お立ち寄りいただきありがとうございます。復活の主婦作家ブログ

小説書いたり社会への愚痴を書いたりブログネタだったりします。皮肉とか揶揄とか大好きの閲覧注意ブログ笑


  ◆小山紗都子の最新刊

  チェレンコフブルーの月
 (著者サイン本、プレゼントいたします。メッセージでご連絡をラブラブ

  


電子書籍版はこちら
放射能事故で結婚も出産もあきらめた主人公。大資産家でありながら一人暮らしの老婦人。 その財産を狙って屋敷に出入りする介護ヘルパーの青年にひかれていく主人公ですが、彼に は腹黒い目的と衝撃的な過去が・・・。

  ブーケ1既刊書も著者サイン本受付中ブーケ1
 2009年            2011年6月
 日本地域社会研究所    日本地域社会研究所      
        
あなたの街に赤信号を必ず守る   20年前に山へ行ったかつての
青年がいたら、それはきっと彼か   恋人が、道路建設反対運動の
もしれない・・・。平凡は主婦に訪   ために大都会にやってきて・・・
れた、それは危険な恋の予感?   和光市を舞台にした社会派小説。
埼玉文芸賞佳作のデビュー作。   日本図書館協会選定図書。
 2011年11月        2012年11月  
 セルバ出版          セルバ出版
       

電子書籍版はこちら          電子書籍版はこちら
幼いころ友達が殺されたのは   音楽を通じて励ましあった四人
私のせいだったのか? それ   の若者の愛と友情、希望と悲し
を知った恋人は・・・         をいつづった、教科書にも載せ
性的被害を独特の視点で描い  られそうと感想をいただいた作品。
た衝撃作品。             


            

テーマ:


いつも今更、な主婦作家です笑


私でさえ訪問していない広島の平和記念公園を、原爆を落とした当事国の大統領が訪問すること自体、すごいことだと思います。避けて通りたいじゃないですかそういうのって(・ω・)b


日本人は先の大戦でアジア諸国の一般人に大きな被害を与えておきながら、その事実からは目を背け、忘れてほしくないと訴える被害者に向かって札束をちらつかせ、今後一切その話は持ち出すなと脅すのである (;°皿°)



都合の悪いことに向き合えない日本の政府。アメリカはやっぱすごいなあ、大人だなあ、たとえポーズだとしても(だって矛盾だらけじゃん!)、つい比べてしまうのである (ノ゚ο゚)ノ



謝罪謝罪っていうけれど、ともかく頭下げれば済む、と思うのは日本人の悪い癖だと思う。テレビカメラに向かって深々とお辞儀をしているお偉いさんが、どこまで反省してるかなんてわかったもんじゃない。謝罪が必要なのは、今の沖縄の現状に対してだと思うんだけど(-з-)



アメリカには今でも「終戦のために原爆は必要だった」という人がいると、まるで反省していないみたいに批判する報道もあるけど、戦争直後の昭和天皇も、被爆者に向かって、


「戦争を終わらせるためには仕方のないことだった」


と謝罪なさったそう。日本軍の最高責任者らしい本音が思わず出たのであり、不愉快だろうと何だろうと、これは歴史的事実φ(.. )



原爆の悲惨さを伝えるためなら、全世界で写真展を開いてはどうだろう。破壊された長崎のマリア像もよろしく。





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。