人生空回劇場

一生懸命耕して種を植え続けてるつもり。

コツコツ水をやって気ぃ使って日に当てたり。



だけどなかなか実を結ばない私の人生。 嗚呼、空回り。



とは言え、人生、本音と建前 紙一重。  あんまり難しく考えずにいきましょ。


テーマ:

3年前の10月3日に書いたものですけど、改めて読んで何だか切なくなってしまった。

だけど、誕生日にこんな事考えてたんだなって思うと不思議。 

いや、誕生日だから色々考えてたのかもしれないな。


===================================


何かで読んだのか、それともTVで見たのか覚えてないけれど

心に突き刺さった言葉がある。


「いつも自分が悪くない、と思っているあなたは 人の痛みが分からない人です。」



私は、周りの人達に対してなるべく心穏やかでいようと考えている。

平常心を保って なるべくみっともなく感情的にはならない様に、と。


だから、女性は私を落ち着いた頼りになる人だと思い、

男性は“男前な姉ちゃん”だと思ってる人が多いらしい。

でも、それは私を好意的に見ている人に限った話で、

勿論 世の中には私という人を好まない人もいる。


そういう人は 私を “いつも人を見透かした様な態度”と言ったり 

中には “人を見下した様な態度”と表現する人もいる。


無邪気に喜んだり驚いたり、そんなはしゃいだ態度を見せずに 

無理に平静を装おうと頑張ると、空回りしてそんな誤解を受ける事もある。

私が状況を見誤らない様にと 冷静な態度でいればいるほど 

あまりおバカな事を言わない様に気をつけていればいるほど

そんな風に感じる人がいる様だ。


私はそんな人間ではない。   ・・・・と思う。


だけど、私の悪い癖、、、、なのか、

誰かと意見が対立した時、筋道を立てて考えてそれを相手に押し付ける時がある。


そうなると私の独壇場。

「~という訳で、私は間違っていない、という事がわかるでしょう?」と相手をやり込める。


ある意味、逃げ道を塞いで 「そうですね、私がわるぅございました。」と頭を下げるしかないという状況を作る。


時々自分でも矛盾に気づく時があるけれど、相手がそれに気づかない場合は無理(意地)を通したりもする。(汗)

つまり、優しくないのね、私って。 

だから 「人を見下した態度」も表現としては あながち遠くはないのかもしれない。


で、思い出されるのが


「いつも自分が悪くない、と思っているあなたは 人の痛みが分からない人です。」


という言葉。


聞いた(見た?)瞬間 グサっと何かが心に刺さった音が聞こえた気がした。


ただ、正直 私は 人の『痛み』が本当に分からない。


実質的な 痛み、、、例えば 怪我 とか 病気とか。

「大変ね、痛いよね、早く元気になってね」とは思う。

だけど

わが身に置き換えて心が痛くなる程同情するって事が出来ない。

本当に分からないから。

自分だって怪我や病気で苦しんだ事があるのに、

人がそんな目にあっていても心から同情してないんじゃないか、私?って思う。


「じゃあそんな私から確実に気休めだとわかる言葉をかけられても

この人は私の嘘を見破るだろう。 だったら何も言わない方がいい。」

って思っちゃう。

その方がこの人に対して誠実だ、って思っちゃう。 

勿論これは自分勝手な正論なのだけど。


それから 精神的な痛み。 振られて傷ついた、とか 酷い事をだれかに言われた、とか。

そういうのも

「傷ついたんなら 後は自分の精神力で乗り越えて行くしかないよね。そしたら次はもっと頑張れるよ、きっと。」

って思っちゃう。

愚痴を言いたいならいつでも聞く。 私だって愚痴ぐらい言うもの。

何なら垂れ流し的に愚痴ばっかりかも。(笑)


