人生空回劇場

一生懸命耕して種を植え続けてるつもり。

コツコツ水をやって気ぃ使って日に当てたり。



だけどなかなか実を結ばない私の人生。 嗚呼、空回り。



とは言え、人生、本音と建前 紙一重。  あんまり難しく考えずにいきましょ。


テーマ:

ちまたで流行ってる『スープダイエット』。

いや、ホントに流行ってるのかホントは良く知らないんだけどね。


年末位からドンと体重が増えてきまして。 

これが小学生位なら『大きくなったねー♪』とか喜べる話しですが

残念ながら、いやホント“残念ながら”な世代ですから。


で、アチコチみてたら見つけたコレ、スープダイエット。

『一週間で5キロ痩せました!』みたいなレポが結構あるじゃないすか。

内容をみたら、ポトフみたいな野菜スープ作って、7日に分けて栄養と取っていくみたいな感じ。


ああ、これならやれるわと思ってたら、これまた残念な記事を発見。

このスープダイエットって、よくある『口コミ・怪文書系ダイエット』っていうのに類するものらしい。

昔流行った『国立病院ダイエット』とか言うのと同じ。ドコの国立病院なのかと思ったら、デンマークだったらしいのだけど根拠ナシだそうで。


で、このスープダイエット、リバウンドの確立が高いんだそうだ。

というのも、たんぱく質が絶対的に足りないんだと。

それに、糖質があまりにも少量過ぎるって。 確かにスケジュールを見るとお米食べて良い日が殆ど無い。

後は、やっぱり摂取カロリーが少なすぎるっていう、痩せるには当たり前の条件らしい。


・・・うーん、残念。


と思ったけど。

問題点が分かったって事は、問題点を克服した事にはならんか?


たんぱく質が足りないなら少量でもお肉を摂るとか、スープにソーセージやベーコン入れても良さそうよね。 それ以外にお豆腐食べるとかさ。 お豆食べるとか、結構対策は出来そうじゃないか。


糖質も、いいじゃん、ご飯食べちゃえば。 量をセーブすれば良いわけでしょ? 例えばリゾットみたいにしちゃうとか。 膨らめば結構お腹いっぱいになるし、消化も良さそう、、、じゃない? パンは満腹感も少ないしカロリーも多いからやっぱりお米の方が良さそう。


この二つを取り入れれば、摂取カロリーの『あまりに少ない』状態も回避出来るとみた。


という訳で、キャベツ一玉使った野菜スープを作ってみた。

彼氏がトマトを食べれないのでコンソメ味。 野菜の甘みが出て結構旨い。 セロリもスッゴイ入ってるのに、苦手が彼氏は全く気づかない。 ィヤッホーィγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ

大鍋にナミナミ作ったんでこれが終わるまで他のは作らん!位の勢い。


何か納得しちゃったら もうやり遂げた感で満足。 

ダイエットとかどうでも良くなっちゃったぞ。 ←これが全ての元凶だっつーの(笑)






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

自分の身体や見た目に無頓着な私ですが、気持ちいい事は好き。

なのでマッサージやお風呂やそういうのの関連グッツは結構試したいタイプ。

匂いが前面に出て来るものは苦手なのでアロマとかはやらないんだけど。


で、アメリカに来てからアメリカのものを試したんだけど、ドレもコレもどうも苦手。

まず匂い。 ニベアの匂いでさえもアメリカの方が強く感じるのは気のせいだろうか。

数年前からコッチのお洗濯用柔軟剤が人気の様だけど、あたしゃアレもダメだ。


それから、保湿剤っていうのかな。 あれがダメ。

例えば、日本のダブは『しっとり』とか言いながらも結構さっぱりするんだけど、アメリカのってすごくヌルヌルする。 身体にバター塗りこんだみたくなる。

どんなに乾燥してても、あれってヌルヌルするだけでしっとりはしないのだ、私にはね。


ついでにもう数点。

日本と同じ商品なのに、やっぱりコッチで売ってるのはアメリカ人用ってつくづく思う。

例えば、パンテーン(シャンプー&リンス)。 

日本のは、何て表現したら良いか分かんないけど、アレって良いシャンプーでしょ? 私は使ってないけど。

でもアメリカのって、何て言うか、、、ぱっさぱさになる。 ってか、なって以来使ってない。

あと、さっきも言ったニベアやポンズ。 なーんか使い心地が違う。

それから、毛穴すっきりパック。 一時期色んなブランドから出てたけど、粘着力が弱くてさっぱり取れない。

だからかな、もうドコに行っても見なくなった。


そんなこんなで、最近は多少お金が掛かってても日本のものを使ってます。

で、ここ数年間での私のヒット商品がコレ。


【和っ布る(和紙タオル)】 浴用タオル(オーガニックタオル・ボディタオル)■ご使用後レビュー「...
¥1,575

これ、普通に石鹸付けて身体を洗っても良いんだけど、石鹸付けずに使う方がお勧め。

ホントにお勧め! (何で2回言う?笑)


