さいたま家裁に対する抗議声明 にご賛同いただける方は

下記フォームよりご署名のうえご送信ください。


Kさん親子の面会謝絶審判を問う会
抗議声明賛同署名フォーム

2009-10-03 12:48:03

学習会:子どもの成長と面会交流

テーマ:ブログ
学習会
子どもの成長と面会交流
 
よくて月に1度しか会えない家裁での面会交流の取り決め。
下手をすると年に3回の写真送付なんて言われてしまう。
「家庭の安定」が「子どもの福祉」と言われる日本の現状。
アメリカなどでは年齢に応じた面会交流のガイドラインが整えられています。
一方、スウェーデンやフランスでは、子どもの交代居住が共同子育てのあり方として普及してきました。
「決まりを作って守らせる」って発想、ほんとにいいのよくないの?
親に会う会わせない、
家裁における面会交流の取り決めのあり方、
ガイドラインの是非、
そしてより柔軟な共同子育てのあり方について、
アタッチメント理論を紹介してもらいながら、議論してみたいと思います。
 
■日時 10月10日(土)13:00~16:00
■場所 新宿NPM会議室(新宿区西新宿6-12-4コイトビル3F。
JR新宿駅から徒歩15分、丸ノ内線西新宿または大江戸線都庁前駅から徒歩2分。
りそな銀行のとなりのビル。1Fに赤い看板のニッポンレンタカーが入っている。
エレベータ降りて右側)
■お話 木附千晶
(子どもの権利のための国連NGO・DCI日本『子どもの権利モニター』編集長、IFF、CIAP相談室カウンセラー)
■参加費 500円
■主催 家裁いいかげんにしろ! Kさん親子の面会謝絶審判を問う会
□連絡先 042-574-0930(宗像)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-07-18 02:15:42

Kさん事件に関係した裁判官、調停委員、調査官

テーマ:ブログ
Kさん事件に関係した裁判官、調停委員、調査官

●さいたま家裁
・裁判官 茂木 典子
・調停委員 坪田 道夫 紀伊 美枝子
・調査官 斎藤 南



●東京高裁
・裁判長裁判官 稲田 龍樹
裁判官 浅香 紀久雄
裁判官 内堀 宏達




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-06-09 15:46:31

草葉の陰から踏み出せば ―Kさん親子面会謝絶審判抗告棄却への声明に代えて

テーマ:ブログ

灰色に濁った空と同じくくすんだ灰色の要塞のような建物を見上げながら、
私たちは霞ヶ関の一画に集まりました。Kさんがマイクを握り、
こういう実態がまだまだ知られていない」
と裁判所前を通りかかる人たちに呼びかけます。

Kさんは東京周辺にどこにでもいるいわゆるサラリーマンの一人です。
裁判所に向かって 声をあげるなど慣れているわけではありません。
 「こういう実態」というのは、裁判所が数限りない親子を生き別れにさせてきたことを言います。
法律には、親どうしが別れたら裁判所が親子関係を断つべきだと書かれているわけではありません。
とはいえ裁判所が親子関係を絶ってはいけないとも書かれていません。
法の規定が曖昧な中、何がその親子の将来にとって幸せなの か主体的に考えることも、
慎重に判断することもなく、裁判所は親子関係をやすやすと断ってきました。

 草葉の陰から子どもを見守ることが、分別のある大人の態度とされてきました。
別れた親には会わせないほうが子どもが落ち着くとも言われることがありました。
しかし、草葉の陰から踏み出した私たちが見たものは、
日本のあちこちの物陰や辻つじにある草葉に隠れて、同じようにじっと耐えてきた親たちの姿でした。
それはま た「陰」と呼ぶにふさわしい立ち姿であり、立つことすらままならない親たちは、
しくしくとうずく傷を抱えたままうずくまり、あるいはまた絶望を乗り越えることのできないままに、
子どもを忘れようと無理な試みを続けておりました。

 そしてまた私たちは、親どうしが別れた末に、
親と会うことができなかった、かつての子どもたちとも会いました。
彼らはかつての私たちであり、
そんな子どもたちがどんな思いでいるかということに思いをめぐらすことをやめたとき、
立派な大人ができるのです。
 立派な親でなければ、子どもが会いに来たときがっかりするからと私たちに言う人もいます。
だから会えなくっても我慢してがんばりなさいと。
 会えなくなって私たちが裁判所で出会うのはそんな立派な大人たちでした。
「陰」を感じさせない彼らが、いかに法を振りかざし、言葉をもてあそぼうとも、
いたずらにがんばることをやめ、立派であることをやめた私たちに、そんな言葉は届きません。
かつての私たちにも、そしてまた今の子どもたちにも、同じように届かない でしょう。

そしてまたKさんの子どもにも、その言葉が届かないと思いめぐらすのであれば、
私たちはやはり、立派な大人であることよりも、自分の中の子どもに目を据えたいと思うのです。

2009年6月2日、東京高等裁判所はKさんの訴えを退け、
さいたま家裁のKさん親子の面会謝絶審判を支持しました。
こんな乾いた判決が生み出す大人は、たしかに立派なことでしょう。
私たちは、そんな大人を拒否します。
 
2009年6月9日
写真で情は移らない! Kさん親子の面会謝絶審判を問う会



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-06-06 22:34:19

東京高裁への抗告が棄却。

テーマ:ブログ
Kさんの東京高裁への抗告が棄却されました。
すでに埼玉家裁での審判を前例とするような決定が他の家裁でも出始めています。
個人の一生を犠牲にして官僚組織の現状と体面を守ろうとするのは、冤罪事件にも共通する「お上」の体質を現わしていると思います。


親子の縁を切る非人道的な行いを、裁判所が認めてしまっているのです。
埼玉家裁も、東京高裁も、「子供の利益」などかけらも考えていないことがよくわかります。

父親に会うことすらできないお子さんが、
本当に可哀想でなりません。

親子を引き離して、「何ら問題がない」と判断する国に、
果たして未来はあるのでしょうか?



