人生空回劇場

一生懸命耕して種を植え続けてるつもり。

コツコツ水をやって気ぃ使って日に当てたり。



だけどなかなか実を結ばない私の人生。 嗚呼、空回り。



とは言え、人生、本音と建前 紙一重。  あんまり難しく考えずにいきましょ。


テーマ:
平均年収 30歳は479万円で27歳は439万円
 就職・転職サービスを行う日経HRが、若手ビジネスパーソンの給料に関するアンケート調査結果を発表した。.........≪続きを読む≫


よくよく考えてみると、私は今まで一度も自分のお給料に不満を言った事がない。

働き始めてから今まで一度も。 冗談を口にした事位はあるかもしれないけど、少なくとも本気で思った事は一度もない。

それ自体は取り立てて口にする事ではないとは思うのだけど、このニュースを見て普段から時々頭の中を掠める事があるのであえてトピックにしてみた。


お給料に対して不満を言った事がないというのは、必ずしも「私は高給取りですよ」って言うのとか「安いけど我慢してるんですよ」といった事とはイコールではない。

ただ、お給料の話になった時に「それほど貰ってる訳じゃないけど」って言い方はしている。そしてたいして不満に思っていない事も実はホントだったりもする。


金額については正直少ないとは思わない。 というのも、カリフォルニア特にサンフランシスコ・ベイエリアには一昔前「シリコンバレー」って地名で一躍世界中に名前を知られた所があり、ITで稼ごうって世界中のエンジニアがココに集まった。 

その影響でベイエリアでの家の値段急上昇して2千万で買ったお家が1億で売れると言ったバブリーな時代もあったのだ。


余談だけど、売買のみならず家賃もそうとう上がったから、賃貸に住んでる私達みたいのもそれなりに辛かった。 サンフランシスコのダウンタウンに住んでいた時は日本円で20万円にもなろうかって金額を1LDKに払っていた。

彼氏とシェアしているので大打撃という程ではなかったけれど、仮(借)住まいにこんなにお金を使うなんて勿体ない!と心から思った。 ・・・けれど時既に遅し。 じゃぁ・・・とお家を買おうにも もう既に私達一般人の手の届くところに買えるお家なんて無かった。 住宅は投資家のマネーゲームの対象になってしまっていたから。

オハイオからITバブルに乗って移り住んで来た人は、前にオハイオで住んでいたお家は2千万弱で今のお家の5倍の広さがあったと言う。 今のお家は8千万払ってお庭も5分の一。収入は倍以上になったけど、出費も倍以上。 子供の教育費も高いし、アメリカは健康保険やら年金やら個人でやりくりしないといけない事が多い・・・。 お給料を幾ら貰っても足りない、って話だ。


そんな背景の下で、今も私は賃貸住宅に住み一頃に比べると落ち着いたとは言え無駄に高い家賃をコツコツと毎月払い続けている。


ただ、「持ち家がほしい」とか「高級車に乗りたい」とかそんな事を思わなければ、普通に暮らす分にはあまり不満や不安がない。 持ち家が無くて将来どうする、といったホントだったら正面から向き合いたい課題から目をそむけてさえいれば、何となく暮らしていけるものだ。


と言うのも、ITバブル期この辺りの物価・地価・平均収入が好景気のあおりで高くなった為に、足並み揃える様にITとは関連のない所までお給料が上がったからだ。 これのお陰で土地に執着しないと言われているアメリカ人でもそれなりのお給料で住む土地を変えずに済み、雇い主も雇用問題を抱えずに済んだといわれてる部分もある。


そしてココからが本題なのだけど。 (っていつも前置きが長くてすんまそん)


