お立ち寄りいただきありがとうございます。復活の主婦作家ブログ

小説書いたり社会への愚痴を書いたりブログネタだったりします。皮肉とか揶揄とか大好きの閲覧注意ブログ笑


  ◆小山紗都子の最新刊

  チェレンコフブルーの月
 (著者サイン本、プレゼントいたします。メッセージでご連絡をラブラブ

  


電子書籍版はこちら
放射能事故で結婚も出産もあきらめた主人公。大資産家でありながら一人暮らしの老婦人。 その財産を狙って屋敷に出入りする介護ヘルパーの青年にひかれていく主人公ですが、彼に は腹黒い目的と衝撃的な過去が・・・。

  ブーケ1既刊書も著者サイン本受付中ブーケ1
 2009年            2011年6月
 日本地域社会研究所    日本地域社会研究所      
        
あなたの街に赤信号を必ず守る   20年前に山へ行ったかつての
青年がいたら、それはきっと彼か   恋人が、道路建設反対運動の
もしれない・・・。平凡は主婦に訪   ために大都会にやってきて・・・
れた、それは危険な恋の予感?   和光市を舞台にした社会派小説。
埼玉文芸賞佳作のデビュー作。   日本図書館協会選定図書。
 2011年11月        2012年11月  
 セルバ出版          セルバ出版
       

電子書籍版はこちら          電子書籍版はこちら
幼いころ友達が殺されたのは   音楽を通じて励ましあった四人
私のせいだったのか? それ   の若者の愛と友情、希望と悲し
を知った恋人は・・・         をいつづった、教科書にも載せ
性的被害を独特の視点で描い  られそうと感想をいただいた作品。
た衝撃作品。             


            

テーマ:

 

先日、通勤中の女性専用時間(都会にはこんなのがある)の電車内で、乗客の男と女がもめていた。

 

女性専用時間の車両なのに席に座ろうとした男性に、女性が「ここは女性専用ですよ」とびしっと注意したのだ。けれども男性は「あなたからそんな注意を受けるいわれはない」と抵抗。

 

女性は「そんなに女性ばかりの車両に乗りたいんですか?」「常識ないんですか?」と嫌味や皮肉をたっぷりこめて男性に挑んでおり、対する男性は「公共の乗り物のどこに乗ろうと僕の勝手でしょう」と応戦。

 

確かに始発から9時半までの最後尾は女性専用、だから協力してね、というのは鉄道会社が決めたことであって、それゆえこういう問題が発生したら駅員が対応するべきなのだが、最近の地下鉄有楽町線には車掌室に車掌がいない。どこでさぼってるんでしょうか。

 

以前は女性専用時間の車両に男性が乗っていたら、「あ、もしかして知らないのかな?」ということで車掌さんが来て移動をお願いしていたものだが、今更乗ってくる男性というのは確信犯いや、ポリシーでやってるんだろうから、注意されたところで動くはずがない。なんだか一昔前の脳性麻痺者団体の「車いすでバスに乗る権利を勝ちとろう」運動みたい。がんばれ。

 

男同士のつかみ合いの喧嘩なら割って入ったこともある主婦作家。女性のしつこさに憤った男性が暴力を振るわないかとそれだけを心配してみていましたが、最終的には男性のあくまでも冷静な理論武装に女性側が諦めて、社内に再び平和と静寂が訪れたのでした。

 

しかし女性ばかりの車内で、みんなのために声を上げたはずの女性に誰も助太刀をしてやらない周りの女どもの薄情さ。女性が黙ってしまったのはそれを悟ったからだと思います。やめようよ、専用車両とか。その男性がトランスジェンダーって可能性だってあるんだからさ。

 

 

ペタしてね

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。