀伊国屋の入り口に平積みされていた数冊をハードカバーなのに(涙) 手に取ってしまった内の一冊。


さすがです!必ず買われるだろうと思ってました!と紀伊国屋のお姉さんに言われて少し苦笑い。 やっぱり海外だと送料や関税がかかるんで日本で買うより少し高いんですよね。  だから単行本になるのを待つ人が多いらしいんです。 だけどおねえさん達は「あのお客さんは絶対ハードでも買うから!」って確信してたってんですから、私の本棚・・・想像できますよね?(笑)


さて、この本ですが、

今大人気!(?)のガリレオシリーズです。

あっさり一日で読み終わりまして・・・正直肩すかしをくらった様な感じはします。


だけど、最後の種明かしの辺り・クライマックスは「なるほど!」と唸ってしまいます。 「すげー!こんな犯罪あるんだ・・・」と私も思いました。


この本自体の予告にね 「君たちは負ける。これは完全犯罪だ。」ってガリレオ先生のセリフがあるの。 本編の中でこのセリフが出て来るのが待ち遠しくてねぇ。 やっと出てきた時には キターーーーーって織田裕二が脳内で弾けた。(笑)



誰か周りで持っている人がいたら借りて読んでみたら良いですよー。

聖女の救済/東野 圭吾
¥1,700
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
千里眼やカウンセラーシリーズで有名な松岡圭祐のコレ。

シリーズ物ばっかりに目が行っていて、こういうのがあるなんて知らなかったのだけど 古本屋さんで発見して手に取ってみました。


架空のお話だってのは理解出来るのだけど・・・


ディズニーって大変っ!って思っちゃった。(笑)



ディズニーの会社形態は全く知識が無いのだけど、大きな組織っていうのは、、、とりわけ日本の会社の悪癖を想像出来るだけに あながち虚構ではない様な感じがする。


架空ですって断ってるけど、訴えられやしないかちょっと心配。(笑)


ミッキーマウスの憂鬱/松岡 圭祐
¥1,365
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
海堂尊「チームバチスタの栄光」の続編です。

チームバチスタが「このミステリーがすごい」で賞を貰ってミステリーっぽくないなぁなんて思っていたら、こちらは結構ミステリーです。


歌声で映像を「見せる」って設定がすごい。

そんな人本当にいるんでしょうか。 

・・・いや、いても鈍感な私には感じる事が出来るか疑問だけど。(笑)


この海堂尊って人は医療現場にいる人らしいですね。

お医者さんなのかまでは分からないけど、現場の良くない部分を開放したくて「チーム・バチスタ」を書いたって聞きました。

開放しすぎ。(笑)



あ、そういやドラマになりましたねー。 チーム・バチスタ。


田口が竹内結子で白鳥が阿倍寛ってのでちょっとがっかりしたので映画は見てないんですが、さてドラマはと思ったら、田口はチビノリダー(名前知らない)で白鳥は中村トオルですか・・・。


イメージ違う。(涙)


私の中で 田口はうーん、誰だろう。 

三上博とか良いかもしんない。

白鳥はね、羽場貴之ってひとなんだよね。 うん、これは明確。

ただ、超脇役さんだから 阿倍寛や中村トオルのステージにはいない人なんだよねぇ、残念な事に。 (名前も今調べたし。笑)

この人じゃ数字取れないだろうって思われるに違いないんだけど、私は本を読んでて白鳥の部分になるとこの羽場さんって人にセリフを言わせてた。 


本や漫画の実写化ってのはこういうのが付きまとうけど、意外と見たらしっくり来ちゃったりするんだろうね。


この手の裏切りを期待しよう。



あ、忘れてたけど、小説!