そんな状況で出て来るのが「身の程知らず」と呼びたくなる人たち。


新しく人を雇おうと募集かけて面接をする度にため息が出る。

「時給は30㌦が希望です」とか「最低25㌦」とか言う。 


その度に「ホントにその位払う価値のある仕事をしてくれるんでしょーね?」と思う。

日本人でそういう事を言う人には特にそう思う。


それは何故かと言うとね、

日本以外の外国の人は押しなべて図々しい。(笑) 良くも悪くも図々しい、ホント、マジで。謙虚とか謙遜とか、そんな言葉は存在しないんじゃないかって程図々しい。 

それが一番顕著に表れるのが「面接」だ。

自分をいかに高く売るかが面接のポイントで、会社も自分達のバジェット内であれば多少高くても出来る人間を雇う事に価値があると判断して採用する。

出来るか出来ないかは面接の段階では 自分を高額で売りに来た当の本人の言い分だけだ。

買う側は売主の言葉をある程度信用した形で、前に働いていた会社に問い合わせる。 「今面接に来ているんですけど、どんな方ですか。 仕事は出来ますか、信用できますか」とね。 よほどモメて辞めたんじゃない限り悪くは言わないので「じゃ、おっけーです。来週から来てください。」となる。

高給取りの出来上がりだ。


でも結局その人に実力が伴わないとすぐ辞めてもらう事になる。 辞めた人は次の会社を探す、目をつけた会社の面接で同じ事をする、会社側も同じ様に前の会社に電話をして調査をする、前の会社は悪く言わない、雇って貰う、でも仕事が出来ないやつだった、やっぱり辞めて貰う、、、、。

 

物凄く細かい事をはしょって書いたけど、大体こんな事繰り返してる人って多いらしい。


日本人は大体が謙虚だった。 だから「お給料はどれ位を希望してますか」って聞くと少し困った顔をして「見当が付きませんが、どれ位が目安になりますか」みたいな質問をしてくる。 うちは日系の会社なのでお給料の提示はボーダーすれすれ。 ただし、仕事内容を見て希望通りもしくはそれ以上であればすぐ昇給してあげる用意は出来てる、と説明をする。

そうすると、大体の人たちは仕事が欲しいってのが第一なので「それでお願いします」と言ってくる。


それが最近はどうだ。

高額時給を言い出してくるのは外国人だけじゃなくなった。 

日本人も当たり前の権利の様な顔で主張してくる。 これを私達は「性質の悪いアメリカ・ナイズ」と呼んでいる。  

  (性質の悪いアメリカ・ナイズされた人達ってのは、お金の話をする時途端にいやらしい顔になる。 うーん、なぜだろう。)

いやいいのよ、何を主張して来てくれても。 だけど、言うだけの事はしてくれるんでしょうね、って思うの。

初めは様子見って事でトレーニング期間ってのを設けるんだけど、その時に目の当たりにする彼ら彼女らの仕事ぶりったらない。 あの金額を口にしていたのはどの口だ?と言いたくなる程だ。

それともあの程度であの額を貰うのが当然と思っているんだろうか。


エクセルの基本も出来ていない、ファイリングさせてもまともに仕分け出来ない、書類の概要をまとめさせても要点がはっきりしない読書感想文以下。

やり直しさせると残業になる。(残業代は出ないけど、Fixなので早引けしても給料は変わらない) 初めは「すいませーん。(汗)」って素直に謝って来るんだけど、その内早引けした事は棚に上げて「安い給料でこき使われて残業代も出ない」とか言い出す。


うーん、これって当たり前の主張として通るの?って思う。


そもそもお給料ってのは働いた事に対する対価な訳よね。

最低限お給料貰うだけの仕事は完璧にこなしてよ、って雇う側の主張は当たり前に言っちゃいけない事?(私が雇ってる訳じゃないけど) 

例えば、時間をかけて丁寧な仕事をする人がいるんだけど、残業してまで頑張ってます!って物凄いアピールをする訳。 だけど私のボスは言うんだよね。 「あれだけ時間かけて丁寧じゃなかったらお給料払う価値ないよ」って。「時間をかけずに早く丁寧で綺麗な仕事する人が評価されるなら当たり前だけど」って。 厳しい言い方だけどその通りだなって思う。 

お給料貰ってるって事はプロフェッショナルなわけだから、スポーツの世界だったら過程がどうであれ結果が出なければ評価されないもんね。 フィールドが違うってだけでお金貰ってる以上“結果を出さないといけないプロ”である事に変わりはないもんね。


