お立ち寄りいただきありがとうございます。復活の主婦作家ブログ

小説書いたり社会への愚痴を書いたりブログネタだったりします。皮肉とか揶揄とか大好きの閲覧注意ブログ笑


  ◆小山紗都子の最新刊

  チェレンコフブルーの月
 (著者サイン本、プレゼントいたします。メッセージでご連絡をラブラブ

  


電子書籍版はこちら
放射能事故で結婚も出産もあきらめた主人公。大資産家でありながら一人暮らしの老婦人。 その財産を狙って屋敷に出入りする介護ヘルパーの青年にひかれていく主人公ですが、彼に は腹黒い目的と衝撃的な過去が・・・。

  ブーケ1既刊書も著者サイン本受付中ブーケ1
 2009年            2011年6月
 日本地域社会研究所    日本地域社会研究所      
        
あなたの街に赤信号を必ず守る   20年前に山へ行ったかつての
青年がいたら、それはきっと彼か   恋人が、道路建設反対運動の
もしれない・・・。平凡は主婦に訪   ために大都会にやってきて・・・
れた、それは危険な恋の予感?   和光市を舞台にした社会派小説。
埼玉文芸賞佳作のデビュー作。   日本図書館協会選定図書。
 2011年11月        2012年11月  
 セルバ出版          セルバ出版
       

電子書籍版はこちら          電子書籍版はこちら
幼いころ友達が殺されたのは   音楽を通じて励ましあった四人
私のせいだったのか? それ   の若者の愛と友情、希望と悲し
を知った恋人は・・・         をいつづった、教科書にも載せ
性的被害を独特の視点で描い  られそうと感想をいただいた作品。
た衝撃作品。             


            
NEW !
テーマ:

 

 親しい人間関係など構築しなくても生きていけるのが、都会暮らしのいいところではないのか。誰かと親しくなりたいのなら、心温かく親切でおせっかいな人たちがたくさんいる田舎町に住めばいい。

 親しい人間、信頼できる人間がそばにいなくても、何不便なく暮らしていけるのが都会のシステムなのである。誰かが、最近のカフェは、若者が一人ぼっちであることを淋しく思わない環境を有していて、それがますます彼らから結婚や恋愛といった文化を遠ざけていると書いていた。 

 その通りだ。カフェは一人で静かに過ごすことが絵になる場所なのである。しゃべっていたら注意されるところまであると、中年のサラリーマンが別のカフェで愚痴っていたのを、小夜子は聞いたことがある。

 一人にならなくてもいい人たち、本当は誰かといたいのに気を遣うのが面倒だからと壁を作っている人たちのおかげで、小夜子のように孤独であることが自分の平和を保障しているような人間も、一般的な人間の顔をして町の風景に溶け混むことができる。

 紅茶とマフィンの載った皿を前にして、小夜子は自分の斜め前に座っているジョギングウェア姿の自分とは同年代の夫婦に何度か視線を向けていた。彼らの仲睦まじさが気になるのではなく、男の方が身に着けているウェアの色とメーカーのロゴに、大阪のアルバイト先で知り合い入籍した、三番目の男を思い出したのである。

 彼は店の常連客だった。モーニングサービスの時間帯に頻繁に訪れるので、独身ではないかと探りを入れたら正解だった。ただしバツイチ。

(転勤や単身赴任が多いので愛想をつかされちゃって)

 大企業に勤める、優秀なエリート社員だった。経済的には豊かなのに、転勤が多すぎて家も買えないことに、育ちのいい完璧主義の元妻は、子育てにも支障が出ると不満を募らせたそうだ。

(つづく)

 

ペタしてね

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。