うん、面白かったよ。

・・・って、とって付けた様な感想ですまん。(笑)

ナイチンゲールの沈黙(上) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)/海堂尊
¥500
Amazon.co.jp

ナイチンゲールの沈黙(下) [宝島社文庫] (宝島社文庫 C か 1-4 「このミス」大賞シリーズ)/海堂尊
¥500
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

占いをする人は言われた事に自分を当てはめようとするところがあるから、何を言われても「やだー♪当たってる~!」となるらしい。 



私自身も、、、良く考えてみると、、、ふむふむ。 そんな気がしてくる。

 ってこの時点で「やだー♪当たってる~!」だ。(笑)




血液型性格診断ってのにはあまり詳しくない私だけど、A型の人がどんな目で見られてるかというのは肌で感じている部分があって、でもってその既成概念に自分なりに違和感を抱いてはいて。 私ってA型じゃないかも~なんて思ってた今日この頃、、、

社長が「ぶぅちゃんって、B型じゃないよねー。」といきなり。


「ほへぇ?」と間抜けな返事を返してしまったのだけど、と言うのも彼は日系ハーフで気持ち・心・考え方・ビジネスは "THE・アメリカ人"だからだ。

そんな彼が非科学的でほぼ日本と韓国位でしか広まっていない血液型性格診断を口にしたのだから ちょっと驚いてしまった。


彼自身はO型で、彼の奥さんはB型。 で彼がこの本


B型自分の説明書/Jamais Jamais
¥1,050
Amazon.co.jp

を買って読んだら、色んな事が納得出来て「ああ、そうっか。 俺のせいじゃないんだ。 血のせいなんだ!」って思ったって言うんすよね。

   俺のせいじゃないんだ、って思った辺りが笑えるんだけど。



私は「A型・自分の説明書」 というのを買ったのね。
A型自分の説明書/Jamais Jamais
¥1,050
Amazon.co.jp



元はB型しか説明書が無かったらしいのだけど、好評につきって事らしい。


私はA型なので、聞かれた時そう答えると

「じゃあ、結構几帳面なんだ?」って言われたり

「社交的なのね」って言われたり

あまり身に覚えのない事(笑)を言われる機会が多い。


私は血液型性格診断にあまり詳しくないので一般的にどんな傾向がみられるのか想像に乏しいのだけど、A型は「ちゃんとした人」らしいし、「常識的な人」とも言うらしい。


この説明書によると


  *英作文では「Have to」が多かった。


なんて事も書かれてる。


うんうん、確かにそんな気もしてくる。 日本語でも「~するべきだよね!」とか。 うんうん。(苦笑)



そして、読んでる内に何だか私自身が暴かれてる気がして来て、この本は世に出してはいけないかも・・・!という気になってきた。 色んな事を必死に隠してる私の努力が泡となる・・・。(笑)

 何を隠してるのか、自分でも良く分からないけど。




そういや「几帳面だよね、ぶぅちゃんのお家ってもの凄くきっちり綺麗なんだろうね~」とイヤミ混じりで言われた事がある。  イヤミだって分かったから返事もしないで苦笑いで返したんだけど 本当はその時心の中では 「いや、ぐっちゃぐちゃだよ。」って思ってた。(笑)

でも、意外と周りの人って「だってぶぅちゃんってA型だし、きっとそうだよ」とか言って頷いちゃうみたいで。

私はその度に心の中で「分かってねーなー」って思ってたんだけど、この説明書には


  *外ではきっちり 家では だらだら ぐちゃぐちゃ


みたいな事が書かれてて。 

おお!生まれて初めて本質を突かれた!って思ってしまった。


実は本屋でこの本を手にとってパラパラ見た時、この一文が目に留まって買う事に決めたのだ。



結構笑えて、芯に来る、そんな本。



今はまだ B型 A型しか出てないけれど、後2冊は少なくとも出る予定らしい。

自分の血液型、もしくは身近な人の血液型の一冊を読んでみたら、面白い一面を発見できるかも。




読み終わって少なくとも私は、、、、

少し恥ずかしい気持ちになっちまいました。 (///∇//)






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

河童の川流れ 」というブログを書いている“かわたろう”さんという方がいまして、

その方が好きな作家だとブログ中に書いておられたので 試しに一冊買ってみました。


内容は死神の千葉さんが自分が死を担当する人間(対象者)と接触して人間を視るお話。

千葉さんは死神なもんで人間の世界の事についてはとっても疎い。

「旅行とはなんだ?」とか 「恋愛とはなんだ?」とか、人間だったら改めて言わない様な疑問を口にする。 

そして自分の仕事も忘れない。 「死ぬことについてどう思う?」 

対象者はそれぞれの思いを口にするんだけど、、、、

私だったらどうかな。 私だったら、、、、


なんて思いながら一日で読んでしまった面白いお話でした。

死神の精度 (文春文庫 (い70-1))/伊坂 幸太郎
¥550
Amazon.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。