お金を稼ぐっていうのは、大変な事だと思う。

アメリカ式の高く自分を売るって方法は決して間違いじゃない。 

だけど、それに伴う実力を兼ね備えてこそ通る自己主張だって事当たり前に理解すべきだと私は思うのね。


私は、自分がそんなに出来る人間じゃないと自己評価はかなり低いので、それ以上の評価をしてくれるボスに対して有難いと思うと同時に、、、申し訳ない気持ちにもなり、頑張らねばという気持ちも大きい。

そこんトコ巧く使ってくれてるな、って思う。


ホントに仕事が出来る奴ってのは、自分を自分と同じく評価してくれる所を間違いなく見つけると思うし、自分の居場所を間違わないと思う。

そういう事に愚痴を言う事自体が出来る人間じゃないって証拠かなと思う。 それか、とても運が悪いかかな。



奉仕の精神だとか自己犠牲だとか、一昔前の終身ご奉公雇用が良いとは全く思わないけれど アメリカのこういうドライな感じを真似てる俄かアメリカンジャパニーズに苛立ちを覚える。


あ、ニュースでは最近の若い日本人って事だったね・・・ ドコも一緒なのか? いや、願わくば出来る若者が日本には多く居て残念な事にちゃんと評価してくれる上司が存在しないって事であって欲しいと思いマス。






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

この間彼氏と話をしていて、子供がごねた時に大人って何をすれば正解かって話になった。


と言うのも、その前に食事をしていたレストランで、靴を履いたままボックスシートに上った子供がいて、親はそれに対して叱る訳でもなく・・・ 頭をなでてあげながらオデコにキスしてた。

勿論この国に限らず家の中で靴を履いたままという習慣の人たちは、ベッドにだって靴のままあがる人たちだからね、アレをどうこうって言っていいものなのかどうか私には判断がつきかねるのだけど、、、


日本人だったら間違いなく“良くない事”でしょう。 電車の中とかで子供が靴をはいたままシートに登ってるのに親は知らん振り!なんて話も良く聞くけど、アレだって注意に対して逆ギレする親たちも悪い事だと分かってるからキレるんだよね、絶対。

もしホントに知らない事を指摘されたら、意外と人って素直に聞くもんだと思うもん。


で話を元に戻すと、

この間まで日本にいて、やっぱりファミレスなんかでも同じ光景を見かけたのね。 すると殆どの親が周囲の視線を意識して子供に注意をする。 やりたい事を止められたのと親が周囲を意識しているのを子供が、多分、敏感に察知して「え~・・・何でダメなの~。」とか言ってゴネ始める。

それを親が「いいから、大人しくしてなさい」とか「他の人の迷惑になるから」とか子供が理解する為に必要なキーワードが一つも入らない言葉で言う事を聞かせ様とする。

すると、子供は「面白くない」というごく当たり前の感情でグズリ始める。 

・・・親がイライラする。

・・・それを察知した子供が不安になってまたグズる。

・・・余計イライラした親が何とか子供を黙らせようとする。

・・・子供は更に泣き喚く。

ネバーエンディングストーリーだよ。(汗)


周りで見ててこっちまでイライラするもんな。親はそれどころじゃないだろうけど。(笑)

それを見ている人達の思ってる事は「いい加減にしろよ」とか「親も大変ね」とか「うるせーな」とか、大方そんなところだと思う。


じゃあ、自分がその立場になったらどうする?