だけど 私に 「どう思う?」は聞かないで欲しい。

何が正解なのかは 本人にしかわからないのに 私がどう思うか聞いてどうするんだ。

もう少し突っ込んで言えば そんな質問をする人は 本当はもう自分の気持ちが分かってるんだよね、とも思う。

誰かに自分が考えている事を口にして欲しいだけなんだよね。

まぁ、私にそんな話をする時点で 

「誰にでもいいから聞いてもらいたい という心境なのだな」

と思う様にはしてるのだけど。

だから、「つら~い」とびぃびぃ泣いている子には私は全然優しくない。


ただ、人に愛されない寂しさを抱えているという問題には私も弱い。

誰にも必要とされていないんじゃないか、っていう疑問は

生きて行く中で出来れば抱えない方が良い疑念だと思うから。


その気持ちを一度抱いてしまうと、寒いの。

40度を超える真夏でも、熱気ムンムンの人ごみの中にいても

何をしていても 誰といても 寒いんだよね。

ほんわか、あったかい気持ち ってのは 何となく想像出来るんだけど

それは 想像でしかないんだもの。


私は今の自分を 胸を張って大好き!とは言えない。

嫌い、と言ってしまうと 親のせいにしてるみたいでどうしても言いたくない。


だから、「こんなモンでしょ」といつも言っている。


泣いたって 笑ったって 頑張ったって 悔しくったって 

今の自分は 今までの自分が作りあげてきたものなわけで

その結晶が そんなに素晴らしいものだとは思えないし

そんな実感もない。(笑)


感じている“実感”で言えば 心の中のネジ、というか 

心の中にある“人の痛みがわかる”という歯車を留めてるネジがちゃんとはまってないって事かな。

ソコにあるんだけど、いつもグラグラ、今にも外れてドコかに落ちてしまいそうな感じ。



だから、世の中のお母さんやお父さん達には理解してもらいたい。


子供を抱きしめずに育てると こういうのに育っちゃうんだ。

抱きしめてもらって、自分の事で笑ったり怒ったり喜んでくれたり

色んな顔を自分に向けてくれる人がいつも傍にいるって安心感、

そんなのをいつも感じさせてあげて欲しい、と思う。


中学の頃に母親が私の為に泣いた事があったんだけど

その時にはもう 手遅れだった。

あの頃の私のかさついた心じゃもう 母親の涙で心が動く事はなかった。


多分、心が健全じゃない今の若者って 私と一緒で こういうのが原因なんじゃないかな、とも思う。



使いまわされ過ぎてて、軽薄な匂いも漂わせつつある、

「人の痛みが分かる」 って言葉。


だけど、これって人が生きてく中での大切さで言うと かなり重めだよね。

そんな人に育てば 人を 力でも 言葉でも 文字でも 

無意味に傷つける事はしないと思う。


ソコにある 心の病気の芽を 摘むも育てるも ソコにいるあなた達次第なんだ。






AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

前にも触れたことがあるけれど、私の周りには特異な人が数人いる。

特異ってだけで「特別に」異なるって書くのに、更に “すごく”特異な人、と言いたくなる感じさえする。  

今日はその中の一人。 名づけて ・・・ いや、同じ名前の人がいたら気の毒だからやめとこう。


その人の朝は愚痴から始まる。

アパートの隣の部屋の人がどうとかこうとか。

さっき車を運転してたらああだったこうだったとか。


会社に来てメールチェックを始めて早速大きな独り言が始まる。

はぁっ?どーゆーことよー!

チョーむかつくぅっ!

あったま悪いんじゃないの!?


ちょっとした休憩時間に この間会った友人の話。

言葉の端々の揚げ足取りから、おめーの勘違いだよって事から その内箸の上げ下げまで言い出すんじゃないかと思う。


トイレに行けば、隣の個室に入っている顔もみていない誰かの話。

廊下を歩けばすれ違った見知らぬ誰か。

仕事をすれば、仕事の出来ない取引先相手。


世の中のむかつく事だらけで、どいつもこいつも私をイラつかせてばかり。

と思っている彼女。

こうなりゃ、ある種の病気だよね。 本人に自覚はないだろうけど。 


書いてて私も気持ちが沈んで来たけれど、一番可哀想なのは彼女の下で働いているアシスタント。 

彼女のアシスタントが私に聞いて貰いたい話があるんですけどいいですかって連絡してきた。 ちょっと嫌な予感はしたけど、まさかねなんて思っていたら、イヤな予感程当たるんだよね、ってか呼び込むんだな、きっと。


アシスタントは泣きそうな勢いだった。 「もう人の悪口聞きながら仕事し続けるの限界です」って。 「あなたに関わりのない人でしょう?って人の事まで酷い悪口三昧ですから、本当に皆の事言ってるんです。 本当に誰の事でも。」って。 でもって、「察してくださいね」と付け加えられた。(笑)


そういう人だってのは前から気づいてはいたけれど、そのネガティブオーラを万人に満遍なく振りまいてるとは思ってなかった。  話す相手は選んでいると思っていたから。 で、その名誉なお相手に私が選ばれているんだと思っていた。

