有限会社アオシマ文化教材社 時代に発売された

自転車のプラモデルのご紹介。


自転車のモデルは、ナショナル エレクトロボーイZ(B-5F8SE)。


さすがアオシマさん、モデルのチョイスがニクイです。


当時の原付バイクよりも大きなテールランプが特徴的です!!

確かこの自転車は、タイムスリップグリコ でもおまけになっていたような!?(ちょっと違うかな)

当時の小学生の人気&憧れだったのでしょうねぇ!?。

買ってもらえない子供は、コレを作って我慢していたのでしょうかねぇ!?

現在乗っていたらかなり目立つと思います!


キットのスケールは1/8で、日本製です。
定価は800円(当時)でした。

ディスプレイスタンドがついてます。

箱絵が超渋いです!涙モノかもしれません。

是非見つけたらゲットして下さい!オススメ です。



AD

Nichimo TOYOTA CELICA XX

ニチモ製 トヨタ セリカXX

THE SUPER WINKER(左右4灯 ウインカー)シリーズ。
1/24スケールウインカー(点滅ムギ球)対応のモーターライズモデルです。(モーター・単三電池3本必要)

車高はノーマル、シャコタン、ヒップアップの3種類からひとつ製作可能。

室内は内張りがあり、ウール植毛カーペットも付属しております!
定価は900円でした。

AD

GUNZE BUGATTI TYPE41 ROYALE

グンゼ産業 製 ブガッティ  タイプ41 ロワイヤル のご紹介。

正直クルマの詳細はわかりませんが、イギリスの名門ブガッティー、当時のスーパーカーだったことは間違いないと思います。

キットはプラキットではなくホワイトメタル製のキットなので、テーマをミニカーにしようか迷いましたが、組み立てるということでプラモデルに入れました。

プラモデルで他にこのクルマがモデル化されたかわかりませんが、なかなか稀少なキットだと思います。

自分では作れないのに、たまたま中古で見つけてしまい運命を感じて手に入れてしまいました!?結構古そうです!?箱の状態はよくありませんが中身はまだ大丈夫そうです。

部品点数や完成写真を見る限り、とてもよく出来ているキットとは思いません。

当時の定価は4,800円と高価でした。ホワイトメタル代でしょうかねぇ!?

AD

Hasegawa JAGUAR XJ-S H.E. TWR
ハセガワ製 ジャガー XJ-S H.E. TWRのご紹介。

TWRとは、トム ウォーキンショウ レーシングの略で、F1のアロウズチームを運営いていたこともあったイギリスのレーシングチームです。

その古き良き時代のTWRジャガーです。

今見てもかっこいいです。ドイツ車よりもイギリス車の方が自分は好みですね。くすぐられてしまいます。


キットは、1/24スケールのディスプレイモデルです。ボンネットが開き、エンジンが付いております。室内はシートベルトなど再現され、金具用のエッチングパーツが付属し芸が細かいです。定価は1,900円でした。

Nichimo NISSAN SKYLINE RS TURBO

ニチモ製 日産 スカイライン RS ターボ (通称DR30 )のご紹介。

箱絵からもわかりますように、この頃のボディーカラーはホワイトが大人気でした!?

景気と関係があるのでしょうか?それともマークⅡ兄弟が悪いのでしょうか?

日本人らしいですよね!?


キットは前左右4灯ウインカーシリーズの1/24スケールでウインカー(点滅ムギ球)対応のモーターライズモデルです。(単三電池3本必要)

車高はノーマル、シャコタン、ヒップアップの3種類からひとつ選べ、ウール植毛カーペットも付属してます!定価は900円でした。

 

Nichimo NISSAN CEDRIC V6

ニチモ製 日産 セドリック V6 3000 ターボの4ドア・ハードトップをご紹介します。
日本で初めて市販車にV6エンジンを搭載されたのが、この6代目セドリック でした。
V6エンジンは、3リッターNAと2リッターターボがありました。

この通称Y30(型式)のセド・グロは、もれずにヤンキー御用達グルマでした!?
最近はめっきり見かけませんが、昔はクラウンやマークⅡBROSと並ぶヤンキー人気車でした。

ピラーレス・ハードトップがニッサン車の強みでした!?

