人生空回劇場

一生懸命耕して種を植え続けてるつもり。

コツコツ水をやって気ぃ使って日に当てたり。



だけどなかなか実を結ばない私の人生。 嗚呼、空回り。



とは言え、人生、本音と建前 紙一重。  あんまり難しく考えずにいきましょ。


テーマ:

あなたの長所診断します。



褒めてくれるサイトだそうです。

3択から回答を選んで診断して貰う、要するに占いデス。


っで、結果がこちら。




あなたの長所はすばらしい完璧さです。


あなたは向上心と意志の強さをもち、勤勉に誠実に物事に取り組みます。
常に理想を求めて、完全でありたいと努力します。また、正直で率直なので、

人から信頼されます。
そして、他人から見ると、愉快で元気が出てくる相手です。
あなたのきちんとした性格は、まわりの人から高い評価を得ています。


私、きっと回答欄のどこかで嘘をついたんだ。

だって、「んなわけないじゃん」って診断結果だもん。(笑)



んでもって動物に例えるとこれ↓だそうです。


勤勉なアリです。


・・・いやだ。 アリンコなんて。

地味すぎるにも程があるだろ。 地味の象徴とも言えないか、コレ?

何ならキリギリスの方が良かったよ。(汗)


で、更に長所を伸ばす為のアドバイスがこちら。


あなたは「完璧か、不完全か」という尺度でものを考えがちになります。
そのため、自分にも他人にも、完璧であることを望みすぎてしまうことがあります。
しかし、この世に絶対的な完璧は存在しません。
自分の価値基準を絶対だと考える癖を直し、他人の価値観の優れた部分に

目を向けることが望ましいでしょう。
そして他人を批判するのではなく、他人の良いところを評価し、

ほめるように努力すれば、今まで以上によい人間関係を作ることができます。


これは耳が痛いや。

私はたぶん、褒めるって事をしない人だ。 面と向かって批判はしないものの、アカラサマに褒めることも殆ど無い。

更に言えば、何か取ってつけた様な嫌味な感じになるのが嫌で、女の子同士の「きゃー!可愛いい♪」とかやった事がない。  ちゃんと考えれば、アレもコミュニケーションのひとつなんだよね。


褒められてイヤな気持ちになる人は少ないんだし、出し惜しみせずに(してた訳じゃないけれど)良いと思った事はどんどん口に出して行ってみよう。 


と思った今日この頃、みなさん如何お過ごしですか。


シスコは相変わらず寒いデス・・・



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

私の会社はサンフランシスコの郊外にあって、山を越えた所にあるので街とは気候が少し違う。


太平洋に面しているサンフランシスコってトコは暖流と寒流がちょうどぶつかる位置らしく、一年を通して気候が穏やかだ。


暑すぎるなんて事は年に3日程度って言うし、冬は適当に寒い。

TVのイメージだとロスとたいして変わらない様に思うかもしれないけど、ロスの夏は暑いからやっぱりココは違う。


ところが、私の会社がある郊外・・・って言うかちょっとした田舎なココは、山を越えただけなのに気温がぐんっ!と変わる。 夏は40度なんてアタリマエー。 仕事が終わっても車を冷やさないと帰れない。 シートベルトまでが熱を帯びて熱い熱い。 一度車内を冷やさずに我慢して家に帰ったら、着替えの時に左肩から胸にかけて赤くなってるのを見て驚いた事がある。 まさに駅伝選手のタスキの様な跡だった。


他にもコーラ缶不発弾なんてのもあって、ある日帰ろうと車に乗ったら何か空気が甘い感じ。 ハンドルやドアノブなんかも少しべたべたするし・・・何だろうなんて思いながらも運転してたら、信号待ちでブレーキを踏んだ時助手席の足元にコロコロコロと何かが転がったの。 何かなーと思っら、アリエナイ大きさに変身したコーラの缶でした。


あれは何て言うかー・・・ そう、アレ! ラグビーボールの形だったのよ。


缶の上下肩の部分は変形しないんだけど、それ以外のアルミの薄い部分が外側に向かって膨張しちゃったのね。 で、一箇所に小さな針で刺した様な穴を見つけたんだけど、多分ソコからコーラが噴き出しちゃったんでしょね。 噴出したコーラは車内の熱で更に気化して。

ちなみに、この体験は二度程経験しました。 ←アホやー。(笑)



そんな「真夏」が5月位から10月位まで続くのがココ。 

長年シスコに住んで来た私はこの気候に慣れるのが大変だった。


ところが、今年は暑くない。

いや、暑いけどいつもほどじゃない。


先月の上旬だったかな・・・会社のエアコンが壊れて意識朦朧になった事があったけど 本当に暑かったのはあの3日間だけだった。  それ以降は全く普通。 多分4月位な感じ。 ちなみにただ今の気温は26度。 全く辛くない。


一昨年の熱波が嘘の様だわ。

これもまた異常気象なのかしらね・・・。


暑きゃ暑いで文句を言い、涼しきゃ涼しいで何か不安。

矛盾してる様だけど、分かるよねー?



