お立ち寄りいただきありがとうございます。復活の主婦作家ブログ

小説書いたり社会への愚痴を書いたりブログネタだったりします。皮肉とか揶揄とか大好きの閲覧注意ブログ笑


  ◆小山紗都子の最新刊

  チェレンコフブルーの月
 (著者サイン本、プレゼントいたします。メッセージでご連絡をラブラブ

  


電子書籍版はこちら
放射能事故で結婚も出産もあきらめた主人公。大資産家でありながら一人暮らしの老婦人。 その財産を狙って屋敷に出入りする介護ヘルパーの青年にひかれていく主人公ですが、彼に は腹黒い目的と衝撃的な過去が・・・。

  ブーケ1既刊書も著者サイン本受付中ブーケ1
 2009年            2011年6月
 日本地域社会研究所    日本地域社会研究所      
        
あなたの街に赤信号を必ず守る   20年前に山へ行ったかつての
青年がいたら、それはきっと彼か   恋人が、道路建設反対運動の
もしれない・・・。平凡は主婦に訪   ために大都会にやってきて・・・
れた、それは危険な恋の予感?   和光市を舞台にした社会派小説。
埼玉文芸賞佳作のデビュー作。   日本図書館協会選定図書。
 2011年11月        2012年11月  
 セルバ出版          セルバ出版
       

電子書籍版はこちら          電子書籍版はこちら
幼いころ友達が殺されたのは   音楽を通じて励ましあった四人
私のせいだったのか? それ   の若者の愛と友情、希望と悲し
を知った恋人は・・・         をいつづった、教科書にも載せ
性的被害を独特の視点で描い  られそうと感想をいただいた作品。
た衝撃作品。             


            

テーマ:

 

病を乗り越え白バイ隊員になるという小さい頃からの夢を実現させた女性警察官に密着。パトロール中、国道のすぐ脇で高齢の女性を発見!交通量の多い場所でいったい何を?
事故を未然に防ぎたい!両親の支えで病を乗り越え、「白バイ隊員になる」という夢を叶えたひとりの女性警察官の姿を追った!

というドキュメントを先日テレビで見た。

いつも手押し車を押してのろのろとコンビニに行くおばあちゃん。コンビニは国道の向こう正面にあるのに、横断歩道は60メートル先。それでおばあちゃんはいつも車の途切れるのを待ってこの国道を横切っている。

それをこの女性警察官は、危ないおばあちゃんだと勘違いしたのだろうか。しきりに横断歩道は遠いからというおばあちゃんに、危ないから規則だからと、横断歩道を使うように説得する正義の味方、警察官だった。

馬鹿か。

自動車学校では、道路を横断しようとする人を見かけたら、車は止まらなければならないと教えられているはずである。一方、歩行者は横断歩道を渡らなければならないという規則はない。たまたま見かけた警官が、おばあちゃんに付き添うのはいいが、明日からどないするんじゃい。無責任か。

そんなに言うのなら、コンビニの前に横断歩道作ったれや。なんで交差点にしかないんだよ。そこしか歩行者はいないのか?

 

「歩けない人は搭乗できません」とかいって車いすの人を拒否ってしまったバニラエアのスタッフ。降りる空港にはリフトの類がないから。そして、人が乗ったまま車いすを抱えるのは規則違反なんだとか。

この件があって直後に昇降機を導入した会社。事案がなかったから設備が足りなかったのは理解できるが、設備がないから障害者を断るというのは言語道断である。配慮しなかった航空会社が悪い。

 

弱者の安全に配慮するための規則。規則に人間が支配されてどうするのだ。朝の地下鉄の女性専用車両に堂々と座っている男性、応援しますよ、タイプじゃないけど。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。