ああ、思い上がりだったなぁ。 (でも残念ではない。笑)


一応アシスタントちゃんには、時々仕事に関係している話で聞くべき話が混ざってる場合があるかもしれないから  そこの判断は間違えない様に気をつけた上で、どうでも良さそうな感じだったら 「へー・・・」で良いよ思うよ。  なるべく彼女のそういうトコは私が引き受けるし、あなたもキツくなったら私が相談に乗るから。 と毒にも薬にもならない様な返事しか出来なかった。


正直面倒くさい。

だって、3人目だもん、コレ。


だけど今まで彼女の下には3人のアシスタントがついてきたけど、皆が皆同じ事で傷ついてる。

私にとっては「またか・・・」でも当の本人達にとっちゃ、こんな人がいるなんてと嘆きの驚きだし ある意味悪気の無いいじめを受けている様なものだ。

で、結果みんな私に泣きついてくる。 私の悪口だって聞いてるはずなのに。 それ程誰かに縋りたくなる辛さなんだろうなぁ。 そうだよなぁ。 誰だってイヤになるよな。 毎日毎日、何か話しかけて来るぞと身構えると やっぱり誰かの悪口が始まって、身を入れて聞くほどの内容じゃなかったり なんでソコまで腹が立てられるのかって内容だったりする訳で。

気持ちの弱い子は 自分に対する遠まわしなイヤミなのかって思ったり、受け止められない自分が悪いんだって自分を責めたり。 。。。見ていられない。


私は適当に聞く内容とそうでない内容を自分で選別出来てて、ちゃんと聞くときもあれば適当に喋らしとけみたいな時もある。 言うだけ言えばすっきりするだろ、みたいな。 だから電話は毎回最低2時間は付き合うし、食事に行こうってなると座りすぎでお尻が痛くなってもちゃんと付き合う。


実は今回のアシスタントの連絡を受ける前に、少しだけでも前向きに変えて欲しくて本を一冊あげた。



夢をかなえるゾウ/水野敬也
¥1,680
Amazon.co.jp


これ、本当に良い本だったもんで、気持ちの持ちようを変える良いチャンスになればと思って。

ドラマはダメだったみたいだけど、本は本当に良かった。

「バイブルとして読んでね」と渡したのだけど、まだ開いてもいないようだ。


ちゃんと読んで自分に置き換えて、自分はどうかなって考えながら読んで欲しいって言ったのだけど・・・

すぐナニかしらの変化が表れるなんて思ってはいないので、長い目で見ていこうと思ったりなんかして。 


私もちゃんとしないと「ホントに読んだのか?」って言われちゃうわな。(苦笑)










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

その日、やっとこさ仕事が終わって8時半に「今だ!帰るぞ!!」ってタイミングを見つけソッコー会社を出たの。

 私って仕事での区切りの付け方が下手で、ま、それは一人でいくつもの会社の仕事を掛け持ちしてたからで(社長は一緒)。 コッチでバックアップ取ってる時間にアッチのあれ片付けちゃおうってな事をよくやっちゃうわけですよ。  んな事やってるといつまで経っても仕事なんて終わるわけがなくて、いつも遅くまでダラダラやっちゃう。


それでもあの日は、既に8時位には見切りを付けれてて「ニジヤが開いてる時間には間に合う様に出るぞー」なんて思ってたのね。

ニジヤってのは日系スーパーで、コンビニ弁当が手に入らない私らはお弁当買うのに日系スーパーが主流。

で、ちゃんと閉店前に入る事が出来た上に 美味しそうなお弁当が残ってたんでそれを買って店を出た。

その時は持ってましたよ、ちゃんとね。>財布


で、フリーウエイ使って帰ろうかと思ったんだけど、スタバでアイスティー買って帰ろう♪って思ってローカル使って家路に着いた。

目指すスタバの前に車を止めて、さあ♪と思ったんだけど相方の分も買って帰ろうと思いついて暫し考える。


スタバってお持ち帰りはカップを差すタイプのトレーで寄こすから バッグや財布持ってくと戻って来る時持ちづらいかな、と。 で、財布から4ドル20セント取り出してソレポケットに突っ込んで車から降りた。 



・・・それが財布を見た最後。 _| ̄|○ 





人生空回劇場-epi shiro





  ↑ 無くした財布ってコレと同じタイプだったんだよね。

これは白いんだけど私のは黄色で。 でもって今はもうその黄色バージョンは売ってなくて。


いつ手に入れたか覚えてないけど、少なくとも4年は使ってて、 でも凄くきれいに使ってたからヴィトン好きな人には良く 「買ったばっかりなの? 黄色ってもう売ってないのに?」って聞かれた。 ホントに傷一つつけずに使ってたのに。