キットは前回のクラウンと同じ左右4灯ウインカーシリーズで、ウインカー(点滅ムギ球)対応のモーターライズモデルです。(単三電池3本必要)

スケールは1/24で、車高はノーマル、シャコタン、ヒップアップの3種類からひとつ選べます。

勿論ウール植毛カーペットも付属しております!
定価は900円でした。

Nichimo TOYOTA CROWN 2.8

ニチモ製 トヨタ クラウン  2.8 ロイヤルサルーンGの4ドア・(ピラード)ハードトップのご紹介。
'いつかはクラウン’のキャッチコピーでも有名な7代目クラウン。
MS120型クラウンの排気量2.8リッター(通称5M)の超初期の最上級グレードです。

その後3リッター(通称6M)を搭載したグレードが発売されました。
免許を取った時、友人がこの中古のクラウン(6M)にBBSと初心者マークつけて乗ってたので
多少知っておりました。懐かしいです。
キットはウインカー対応のモーターライズモデルです。(単三電池3本必要)
スケールは1/24で、ポテンザ、レカロシート、ウール植毛カーペットまでが付属してます!
当時の定価は800円。ニチモのあたたかさが伝わります!?




TRIUMPH TR7 RALLY (GUNZE)

テーマ:

GUNZE TRIUMPH TR7 RALLY  

グンゼ製 トライアンフ TR7 ラリー のご紹介。

MG,Lotusと並ぶ英国の名門ライト・ウェイト・スポーツカー。

ラリー等のレース活動も活発でした。

リトラクタブルライトが特徴的で、V8エンジン仕様もありました。

トライアンフはバイク も有名ですが、ホンダと一緒で最初はバイクメーカー でした。


で、キットは、アドバンカラーの箱絵が印象的なTR7。

ボンネットスクリーンが懐かしいですが、ちゃんと部品が付属しております。
スケールは1/24、モーターライズでムギ球対応です。
当時の定価は600円(モーター無)でした。

Nichimo TOYOTA TOWNACE

ニチモ  製 トヨタ タウンエース のご紹介。

貨物ではなく乗用車タイプのワンボックスカーで、

現在のノア にあたる車になるのでしょうか?


サンルーフ車は、外側にスライドするタイプで

外観で判断できました。(懐かしい)

キットは、いろいろなグレードのタウンエースを作ることが可能で、
シートレイアウトも2列か3列のどちらか選べます。
また真ん中のシートを回転することができます(素晴らしい!)。
2列シート仕様の場合、オプションでテレビを室内に配置できます!
それも家庭用のテレビ台付きのでっかいブラウン管タイプです。
TVアンテナも懐かしいです。
当時はRVというより、キャンピングカーという感じでした。
自分もたまぁにキャンピングカー?!という雑誌を親に買って貰っていました。(笑)

今見るとかなり笑えます。当時やっていた人は顔から火がでるかも?知れません。

懐かしいです!(ボンボン・土禁も!)


で、その室内を見るために、屋根全体を外すことが可能です。
モーターライズでムギ球も対応してます。

リア・サイドドアがオープンできます。

当時の定価は1,000円でした。

オススメです!

FUJIMI FERRARI 246GT
フジミ 製 フェラーリ 246GT アーリータイプ (前期型)のご紹介。

エンスージアストモデルのディノです。

このシリーズはディスプレイモデルで、上級者向けのキットです。

沢山部品が入っております。

前後フードが開き、エンジンが付いております。

また、エンジンをモデルには搭載せず、単体で鑑賞するためのスタンドが付いております。
フジミのこだわりを感じさせる、力作キットです!

最近復刻版が販売されたそうですが、即完売したようです。
こちらのキットは、初版?になるのでしょうか?
詳しくはわかりませんが、とにかく箱絵がとっても素晴らしいです。

コレだけでも価値があると思います!ディーノ 好きには、堪らないと思います。
憧れて買ったこのキットの当時の価格は1,500円でした。

箱絵のポスターが欲しいです。