子供がよほど大人の考え方を理解する素晴らしく出来た子じゃない限り、実は難しいことだと思うのね。 本能に忠実だから子供ってのはとりあえず、やりたい事をやってみる。 そこで大人の「あ!」って見咎めた顔を見て「やばい、これっていけない事なんだ」って察する。 

普段から言い聞かせる事とそれを子供がちゃんと理解しているかってのはイコールじゃないと思うから、注意する場面ってのは私は必要だと思うのね。 注意されて初めて「ああ、こういう事だったんだ」って理解出来る事もあるだろうから。


だけど私も「大人」の一人として、こういう事がその理屈やマニュアル通りに行かないって事は分かってる。 感情が伴うからいつも冷静って訳には行かない。

そこで、だ。

私は日本で7ヶ月一緒に過ごした甥っ子に使った技がある。

それが効果的かどうかは人(というかその子)によるけど、うちの甥っ子には効果テキメンだった。


ある時甥っ子がわがままを言ったの。 それが何だったか覚えてないけどママに「ダメよー」って言われて納得いかないとばかりにゴネ始めた。 しまいには妹にまであたり始めたから、私は「おいおい」と口をはさんでしまった。

そしたら「だってー!僕はどうしてもそうしたいんだもん!」と強烈なアピールを始めたから言ってやった。


「じゃあさ、どうしてそれがしたいか、ちゃんとぶぅちゃんに話して頂戴? それで私が“ああ、そうっか。じゃあ仕方が無いね”って思ったらぶぅちゃんが一緒にやったげる。出来るかどうかは自分次第だよ。がんばれー。(棒読み)」


すると、話している内にどうしてやったらダメなのかって大人の言い分を自分で導き出す機会にもなった様で、最後には「やっぱりいいや」で終わる事が多かった。

その代わり“これ位ならいいかな”って事は途中で「そっか、分かった。じゃあぶぅちゃん付き合ってあげる♪」って言って5回に一回位はがんばって説明したご褒美をしてあげた。

(コレ、時々聞いてあげるってのがミソで、毎回言い分を潰してたら「どうせ話したってダメじゃん」って事を覚える。)


ま、もともとうちの甥っ子はあまり外ではワルガキタイプじゃない様なので、あまり大変な事もない様だけど、それでもちゃんと納得させてあげるってのは大変だよね。

分別ついてるはずの大人だって難しいんだもの、本能むき出しの子供相手が大変じゃない訳がないさね。


子供を持っている方達、がんばってくださいねー。




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝の事なんですけどね、ええ、ちょっと驚いたんです。

出勤時、車を運転しててですね、前の車のワイパーに何かが引っかかってたんですよ。


何かなーと思ってたんですけど、何せ運転中ですからね、あまり前の車のリアウインドーばかりに気をとらわれていてもいけません。

信号待ちまで待とうと思いました。 

初めは小枝がワイパーに引っかかってるのかな、と思ったんですけどちょっと様子が違うんですよね。 とっても気になってしまいまして、何が何でも判明させたくなりましてね、はい。

運良くその車も私と同じ方向へ向かって行く様で、ぴたりと後ろについて行けました。


で、やっと赤信号にぶつかりまして、いつもの朝だったら「ち」と舌打ちしちゃう様なタイミングの場所なんですけど(フリーウエイの入り口に向かう交差点な上に赤になると長い)、今日ばかりは「イエっス!」と声をあげてしまいました。


車をギリギリまで前につめて、よぉーーーーーっく見てみると ソコにはなんと・・・・


















バービー?


見えますか? 

あなたには見えますか、あの女の子が・・・。


ワイパーに引っかかっていたのは、バービー人形でした。


両手足を広げ まるで「アーレー」と悪代官に帯を解かれる時代劇の娘の様な、

華麗な舞で滑る銀板の妖精の様な、、、

「見て、あの太陽を!」とでも言っているかの様な、、、

そんな姿でリアウインドーに張付いています・・・



←こちらは週末にショッピングを楽しむバービー。珍しく笑ってます。

引っかかってたバービーの髪の毛が緑だったんで、ホントにバービーかは不明ですがこの際バービーでもジェニーでも何でも良いです。

ありえないトコにいたってのに私は食いついた訳ですから。


バービー本人も、フリーウエイ走るならせめて車の中にいさせて、って思ってたに違いありません。


この写メを撮った直後の事なんですけどね、

信号が青になったんで携帯をバッグに閉まってたその時、目の端でバービーが動いたんです。

え?・・・う、動いた?