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ぶぅさんは、実家に帰省することを「実家に来日する」と言われるほどの 英語力です




Rioさんトコで教えてもらったコレ・・・ 


一応 面目は保てたかしら。(汗



それにしても、早すぎだよっ! (謎・やってみれば分かる。)

  http://ameba.iknow.co.jp/start.html  
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
自己チューで自分のことばかり考えてると浪費しやすい
 仕事の失敗や失恋の悲しみをまぎらわすために、衝動買いややけ食いをしてしまい、そして後になって、無駄..........≪続きを読む≫

自分で自覚があるのだけど、私はすごくジコチューだ。

自分の考えに自信がないくせに、横槍が入ると面白くない。


だからこの記事のタイトルを見ただけで『ぐさっ』という音がどこからともなく聞こえ、少々刺された(らしい)胸が痛んだ。


そうか、だからお金が貯まらないんだな。


遠い遠い昔・・・私が働き始めた時に、これからは他人だけに囲まれてその中で生きていかなくちゃいけないんだって事を初めて自覚した様に思う。  元々親に依存せずに育ったせいか生まれて初めて親元を離れてもその事自体は心境に大きな変化は無かった様に記憶してる。 それでも自分を取り囲む全ての人が一変した事は少なくとも意識してた。 

私を囲む他人には、ちゃんとした人として接しなければならない、だらしなく甘えちゃいけない、話す事には筋を通すべきだ、とかそんな堅苦しいことを考えてた。


そう、だから 今からが"我を抑える”とか“不本意ながらも周りに合わせる”だとか、一般的に社会性と呼ばれるものを身に付ける機会なんだと思ったんだった。 幼い精神性ながらも、ソコはそれなりに頑張った。 うん、よく覚えてる。


例えば私って「何で彼女のミスで私が叱られるの」って事に納得がいかない奴だったの。

中学高校で部活のキャプテンやってたにもかかわらずよ。 ・・・どうやってキャプテンの威光を保ってたのか今でも不思議なのだけど、働き始めてもソコんとこ分かってなかったんだよね。

でもやっぱり社会って凄いよね。 ちゃんと私に足りなかったそういう部分がちゃんと身についたもの。 他にも色々学べたし、身についてお蔭様で何とかやって行けてた。 ま、これも一重に私の周りで私を叱ってくれてた人たちのお陰なのだけど。


で、そんな私も社会人5年生の時会社を辞めて渡米した訳。

辞める時、上から下まで皆が口を揃えて言ったのが「お前はしっかりしてるから大丈夫だ」って事だったのね。  暗示って恐ろしいもんで、周りが口々にそう言うもんだから自分でもそう思い込んでしまっていたんだな、私ってしっかり者だから~って。 アホ丸出しだけど。(笑)


そして渡米してもう10年以上が経ったのだけど、

ふと、そういやしっかり者の私ってドコに行ってしまったんだ?と考えてしまった。

今の私は「しっかり者」とは程遠い、というかうって変わってというか・・・。(汗)


しっかりしている人っていうのは周りを気にかけれて、少なくともジコチューとは言われない。


私の場合、外では辛うじて抑えている(つもり)のだけど、内側では全く抑制が効かない。 おまけに気が強い部分があるから可愛げがない。 一番の被害者は彼氏だな。 


よく考えてみると、昔の「これからは他人に囲まれてその中で生きて行くんだ」って思いが今では殆ど無くなってる。 

何て言うか・・・“その中で”って頑張んなくてもいいんじゃん、みたいな緩~い気持ちに変わってしまった様な気がする。 どうせ万人が私を認めてくれるわけじゃない、例え自分本位な事言う私でも受け入れてくれる人と気持ちを楽に過ごしていければ良い、みたいなね。


ま、それも間違いではないのだろうけど、、、何となくだらしなくなってしまったという自覚があるもんで自責の念がついて回る。 心のどこかで自分を戒めてる私がいるのに、「なーんか遠くから何か聞こえてるでー?」で済まそうとしてる。 こういうのって良くないんじゃないだろか。


そういや日本で働いていた時は5年で300万円以上貯金があったのよね。


そうか、ちゃんと比例するんだな。

という事は、しっかり貯金を続ければしっかり者になるって事か?


少しだけ頑張ってみるか・・・


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。