おまけに中身はカード類やらアメリカと日本の免許証やらもう色々何でも入ってたから、全部止めて再発行ってのは結構な作業だった。


昔、相方が財布を無くした時は、、、というか落とした場所は分かってるし拾った奴も大体目星がついてたけど、証拠が無くて追求出来なかったんだけど、カード止めたり諸々再発行の手続きとか面倒な事が一通り終わった頃に郵便局から、「アンタの物だと思われる物預かってるから、確認しに来て」ってはがきが来た。


財布が郵便ポストに投げ込まれてたらしい。

財布からお金だけ抜き取った奴らがそうしたのか、そいつらが放置した財布を拾った心優しき人がそうしてくれたのかは謎だけど、聞いてみると無くしてもそういうケースで戻って来たって人達が結構多い。


落としたらしい場所に戻ったらホームレスが拾ってたとか、お金だけ抜いてゴミ箱に捨てられてたとか、そんなのも聞く。


そんな幸運な話を良く耳にしてたもんだから、その内私の元にあの財布が戻ってくるんじゃないかって淡い期待を抱いてる。 ←結構オメデタイ。

中身200ドルは仕方が無い。 くれてやる!!

財布と中身だけは返してくれ。

日本の免許証はね、取り直しが面倒だったんだよ、免許センターの人の手違いで。

ポイントカードだって、やっと換金出来る♪ってのが2枚も入ってたんだよ。

大事な名刺とか何枚か財布に入れてたし。。。


ホントあれないと困るんです。 (爪-爪)


なんて声は聞こえないんだろな、財布拾っても届けない様な奴は・・・

  今の世の中、落とす方も悪いなんて声も聞こえるけどね。(笑)















AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

少し前にあるデパートに買い物に行った。



買い物自体が結構珍しい上にデパートなんて随分久しぶり。


実は翌日に大きな会議が予定されていて、日本の本社や取引先の偉い人達が沢山来るってんで「ぶぅちゃん、いつものカッコは・・・さすがに分かってるよね?」と社長。




とは言え、基本的にうちのオフィスは ジーンズ、TシャツでOKなので普段はそれこそ「ちょっとコンビニ行ってくるわ」位の格好で会社に来る。


同僚の一人はベースボールキャップをいつもかぶってるし ←ハゲ隠し

また別の同僚は「Hey! Yo!」な格好(笑)で仕事してる。 ←これでもレインボーパパ。




私だってクロックス履いてたりするし、毎日ジーンズにTシャツでノーメイク。

  あー、ソコソコ。 女捨ててるとか言わないよーに。




そんな会社なんで、そんな事言われたってねーっなんて言ってたんだけど、実際偉い人達が皆スーツで来るのは分かってるし、ラフだけどパーティーもあるって言われてるし、そこんトコはちゃんと分かる良識ある大人なんで、当日はちゃんとした格好で来ることになったわけ。


でも普段ちゃんとした格好なんかしないから、誰もそんな服持ってなくて大慌て。

勿論私も類に漏れず。(笑)




で、重い腰あげて週末までに買い物を終わらたのはいいんだけど

「さあ明日だ」って時に、ヤバイ!ベルトが無い!って気がついて、急遽仕事終わりにお買い物。

遅く開いてるのってデパート位だから、この辺で一番大きいチェーン展開されてるデパートへ。





で、ソコで見つけたのがコレ。

(やっと本題。笑)







人生空回劇場-Bending Machine 1



なんだと思います?

あ、左上にiPodの文字が見えますねー。

右上は デパートのロゴです。

箱の右側には、、、 あれはiPodのポスターですね・・・






























コレ、実は コレなんです。 ↓
































































人生空回劇場-Bending Machine 2


っつっても良く見えないかな。




えーっとね、Apple商品の自動販売機。

本体からアクセまで結構な品揃えです。

iPhoneが売ってました。

もうちっと はっきり大きく撮れば良かったなぁ。





私の時代、簡単便利って言えばやっぱり自販機だったけど

今は多分「コンビニ」なんだろな。


・・・とか言ってる辺り、脳内が昭和だ。 ガクリ








ってここまで書いてて思ったけど、

日本にも・・・ある?

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。