慌てて目線を前に戻すと、、、右へ左へと、、、右へ、、、左へ、、、きゅ、きゅ、きゅ、きゅ。 動いてます、バービーちゃん。。。。。

その左右に動く感じが、なぜかリアルでリズムに乗ったバービーが左右に揺れながらこちらに手を振っている様にもみえまして。


良く晴れた良い朝なんですけどね、なぜが前の車 急にワイパーを動かしたんですね。

そのワイパーに振られる様に、きゅ、きゅ、きゅ、きゅ、っとバービーちゃんが動く訳ですよ。 まるで自分の背中で窓を拭き掃除しているかの様にね・・・。


会社へ向かうフリーウエイの途中までは一緒だったんですけどね、、、

運転してる人を見たら、スキンヘッドでひげ面のオッサンだった。


・・・む、娘さんがいるんだろうね、まさかオッサンのバービーちゃんじゃないだろうから。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ブログネタ:付き合ってみたい職業は? 参加中
本文はここから

私はいつもべったり一緒ってのが苦手なので、遠洋漁業の漁師さんとかがいい。
それか、長距離トラックの運ちゃんとか。

性格的にも「漢」と書いて“おとこ”みたいな感じがするしねー。

個人的な好みで言うと、ちっちゃい事にオタオタする奴はダメ。
「大丈夫だって、なんとかなるから、俺に任せといてみ?」
って言ってくれる人が理想。

だけど一番嫌なのは、お金持ち。
普通が一番良いのよ、普通がね、うん。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

「元の木阿弥」という言葉を聞くと必ず思い出す事がある。


それは日本にいた7ヶ月の間に何人ものタクシーの運転手さんから聞いたお話。

面白い位皆同じ事を話すんで、タクシー界に「マニュアル本」でも存在するのかと思ったほど。


で、その話ってのが

「いやあ、お客さん 景気はどうですか」

から大体始まる。

でほとんどの場合、私は「別に悪くないですよ、ちゃんとお給料貰ってますしね」って答える。

そうすると、おじさん達は口を揃えて「いやぁ、うらやましい言葉だねぇ。そんな事言えるのは一部の人たちだもんね」って言う。

彼らが指す"一部の人”に私が含まれてるとは思わないけど、とりあえず「そうなんですかー」と相槌。


で、この次からよ、本題は。


「うん、ホントそうだよ。 タクシーなんてのは景気が悪いってのが肌で感じる商売なんだけどさ、最近良くあるのが、タクシーに乗ってお金借りに行く人たちだよ。」


・・・ん?何のことだ?


私がね、日本に帰って一番驚いたのが"金貸し屋”の多さだよ、前も書いたけど。

地元に帰ってもそれはやっぱり同じで、店舗も多かったけど“無人君式”ってのも多いのに驚いた。(無人君って書いてて、ああそういやセイン・カミュってタレントは昔“無人君”だったんだよなぁなんて思い出にも驚いた。笑)


そういう所に「お金貸してー」って行く人たちがさ、地元じゃ人目があるってんで少し離れた所まで出向くらしいんだけど、その時タクシー使う人が結構いるんだってよ。

で、降りる時にほとんどの人が「戻って来るまで待っててください」って言うんだって。

こんなトコに来といてお抱えかよ、どんな金持ち夫人なんだよ、って運ちゃんは思うんだけどお客さんだから「はい」って言って黙って待ってるんだってさ。


で、結局料金が8千円とか1万円とかになるらしいんだけど、そんだけタクシー代払って一体幾ら借りてこれたんだ、って話じゃない?


勿論ね、ホントにお金が足りないってのは分かるんだけど、使うところが間違ってないか自分の身の回り見直してみ?って思うよね。


お金が必要で一時だけ借りて何とか凌ごうって借りるんだけど、そこからタクシー代は出るは利子はつくわで結局、、、、「元の木阿弥」ってやつよね。

あぁ~あ。




うおっ!

もう3月じゃん、、、、だから何だって話だけど。

もう今年が始まって3ヶ月も経っちゃったんだねぇ・・・・怖っ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。