私はバスタブに浸かりながらコレで身体を軽くこする。 いや、こするよりもっと優しい感じで、、、さするって感じかな。

そうすると、ふやけた角質が取れる取れる。  

たった一回使っただけで、ひじやひざの肌の色があからさまに変わったもん。 


週に2回~3回使うのが良いらしいので、バスタブに浸かる日は使う様にしてて

終わった後は勿論、乾燥を防ぐ為のクリーム類を身体中にべったべたに塗りまくります。


合う合わないもあるだろうし、好き嫌いもあるだろうから、(私の言ってるの鵜呑みにしないで)まずは試しに小さい(安い)サイズからトライしてみると良いかも。





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

私も結構良い歳なんで、こんだけ生きてるとそれなりに

『あれが良い!』だの『これはダメ!』だの、

色んな情報が入ってきます。


そんな中でとりあえず、私の中で定着している洗顔方法をご紹介。


【夜】

 泡立てネットでちょっと固めの泡を作ったら、顔を一切濡らさずに その泡だけで顔を洗います。

 とは言っても、洗うというより 泡で撫でるといったトコでしょうかね。

 手を顔の間に必ず泡を感じる様にして まさに 『泡を転がす』 感じ。


 コレね、顔を濡らして洗顔すると 泡がへたってしまって 手で洗顔してしまう結果になります。

 おまけに 顔のアブラ分が水分を弾いてしまうので 石鹸(泡)がノリづらい。

 

 洗顔後は顔表面にまだ湿り気を感じる内にローション等をつけます。

 肌が乾いてからつけると、肌への吸収が半減するそうです。

 オマケに 小じわの最大の原因だそうです。 お気をつけくだされ。

 ローション等は 顔の下方から上方に向けて塗ります。

 毛穴って下を向いてるからと聞いたからデスが…コレがホントかは定かではありません。(汗)


【朝】

 朝は 夜と違って落とす汚れが違うので 『泡でマッサージ』という感じで洗ってます。

 んでも、方法は殆ど【夜】と一緒デス。

 

 ただ、朝はシャワーの時に顔も洗うので、顔は濡らしてます。

 あんまりゴシゴシ洗った感があると 肌が辛いだろうと思うので 朝はこれでよしとしてます。



こんな感じですが、実を言うと私は特別肌がキレイではありません。

小じわもありますし、シミだってあります。 (爪-爪)

それは、年中スッピンで、お化粧をしない上にUV対策を怠って来た報いなの。

うん、わかってマス。


この方法に定着してから まだ半年位ですが、左頬にあったシミが少し薄くなってきました。

   アメリカは左ハンドルなので、左側が日に焼けやすいのです。↑


そもそも、カリフォルニアなんてー日差しの強いトコにいるんだから

日焼け対策位、ちゃんとやらんとね。 うん、それも分かってるのら。


だけどさー。

日焼け止めって皆 ウォーター・プルーフばっかで ベタベタするんだよね。

ファンデーションの下地にもなります、とかってさ。

水溶性のがあったら間違いなく買うんだけどなぁ。

だれか、良いの知りませんかー?





AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

鼻炎ぎみなせいか、いつも鼻がぐすぐすいってます。


で、眠ろうとベッドに横になると 鼻が詰まってる…。(汗)


ドコかのブログでみたけれど、世の中には人前で鼻をかめないご婦人がいるらしぃ。

『恥ずかしい』との理由らしいのですが

出来るか出来ないかはトモカクとして、心構えは見習いたいものです。

ちなみに私は ちーん!どころか 酷い時には脳みそが出て来るんじゃないかってーくらい鼻をかみます。

平気で鼻ん中の掃除もします。(笑)


で、かんでもかんでも詰まってスッキリしないときは…


詰まってる方の鼻を上にして横になります。

  ↑右の鼻が詰まってたら左を下にして横向きで寝る。



するとあら不思議。


鼻がすぅっと通りますよ。

個人差は勿論あると思いますけど、無理に鼻をすすったりしないで

静かに息をして待ってると良いです。


風邪を引きやすい時期ですから、皆さんお体大切に♪



いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。