足利事件の菅家さんの冤罪 が話題になっていますね。

この国の司法の異常さが、
だんだんとあらわになってきているのではないでしょうか。


私たちは、
これからも引き続き、親子の絆を取り戻す活動をしていきます。

ぜひ賛同・支援をよろしくお願いします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-21 11:02:11

最新賛同者一覧です。増え続けています。現在165名。

テーマ:ブログ
2009-05-08 23:59:34

東京高等裁判所に申し入れに行きました。

テーマ:ブログ
高裁への申し入れ
 
5月8日、Kさんと支援者5名で東京高等裁判所に申し入れに行きました。
霞ヶ関の裁判所前で1時間ちらし配りとマイクアピールをし、裁判所に一人で「裁判所おかしいぞ」とマイクで抗議をしているおじさんとなかよくなりました。
16階にある第四民事部の窓口まで行って、142名の賛同が集まった抗議声明を読み上げたら、係の人がいやそうでした。せっかくきたのだからと、6人全員で言いたいことを言いました。係の人がやっぱりいやそうでした。高裁はきちんとKさん親子の面会を実現する判断を出すべきです。Kさんは「こういう実態がまだまだ知 られていない」とマイクでも話していましたが、その通りだと思います。裁判所前の抗議のおじさんも「おれもこういうのは知らなかったよ」と話していました。
9通の上申書を(まだ後から届いた分があります)提出し、しっかり裁判官に届けて、私たちの言ったことを伝えてくださいと申し入れました。高裁は基本的に書類審査のみだそうなので、裁判官に会うには、審尋を開くように、書類で提出するそうです。
「また来ます」と言って申し入れを終わりました。
申し入れが終わって、出てくると、おじさんがまだマイクアピールしているので、みんなの写真を撮ってもらいました。
賛同と上申書を集めてまた届けたいと思います。
署名もする予定です。
今後ともKさん親子の面会が実現するよう、がんばりましょう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-07 00:28:50

賛同者が140人になりました。

テーマ:ブログ
画像をクリックしてください↓

Kさん親子の面会謝絶審判を問う会~さいたま家裁茂木典子審判官によって交流を絶たれたKさん親子の一刻も早い再会を求めて
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-05-01 20:31:31

5/1Kさん親子の面会謝絶審判を問う会・賛同者一覧 現在117名

テーマ:ブログ
この画像をクリックしてください。↓

Kさん親子の面会謝絶審判を問う会~さいたま家裁茂木典子審判官によって交流を絶たれたKさん親子の一刻も早い再会を求めて
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-27 07:44:31

支援集会を行いました。

テーマ:ブログ
昨日、
Kさん親子面会謝絶審判を問う4・26集会を行いました。
春らしい陽光が溢れるとてもすがすがしい1日でした。

集会当日は、Kさん親子を支援する25名の参加者の他、
NHKクローズアップ現代の取材がありました。

内容としては、
まず、今回のKさん親子面会謝絶審判について、
宗哲朗弁護士より講演があり、
とても鋭い意見をいただくことができました。

宗哲朗弁護士は、元裁判官で、1999年静岡地裁浜松支部が面接交渉を拒否された父親の500万円の慰謝料請求を認める判決を出された方です。

講演は、失われつつある親子の倫理観や家族観に言及され、
「裁判官は法律のみを見るのではなく、その先にある人間の本質を考えなければいけない」
という点を強く強調されていました。
Kさん親子に対する茂木典子審判官の判決に対しても、
「年に3回写真を送るという審判は、とても面接交渉と呼べるものではない」
と語られ、審判が不当であることを改めて参加者は感じました。

また、 
植野 史(調停中に子どもを面会させ会えなくなった母親)
冨田志門(仮名、埼玉家裁で子どもとの親権をめぐって係争中の父親)
の両名より、親子関係が断絶されることの悲劇が訴えられ、
会場参加者の共感を呼んでいました。

会場からは積極的な質問があり、
「なぜ同じ法律で運用されているのに、こうもバラバラな審判結果が出るのか」
「なぜ裁判官はこのような非常識な非人間的な審判を下すのか」
「裁判官へ送る上申書は読んでもらえるものなのか」
といった疑問が投げかけられ、活発な議論も行われていました。

裁判所が面接交渉権を認めたがらない現実において、
一般市民が抗議の声を上げ、
現状を変えていかなければならない意識が高まった1日でした。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009-04-25 21:48:50

賛同者が100人となりました。

テーマ:ブログ
さいたま家裁が出した不当な審判結果に抗議する、当会への賛同者の一覧です。
4/26現在、100名の賛同者が集まっています!

この問題への意識の高さを物語っています。

下記画像をクリックしてください↓

Kさん親子の面会謝絶審判を問う会~さいたま家裁茂木典子審判官によって交流を絶たれたKさん親子の一刻も早い再会を求めて-賛同者一覧
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。